5月5日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

5月5日(ごがついつか)はグレゴリオ暦で年始から125日目(閏年では126日目)にあたり、年末まではあと240日ある。


2014年 5月皐月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
365日
各月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

できごと[編集]

フランスで174年ぶりに三部会が開催される(1789)

誕生日[編集]

人物[編集]

神聖ローマ皇帝レオポルト2世(1747-1792)誕生
哲学者セーレン・キェルケゴール(1813-1855)誕生。
絶望とはにいたる病である。自己の内なるこの病は、永遠に死ぬことであり、死ぬべくして死ねないことである。それは死を死ぬことである。――『死に至る病』(1849)
経済学者カール・マルクス(1818-1883)誕生。
哲学者はさまざまなやり方で世界をただ解釈してきた。しかし、肝要なのは、世界を変えることなのである。――『フォイエルバッハに関するテーゼ』(1845)
アイヌ語を研究した言語学者、金田一京助(写真左; 1882-1971)。石川啄木(右)の親友でもあった
小説家、中島敦
共に、我が臆病な自尊心と、尊大な羞恥心との所爲である。己の珠に非ざることを惧れるが故に、敢て刻苦して磨かうともせず、又、己の珠なるべきを半ば信ずるが故に、碌々として瓦に伍することも出來なかつた。――『山月記』(1942)

人物以外(動物など)[編集]

忌日[編集]

ローマ皇帝ガレリウス(250-311)没。キリスト教徒を迫害した最後の皇帝であった
ナポレオン・ボナパルト(1769-1821)、幽閉先のセントヘレナ島で没。現在も死因は不明。
戦争は、我が手中にある無政府状態の解毒剤であった。
数学者ペーター・グスタフ・ディリクレ(1805-1859)没。関数に現代的な定義を与えた
海洋画家、イヴァン・アイヴァゾフスキー(1817-1900)。画像は『第9の波濤』(1850)

記念日・年中行事[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • 1989年 - 「東京テレビ」で、江川洋子・味吉陽一と「2年花組料理隊」の「ちまき・柏もち勝負」が行われる(アニメ『ミスター味っ子』第80話「ちまき・柏もち決戦! 5月5日の味くらべ」)。
  • 年不明 - 進藤ヒカルに憑依していた藤原佐為の霊が成仏し現世を離れる(漫画・アニメ『ヒカルの碁』)

誕生日[編集]

忌日[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 淺川圭司(漫画)・5pb.(原作) 『ROBOTICS;NOTES』1巻、マッグガーデン〈ブレイドコミックス〉、2012年、25頁、ISBN 978-4-8000-0020-0
  2. ^ 『ROBOTICS;NOTES 【ロボティクス・ノーツ】 公式設定資料集:Childhood Dreams』 アスキー・メディアワークス、2012年、72頁、ISBN 978-4-04-886756-6
  3. ^ 特務機関調査プロジェクトチーム (1997). 新世紀エヴァンゲリオン完全解体全書―新たなる謎と伝説. 青春出版社. p. 206. ISBN 978-4-413-03073-1. 
  4. ^ キャラクター紹介”. アーカイブ HAPPY★LESSON. アスキー・メディアワークス. 2012年2月14日閲覧。
  5. ^ 久保帯人 『BLEACH OFFICIAL CHARACTER BOOK SOULs.』 集英社ジャンプ・コミックス〉、2006年、192頁、ISBN 4-08-874079-3
  6. ^ 『Sugar+Spice! ビジュアル・ガイドブック』ジャイブ、2007年、66頁、ISBN 978-4-86176-480-6
  7. ^ 『マブラヴ オルタネイティヴ メモリアルアートブック』、アスキー・メディアワークス、20頁
  8. ^ 『咲 Saki ラブじゃん♥ マホちゃんの必殺技完成!』 スクウェア・エニックス〈ガイドブック〉、2010年、45頁、ISBN 978-4-7575-2634-1
  9. ^ 藤原ここあ 『dear』6巻、スクウェア・エニックス〈ガンガンウイングコミックス〉、2005年、裏表紙カバー下、ISBN 4-7575-1416-6
  10. ^ 藤原ここあ 『dear新装版』3巻、スクウェア・エニックス〈ガンガンコミックスJOKER〉、2011年、359頁、ISBN 978-4-7575-3372-1
  11. ^ 電撃G's magazine』2010年11月号、アスキーメディアワークス、109頁。
  12. ^ 『ONE PIECE』単行本第15巻、SBS。

関連項目[編集]