ニャニがニャンだー ニャンダーかめん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニャニがニャンだー ニャンダーかめん
ジャンル ギャグアニメファンタジーアニメ子供向けアニメ
アニメ
原作 やなせたかし
総監督 芝山努
監督 岩崎知子
シリーズ構成 桜井正明
キャラクターデザイン 柳田義明、鈴木玲子
音楽 宮路一昭
アニメーション制作 サンライズ
製作 名古屋テレビ、SUNRISE
東急エージェンシー
放送局 テレビ朝日系列
放送期間 2000年2月6日 - 2001年9月30日
話数 全83話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ニャニがニャンだー ニャンダーかめん』は、やなせたかし原作の絵本のタイトル、および名古屋テレビ放送制作、テレビ朝日系列で放送されていたテレビアニメである。

概要[編集]

原案は『少年少女新聞』で1996年4月から2000年3月までに掲載されていた「ピョンピョンおたすけかめん」であり、主人公がウサギのぴょんちゃんであった。その後アニメ化するあたり、新しい設定として主人公を猫のニャーゴに変更した。このアニメに登場しているキャラクターの一部は、おたすけかめんで登場したキャラクターを流用している。なお、同じ原作者の『アンパンマン』とは同一世界という設定である[1]

勇者シリーズ終了以来初めてサンライズメ〜テレ(名古屋テレビ)のアニメの制作を担当した作品だが、サンライズでは異色だった完全ファミリー向けアニメである。

アニメの放送期間は2000年2月6日から2001年9月30日。全83話。

作者の地元である高知県では、テレビ朝日系列局がなかったためテレビ高知TBS系)で時差放送された。その際、番販でオールスポット扱いにも拘らず、主役声優が声を当てたテレビ高知向けの番宣が制作された。次回予告もテレビ高知向けにネット局より尺の長い30秒バージョンが作られていた[2]

ストーリー[編集]

キャットタウンに住んでいるのニャーゴは、本を読むのが好きだが木登りが苦手な弱虫でドジな小学生の男の子である。でも、「助けて!」という声を聴くと、"ベルト"、"くつ"、"てぶくろ"、"マント"、"かめん"を身に着けて、正義の味方「ニャンダーかめん」に大変身。スーパーキャットとして活躍する事ができるのである。もちろんこの事は、妹のミーコ(途中でばれてしまった)や友達のニャンタたちにも秘密にしている。誰にでも優しいニャンダーかめんはみんなの憧れの的。そんなニャンダーかめんが大活躍するキャットタウンで、今日はどんな事件が起こるのか。

登場キャラクター[編集]

