新世紀GPXサイバーフォーミュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新世紀GPXサイバーフォーミュラ』(フューチャーグランプリ サイバーフォーミュラ、Future GPX Cyber Formula)は、架空のモータースポーツを描いたサンライズ製作のアニメおよび小説ゲームなどの作品。

作品解説[編集]

TVシリーズは2015年、続編のOVA『11』から『SAGA』までは2016年 - 2020年を舞台に、風見ハヤトを主人公とし第10回 - 第15回サイバーフォーミュラ(CF)ワールドグランプリ参戦チームの1つスゴウアスラーダ(スゴウグランプリ・スゴウウィナーズ)の視点から主に描く。

OVA『SIN』は2022年の第17回CFワールドグランプリを舞台に、ブリード加賀(加賀城太郎)を主人公とし、サーキットの若き帝王と呼ばれるようになった本編の主人公風見ハヤトとの壮絶な死闘を描く。

企画当初は子供向けの要素が強く、「人工知能を持つ車が丁々発止しながら、障害物レース的な変な場所を走っていく」という作風だった[1]。『マッハGoGoGo』の様な作品になる予定だったが、F1ブームから本格的なレース物に変更された[2]。近未来的なカーデザインはマクロスバルキリーで知られる河森正治が担当した。

テレビシリーズでは『魔神英雄伝ワタル』同様、レッドカンパニーが制作に関与。同社の吉川兆二がシリーズ構成のディレクションをした。吉川によるとスポンサーのタカラは「金曜日の放送でレースをやって、その優勝した車を土曜日に発売したい」という意向を持っていた。しかし吉川は「ロボットものより車ものの方が画力が問われる」として、レースは一カ月に一回が限界ということになり、年間10レースということになった。どこで誰が勝つかということや最終的な順位表は最初に作られた。この過程で吉川はシリーズ構成を学んだという。吉川は後の『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』のシリーズ構成で手腕を発揮した[3]

監督の福田己津央と脚本の両澤千晶(『SAGA』以降)、メカニカル作画担当の重田智(『ZERO』以降)といった制作スタッフは、本作から『GEAR戦士電童』(2000年)を経て『ガンダムSEED』(2002年)へとつながる。これらの作品では重田特有の火花を散らすエフェクトが使用されている。『ZERO』以降はガンダムシリーズのニュータイプのような「ゼロの領域」が登場した。

人気[編集]

TVシリーズは児童層を対象とした狙いが外れ、放送開始から終了まで一貫して低視聴率と関連玩具の売り上げ不振に苦しみ、既存の同枠視聴者から受け入れられない結果に終わった。本来は4クールで全50話程度を1年かけ放送する予定だったところ、平均視聴率が僅か※パーセント寸前の数字という極度の低視聴率を招き、タカラが降板したため、結果的にほぼ3クール(9ヶ月)の放送、全37話で打ち切りとなった。

TVシリーズは商業的には失敗したが、中高生以上のハイターゲット層からは評価され、読者投票による1991年度の第14回アニメグランプリでは『ふしぎの海のナディア』など同じ年の他作品をおさえて作品賞ほかを受賞するなど、多くのファンを獲得することに成功した。以後媒体をOVAへと移し、翌1992年の『新世紀GPXサイバーフォーミュラ11(ダブルワン)』から2000年の『新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN』完結にいたるまで、10年間に渡り新作シリーズが1年も途切れることなくリリースされ続けた。

シリーズ継続期間の長さとしては、サンライズ作品の中ではガンダムシリーズに次ぐ規模の長寿作品である[4]。既存の漫画や小説に原作を持たず、10年間に主要な登場人物がほぼ変更されなかった。(付け加えれば、同じ長寿作品とはいえガンダムシリーズは作品ごとに登場人物が変わる。且つ、当作品では各自がそれぞれ作品に応じて年齢も重ねていく。いわゆるサザエさん的な固定された年齢ではなく、作品ごとに登場人物の成長がある) 1話あたりの製作期間が長いOVAが大部分の期間を占めるとはいえ、アニメ作品全般から見ても異例の存在となっている。

OVAシリーズを含め、作品の展開はDVD登場以前のVHSビデオLDが映像ソフト市場を形成していた時期だったが、通常LD版のほうが売れ行きの良いアニメ市場において、VHS版の売れ行きがLD以上に良かったという。これはメインのファン層が女性であり、この当時女性のアニメファンが所有するAV機器はVHSデッキのみであることが多かったという事情によるものである[5]

