魔神英雄伝ワタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
魔神英雄伝ワタルシリーズ > 魔神英雄伝ワタル
魔神英雄伝ワタル
ジャンル ファンタジーRPG
アニメ
原作 矢立肇
総監督 井内秀治
シリーズ構成 小山高生
キャラクターデザイン 芦田豊雄
メカニックデザイン 中沢数宣
音楽 兼崎順一、門倉聡
アニメーション制作 サンライズ
製作 日本テレビASATSU・SUNRISE
放送局 日本テレビ系
放送期間 1988年4月15日 - 1989年3月31日
話数 全45話
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

魔神英雄伝ワタル』(マシンえいゆうでんワタル)は、1988年4月15日から1989年3月31日まで日本テレビ系の毎週金曜日17時00分から17時30分の時間帯で放送。サンライズ制作による日本のテレビアニメ。全45話。

概要[編集]

シリアスで重たい物語が増えたことを危惧し、『鉄腕アトム』から続く子供が純粋に楽しめるアニメ作品を目指して制作された。テレビゲームRPG風ストーリー展開に、既存のアニメの良い箇所と和のテイストを加えた独特の世界観を持ち、ロボットに乗り込んで戦うというロボットアニメ的な要素もあるが、戦闘パートよりもギャグテイストが強く、死人が出る事もほとんどない。

キャラクターの原型は、芦田豊雄の手による『月刊OUT』1988年2月号の表紙イラストで登場した「宇宙少年BOY」というもの。この際「表紙のことば」で芦田が「いつかこんなアニメをやりたい。この表紙を見た業界の方々、興味があればご一報ください」とダメ元で書いていたものがサンライズの目に留まり、企画として動き出した[1]。広井王子の「いまビックリマンチョコ流行ってるけど」(原文のまま)という発言が元となり「ビックリマン」の特徴である「顔」の要素を取り入れ、登場人物およびメカは「顔」を中心にデザインされており、「顔から手足が生えたような造型」になっている。

ストーリー[編集]

小学4年生の戦部ワタルは、龍神池と呼ばれる池から現れた守護龍に「神部界」という神々の世界へと連れて行かれる。その中心に存在する神々の山「創界山」に突如現れた隠れもなき支配者、悪の帝王「ドアクダー」が神々と創界山を支配していた。本物の「魔神」となった龍神丸と共に、創界山の象徴である七つの虹を取り戻すため、ドアクダー退治へと旅立つ。

登場人物[編集]

魔神[編集]

丸魔神[編集]

龍神丸
声 :玄田哲章
戦部ワタルが操縦する救世主専用魔神。現在の姿は現生界の図工の時間において造った粘土細工をモデルに、神部七龍神『金龍』の意思と、七龍神の四頭五玉、骨や筋繊維を特殊加工して製作されたと云われる。例え片腕が破壊されても、コクピット中枢部である虹龍球が壊されない限り1日足らずで再生する。他の魔神と異なり、単独で言葉を喋り、意思を持って行動。操縦房である虹龍球の内部には虹龍黄金像【こうりゅうおうごんぞう】[2]が鎮座し、搭乗したワタルがその角を握ることで戦闘モードへ移行する。その反面、操縦者がいないと半分以下の戦闘力しか出せないが成長するにともない新たな技が繰り出せる。単独での飛行は不可能で飛行魔神には度々苦戦していたが、空神丸に胸四穴を掴んでもらうことで飛翔することが可能となる[3]。また器用にジャンケンを出し、プロレス技も繰り出し、創界山各地の方言すらマスターしている。第四界層ヒエヒエ神殿におけるガッタイダーとの戦闘で力尽きてしまうが、第五界層セリーヌの森で復活を果たし戦い続けた。
全高3.75m、重量7.95t
装備
登龍剣 名刀鍛冶「夢幻翁」が奇跡と言わしめた名刀。岩を一刀両断しても刃こぼれ一つしない。
龍爪 戦闘時に両肩から飛び出す黄金の爪。
必殺技
龍迅拳 ストレートパンチ。30mmの鉄板をブチ向く。右腕のほうが威力がある。
龍牙拳 龍爪を射出しての攻撃。
炎龍拳 腹部のベルトから生成された火の玉を投げつける。後半から効かないことが多い。
飛龍拳 胸部の胸四穴から龍の鱗をベースにした光鎖を射出させる。命中後は実体化する。
龍雷拳 両肩の龍印から雷撃を放つ。
戦神丸
剣部シバラクが操縦する侍型魔神。操縦者と同様、野牛シバラク流を使いこなす。召喚方法が前時代物の電話交換で、電話や公衆電話による通話の際は専用テレカを入れて「1000・10・0(せん・じゅう・まる)」の電話番号で呼び出されるが、20話では剣を天にかざして召還。転送前立【フォワード・クレスト】によって電話を通じ相互会話ができる。二日酔いで来れなかったり、12話で風邪を押して出撃した際には咳こみ、19話では冷え性とデリケート。飛行能力や火力が無い為に、対空戦闘には苦戦することが多いが、地上での対複数の白兵戦を得意としており、ドクトル・コスモのギーガンIIを中心とした魔神部隊を単機で全滅に追い込んでいる。第七界層『水晶の洞窟』内でドンゴロに敗れ力尽きるが、白龍の力で赤い球に変化、その後シバラクの一矢報いたい強い思いによって戦王丸専用テレカに生まれ変わる。歴代の剣部一族の長達の魂を核とする。
全高3.51m、重量8.10t
装備
剣部刀 ミヤモト村に伝わる幻の名刀を模したもの。
刀部刀 戦神丸の為に「夢幻翁」が打ち直した刀。
隼の刺股 鳥が舞うフォルムを基にした刺又。対空迎撃も行える。
必殺技
野牛シバラク流×の字斬り 操縦者と同じ技。
蜻蛉返り
空神丸
渡部クラマが操縦する鳥型魔神。元々は第六界層使用の偵察魔神だったのをドン・ゴロが貸し与えた。操縦者の声で嵐の中から出現。龍神丸の妨害とドアクダー魔神支援に使われた。通常、翼や背中に装備されているエンジンが後頭部に施されており、それにより創界山で一、ニを争える飛行速度を誇り、情報収集後の帰投を優先し武装が多くもたらされているが、木にも止まれず、水にも弱い。第五界層セリーヌの森でブルッキー2号に破壊されるが、その魂は滅びず龍神丸に新たな力を与える。螺旋山の頂上に住まう鳳凰の凰(雌)の化身である。
全高3.00m、重量7.83t
装備
鷹波銃 鷹の鳴き声をベースにした機関砲。高出力により連射ができない。
龍爪  龍神丸の爪を模倣したもので破壊力はやや劣る。
鷹爪  ランディングギアにもなる脚。鳥型なのに木にも止まれない。
殺傷嘴 全身鋭利な機体で最も鋭い嘴。
幻神丸
ワタル達の危機に突如現れ加勢してくれる謎の魔神。その正体は忍部の勇者が乗る忍者型魔神である。当初は陰ながら彼らを助けていたが、第五界層イタロウ村において操縦者が忍部ヒミコの父親・忍部幻龍斎であると知られた後、娘も搭乗し、親子が持つ星手裏剣型ペンダントによって召還、主に人質の救出、牽制を行う。操縦席自体は人間用と忍者動物用に分かれており、どちらでも操作可能になっている。また、巨大な手裏剣は飛行翼として機能するが、紛失時にはバックパック内部に内蔵される扇翼を展開し行動に支障がないよう考慮されている。第七界層『水晶の洞窟』内でドンゴロによって戦神丸と共に敗れ力尽きるが、白龍の力で緑の玉になり、その後、幻王丸の召喚用ペンダントへと生まれかわる。歴代の忍部一族頭領の魂を核とする。
全高3.00m、重量7.91t
装備
幻武手裏剣 忍部の勇者が手にすることができる大型手裏剣。飛行翼としての機能を持つ。
雷小刀   腰部に装備されている小刀。
水夫刀(ジャックナイフ) 右足裏に隠された暗器。
技:幻夢鬼神剣、風車手裏剣、幻龍刀、鳳凰の術