ニャーゴ / ニャンダーかめん
- 浅野まゆみ[3]
物語の主人公。本を読むのが好きなおとなしい小学生の男の子。勉強やスポーツも冴えないが、人を思いやる心をネコ仙人に認められ、(半ば強引に)ニャンダーかめんの使命を与えられる。本人はニャーゴとしての生活が好きな様子。ニャンダーかめんに変身すると、ひげしっぽが消えて身長が少し伸びる。またニャーゴの時よりも凛々しい声になる。助けを求められれば、敵でも味方でも誰でも助けるをモットーにしている。嫌いなものはピーマン(ニャンダーかめんになっても同じ)。
ミーコ / ニャンダーかれん
声 - 川田妙子[4]かないみか(14話A-)
ニャーゴの妹。だらしのない兄をいつも怒っているが、本当はお兄ちゃん思い。ニャンダーかめんに想いを寄せていたが、その正体が実の兄と知ってショックを受け、ネコ仙人に迫って強引に自ら「ニャンダーかれん」になった。ミーコからニャンダーかれんの声はかわらない。
ピーどり
声 - すずき紀子
卵の時にニャーゴに拾われて孵ったとても健気なプテラノドンの子供。ニャンダーのパートナーで、ピンチの時に救いにくる。「ピー」としかしゃべらず、ニャンダーかめんの変身セットを隠すため、のどに詰め込ませたことも。
ニャオン
声 - 堀内賢雄
青いヤマネコ。本作の準主人公的存在。名誉欲が強く、町の人気者になってテレビに出ようと様々な策をめぐらすが、失敗ばかりしている。わがままで自己中心的な性格だが、優しいところもある。一度アンパンマンに変装したばいきんまん同様、ニャオンもニャンダーかめんに変装し悪行を行ったことがある。心の弱さから逡巡するも善行に傾いたり、作品中でもっとも人間臭いキャラともいえる。丸顔でカールしたヒゲが特徴でとてもネコには見えない姿だが、かつては野性的で凶暴そうなヤマネコらしい姿をしており、カザールに現在の姿に(本人曰く「ファッショナブル」)アレンジしてもらった。発明の才があり、スーパーニャオン号というマシンを開発した(燃料は生ゴミ)。一度だけ人気ランキング1位になったことがあるが本人はその瞬間を見ることができなかった(コンだけ見ることができた)。
コン
声 - 内川藍維
白いキツネの少女。ニャオンに恋しており、彼の家で洗濯や炊事をこなしている。なぜかニャオンを最高にかっこいい男と思い込んでいるようで、彼を「ニャオンさま」と呼んで応援し、失敗したときはよく「おいたわしや…ニャオンさま…」と言う。ニャオンの人気を上げるためにギンコのアドバイスを受けるが、せっかちで話を最後まで聞かないために失敗することもしばしば。変身の術を使えるが、あまり希望通りにはならない。
ギンコ
声 - 小林優子
姉御肌の川獺。通称はギンコ姐さん。人気者になれないニャオンを心配するコンに色々と知恵を貸している。必殺技はウィンクパンチで当たった相手がメロメロになるという効果があるが子供には効かないという弱点がある(ニャンダーかめんには全く効果がなかった)。
サラキチ
声 - 檀臣幸
ギンコのパートナーである河童の男。ギンコと一緒にいるためかギンコに片思いをしている。頭の皿を手裏剣のように飛ばすことがある。皿を取られたり、陸上に長時間いると力が出なくなる。
ニャンタ
声 - 喜田あゆみ
ニャーゴのクラスのリーダー的存在。ボール遊びが好き。ニャンダーに憧れていて自分もなりたいと祈っている。人気者になりたいと言っているニャオンを馬鹿にしている。
ニャコ
声 - 山川亜弥
ニャーゴのクラスのマドンナ的存在の女の子。ニャーゴやニャンタ、キャッチンに想われている。ニャンダーと結婚したいと願っている。清楚な印象が強いが、少々お茶目なところもある。発育がよく、クラスで一番背が高い。ダンスと歌が得意。
キャッチン
声 - 山門久美
クラスで一番頭が良い秀才。いつも眼鏡をかけ、白衣を着て、自宅の隣に実験室をかまえている。いつかは人を助ける発明をしたいと願っている。