監督の福田己津央によると『ZERO』や『11』の頃はアンケートの男女比が「女8、男2」だったそうだが、『SAGA』で「半々」になったので、『SIN』では「男向け」に作ったそうである[6]

シリーズ作品[編集]

※各シリーズの表記は以下の順になっている

  • シリーズ タイトル(話数、放映局、放映日またはOVA発売日)
    作品内で舞台となったレース(舞台となった年)

TVシリーズ[編集]

  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ(全37話、日本テレビ系列)(1991年3月15日 - 12月20日放送)
    CFワールドグランプリ第10回大会(2015年

OVAシリーズ[編集]

  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ グラフィティ(全1話)(1992年8月発売)
    2015年(総集編)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ11(ダブルワン)(全6話)(1992年11月 - 1993年6月発売)
    CFワールドグランプリ第11回大会(2016年
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO(全8話)(1994年4月 - 1995年2月発売)
    CFワールドグランプリ第12回・第13回大会(2017年 - 2018年
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ EARLYDAYS RENEWAL(全2話)(1996年4月 - 6月発売)
    2015年(総集編)
    単純な総集編ではなく一部ストーリーが変更されている。例えば第1戦後にはジョン・クリーブではなく加賀と出会うなど、『SAGA』のストーリーに繋がりやすくなるような変更が行われた。単品で発売されたVHS/LD以外では、OVAシリーズのBlu-ray BOX「新世紀GPXサイバーフォーミュラ BD ALL ROUNDS COLLECTION ~OVA Series~」に映像特典として収録されている。
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA(全8話)(1996年8月 - 1997年7月発売)
    CFワールドグランプリ第14回・第15回大会(2019年 - 2020年
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN(全5話)(1998年12月 - 2000年3月発売)
    CFワールドグランプリ第16回・第17回大会(2021年 - 2022年
    最初に発表されたVHS/LD版では最終話にエンディングは無かったが、DVD発売時にエンディングが追加され、その中で2023年の第18回大会の情景が僅かに描かれている。DVD以降はエンディング追加バージョンが正式な最終話となっており、エンディングが無いバージョンは映像特典などでも収録されていない。またBlu-ray BOX発売時に次回予告の映像が変更された(音声はオリジナルがそのまま使用されている)。オリジナルの次回予告は映像特典として観ることができる。

ゲーム版による続き[編集]

非公式なものではあるが、PlayStation 2用ゲーム『新世紀GPXサイバーフォーミュラ ROAD TO THE INFINITY 2』では第17回・第18回大会が、『新世紀GPXサイバーフォーミュラ ROAD TO THE INFINITY 3』では第19回大会がそれぞれプレイ出来るようになっている。これらのゲームの製作にあたっては本編の制作スタッフも協力しているが、発売元であるサンライズインタラクティブとしてはあくまで「非公式な続編」というスタンスを取っている。

あらすじ[編集]

水素エンジン常温超伝導モーターなどの無公害エンジンとナビゲーション人工知能を搭載した車による、F1とは別カテゴリーの自動車レース「サイバーフォーミュラ」が人気を集めている近未来、父が開発したサイバーフォーミュラマシン「アスラーダ」に偶発的に操縦者として登録されてしまった主人公風見ハヤトはサイバーフォーミュラに参戦し、挫折と勝利を繰り返しながら成長していく。

登場人物[編集]

ドライバー[編集]