丸魔神(パワーアップ)[編集]

龍王丸
声 玄田哲章
復活の聖水によって甦った龍神丸に、空神丸の魂が融合し変化した魔神。敵魔神との交戦中ワタルの「パワー全開! 変身、龍王丸!」の掛け声によりこの姿をとる。性能が向上し、技の威力も数倍に跳ね上がり、「変化鳳凰」の掛け声[4]で鳥形の「鳳凰丸[5]に変形することで、龍神丸では不可能だった単独飛行が可能となった。
全高3.97m、重量8.42t
装備:鳳龍剣、鞘楯
技:鳳龍氷河剣、龍牙拳、炎龍拳、龍雷拳、飛龍拳
鳳凰丸
龍王丸が「変化鳳凰」の掛け声で変化したもう一つの姿。空中戦に特化し、人型にあった空神角は収納されている。変化した際の龍王丸の首部分から出現する推進器が最大の弱点で、ここを破壊されると復元が終了するまで空を飛べなくなってしまう。
重量8.42t
装備:鳳牙弾
技:鳳雷波 空神丸の鷹波銃を受け継いだ銃。口内に内蔵、数倍の威力を誇る。
戦王丸
ドンゴロとの戦闘で力尽きた戦神丸が、シバラクの正義の心によって転生した魔神。召喚方法は以前と変わらず、電話番号も「1000・10・0」番で呼び出す。[6]。武装だけでなく防御力も高くなり、戦神丸の十二倍の力と空神丸並みの移動速度を持つ。
全高3.68m、重量8.68t
装備:剣部豪刀、刀部斬夢刀、三槍
技:野牛シバラク流 火炎×の字斬り
幻王丸
戦神丸と同様の経緯で力尽きた幻神丸が、幻龍斎の正義の心によって転生した魔神。肩や全身にアーマーが追加され、背部のバックパックがウイングに変化しているのが特徴。
『真』では幻龍斎が魔神山で新しい魔神を制作し行くため、娘のヒミコに託した。
全高3.51m、重量8.28t
装備:忍耐通翼、幻気翼、幻武光牙手裏剣、幻武星流手裏剣、雷牙刀
技:忍部流電光手裏剣、幻王キック
空王丸
魔神山へ帰郷したクラマが新たに手に入れた魔神。通常の鳥型に加え、接近戦用の人型に可変し、その姿はスリム。他の丸魔神とは違い空神丸の魂を持ってパワーアップしたものではなく単独の機体であり[7]、空神丸とは夫婦関係で鳳凰の鳳(雄)の化身である。
全高3.78m、重量8.32t
装備:超鷹波銃、天国への嘴、一角獣剣

ドアクダー魔神[編集]

ドアクダー軍団が乗り込む戦闘用ロボットの総称。その大部分は丸魔神と製造元は一緒である。一部、設定のみで本編に未登場のものや、玩具同梱の新聞、カバヤから発売されたシール付きガムで発表された魔神も含む。