スズコ先生
声 - 小林優子
ニャーゴが通う学校の担任の先生。ニャーゴが様々な症状で(助けにいくための理由の仮病)よく授業を抜け出すが、それを受け入れる寛大さを持つ。カザール、カバレリーナ、ピーチクとは学生時代の同級生だった。
タマ
声 - 小林優子
ニャーゴのクラスメートの女の子。おとなしい性格で見た目も地味だが、なかなかの努力家である。ニャーゴの事が好きな様子。ニャンダーかめんにすごく詳しい。
チャーミン
声 - 一龍斎貞友
ニャーゴのクラスメート。太っていて気が強い女の子。
ネコ仙人
声 - 藤本譲
ニャーゴをニャンダーかめんにした張本人。争い事だらけの世界を救うために、地上に降りれない自分の代わりに、ニャーゴをニャンダーかめんにし、後にミーコもニャンダーかれんにした。
マントヒヒ
声 - 辻親八
ニャンウッドの山の上に住むヒヒの男。自分を町の王様と決めており、しばしばニャンダーに挑戦する。ニャオンと違い、暴力も辞さない。実質悪人がいない(ドクロ王と配下の怪物やチュウチュウ一族を除く)本作で一応の悪役である。必殺技は口から出す火球・電光火炎(後に「電光火炎エレキテル」にパワーアップした)。ラッキョウが苦手。本来はマント屋であり、いつも身に着けているマントは自作品で、自由自在に飛び回れる。
タヌコ
声 - 小林優子
タヌキの少女。コンがニャオンに尽くすように、マントヒヒの世話を焼いているが、コンと異なりマントヒヒが冴えない男であることに薄々気づいている様子。化けることもできる。コンとはライバル関係。
クモネコ
声 - 梅田貴公美
マントヒヒのパートナー。吐き出す糸は非常に粘着力が強い。
ドクロ王
声 - 中田和宏
髑髏の姿の魔物。この世界の支配を企む本当の悪といえる存在である。ニャオンに捕縛したニャンダーかめんの仮面を取る誘惑をした事もある。他に、手下に怪物としか言いようがない連中を率いている。彼も棒剣を狙っていた一人で、棒剣の力で恐竜の化石を生き返らせたり、空飛ぶ島を支配したり、器剣や短剣を3本ともそろえて世界を征服しようと企んでいた。ただし骨なので敗退の際にバラバラになった後、何度も逃亡したりすることもあった。1度はニャンダーかめんに協力したカアコや空飛ぶ島の住人たちの力によって、天空に砕け散って消滅した。しかし、部下によって4つの輝く玉の力で海底に封印されていたドクロ移動要塞と共に復活し、世界を再び征服しようとニャンダーかめんに再戦を誓う。
ドクロ王の手下達
ヘドロンドン
ヘドロの怪物。口からヘドロを吐き出す。ブリキのロボット達を率い、人工島を拠点に海や空を汚す計画を実行していた。
ネップウロン
熱風の怪物。演奏が好きで、常に持っているラッパから熱風を噴出す。ドクロ王曰く「大人しくしていれば無害な怪物」とのこと。
ロックマン
岩の怪物。体を分裂させることができる。一度はニャンダーを倒した唯一の人物でもあるが、ネコ仙人の輝く玉の力で復活したニャンダーに反撃された。「ロックンロ~ル」としかしゃべれない。
シャレコウベ
頭蓋骨に骨が2本付いている(いわゆる海賊のシンボルマーク)下っ端。数多くいる。
チエタマ
声 - 滝沢ロコ
輝く玉の番人ののような姿をして、足が2本ある。
その名の通り勇気ある知恵を持っている。自分の油断でドクロ王を復活させてしまったことから責任感が強い。ドクロ王から「チビタマ」と呼び間違えられる。
ドクロ王が再び封印した後はネコ仙人の元で修業中。
ネズミ仙人
声 - 檀臣幸
チュウチュウ一族と呼ばれるねずみ軍団の親玉。物語の終盤に登場。「猫はねずみの天敵だ。」を理由にキャットタウンをチュウチュウタウンにしようとし、仲間達と一緒に様々な作戦でキャットタウンの住民を困らせた。そのためキャットタウンの住民から怒りを買ってしまった。
ウルトラ丸 / ミイラ丸
声 - 長島雄一