〔〕は所属チーム。数字はそのチームに所属した年度

風見 ハヤト(かざみ ハヤト)
- 金丸淳一(タイトルコール及び次回予告ナレーションも兼任)
〔スゴウアスラーダ 2015 - 2017 ⇒ スゴウウィナーズ 2018 - 2019 ⇒ スゴウグランプリ 2020 - 2021 ⇒ スゴウGIOグランプリ 2022 - 〕
本作の主人公。偶然アスラーダのドライバーとして登録されグランプリに参戦(TVシリーズ)、2015年開催の第10回世界選手権の第5戦で初優勝を飾り、父を失ったショックを始め数々の苦難を乗り越え初年度から総合優勝を飾る。翌年(『11』)も総合優勝を果たし、ダブルワンチャンピオンとなる。2017年序盤(『ZERO』冒頭)に「ゼロの領域」に足を踏み入れランドルと大クラッシュし重傷を負い、一時引退するも復帰。加賀との死闘を経て「ゼロの領域」を克服する。2020年(『SAGA』)には「アルザード事件」を乗り越え、4年ぶり3度目の総合優勝。2022年(『SIN』)には「サーキットの若き帝王」と呼ばれるほどのトップドライバーとなる。
TVシリーズから『11』までは明るく活発な少年だったが、『ZERO』での大怪我を乗り越えた頃から徐々に落ち着いた性格へと成長していく。ただしレースに対しては熱く負けず嫌いな性格で、成績が低迷すると周囲に当たるなど多少自分勝手な面もあった[7]。『SIN』ではそれも乗り越え、心身共に大人へと成長している。CDドラマなどでは天然ボケが目立つ。恋愛に関してはあすか以外には無関心で疎い。『SIN』のラストであすかと結婚した。
第10回GPX1位(43P)、第11回GPX1位(46P)、第12回GPX3位(40P)、第13回GPX4位(37P)、第14回GPX2位(54P)、第15回GPX1位(64P)、第16回GPX1位(76P)、第17回GPX2位(70P)。総合優勝4回、通算80戦34勝、430ポイント(2022年まで)。勝ち星が飛びぬけて多く、勝率が4割を超えている傑出したドライバーであることがわかる。総合優勝を複数回達成しているドライバーは風見の他、設定上ジョン・クリーブとピタリア・ロペ(各2回)のみで、この点でも風見の総合優勝4回という記録はずば抜けている。主なニックネームは「牛若丸」。2001年3月28日生まれ、A型。
菅生 修(すごう おさむ)/ ナイト・シューマッハ(Knight Shoemach)
声 - 速水奨(テレビシリーズのナレーションも兼任)
〔ユニオンセイバー 2015 ⇒ アオイZIPフォーミュラ 2016 ⇒ スゴウグランプリ(監督)2017 - 〕
元はミッシングリンクのF1ドライバーだったが、素性を隠し[8]サイバーフォーミュラに参戦。デビュー戦となった2015年の開幕戦で優勝を飾り、第2戦も2位に着け、一躍チャンピオン候補となるが、第3戦と第4戦の間に負傷し離脱。F1に復帰するも、この負傷が原因で視神経に異常を来たしていたことを知る。自身にレーサーとしての余命が少ないことを悟り、ハヤトにレーサーとしての厳しさを教えるため、2016年(『11』)の第5戦からサイバーフォーミュラに復帰。シーズン途中からの参戦であるにもかかわらず、瞬く間に勝利を重ねチャンピオン争いに加わる。最終話では視神経の限界のためレース終盤から目を瞑ったまま、サイバーシステムの音声ガイドのみを頼りに走るという離れ業を見せ、最終コーナーまでトップを争いつつ完走を果たした。
レーサーとして数々の実績を残しており、相当な自信家。『11』でシューマッハとして再登場した際は、高飛車な挑発で度々ハヤトを激昂させた。レーサーとしての技術は相当のものであり、正攻法はもちろん、ランドルに対する予選の妨害やスタートでのフェイントなどダーティーな一面も見せ、ハヤトが真のレーサーになるための超えるべき存在としてあらゆる手を見せた。『11』の2016年最終戦を終えるとそのまま引退し、『ZERO』においてはスゴウチームの監督となる。『SAGA』で視神経の手術を受け、監督を兼務したままテストドライバーとしてサーキットを走るまで回復、ガーラントのテストもこなしていた。
カセット・CDドラマではタイミングのいい電話や説教癖をネタにされていた。シューマッハ時代のサングラス(にあやかったもの)は、『ZERO』以降もユニオンから偽名で参戦した選手が着用する(ただし正体を隠す役には立っていない)などの形でたびたび登場する。