第一界層(天災のエリア)
バトルゴリラ
シュワル・ビネガーが搭乗する拳銃型魔神。ゴリラ並みの力しかないが、村ひとつを制圧する力を持ち、長距離射撃形態へ変化するも弾丸が切れた際には手動で装填する必要がある。龍神丸に倒された後、剥製にされてしまう。
全高4.48m、重量7.90t
武装:ハイパーマグナム450、ジャングルメリケンサック
バトルゴリラ2号
バトルゴリラを失ったシュワル・ビネガーにクルージング・トムが与えた2号機。チューンナップされ自動装填装置付になり、さらにパワーも上がっているらしいが、性能はほとんど変わらない。1号同様、弾切れの際に隙が生れるのが弱点。
ヘルコプター
サンダー・ブルーが搭乗するヘリコプター型魔神。空中での機動性が高く機首内部に二門の砲塔を装備するが、操縦席は化粧台である。最も台数が多く、365機も存在し、毎日乗り換え機体を磨き上げている。武器でもあるローターを投擲する攻撃は強力であるが、一回しか使えない最後の手段、しかも間違って空中で使うと墜落してしまう。龍神丸めがけて投げたものの戦神丸の刺又に弾かれ、これが敗因となった。
全長6.92m、重量7.30t
武装:ランサー、デスプレイトプロペラ、シュリケーン機関砲、ノーズキャノン
ゲッペルン
ジョン・タンクーガーが搭乗する戦車型魔神。上半身に無数の武装が施されて高性能だが照準は若干狂っている。
全高3.00m、重量7.98t
武装:魔神銃(マシンガン)、ゲッペルン機関砲、セミ・オート機関銃、バズーカ砲、光性子ミサイル
バトルゴリラIII号
本編未登場。シュワル・シスターが搭乗した、バトルゴリラの3号機。武器、性能共に向上している。2号までと異なり緑、白、黄色のカラフルなボディに短銃を搭載している。がフロントアーマーの追加により姿はかなり変更されている。
ゼロ・シュミット
本編未登場。プラ・マニアが搭乗するゼロ戦型魔神。茶系と大きな流線型の胴体、細い手足を持つ。彼の趣味はこの機体の改造とペイントである。
セカンドガン
クルージング・トムが搭乗する第一界層のボス魔神。飛行形態へと変形。創界山でも屈指の飛行能力を持つが、力は弱く接近戦は苦手。通信方法は妙に可愛らしい。
全高3.80m、重量8.00t
武装:ミスト・バルカン、ペッパー弾砲、ジェットランチャー
技:セカンドエルボー
第二界層(サカサマのエリア)
フランケーン
Dr.サッカサマーが制作、搭乗する魔神。魔神としては珍しく言語を話す機能が付いている。12万馬力の力を持つが、側頭部のボルトが緩むとお馬鹿さんになる。
全高3.56m、重量7.50t
武装:ヘッドスパナ、フェイスシールド
技 :フランヘッドバット、フランレッグキック
ムーンウルフ
ゼロ・ニモが操縦する狼男型魔神。月の満ち欠けなどで獣人形態へ変身し、力だけなら第二界層では最強に位置する。遠吠えで動物を操る能力を持つが、毛髪は自然に増毛し、武器を使って散髪する。
武装:半月刀、スクラッチクロー
ドラクロス
ドン・ギララが搭乗する吸血鬼型魔神。完全破壊が目的。玩具サイズから巨大化し乗り込む。龍神丸がこの機体を知っていたので以前対決していたと推測する。必殺技を弾き返す実力があるが、弱点である光の反射による虚をついて屠られる。以後ワタルは基礎能力の底上げが必要と感じとり、その切っ掛けとなった相手である。
武装:クロスマリット、リグレットパイル、ドラマウス
フランケーン2号
フランケーンの改良型。電動スパナによって器用さが向上。左目に真実の鏡探知機を装備し、外れなら「ちゃう!」当たりなら「これや!」と判別する。カンサーイ地方の方言も喋る機能がつく。
武装:モータースパナ、フェイスシールド
必殺技
あっちこっちボール
パラソーラ
本編未登場。アメダスてる皇が操縦する一つ目のお化け傘型魔神。脚部がひとつのみ。
スネーク・ゴーゴン
本編未登場。木下テルヨが操縦するゴーゴン型魔神。オレンジの髪と、蛇のような下半身と4本の腕を持つ。
スケルバット
デス・ゴッドが搭乗する第二界層のボス魔神。通常はローブを纏っていたが、ムーンウルフによってバラバラにされ、サッカサマーの手により分解されても合体する形状記憶合骨製に変更。更に二体に分離する機構が設けられ、スケルバードとスケルウルフに分かれる。
全高3.75m、重量7.08t
武装:ボーンステック、ソーンボーン、デンターB、腹部ミサイル
必殺技:流星剣
第三界層(灼熱のエリア)
ブドーマスター
ケン・サークが搭乗する魔神。敵の動きを捉えるカメラ『心眼筒』を装備するが鉄下駄によって動きは鈍い。
武装:武道刀、金剛下駄
ファイヤーパック
マリアンネットが搭乗するアイスホッケー型魔神。力はあるが操作が扱いづらく、寒さに弱い。13日の金曜日にその真価を発揮する。
武装:ファイヤースティック、13カッター
マグマゴング
アブドラ・ザ・馬之助が搭乗するレスラー型魔神。頭部のモヒカンは接近用打撃武器になるが、劇中では未使用。凶器の栓抜きは重要アイテム。
武装 側頭部バルカン砲
タックルメット
タッチー・ダウンが搭乗するアメフト型魔神。5体の同型機とのチームプレイ[8]と突進力で攻撃。
ブルドン1号
本編未登場。オガガ夫人が搭乗する魔神。搭乗者と同じく、ピンクの服を着た金髪の魔神。ラケットを持っている。
ダイビングヘッド
本編未登場。スイマーセンセイが搭乗するダイバー型魔神。水中メガネにシュノーケルを着けた青いボディで、足はヒレがついている。
コンジョー9(ナイン)
本編未登場。ヒューマン・スターが搭乗する野球選手をモチーフにした魔神。キャッチャーマスクを被り、背中と手に2本のバットを持つ。
スモウマスター
本編未登場。壮快山が搭乗する力士型魔神。手に軍配を持ち、化粧まわしを締めている。玩具同梱の新聞にも掲載。本来農作業用を戦闘用に改修したものだが、性能が悪過ぎたのでお蔵入りしたという曰く付きの機体。
キングヘラクロス
ソイヤ・ソイヤが搭乗する第三界層のボス魔神。操縦者と違って美形である。全身を純金で覆われ、武器の金額ではツインカーメンよりも高額。速度と機動性が高く龍神丸と互角の能力を持つ。
武装:エクステンド・クロー、シールドソード、シューティングスターフィスト
必殺技:セクシーキッス・ファイヤー、炎龍拳返し
第四界層(極寒のエリア)
ミュートロン
ドン・キホッテが搭乗するパトロール用の魔神。寒さ凌ぎのため、操縦席の壁面には無数の携帯カイロが貼られている。後に騒音公害と森林伐採を促進させる理由から第五界層にも配備される。
武装:コスモカッター、バルーンミサイル
ノーチラス
イモ川短銃郎が搭乗する魔神。巨大な脳を有している。操縦者の横文字嫌いにより、全て日本語読みになっている。
武装:疾風飛翔弾、雷神火炎機
必殺技:空飛ぶ氷、幻怪光線
エーリアン
ドクトル・コスモをサポートする簡易量産型魔神。リモートコントロールで動き、動作が単調。
武装:魔神銃
ゲッペルタンク
ゲッペルンの量産型。雪道でも対応できるように6WDからキャタピラに換装されている。また、第三、第五界層にも配備されている。
スルメーカー
本編未登場。サッキーカーが搭乗するミュータント型魔神。赤いボディに大きな一つの目に後頭部の三本の触手、三本の脚を持つ。『2』に登場予定するはずだったドワルダー魔神108体にも描かれている。
エキスポG(ゲー)
本編未登場。XYZ星人クーミが搭乗する大阪万博のシンボル『太陽の塔』に似た魔神。スルメーカー同様『2』に登場予定するはずだったドワルダー魔神108体にも描かれていた。
電波様
本編未登場。ヒモジアンが搭乗する火星人に似た魔神。大きな目をした金色のボディと細い腕が特徴。脚部は無い。上記の二体同様、『2』に登場予定するはずだったドワルダー魔神108体にも描かれている。
ギーガン
ドクトル・コスモが操縦する第四界層のボス魔神。常に稼働し続けているので、凍結しない。だが、操縦席には湯桶が置かれている。後に騒音促進や森林伐採に利用する理由から第五界層でも量産される。
武装:メイス、スコーピオンヘッド、ソウルカッター、ブラッシャージョーズ
ギーガンII
ギーガンの改良型。反射スピードが1.5倍アップしているが機体性能が追いつかず数分でオーバーヒートし瓦解する失敗機。戦神丸の「×の字斬り」に敗れる。
第五界層(公害のエリア)
ブルッキー
ヘドローナが搭乗する重機型魔神。腕の関節が無い様に見えるが、伸縮させて一体化しているだけである。龍神丸がいないワタルを執拗に追い回したが、自分の工場にあったガスタンクに衝突、その衝撃によって散った火花に引火して爆発した。唯一自滅した魔神である。
ヘルコプー