自分では正義の味方だと思っているトラの大男。いい加減な性格であり酒乱である。ニャンダーかめんに助けられて以降、自分自身も正体を隠してミイラ丸となり、ニャンダーかめんのピンチやキャットタウンの住民を助けている。
ミケ
声 - 青山穣
キャットタウン放送局(通称かめんちゃんねる)のアナウンサー兼カメラマン。人気者ランキングの司会やニュースキャスターなど数多くの番組の司会を受け持っている。また映画監督もしたりしている。
カザール
声 - 一城みゆ希
洋服屋を経営するファッションリーダーのサル。語尾に「ザ〜ル」を付けて話す。カバレリーナ、ピーチクとは友人関係にある。
カバレリーナ
声 - すずき紀子
ニャンウッドのほとりにあるバレエ教室の先生のカバ。体重が重く、彼女がステップを踏むと地震が起こる。
ピーチク
声 - 滝沢ロコ
歌手志願のコマドリ。その声はあまりに甲高すぎて耳に悪い。
ペペペンギン
声 - 一城みゆ希
少々慌て者のペンギン。ひょんな事からホウホウ博士の弟子になる。またペンギンなのに寒いのが嫌い。すぐに熱を出してしまう体質で、発熱時はまともな言動を取る。仲間たちとフォーメーションを組み、両手を羽ばたかせて吹雪を発生させる「ペンギンブリザード」が得意技。
ペペコ
声 - 高田由美
ペペペンギンの妹。ミーコと同じくお兄ちゃん思い。
ホウホウ博士
声 - 中博史
博学のフクロウ。なぞなぞが得意なほか、人生相談を開いたり、考古学に精通していたりする。
デカコング
声 - 青山穣
ニャンウッドの森に住む巨大ゴリラ。あまりに巨大すぎるためにたびたび騒動を起こすが、基本的に心優しい性格。
チビコング
デカコングの友人で、姿はデカコングをそのまま小さくしただけ。彼の存在がニャオン達にある勘違いをさせた。
ガオン
声 - 古田信幸
ヤマイヌの旅人。ニャオンのライバルで、会うたびに張り合っている。
パカパカキッド
声 - 落合弘治樫井笙人
カウボーイの馬。中盤ではガオンとの親交を深めた。
カアコ
声 - 定岡小百合
ホウキ屋を営んでいる魔法使いの老婆。ニャンダーかれん(ミーコ)とネコ仙人とハタラキアゲハの蝶以外でニャンダーかめんがニャーゴだということを知っている唯一の人物。
カンタ・ルータ
声 - 雪野五月
ハリー
声 - 津村まこと
ハリネズミの忍者。熱血漢だが、嵌められやすいという難点がある
デモンガ
声 - 増田ゆき
モモンガの忍者。同じ忍者であるハリーとは対照的に冷静沈着。初登場時にカザールの洗面器を盗んだ犯人と疑われた(実は盗まれていなかった)。
リリコ
声 - 池本小百合
モグスター
声 - 大川透
荒野の町に住む野心家のモグラ。利益欲が強く、住民たちに金を掘り出させ、儲けを独り占めしようとする。ニャオンに少しだけ雰囲気が似ているため彼と手を組むが、あっさりと裏切られる。
ナレーター
声 - 一龍斎貞友
講談師でもある一龍斎がナレーターを担当しているので、講談調なナレーターが特徴である。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「夢のマント」
作詞 - やなせたかし / 補作詞 - 中村メグミ / 作曲・編曲 - 庄野賢一 / 歌 - 大森玲子(現:相原玲
エンディングテーマ
「心の森で」(1 - 32話)
作詞 - やなせたかし / 補作詞 - 中村メグミ / 作曲・編曲 - 庄野賢一 / 歌 - 大森玲子
「ダンスDEニャン²」(33 - 83話)
作詞 - やなせたかし / 作曲・編曲 - 宮路一昭 / 歌 - くまのきよみ
劇中歌
「僕はニャンダー!!」
作詞 - やなせたかし / 作曲・編曲 - 宮路一昭 / 歌 - 浅野まゆみ
「山猫ニャオンきどりうた」
作詞 - やなせたかし / 作曲 - 宮路一昭 / 編曲 - 宮路一昭・村山知義 / 歌 - 堀内賢雄