名前の由来はミハエル・シューマッハ。名字だけでなく「シュー(修)がマッハで走る」と二重の意味で引っ掛けている。まだ頭角を表す前のシューマッハの名前を採用したものだが、当人のF1デビューは本作スタッフの予想以上に早かったという。TVシリーズ終盤では、放送当時のミハエル・シューマッハの所属チームであるベネトンにいる描写がある。
サイバーフォーミュラに参戦したのは9戦のみだが通算5勝し、風見ハヤトすら上回る勝率を誇る。デビュー戦での優勝は、他にランドル、フリッツしかない(2位も日吉と加賀のみ)。怪我がなければ優勝候補の1番手になれた実力者。ニックネームは「超音速の騎士」。1994年8月9日生まれ、B型。
新条 直輝(しんじょう なおき)
声 - 緑川光
〔アオイフォーミュラ 2015 - 2019 ⇒ ユニオンセイバー 2020 - 2022 ⇒ アオイZIPフォーミュラ 2023 - 〕
風見と同じくTVシリーズ第10回選手権でデビューし、初優勝は第4戦と風見より早かった。当初は葵今日子といつも一緒で嫌味ばかり言っていたが、第7戦にその葵今日子によりBチームに落とされてからは性格が一変。努力家で浮き沈みが激しく、「新条=苦難、不幸」が定番となった。プライドの高さはランドルに匹敵。その度にミキや加賀に叱咤されて立ち直っていたが、2020年の第15回選手権開幕前(『SAGA』序盤)にアオイチームの新オーナーとして現れた名雲によりチームを解雇された際には、自分1人で立ち直って修行のためにミキと共にアメリカへ渡って行った。その第15回選手権の第11戦でユニオンより復帰し、名雲が持ち込んだアルザードを下して復帰戦を見事優勝で飾り、以後は表彰台の常連となる。
アオイの中でもエリートとしてサイバーフォーミュラに参戦したため、当初は風見のことを見下していたが、風見が凄まじいスピードでトップドライバーとして上り詰めていく一方で、新条は努力しても結果が出ず、落ち込んでは周囲の人間に慰めてもらい立ち直り、しかし結果は出ず…と心の弱さが大成を阻んでいた。しかし『SAGA』でアオイを解雇されて渡米し、レースの本場を経験することで精神的に大きく成長。『SAGA』終盤でのサイバーフォーミュラ復帰後は常に優勝争いに加わり、風見の強力なライバルとなる。
スゴウのチーフメカニックだった城之内みきとは、シリーズを重ねるにつれて公私共に欠かせないパートナー(当人らは「相棒」と称している)となる、そしてお互い恋愛感情を持っている。実家が茶道の家元であるため茶道の経験もあり、冬はちゃんちゃんこを愛用。
あだ名の変遷が激しく天才 → 地味な天才、若武者 → 落ち武者(アンリ曰く)と落ちていった。ワールドチャンピオン経験者であり他の年もある程度の結果は残しているがイマイチ目立たない。新条の一番の不幸は風見、加賀、ランドルと同じ年にデビューしたということだろう。だがマシン性能の問題を除けば互角に戦えるドライバーであることは間違いなく、秀才としての実力は彼らも含めて誰もが認めるほどである。
第10回GPX2位(41P)、第11回GPX2位(45P)、第12回GPX1位(68P)、第13回GPX5位(35P)、第14回GPX5位(36P)、第15回GPX8位(14P)、第16回GPX3位(54P)、第17回GPX4位(35P)。総合優勝1回、通算82戦11勝、328ポイント(2022年まで)。デビューからの3年は総合2位、2位、1位と風見に次ぐ成績と言える。チームメイトが加賀、シューマッハ、ランドルと速いドライバーばかりなのも目立たない原因。実際にチャンピオンタイトルをとった時のチームメイトはレンツだった。1998年10月28日生まれ、B型。
加賀 城太郎(かが じょうたろう)/ ブリード加賀(Bleed Kaga)
声 - 関俊彦
〔アオイZIPフォーミュラ 2015、2018 - 2020、2022〕