ヒマワリ村の住人達の手により制作されたヘルコプター型大量生産魔神。魔神鍛冶の手で作られていないので質は落ちている。四機登場するが、戦神丸と空神丸による連係プレーで破壊される。
ブルッキー2号
ブルッキーの2号機で、後頭部のアームを鉄球に変更したタイプ。何故か飛行能力もあり、口から吐く熱線で空神丸を倒す。龍王丸の初陣の相手。
技:ハリケンファイヤー
ギッチラーゴ
クサーヤが搭乗する戦艦型魔神。特殊な汚水でも溶解しない金属で構成されている。大きさはふた周りほどでかい。
武装:電撃蝿、巨大渦潮鳴門一号、倍速ミサイル、三倍速ミサイル
ハングリオン
バッド・マックスが搭乗するバイク型魔神。簡易走行形態に変形。背部に装備する6本のランニングマフラーから出す排気ガスは生き物を無理矢理走らせる。高速走行を追求する為だけに開発された。
武装:チェーン・ガマ、頭部バルカン
必殺技:ハングリメットバット、ラリアーム
ドリルクラッシャー
ムコ・ハーンが乗り込む削岩機型魔神。
武装:スーパーアロイドリル、クラッシャージョーズ
アイアンボール
ヨメ・ハーンが乗り込む粉砕機型魔神。両腕が存在しない珍しい機体。
武装:重金属球(ヘビメタボール)
アイアンドリル
ドリルクラッシャーとアイアンボールが上下に合体した魔神。スケルバットやエレファントムとは違い、二体の別機体を一つにまとめた珍しいコンセプトになっている。
ブルッキー量産型
メタルブリキントンが乗り込む量産型魔神。武装などは2号機と同じである。
コンボス
アック・スモッグルが搭乗する第五界層のボス魔神。簡易走行形態に変形。登陽自動車製。性能が良好なので量産化しやすいが実現しなかった。龍神丸とは二度対決している。
武装:ズーム銃、爆裂ミサイル、テフロントグリル、コンボナックル、ホイルレッグス
第六界層(魔法のエリア)
エレファントム
ビビデ・オージが搭乗する象型魔神。魔法力対応型。眉間が青い。
武装:ムーンパウンダ、ファントムアイボリー、フロントガンバレル、リアガンバレル
ヘルライガー
ビビデ・シシ・カバブーが搭乗するライガー型魔神。他の機体と違い、魔法力で操作される。鬣の一部が赤い。
武装:キングブーメラン、マンベリ、シールド、ニードルメイン、ヘルクロー、マジックテール
ゴーストン
ビビデ・セーキマ・ツーの蘇生魔法で蘇った14体の亡霊魔神が合体した姿。この名称は十体以上で構成するものの名である。合体直後は以前と同じカラーリングだが、魔法力解放後はほとんどの魔神が赤、青、緑を基調としたカラーに変化した。ブロックごとに別の合体魔神になれる。
必殺技:ゴーストンファイヤー、ゴーストスクランブルダウン、GO〜ストーン地獄落とし
コンバットG
ゴーストンの胴体部になるゴーストンミニ。コンボス、スケルバット、ハングリオン、ゲッペルンの合体。だが、コンボスの内部は殆どの機能を削除された状態にあるという。
ヘルガン
ゴーストンの左腕になる合体幽霊魔神。ヘルコプター、ギーガンの合体。
バトルトロン
ゴーストンの右腕になる合体幽霊魔神。バトルゴリラ、ミュートロンの合体。
キングフラムーン
ゴーストンの右脚を構成する合体幽霊魔神。キングヘラクロス、フランケーン、ムーンウルフの合体。
武装
103カッター
ファイヤーガンクロス
ゴーストンの左脚を構成する合体幽霊魔神。ファイヤーパック、セカンドガン、ドラクロスの合体。
エレファントム2号
ビビデ・セーキマ・ツーが搭乗するエレファントムの2号機で、ゴーストンの中核でもある。スケルバット同様、二体分離機構を採用しているが、コンピューターではなく魔法力で制御されている。頭頂部がサーモンピンク。
エレファントム3号
ビビデ・チビット・モレーテルが搭乗するエレファントムの3号機。2号同様、二体分離が可能。頭頂部が黄色。
ヘルライガーII
ビビデ・ババ・デブーとビビデ・アラ・ビアンが搭乗するヘルライガーの2号機で、第六界層のボス魔神。鬣の一部が緑色。千光の腕輪を利用し、盾を電磁石に変化させ、魔神を引き寄せ切り裂く戦法を行う。
魔幻空間
サードガン
魔道門を守護する魔神で、セカンドガンの強化型。無人操縦が可能。
全高3.8m、重量8.65t
武装:サードワインダー、ヘイルバルカン、イーグルハープーン、グライドカッター、エアインテークミサイル
スケルデビル
魔風門を守護する魔神で、スケルバットの強化型。サードガンと同じく無人機で、ウマシカが召喚する。全身の6割に改良を施されている。
全高3.95m、重量8.15t
武装:デビルスティック、ガンダンガン、ボーンニードル、スピアホーン
エイリガン
魔天門を守護する魔神。ギーガンの強化型。サードガン、スケルデビルと同じく無人機。強力な握力で龍神丸を翻弄させた。
全長5.59m、重量9.12t
武装:チャイニーズクラッカー、ソウルカッター、アックスクロー、キャラペイス、デストラップ
必殺技:ピース&バイト
スーパーコンボス
魔界門を守護する魔神で、コンボスの強化型。こちらは有人機であり、ニオー兄弟が搭乗する。魔神デザイナー、レンジャ・ヒノが制作。外見はコンボスのままだが、武装などを一から吟味し強化改良を施されている。
全高4.51m、重量9.24t
武装:M-160スーパー銃、ニューホイルレッグス、コンテナランチャー、シーズパーム
第七界層(地下)
ツインカーメン
怪傑ゾロリが搭乗する棺桶魔神。ロールスライス社製。棺桶型武器庫のデスアークから一万種にも及ぶ武器ツインウェポンを取り出して戦う。頭部を左右に開くと本体部が隠されている。
全高4.03m、重量8.94t
武装:ヒットスライサーL
搬送装備:デスアーク
武器:ショックサンダービーム、ミラクルトマホーク、ブーメラントマホーク、ドリルミサイル、ラッセルアーム、ドリルアーム、ランチャーアーム
必殺技:マミークラッシャー、ツインファイヤー、ピラミッドビーム
カイザーヘラクロス
サンチョ・パンダが搭乗するキングヘラクロスの強化型。キングヘラクロスと同じ美形で、操縦席も同一。
全高4.12m、重量8.21t
武装:エクステンドクロー改、バリヤーソード
必殺技:カイザーコメットナックル、ハイパーレッグキック
ファイヤージャック
サンチョ・パンダが破壊されたカイザーヘラクロスの代わりに搭乗するファイヤーパックの強化型。パックを乱反射させる「ジェットスクリュー作戦」を展開。操縦席はファイヤーパックと同一。
武装:フレイムスティック、13カッターS
第七界層(魔神殿)
邪虎丸
虎王が搭乗する可変魔神。本来は第六界層用に配備されていたが、ビビデ・ファミリーには誰一人も乗りこなせる者がおらず、その高性能のポテンシャルにドン・ゴロが目を付け贈った。「チェンジタイガー」の掛け声で虎型に変形。空神丸とは可変後退翼や変形パターンなどが共通している姉弟魔神である。軍部は製造元を不明確にする為、魔神紋章を和えて丸から三角に変えている。
全高3・15m、重量8.23t
武装:タイガーソード、タイガーシールド、デビルタイガーミサイル、シールドソー、ジャグショルダー、タイガーバルカン、レントクロー
必殺技:タイガーソード、タイガーソード・ストーム、タイガービームアタック
ガッタイダー
ザン三兄弟が搭乗する合体魔神。通常の魔神の数倍の体躯とパワー、速度を持つ。合体前でも単体で通常の魔神と互角の戦闘力を有し、三体で連携しながら一個体を攻撃、怯んだ隙に合体し叩きのめす戦法を常套手段にする。天空龍牙拳の直撃にも耐え、登龍剣を折った。弱点は中央部にあるモノアイ「アキレス・アイ」で、中枢と直結している。合体機構の関係上、防御能力はドンゴロよりも低い。
全高6.08m、重量32.71t
武装:W-9スピア、魔神銃、
技:シャッグルバイト、ブラッシーニードロップ、アキレスビーム
ボーディ
ザン・コックが搭乗する魔神。ガッタイダーの上半身に合体。本来はイッシンダーそのもの。
レフター
ザン・ギャックが搭乗する魔神。ガッタイダーの左足に合体。元々はトラオウダーの腕部分。
ライター
ザン・ゴロツキーが搭乗する魔神。ガッタイダーの右足に合体。
ドンゴロ
ドン・ゴロが搭乗する鬼型魔神。単体でのサイズは劇中では最大。悪鬼の化身と呼ばれ、今まで百体以上もの魔神を撃破し、その真の強さは判からないと云われる。鳳龍剣の直撃にも耐えたが、ドアクダーが放った光弾に倒れる。
全高6.45m、重量34.00t
武装:首領剣、如意棍棒、邪鬼牙
必殺技:ドンゴロビーム、邪鬼牙弾
イッシンダー
玩具同梱の新聞に掲載。ザン三兄弟が兼用していた巨大魔神。虎王の悪戯により両脚が切断される。
トラオウダー
玩具同梱の新聞に掲載。虎王のワガママで製作された悪戯用の魔神。後に頭部がブドーマスター、両腕がガッタイダーのライター、レフターのベースになった。