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル シナリオ 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 ニャンダー登場 桜井正明 芝山努 岩崎知子 生野裕子 2000年
2月6日
マントでヒヒヒ 岩崎知子
2 お空でダンス 鈴木卓夫 根岸宏樹 2月13日
ギンコにおまかせ 翁妙子
3 強敵ウルトラ丸 中弘子 義野利幸 生野裕子 2月20日
ギンコ救出作戦 小松崎康弘 関本雄二
4 ニャンダーの正体? 翁妙子 さくら十四郎 大町繁 宮原秀二 2月27日
5 倒せナゾナゾ博士 中弘子 小寺勝之 横山広実 3月5日
忍者ニャオン参上 桜井正明 小寺勝之 山崎茂
6 山犬ガオンの挑戦 小松崎康弘 えだよしひ 藤田宗克 3月12日
パカパカキッド 翁妙子
7 おばけの木だキキ 中弘子 大宙征基 鈴木卓夫 大武正枝 3月19日
ニャーゴの一日 翁妙子
8 やんちゃなオバケ 桜井正明 さくら十四郎 大町繁 小林勝利 3月26日
コンちゃんの家出 中弘子
9 ふたりのニャンダー 小松崎康弘 義野利幸 生野裕子 4月2日
森の水を取り返せ 菊池一仁
10 ピードリの秘密 桜井正明 小寺勝之 横山広実 4月9日
名探偵ニャオン? 翁妙子 矢吹勉 白士理徳
11 ニャーゴの約束 井上美保子 えだよしひ 藤田宗克 4月16日
ニャオン救助隊
12 キノコでウキウキ 中弘子 義野利幸 根岸宏樹 大武正枝 4月23日
ふたごの転校生 菊池一仁
13 ニャンダー誕生 桜井正明 さくら十四郎 大町繁 小林勝利 4月30日
14 夢泥棒を捕まえろ 翁妙子 山田みちしろ 生野裕子 5月7日
たつまきこぞう 井上美保子 大宙征基
15 守れみんなの水 小松崎康弘 佐藤雄三 横山広実 5月14日
空飛ぶほうき 井上美保子 山崎茂 白土理徳
16 タヌコ登場 翁妙子 えだよしひ 藤田宗克 5月21日
おばけの招待状 小松崎康弘
17 氷の国のロック鬼 中弘子 菊池一仁 岡英和 大武正枝 5月28日
夜空のクローバー 井上美保子 六反田等
18 腕相撲キング決定戦 翁妙子 さくら十四郎 大町繁 小林勝利 6月4日
ケンカはやめて 小松崎康弘
19 とべ!チビガエル 翁妙子 香川豊 生野裕子 6月11日
相談は任せるニャ 井上美保子 菊池一仁
20 消えたかめん 中弘子 山崎茂 白土理徳 6月25日
21 ジャブジャブの夢 井上美保子 えだよしひ 藤田宗克 7月2日
ニャンダー記念館 小松崎康弘
22 牛乳屋のギューさん 翁妙子 望月智充 岡英和 大武正枝 7月9日
勉強は楽しいな 井上美保子 菊池一仁
23 冒険!棒剣を探せ! 翁妙子 さくら十四郎 大町繁 小林勝利 7月16日
24 冒険!カメカメ湖 中弘子 望月智充 生野裕子 7月23日
25 冒険!ナゾナゾ城 小松崎康弘 山崎茂 白土理徳 7月30日
26 冒険!三つの願い 井上美保子 えだよしひ 藤田宗克 8月6日
27 冒険!ドクロ城 翁妙子 六反田等 福富博 大武正枝 8月13日
28 探検!空飛ぶ島 中弘子 さくら十四郎 大町繁 小林勝利 8月20日
29 冒険!三本の剣の秘密 小松崎康弘 望月智充 岡英和 生野裕子 8月27日
30 ロッカー・ニャオン 井上美保子 山崎茂 白土理徳 9月3日
サイザンスでザンス
31 ニャーゴのプレゼント 中弘子 えだよしひ 藤田宗克 9月10日
やきもちプーとかげ 小松崎康弘
32 消えたニャンダーブーツ 翁妙子 福富博 大武正枝 9月17日
空飛ぶペペペンギン 中弘子 六反田等 福富博
33 なぞのミイラ丸参上 小松崎康弘 さくら十四郎 大町繁 小林勝利 10月1日
やんちゃな双子 翁妙子
34 わがままコンチキ仙人 井上美保子 望月智充 生野裕子 10月8日
ごめんね、ニャコちゃん 中弘子
35 クモネコの恩返し? 小松崎康弘 山崎茂 白土理徳 10月15日
ケンカで仲良し 翁妙子
36 ニャン遺跡の秘密 桜井正明 菊池一仁 岡英和 近藤優次 10月22日
37 満員?バレエ発表会 井上美保子 えだよしひ 藤田宗克 10月29日
サラキチのプレゼント 翁妙子
38 好き嫌いはだめ 小松崎康弘 福富博 大武正枝 11月12日
迷子のイルカ 井上美保子 六反田等 福富博
39 夢の国のミーコ 翁妙子 さくら十四郎 大町繁 小林勝利 11月19日
40 ピードリなんか大嫌い 井上美保子 望月智充 岡英和 生野裕子 11月26日
ニャーゴは映画スター 小松崎康弘
41 消えたランドセル 中弘子 山崎茂 白土理徳 12月3日
