ルー・ハリソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルー・シルヴァー・ハリソン (Lou Silver Harrison1917年5月14日-2003年2月2日)は、アメリカ現代音楽作曲家。オレゴン州ポートランド出身。

世界中の民俗音楽を参照して出来上がる、一種のワールドミュージックに近い性質を持った作曲活動を行った。12音技法で作曲したチェロハープの為の組曲も佳品ではあるが、後にこの技法への敵意は凄まじいものとなった。『太平洋のロンド』ではフィナーレに12音技法を配し、この技法が世界の調和を破るものとして用いられる。ジョン・ケージとも共同作曲をするほど仲が良かったものの、ハリソンの楽天的な性格がケージの厭世的な性格と合わなくなり、最終的には決裂する。

ハリソンが晩年まで情熱を傾けた物が音律である。世界の様々な音律に詳しかった彼は、世界の楽器を調律しなおす創作へ徐々に傾斜してゆく。最も有名なのはジャワ・ガムランだが、韓国の伝統楽器も調律しなおして作曲しており、芸風の幅は広い。舞台上のアップライトピアノを、自ら調律バーを持って聴衆の前で様々に違った調律の音階を聞かせるなど、聴衆の耳の覚醒すらも狙っていた。

現代音楽の保守的な空気を嫌い、その既成下に置かれない演奏家との活動をよしとした。最も有名なのはキース・ジャレットとの活動であろう。

エスペラントによる声楽作品も多く残しており(勿論、ハリソン自身がエスペランティストでもあった)、特に般若心経のエスペラント訳によるアメリカン・ガムランと合唱のための"La Koro Sutro"が有名。

2003年、ハリソンの音楽が単独で祝われるフェスティバルへ向かう途中、インディアナ州ラファイエットデニーズのレストランで心臓発作で倒れ、亡くなった。

作品[編集]

  • Präludium und Sarabande für Orchester
  • Alleluja für Orchester
  • Neue Ode für Solo, Chor, Sprechchor, Orchester, Schlagzeug und orientalische *Instrumente
  • Drums Along the Pacific
  • "La Koro Sutro"
  • Rhymes With Silver
  • Serenado
  • Solo Keyboards
  • Pacifica Rondo
  • "カルロス・チャベスのための哀歌" Threnody for Carlos Chávez(1978), ヴィオラとガムランのための

著書[編集]

  • 『ワールドミュージック入門』