創界山[編集]

モンジャ村
創界山の麓『ヤマタイ山』にあるヒミコの故郷。龍の神が眠る『龍神池』があり、村の儀式によって救世主ワタルが召喚される。
ミヤモト村
創界山周辺に存在するシバラクの故郷。モンジャ村から10日で行ける距離にある。
神部七滝
創界山にかかる虹を生み出す巨大な滝。
第一界層
ドドド村
フリフリ村
双ッ龍岩(ふたつりゅういわ)
第一界層の外れドッコイ山にある赤と青の龍の岩がある場所。
アップダウンシティ
サンダー・ブルーの支配地。声を出すと上下に隆起する都市。
グルグル村
中央部に位置する山間部の村。年中巨大竜巻が発生している。
ビュービュー村
ビシビシ村
ビシャビシャ村
カラカラ村
年中日照り続きの村。
ガラガラ村
タンクーガーが支配する村。城から人工雷を降降らせ、家も洞窟や地面住まいになっている。
ユラユラ村
奇岩城
ユラユラ村の上空に聳え立つクルージング・トムの居城。天空の城と呼ばれる移動要塞。
第二界層
アベ・コーベ市
Dr.サッカ・サマー研究所がある都市。彼の研究により、男はスカート、女は逆立ち歩きにされている。
日影オールドタウン
一年中日陰に覆われている町。
ルマニア村
人間を年中動物達によって虐待し続ける。ゼロ・ニモの怒りを鎮める為に鏡や丸いものをお供えにしている。
逆流川
ルマニア水田
ゼロニモの棲家
第二海
第二界層の東にある三日月型の海。
龍宮島
クロスタウン
ドン・ギララの支配する町。逆転現象により生活リズムが狂わされている。
ドン・ギララの城
高山峠
山並村
山並山脈
ツク谷村
カガミ湖
デス・ゴッドの城
第三界層
アチアチ村
たいまつ砂漠
ホットプレート村
マリアンネットの支配する文字通りの熱菌消毒がなされる村。
キャンドル峠
ムシムシ部落
アッチ島
カッカ村
アッチ島に唯一ある集落。
ダウンスタジアム
アッサムの神殿
第四界層
コチンコチンシティ
コチン湖
ファイヤードラゴンの洞窟
イエイエ谷
イエイエクレバス
ツンドラドラ地帯
ヤッピ村
エボシ岩
ヒエヒエ神殿
ドクトル湖
ドクトル・コスモの要塞
第五界層
ヒマワリ村
ヘドローナの工場
セリーヌの森
イタロウ村
万人沼
アサリバー
ランラン村
ハングリオンサーキットコース
ダイオキシン街道
ランラン村からコロガッテルの里、ドラゴンシティを結ぶ街道。毒素のために草木一本生えない。
プカプカ工場
ハーン夫妻が支配する空中工場。
ドラゴンシティ
聖地ホーリウッド
ヘドロ御殿
カムロギの樹を改造した鋼の工場。
第六界層
グーグー村
オージ城
獅子の滝
シシカバ城
ジオメトリーウッド
炭焼きの森
エッシャ川
オワリ湖
マスクの森
魔神墓場
紋章岩
オレンジ山脈
第六界層を一直線に沿って聳え立つ山脈。此処を超えなければヘンデル村には辿り着けない。
ヘンデル村
モレーテル城
針の山
風鈴の森
ビビデ王城
魔幻空間
魔道門
魔風門
魔の風
魔天門
諦穴
魔天門の底部。
魔界門
40000以上もの悪心鳥居が並ぶ関門。
第七界層
蟻巣の地下迷宮(ありすのちかめいきゅう)
一度踏み入れたが最後、二度と日の目が拝められない複雑な地下迷路。特別な巻物などででしか通過はできない。
ゾロリの隠れ家
チカボッコリの遺跡
 聖龍殿から落ち延びた従者たちが隠れ住んでいる遺跡群。
白龍の神殿
チカチカ湖
水晶の洞窟
白龍が眠っていた洞窟。
魔神殿
創界山頂上にそびえる、ドアクダーの居城。
聖龍殿
魔神殿の本来の姿。

アイテム[編集]