疑われたニャーゴ 小松崎康弘
42 忍法勝負で人気者! 翁妙子 芝山努 岡英和 近藤優次 12月10日
キューピッド・ニャオン 井上美保子
43 ヒーローだって虫歯は痛い 翁妙子 えだよしひ 藤田宗克 12月17日
ハッスル茸で大迷惑 小松崎康弘
44 小さくなったニャンダー 六反田等 福富博 大武正枝 12月24日
ピーどりとニャンドセル 翁妙子 福富博
45 空からの贈り物 中弘子 さくら十四郎 大町繁 小林勝利 12月31日
春を迎える火祭り 井上美保子
46 へんてこりんニャオン 翁妙子 望月智充 岡英和 生野裕子 2001年
1月7日
ゴミは宝の山 中弘子
47 カアコ対コンチキ仙人 井上美保子 山崎茂 白土理徳 1月14日
ニャオンの花屋さん
48 ハイキングで修行っぺ 中弘子 えだよしひ 藤田宗克 1月21日
謎のおばあさんち
49 きえる、いずみ 翁妙子 福富博 大武正枝 1月28日
畑の怪物退治 六反田等 福富博
50 ウルトラ丸は大金持ち 小松崎康弘 さくら十四郎 大町繁 小林勝利 2月4日
コウモリカサヤン
51 コンが風邪をひいた日 翁妙子 望月智充 岡英和 生野裕子 2月11日
コガマちゃんの恋 小松崎康弘
52 カスミバナを救え 井上美保子 山崎茂 白土理徳 2月18日
名カメラマン登場 小松崎康弘
53 帰ってきたサーカス・ツバメ 井上美保子 えだよしひ 藤田宗克 2月25日
きれいになって人気者 翁妙子
54 海賊ニャオンとの対決 井上美保子 六反田等 福富博 大武正枝 3月4日
パンづくりはバクハツだ 翁妙子 福富博
55 ふたごってよばないで! さくら十四郎 大町繁 小林勝利 3月11日
コンチキ仙人の新発明 小松崎康弘
56 カネコ先生がやってきた 中弘子 望月智充 岡英和 生野裕子 3月18日
でっかくなりたい、ちびこんぐ 小松崎康弘
57 ミイラ丸が二人? 井上美保子 山崎茂 白土理徳 3月25日
ニャオン学校をつくるニャ 中弘子
58 輝く玉とドクロ王 桜井正明 えだよしひ
松浦錠平
松浦錠平 藤田宗克 4月1日
59 海を汚す、ヘドロンドン 六反田等 横山広行 大武正枝 4月8日
60 ペンギン島を守れ! 小松崎康弘 さくら十四郎 大町繁 小林勝利 4月15日
61 ドクロ王、最期の日 桜井正明 岡英和 生野裕子 4月22日
62 やったね、ブラボーくん 翁妙子 山崎茂 白土理徳 4月29日
あわて者、チョッキー 井上美保子
63 ホラ咲きニャオン 中弘子 松浦錠平 藤田宗克 5月6日
ポポポン花発見隊 小松崎康弘
64 ケンカの帰り道 井上美保子 六反田等 横山広行 大武正枝 5月13日
ワンタ、はじめての冒険 翁妙子
65 早口風船パニック 五武冬史 さくら十四郎 大町繁 小林勝利 5月20日
スーパーニャオン号出動! 井上美保子
66 止まっちゃったぞ大時計 小松崎康弘 岡英和 生野裕子 5月27日
飛んだ!ギンコ姐さん 中弘子
67 ギンコ姐さんを探せ 山崎茂 白土理徳 6月3日
がんばれ!借り物競走 翁妙子
68 彫刻家キッツー 小松崎康弘 えだよしひ 藤田宗克 6月10日
伝説の勇者ニャオン
69 タイムマシンで人気者 六反田等 横山広行 大武正枝 6月24日
なんでも食べちゃうガツガツ草 中弘子
70 マジシャンマジャック 小松崎康弘 さくら十四郎 大町繁 小林勝利 7月1日
月夜の舞踏会 井上美保子
71 おばけベビーが家出? 翁妙子 岡英和 生野裕子 7月8日
ニャンダーはなまけもの 五武冬史
72 カンガルーボクサー 小松崎康弘 山崎茂 白土理徳 7月15日
ラクダは、楽だ 井上美保子
73 ニャンダーかれん誕生 桜井正明 さくら十四郎 大町繁 小林勝利 7月22日
74 チュウチュウ一族がやってきた 小松崎康弘 芝山努 横山広行 大宅光子 7月29日
75 キャットタウンは大ピンチ 桜井正明 さくら十四郎 岡英和 8月5日
76 ニャンダフルランドにご招待 翁妙子 松浦錠平 藤田宗克 8月12日
77 登場!爆裂マウス 小松崎康弘 義野利幸 根岸宏樹 大武正枝 8月19日
78 チュウたこバトル 中弘子 山崎茂 白土理徳 8月26日
79 チュウチュウプレゼント作戦 井上美保子 望月智充 浅野文彰 生野裕子 9月2日
80 かれん!大活躍 翁妙子 義野利幸 横山広行 近藤優次 9月9日
81 モチモチ仲なおり 中弘子 さくら十四郎 大町繁 小林勝利 9月16日
82 森はだれのもの? 井上美保子 榎本明広 松浦錠平 藤田宗克 9月23日
83 チュウ砦の大攻防 小松崎康弘 岩崎知子 岡英和 生野裕子 9月30日

