ピアノ協奏曲 (ガーシュウィン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘ調の協奏曲』(英語:Concerto in F )は、ジョージ・ガーシュウィンが作曲したピアノ協奏曲1925年指揮者ウォルター・ダムロッシュの委嘱により作曲された。ジャズに影響され、狂詩曲として構成された旧作『ラプソディ・イン・ブルー』に比べると、かなり伝統的な協奏曲に近づいている。作曲に当たってガーシュウィンは、初めて音楽理論書を買い求め、楽式を学んだという。

オーケストレーションファーディ・グローフェの手を借りた『ラプソディ・イン・ブルー』とは違って、本作ではガーシュウィンが完全に自力でオーケストレーションを行なっている(そのために自費で劇場を借り、楽員を集めて試奏を行うことさえしている)。このことから、ガーシュウィンの作曲技法がかなり存分に花開いた作品と呼ぶことができる。イギリス作曲家ウィリアム・ウォルトンは、ガーシュウィンによる本作の管弦楽法を褒めちぎっているが、ウォルトン自身も管弦楽法の達人であった。

1925年12月3日、ニューヨークカーネギー・ホールにおいて、ガーシュウィン自身のピアノ独奏、ダムロッシュ指揮のニューヨーク交響楽団によって初演された。初演では歓迎されたものの、批評家の間では、ジャズクラシックのいずれに分類すべきかをめぐって意見が割れた。実のところ、同時代の作曲家の間でも同様の評価が見られ、ストラヴィンスキーは本作を天才の仕事と認めたが、プロコフィエフは毛嫌いしたという。

楽器編成[編集]

独奏ピアノフルート2、ピッコロオーボエ2、コーラングレクラリネット2、バス・クラリネットファゴット2、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、チューバティンパニシンバルトライアングル大太鼓小太鼓銅鑼木琴弦五部

楽曲構成[編集]

3楽章からなり、開始楽章と終楽章には主題同士の関連性が見受けられる。中間楽章が最もジャズに影響されている。演奏時間は約32分。

第1楽章 Allegro

ヘ長調、2分の2拍子。自由なソナタ形式による。作曲当時の大衆的なダンス音楽である、チャールストンが支配的な着想源となっており、明らかにジャズイディオムが認められる。

第2楽章 Adagio - Andante con moto

変ニ長調、4分の4拍子。ブルース風に構成された楽章である。

第3楽章 Allegro agitato

ヘ短調、4分の2拍子。脈打つような精力的なフィナーレであり、先行楽章の数々の旋律を繰り返す主題を、いくつか寄せ集めたものにほかならない。

特筆すべき録音[編集]

他の作曲家のピアノ協奏曲よりもやや人気がないが、よく知られたアーティストによるレコーディングが行われている。最初は1928年にポール・ホワイトマンと彼のコンサート·オーケストラがロイ・バーギーのピアノ、グローフェ編曲でコロンビア・レコードに録音した。その他は次のとおりです。

  • レナード・ペナリオとウィリアム·スタインバーグとピッツバーグ交響楽。1953年。
  • オスカー・レヴァントとアルトゥーロ・トスカニーニとNBC交響楽団(1944年ラジオ放送より)
  • オスカー・レヴァントとアンドレ・コステラネッツとニューヨーク・フィルハーモニック交響楽団
  • アレック·テンプルトンとトール·ジョンソンとシンシナティ交響楽団
  • アール·ワイルドとアーサー·フィードラーとボストン·ポップス·オーケストラ
  • ユージン・リストおよびハワード·ハンソン・イーストマン·ロチェスター管弦楽団
  • ラザール・ベルマンとゲンナジー·ロジェストヴェンスキーとモスクワ·フィルハーモニー管弦楽団
  • アンドレ·プレヴィンとアンドレ・コステラネッツと彼のオーケストラ(プレヴィンは、さらに2つの録音を行った。ロンドン交響楽団とピッツバーグ·シンフォニーと。)
  • ギャリック・オールソンとマイケル·ティルソン·トーマスとサンフランシスコ交響楽団
  • フィリップ·アントルモンやユージン·オーマンディとフィラデルフィア管弦楽団
  • エレーヌ・グリモーとデビッド·ジンマンとボルティモア交響楽団
  • ヴェルナー·ハースとエド·デ·ワールト国立管弦楽団とオペラ座·デ·モンテカルロ
  • ジェローム・ローウェンタールとモーリス·アブラバネルとユタ·シンフォニー
  • ボニーGrittonとスーザンDuehlmeire(2つのピアノ版)
  • ジョン·中松とジェフTyzikとロチェスター·フィルハーモニー管弦楽団。
  • カティアとマリエル・ラベク(2つのピアノ版)
  • クリスティーナ·オルティスとロンドン交響楽団とアンドレ·プレヴィン
  • ジャン=イヴ·ティボーデとマリン·オールソップとボルティモア交響楽団(グローフェによって編成のジャズバンドバージョン)
  • スヴャトスラフ·リヒテルクリストフ·エッシェンバッハシュトゥットガルト放送交響楽団1993年シュヴェツィン·フェスティバルで)
  • マルク=アンドレアムランとレナード・スラットキンとオランダ放送フィルハーモニー管弦楽団(アムステルダムでのライブ、2005年)
  • ステファノ・ボラーニとリッカルド·シャイーとライプツィヒ·ゲヴァントハウス管弦楽団(ゲヴァントハウスでのライブ、2010年)

参考文献[編集]