勇者の装束
ワタルが身に纏う鎧。衝撃や弾丸すらはじく鎧と勾玉、金龍の冠に勇者の剣のセット。これがなければ身体能力が向上しない。勾玉は龍神丸の額「龍導口」と同素材で、互いに引き合う性質を持ち、彼やヒミコの肩パッドは龍の鱗で作られているらしい。
万能ハイカラ靴
妖部一族に伝わる宝物。踵部分を二回合わせるとローラースケートが飛び出し、一回叩くと引っ込む靴。履けると救世主の証明らしい。
勇者の剣
龍神丸を召喚する武器であり、必殺技を繰り出すのにも必要な物。刃という物騒なものは無い[9]
へんたま
赤龍と青龍の魂が宿った聖なる珠が合体したアイテム。色の違いで赤い表面はスーパーボールのように跳ね、青い表面は質量弾の如く破壊も可能。この不思議で変な効果でワタルとヒミコによって命名される。
タマンゴ
声 : 龍田直樹
Dr.サッカ・サマーが作った失敗作。本来は美女が出てくるはずだったらしい。普段は緑色の玉だが、火を吹く怪獣になる。熱に強いが、食い意義があり、臆病で、足は遅い。ジャレオンのライバルでもある。ドアクダーとの戦いが終わった後、モンジャ村に暮らしている[10]
ぺったん手裏剣
モンジャ村に自生するれぶん草を主成分に冷やし固めた刃の無い手裏剣。引っ付くと凶暴な怪獣をも気持ち良くさせる。但しアラビアンが繰り出した煙を触媒にした魔法生物には効果はない。
焼酎花
お金のないワタルがクラマに与えた花。アルコール度数が強く、匂いを嗅ぐだけで酔っぱらう。
獣笛
魔物を大量に呼び寄せるくすんだ色の笛。普通の人間にはその音色は聞こえない。
神部の笛
その音色によって第一界層の天災現象を元に戻すアイテム。「しんべさん」が持っている笛ではなく、神々の祈りの力を込めた笛という意味。クルージング・トムが隠し持っていた。第三界層では、ヒャクニーン仙人を封印していた玉を解放する為に使用される。第五界層にある大樹カムロギの枝を削り加工して使われている。
真実の鏡
逆転した第二界層を元に戻すアイテム。デス・ゴッドたちはやたら鏡を集めていた原因でもある。しかし、その実態は鏡湖に映し出された鏡面で、ドアクダーはその事実を隠匿していたらしい。
ファイヤードラゴンの鱗
ユーキの祖父の形見でもある品。氷漬けを防ぐ鱗。
灼熱の剣
第四界層ヒエヒエ神殿に鎮座する「ウララの像」の左手に本来置かれた赤い剣。灼熱現象の原因。勇者の剣よりも一回り小さい。
灼熱の盾
第三界層カリン島の頂きに鎮座する「アッサムの像」の左手に置かれた龍神が刻まれた赤い盾。
極寒の剣
アッサムの像の右手に置かれた青い剣。極寒現象の原因。炎の壁をも一振りで切り開く。
極寒の盾
ウララの像の左手に置かれた青い盾。
龍の眼
ウララが流した涙の結晶。その実態は灼熱の盾に刻まれた龍の眼であり、灼熱の剣の力を制御する力を持つ。
万能塗り薬
忍部家に伝わる塗り薬。どんな傷でも根元まであっと言う間に治すが、悪人には効果がない。原料にはモンジャ村付近の森に生息する熊の糞が使われている。
王者の剣
センニーン仙人から餞別として強化された勇者の剣で、灼熱の剣と極寒の剣の性能を併せ持つ。最終決戦でドアクダーを貫こうとするも傷付けることも出来ず、刃先が折れてしまう。
復活の聖水
セリーヌの花から流れ出る蜜のこと。死者を甦らせ、魔力からも開放させる。開花させるには勇気ある者が命を賭して咲かそうとしたのを証明することが条件である。
ヨカッタネ
第五界層を汚染している大気や汚物を浄化し、正常に戻すカムロギに生る「ほほえ実」の種子。ホーリウッドの土壌に埋めなければ発芽しないが、成長速度が異常に高く、1分で成長を遂げる。
千光の腕輪
人間の潜在能力を向上させる黄金の鱗をあしらった腕輪。「閃光」とは書かない。
龍神の盾
魔界の者が繰り出す攻撃、魔界力を弾き返す白龍の鱗を基に造られた黄金の盾。手にした者は地獄という名の試練が付いてくる。通常は千光の腕輪に飾られた宝玉に収められている。
龍王の剣
救世主の証である剣。魔界の者を傷つけられる唯一の武具とされ、ドアクダーの魔界力によって第七界層の刃岩石近くで石化されていた。
邪鬼玉
ドン・ゴロが虎王に与えたアイテム。小型魔神に変形し、偵察や移動手段に使う。邪鬼羅(ジャキラ)、邪獅子(ジャレオン)、邪黒鳥(ジャクロー)の3体の総称でもある。

用語[編集]

現生界
ワタル達、人間が住む現実世界の意。神部界の住人はこう呼称する。元来、神々や魔物も此処に住む者である。書籍によっては「現世界」「現実界」「人間界」などと誤表記されることも多々ある。
神部界
現生界と異なる場に存在する神々の世界。普通の人間では到底行き着くことができない場でもある。シバラクやヒミコ、クラマ達も含め、この世界にいる全ての人は世を護って自然を司り、その力を行使する普段着を着た一般人的な神と女神である。ユーキ達は立場的には彼らよりも上級神である。
創界山
神々が治める神聖なる山。本来は一つの山だったが、約数万年前の大戦により七つの界層へと分かれた。この山に架かる七色の虹が神部界と現生界の平和と希望の象徴とされ、神部界が危機に陥ると灰色に濁る。放送前の書籍や投稿ページのハガキなどから現在まで度々「階層」と誤った表記をされるが「世界の大層」の意。
忍部一族
創界山の麓モンジャ村に住まう忍者一族。888名と261匹の忍者で構成される。
剣部一族
モンジャ村より徒歩で10日程のところにいる剣士の一族。様々な異端児を輩出する。
魔神山
創界山から南に300里離れた海に浮かぶ、魔神島にある山。「地」を司り、魔神の原料となる鉱物が豊富に採れる。魔神鍛冶達が住まい、龍神丸やゴーストン、フランケーンなど、一部例外を除き全ての魔神はここで生産された。その理由は『頭能銘石』、『母体混石』と呼ぶ二つのレアメタルが必要で、ここでしか産出されていないからである。
クレジット
創界山周辺における 通貨の名称。日本円よりも高い(超力ロボ ガラットダーティ・ペアなどの世界観と同名通貨)。
神部文字
神部界の人々が使う一般文字。どの作品にも共通の平仮名である。母音、または母音と子音の組み合わせをもって一字とする。『超』においては大小の英字、アラビア数字に近い文字が加わった。
馬里
神部界の距離を示す。約2キロメートル。
〜の刻
神部界の時間帯。十二支が24時間に振り分けられている。大昔は黄道十二宮で表されている。「金鶏の刻」は朝の8時。
魔神
魔の破壊力と、神の意思を持つ巨大ロボットの総称。その歴史は神話からと古く、一種の産業として成り立っている。内部は機械的メカニックではあるが、動力源となる核には神々や神獣の魂を使用している。多くは4、5頭身で3本から4本の指と爪を持ち、大きさはレジスターから超弩級戦艦級の大きさまでと幅広い。普通の魔神を買うのに平均約50万クレジット[11]必要とする。創界山ではオリジナルの機体が約百体前後、稼働している。
魔神紋章
各家々にある家紋であり魔神のパーソナルエンブレム。基本的に一人に一つずつ持っており、ヒミコをはじめ、オジジやオババ、雑兵であるブリキントン、EXマンにも存在する。
魔界
神部界とは正反対に位置する魔界の者が支配する暗黒の世界。平和な世の中である前述とは違い、そこに住む者は親子の情愛も薄く、常に裏切りや殺戮が繰り広げられる陰謀渦巻く戦国時代的群雄割拠の状態であるとされ、ドアクダーはその世界では5本指に数えられる実力者である。本作に限らず、後の作品において黒幕や大物の多くがこの魔界から来た者達である。その真の目的は最上界に住まう「神々中の大神」の世界をも制圧とその抹殺であり、創界山の征服はそのための足掛かりにしか過ぎないらしい。だが、これは建前であり、山を破壊し、封印された魔界の扉をこじ開け、邪悪を強めようとするのが本音らしい。
魔界王子
魔界に住む王の子。頭に一本の角が生え、瞳は魔界の湖の如く青く、髪は黄金色の穂如く金色なのが正当たる証。