放送局[編集]

  • テレビ朝日系列24局 - 日曜朝7時
  • テレビ高知(TBS系) - 木曜夕方4時(約2か月遅れ)

補足[編集]

  • 2004年にはとちぎテレビで再放送された。なおやなせはこれが縁で、同局のマスコット「てれすけ」を製作した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アニメでは制作会社及びネットワークが異なるため(日本テレビトムス・エンタテインメント制作)、その点については直接触れられなかった。
  2. ^ ネット局も番組開始当初は30秒だったが、半年後には15秒に短縮された。これは予告と提供クレジットの間に視聴者プレゼントまたは他の番組の宣伝の時間を設置したためであり、以降の同時間帯アニメにも引き継がれている。
  3. ^ 初期のEDクレジットではニャーゴのみクレジットされ、にゃんだーかめん:?と表記されていた。
  4. ^ 産休のため降板。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

名古屋テレビ制作・テレビ朝日系列 日曜7時台前半枠
前番組 番組名 次番組
Bビーダマン爆外伝V
(1999年2月7日 ‐ 2000年1月30日)
ニャニがニャンだー ニャンダーかめん
(2000年2月6日 ‐ 2001年9月30日)
激闘!クラッシュギアTURBO
(2001年10月7日 ‐ 2003年1月26日)