ルー・ハリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルー・シルヴァー・ハリソン (Lou Silver Harrison1917年5月14日-2003年2月2日)は、アメリカ現代音楽作曲家。オレゴン州ポートランド出身。

世界中の民俗音楽を参照して出来上がる、一種のワールドミュージックに近い性質を持った作曲活動を行った。12音技法で作曲したチェロハープの為の組曲も佳品ではあるが、後にこの技法への敵意は凄まじいものとなった。『太平洋のロンド』ではフィナーレに12音技法を配し、この技法が世界の調和を破るものとして用いられる。ジョン・ケージとも共同作曲をするほど仲が良かったものの、ハリソンの楽天的な性格がケージの厭世的な性格と合わなくなり、最終的には決裂する。

ハリソンが晩年まで情熱を傾けた物が音律である。世界の様々な音律に詳しかった彼は、世界の楽器を調律しなおす創作へ徐々に傾斜してゆく。最も有名なのはジャワ・ガムランだが、韓国の伝統楽器も調律しなおして作曲しており、芸風の幅は広い。舞台上のアップライトピアノを、自ら調律バーを持って聴衆の前で様々に違った調律の音階を聞かせるなど、聴衆の耳の覚醒すらも狙っていた。

現代音楽の保守的な空気を嫌い、その既成下に置かれない演奏家との活動をよしとした。最も有名なのはキース・ジャレットとの活動であろう。

エスペラントによる声楽作品も多く残しており(勿論、ハリソン自身がエスペランティストでもあった)、特に般若心経のエスペラント訳によるアメリカン・ガムランと合唱のための"La Koro Sutro"が有名。

2003年、ハリソンの音楽が単独で祝われるフェスティバルへ向かう途中、インディアナ州ラファイエットデニーズのレストランで心臓発作で倒れ、亡くなった。

作品[編集]

室内楽[編集]

  • Ariadne (1987), flute & percussion
  • At the Tomb of Charles Ives (1963), chamber orchestra
  • Concerto for Flute & Percussion (1939)
  • Concerto for Organ with Percussion Orchestra (1951), percussion ensemble, organ and ensemble
  • Concerto for Piano and Javanese Gamelan
  • Concerto for Pipa with String Orchestra (1997), Asian instrument and ensemble
  • Concerto in Slendro
  • Double Concerto for Violin and Cello with Javanese Gamelan (1981–82)
  • New First Suite for Strings, string orchestra
  • Pacifika Rondo (1963), chamber orchestra
  • Piano Concerto (1983–85), for piano tuned in Kirnberger #2 (a form of well temperament) and orchestra
  • Por Gitaro[year missing], guitar solo
  • Praise for the Beauty of Hummingbirds (1951), mixed quintet
  • Rhymes with Silver (1996), violoncello and ensemble, mixed quintet
  • Serenade for Guitar with optional Percussion (1978), mixed duo, guitar solo
  • Seven Pastorales, chamber orchestra
  • Solstice (1949), octet (flute, oboe, trumpet, 2 cellos, string bass, celesta, tack piano)
  • Songs in the Forest (1951), mixed quartet
  • String Quartet Set (1978)
  • Suite for Cello and Harp (1949)
  • Suite for Percussion (for five percussionists, 1942)
  • Suite for Violin with American Gamelan (1973)
  • Suite for Violin with String Orchestra (1997)
  • Suite for Violoncello and Piano (1995)
  • Suites for Cello and String Orchestra
  • The Perilous Chapel (1948), mixed quartet
  • Varied Trio (1986), Rice Bowls, Violin, Vibraphone, Piano (written for the Abel-Steinberg-Winant Trio)

オーケストラ[編集]

  • A Parade
  • Elegiac Symphony (Symphony No. 2, 1942)
  • Music for Violin with Various Instruments, European, Asian, and African (1967), string solo and orchestra
  • Symphony No. 3 (1982) For the Cabrillo Music Festival
  • Symphony No. 4 (1990)
  • Symphony On G (1947)

声楽曲[編集]

  • Air from Rapunzel, high voice and ensemble
  • Alma Redemptoris Mater, low voice and ensemble
  • La Koro Sutro (1970), mixed chorus and gamelan, mixed chorus and ensemble
  • Mass to Saint Anthony (1939), mixed chorus and ensemble
  • Orpheus (1969), soloists, mixed chorus and ensemble
  • Strict Songs (1955), baritone solo, chorus and chamber orchestra
  • Three Songs[year missing], men's chorus and ensemble
  • Vestiunt Silve (1951), for soprano and four instruments

鍵盤楽器[編集]

  • Six Sonatas for Cembalo (1943), piano solo, harpsichord solo
  • Reel (Homage to Henry Cowell), piano solo

オペラ[編集]

  • Rapunzel (1952)
  • Young Caesar (1970)

著書[編集]

  • 『ワールドミュージック入門』

参考文献[編集]

  • Kennedy, Michael (2006), The Oxford Dictionary of Music, 985 pages, ISBN 0-19-861459-4
  • Miller, Leta, ed. (1998). Keyboard and Chamber Music, 1937–1994. Music of the United States of America (MUSA) vol. 8. Madison, Wisconsin: A-R Editions.
  • Miller, Leta E. and Lieberman, Fredric (1998), "Lou Harrison: Composing a World", 385 pages
  • Leta E. Miller and Fredric Lieberman (Summer, 1999). "Lou Harrison and the American Gamelan", American Music, Vol. 17, No. 2, p.168.