主要スタッフ[編集]

  • 企画 - サンライズ
  • 企画協力 - レッドカンパニー
  • 原作 - 矢立肇
  • 総監督 - 井内秀治
  • チーフライター シリーズ構成 - 小山高生
  • 構成 - 井内秀治、高橋義昌
  • キャラクターデザイン - 芦田豊雄
  • ゲストキャラデザイン - まんどりるくらぶ
  • メカデザイン - 中沢数宣
  • 美術監督 - 池田繁美
  • 色彩設定 - 山崎恭子
  • 撮影監督 - 奥井敦
  • 編集 - 布施由美子
  • 音響監督 - 藤野貞義
  • 音楽 - 兼崎順一、門倉聡
  • プロデューサー - 武井英彦、伊藤響、佐川祐子、吉井孝幸
  • アシスタントプロデューサー - 富田民幸
  • 企画制作 - 日本テレビ
  • 製作 - ASATSU・サンライズ
OP〈オープニングテーマ)
「STEP」
作詞・作曲 立花瞳 / 編曲 志熊研三 / 歌 a・chi-a・chi
元来は立花瞳が大人向けのラブソングとして書き上げたものを、作品にあわせて変更したものである。テレビシリーズで歌詞の「プロローグ」が「ドリームハンター」へと変更されているのも、映像スタッフからの希望で作品寄りにしたものである。立花自身はこの改変に反対だったので、レコードには元の「プロローグ」で収録されている[12]
ED〈エンディングテーマ)
「a・chi-a・chi アドベンチャー」
作詞 伊藤アキラ / 作曲 池毅 / 編曲 志熊研三/ 歌 - a・chi-a・chi
OPとは異なり、『ワタル』のために新規製作された歌。OPの対象年齢が高めだったので、幅広い層にメッセージを配信するためにこちらの対象年齢は低めにしてある[12]

サブタイトル&スタッフ[編集]

話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督 原画 登場巨大メカ 放送日
1 救世主は小学四年生 小山高生 井内秀治 福田満夫 芦田豊雄 スタジオライブ、渡辺浩、松下浩美、楠田悟、松本明子 バトルゴリラ 1988年4月15日
2 ふしぎアイテムへん玉みっけ! 芦田豊雄 日高政光 中村旭良 中村プロ、柳沢哲也、平井久司、久行宏和 バトルゴリラ2号 1988年4月22日
3 クラマに御用心! 井内秀治 近藤信宏 服部憲知 スタジオムー、村中博美、大嶋康弘、服部憲知、森悦史 ヘルコプター 1988年5月6日
4 ガラガラ村の恐怖パーティ 井上敏樹 谷田部勝義 遠藤裕一 桜井芳久、佐々木聡、遠藤裕一 ゲッペルン 1988年5月13日
5 ひびけ!神部の笛 中弘子 石川康夫 窪秀巳 土屋幹夫、福島豊明
清水勝祐、石丸賢一、鈴木順八、スタジオサニー
セカンドガン 1988年5月20日
6 アベコベさかさまヘンなとこ 小山高生 芦田豊雄
井内秀治
日高政光 芦田豊雄 渡辺浩、松下浩美
松本明子、楠田悟、藤沢俊八、吉松孝博
フランケーン 1988年5月27日
7 オオカミ男はおマルがお好き!? 中弘子 福田満夫 中村旭良 中村プロ、柳沢哲也、平井久司、久行宏和 ムーンウルフ 1988年6月3日
8 吸血鬼は十字架コレクター 井上敏樹 香川豊 近藤信宏 服部憲知 スタジオムー、尾林章男
森悦史、服部賢知、市万田千恵子
ドラクロス 1988年6月10日
9 おどろき!世紀の鏡探知器 平野靖士 谷田部勝義 遠藤裕一 桜井芳之、遠藤裕一、向山祐治 フランケーン2号 1988年6月17日
10 ウッソー!ホントにこれが真実の鏡? 小山高生 石川康夫 窪秀巳 スケルバット 1988年6月24日
11 アチアチ・メラメラ・一本勝負! 中弘子 香川豊 日高政光 芦田豊雄 ブドーマスター 1988年7月1日
12 マリアンネットのヤキヤキ記念日! 丸尾みほ 福田満夫 中村旭良 ファイヤーパック 1988年7月8日
13 燃える闘魂9×9=81攻撃! 平野靖士 尾根盛児 近藤信宏 服部憲知 マグマゴング 1988年7月15日
14 ヒャクニーンパワーは仙人パワー 高橋義昌
小山高生
香川豊 谷田部勝義 遠藤裕一 タックルメット
キングヘラクロス
1988年7月22日
15 よみがえれ!ファイアードラゴン 小江戸はじめ 窪秀巳 キングヘラクロス
ミュートロン
1988年7月29日
16 悲恋オーロラ伝説 中弘子 福田満夫 中村旭良 ミュートロン 1988年8月5日
17 抜くに抜けない極寒の剣 丸尾みほ 吉永尚之 近藤信宏 渡辺浩 ゲッペルタンク
ギーガン
1988年8月12日
18 熱いの熱いのとんでいけー! 井上敏樹 日高政光 服部憲知 キングヘラクロス 1988年8月19日
19 龍神丸とびますとびます! 中弘子 香川豊 窪秀巳 石丸賢一 エーリアン
ノーチラス
ギーガン
1988年8月26日
20 龍神丸ヒエヒエ神殿に散る! 高橋義昌 谷田部勝義 遠藤裕一 エーリアン
ギーガン
ガッタイダー
1988年9月2日
21 魔界プリンス虎王登場! 井上敏樹 福田満夫 中村旭良 邪虎丸
ヘルコプー
ブルッキー
1988年9月9日
22 必見!龍王丸誕生 井内秀治 近藤信宏 渡辺浩 邪虎丸
ブルッキー2号
1988年9月16日
23 おまたせ!!幻神丸の正体 小山高生 日高政光 内山正幸 ギッチラーゴ 1988年9月30日
24 爆走!ワタルGENJIの大レース 中弘子 吉永尚之 石川康夫 石丸賢一 ハングリオン
邪虎丸
ジャレオン
1988年10月7日
25 ミニミニワタルの大冒険 川崎裕之 香川豊 福田満夫 中村旭良 アイアンドリル(ドリルクラッシャー&アイアンボール) 1988年10月14日
26 ギョエー!あんなところに緑龍 高橋義昌 谷田部勝義 遠藤裕一 邪虎丸
ジャレオン
ブルッキー量産型
コンボス
1988年10月28日
27 ヨカッタネでよかったね 小山高生 高橋資祐 近藤信宏 渡辺浩 ジャクロー
ブルッキー量産型
コンボス
ジャレオン
1988年11月4日
28 魔法でウッフン!シバラク先生 中弘子 吉永尚之 窪秀巳 石丸賢一 エレファントム 1988年11月11日
29 変身!ワタルのわんわん物語 高橋義昌 福田満夫 中村旭良 ジャキラ
ヘルライガー
邪虎丸
1988年11月18日
30 魔神墓場のゴースト軍団 川崎裕之
小山高生
日高政光 内山正幸 エレファントム2号
亡霊魔神軍団
ゴーストン
1988年11月25日
31 ヒミコの子守り大作戦! 鹿島典夫 谷田部勝義 遠藤裕一 邪虎丸
エレファントム3号
1988年12月2日
32 最強魔法使いアラ・ビアンの逆襲! 井上敏樹 香川豊 石川康夫 石丸賢一 ヘルライガーII 1988年12月9日
33 あまいお誘い恐怖の魔道門 川崎裕之 近藤信宏 渡辺浩 サードガン 1988年12月16日
34 難問、珍問魔風門! 小山高生 高橋資祐 福田満夫 中村旭良 スケルデビル 1988年12月23日
35 天まで昇れ!魔天門 高橋義昌 日高政光 松下浩美 エイリガン 1989年1月11日
36 よい子?悪い子?魔界門 中弘子 香川豊 窪秀巳 石丸賢一 スーパーコンボス 1989年1月20日
37 ワタルとヒミコのアチアチアドベンチャー 井内秀治 河本昇悟
井内秀治
河本昇悟 土器手真由美 1989年1月27日
38 華麗!!怪傑ゾロリ参上 高橋義昌 谷田部勝義 遠藤裕一 敷島博英、桜井芳之、向山祐治 邪虎丸
ツインカーメン
カイザーヘラクロス
1989年2月3日
39 虎王は宿命のライバル 川崎裕之 芦田豊雄 近藤信宏 松下浩美 松本明子、飯田俊也 ドンゴロ
ジャキラ
ツインカーメン
ファイヤージャック
1989年2月10日
40 激突!龍王丸対邪虎丸 井上敏樹 福田満夫 只野和子 邪虎丸
ツインカーメン
ドンゴロ
1989年2月17日
41 出現!恐怖の魔神殿 中弘子 高橋資祐 日高政光 中村旭良 石丸賢一 邪虎丸
ガッタイダー
ドンゴロ
1989年3月3日
42 戦えワタル!!魔神殿の攻防 高橋義昌 日高政光 石川康夫 石丸賢一 遠藤裕一、服部憲知 ガッタイダー
邪虎丸
ドンゴロ
ドアクダー
1989年3月10日
43 決戦!ドアクダー対ワタル 小山高生 香川豊 遠藤裕一 ドアクダー
暗黒龍
1989年3月17日
44 輝け!創界山の虹 高橋資祐 近藤信宏 中村旭良 平井久司、久行宏和、柳沢哲也 1989年3月24日
45 春だ祭だモンジャ村 高橋義昌 河本昇悟
近藤信宏
河本昇悟 内山正幸 座右堂、井尻博之、鈴木克彦、向山祐 1989年3月31日
アイキャッチ
  • 第1話(1988年4月15日) - 第23話(1988年9月30日):ワタル&龍神丸
  • 第24話(1988年10月7日) - 第44話(1989年3月24日):ワタルVS虎王
  • 第31話(1988年12月2日) - 第45話(1989年3月31日):ワタル&ヒミコ
  • 第34話(1988年12月23日) - 第44話(1989年3月24日):ワタル&龍王丸
休止

※何れも関東地区。

ネット局[編集]

映像関連[編集]

ビデオ
魔神英雄伝ワタル 全15巻(最終巻に全話次回予告付き)発売元:Vapビデオ
LD
魔神英雄伝ワタル 創界山完全大絵巻「12枚組」
DVD
魔神英雄伝ワタル TV&OVA DVD-BOX 1(2枚組全8巻)
※レンタルDVDは2008年から。表紙はLDジャケットと同じジャケットで、当時作画担当した芦田以下12名のうち8人を選出したものである。月刊out92年8月号に残りの一部が掲載。
BD
魔神英雄伝ワタル TV&OVA BD-BOX(9枚組)
2013年12月18日発売

脚注[編集]

  1. ^ 但し、LD-BOXの解説書に収録された対談では、企画は1987年8月頃にスタートしたと広井王子が発言している。また、草案は後年月刊OUTでリニューアルされスタジオ・ライブのライブDEずっぽん(後にサイコーの婆さん に改題)内の読者捏造投稿コーナー「流星皇子TOMMY」として改題、CDドラマも出された。
  2. ^ 玩具 重構造龍神丸 内部構造図参照
  3. ^ レベルアップによって背部の磁力孔【マグネットフォース】によってくっ付いたとも。プラクションでは肩口に空神丸の鷹波銃の銃口を差し込むことで同形態に近い再現をしている。
  4. ^ ワタル、龍王丸どちらの発声でも可。また、鳳凰丸から龍王丸へ戻る際は「変化龍王」の掛け声によって変形を行う。
  5. ^ この名称はノベライズで登場する。
  6. ^ 1000・0・0番は間違いである。魔神大集合『戦王丸』同梱「神部新聞」参照
  7. ^ 文献資料によってはMK−Ⅱやら弟などと書かれているが大間違いである。
  8. ^ と言いつつも特撮の戦闘員的戦法ばかりで、元のモチーフに近い戦い方を劇中やらなかった。
  9. ^ しかしデスゴッドの装束を切り裂いている。TVシリーズ10話参照
  10. ^ 『真』以降の続編には登場しない。
  11. ^ 日本円で5000万円
  12. ^ a b 『魔神英雄伝ワタル 創世伝記』p.104、新紀元社、2012年

参考文献[編集]

  • ケイブンシャの大百科別冊ヒーロースペシャル13 魔神英雄伝ワタル
  • 魔神英雄伝ワタル 創界山救世主伝 月刊OUT 90年1月増刊号
  • ワンダーライフスペシャル 魔神英雄伝ワタルプラクションBOOK
  • ワンダーライフスペシャル魔神英雄伝ワタルプラクションBOOK2
  • 魔神英雄伝ワタル創星記 月刊アニメディア90年3月号 付録小冊子
  • 魔神英雄伝ワタルめもりあるぶっく(2006年2月、ISBN 4-7753-0436-4

 ※文献自体、内容、武器の名称が一部仮称のものがあり、後年出版されたものはプロフィールなどが記載されず、誤字、誤植も多く、注意が必要。

外部リンク[編集]

日本テレビ 金曜夕方17:00 - 17:30枠
前番組 番組名 次番組
トランスフォーマー
ザ☆ヘッドマスターズ

(1987年7月3日 - 1988年3月25日)
魔神英雄伝ワタル
(1988年4月15日 - 1989年3月31日)
魔動王グランゾート
(1989年4月7日 - 1990年3月2日)