逆立った原色の派手な髪が特徴。クラッシュレースではかなり有名な孤高のレーサーで、ハヤトとは少女誘拐事件で初めて出会う。その後は助っ人キャラ的な扱いであったが、2015年の第10回選手権・第7戦からサイバーフォーミュラに参戦。過去のしがらみを嫌って同年最終戦で今日子の指示に反して故意にリタイア、以後インディーに転進する。2年連続チャンピオンを獲得した後、2018年(『ZERO』)にサイバーフォーミュラに復帰し、初のシーズンフル参戦。ハヤトと「ゼロの領域」で戦い、終生のライバルとなる。2022年の第17回選手権(『SIN』)でハヤトと死闘を繰り広げ、それに打ち勝ちチャンピオンタイトルを獲得、引退する。
荒っぽいドライビングながら技術は高く、『11』ではスーパーアスラーダ01で走りながらハヤトのスーパーアスラーダ11を上回るタイムを出し、『ZERO』では新条の解雇がかかった1戦で新条のサポートに徹し、マシンをあの手この手で操り、上位マシンを軒並みリタイヤさせた。
飄々とした人懐っこい性格でハヤトの兄貴分の存在であり、加賀もハヤトのことを弟のように思っていたが、『ZERO』でハヤトが「ゼロの領域」に目覚め、それを克服したことで、ハヤトを良き友人であり、良きライバルとして見るようになる。TVシリーズの最初の頃は金にうるさい描写が多かったが、後にはそれほどでもなくなった。乱気流や埃を使ったダーティーなプレイもあった。照れ屋で女性に対しては割と奥手。
かつて加賀とともに「ゼロの領域」に踏み込んだ相沢英二とのクラッシュがトラウマとなっていたが振り切る。その相沢の息子の北斗との会話では復帰を示唆する内容も。
第10回GPX7位(16P)、第13回GPX2位(61P)、第14回GPX4位(43P)、第15回GPX4位(33P)、第17回GPX1位(72P)。総合優勝1回、通算40戦9勝、225ポイント(2022年まで)。見た目のドライビングスタイルとは裏腹に完走率が高いドライバーである。初めてフル参戦した2017年以降も2021年はアオイの出場停止があったため、フル参戦した年数は5年に留まる。2022年にも1戦欠場している。
ニックネームは「サーキットの野生児」「サーキットの渡り鳥」等。1996年4月1日生まれ、A型。
カール・リヒター・フォン・ランドル(Karl Lichter von Randoll)/ プリンス・ローゼンクロイツ(Prince Rosenkreuz)
声 - 松岡洋子
〔ユニオンセイバー 2015 - 、2018のみローゼンクロイツでの出場〕
あらゆるスポーツ大会で優勝を総なめにしてきた天才児で、ハヤトと同じ14歳の最年少ドライバーとしてサイバーフォーミュラにデビューした。
2015年(TVシリーズ)の第10回選手権・第6戦からシューマッハの後釜として参戦、サイバーフォーミュラ史上初となるデビュー戦でのポールトゥーウィンを飾る。あすかに惚れ込み、ハヤトをライバル視したことがサイバーフォーミュラに参戦した動機で、あすかのキスを賭けてハヤトと勝負するなど当初はハヤトに対して挑発的であった。プライドが高い。2016年(『11』)には開幕当初は選手権をリードしたものの、その後シューマッハの策略に度々はまってノーポイントレースを重ね、前年同様に最終戦までタイトル争いには加わったもののタイトルを逃している。2017年序盤(『ZERO』冒頭)にハヤトとクラッシュし引退するが、翌年の最終戦においてゴーグルで顔を隠して偽名で復帰。以後、ユニオンのオーナー兼ドライバーとして参戦する。速いが爆発力に欠けるためチャンピオン経験はない。
家は由緒ある貴族でお坊ちゃまゆえの我侭もあるが、女性に対しては紳士。ミッドナイトレースで遭難していた新条とミキを助けるなど意外に友情にも厚い。ハヤトに対しても、TVシリーズの最終戦で認めて以後は、『11』や『SAGA』でハヤトが成績低迷で周囲に当たるたびに登場しては苦言を呈し、遠回しに励ましている。ランドル本人は『11』においてシューマッハに圧倒されたことでスランプに陥ったことがあるが、ハヤトやグレイスンの叱咤もあってそれを克服して以後は「挫折を経験したことのない天才」という弱点が消えるとともに、予選で1アタックのみ行うような以前の極端な不遜さも影を潜め、真摯にレースに取り組むようになった。
当初は言葉遣い、物腰、作法、どれをとってもお坊ちゃまで、レース中にピットインしてはティータイムを楽しむほどのマイペースぶりだったが、『SAGA』の頃になると言葉使いに粗野が目立ち、ピットインでのティータイムでは一気に飲み干しカップを放り投げて行くなど、少し乱雑な性格になり始めている。ニックネームはその芸術的な走りから「サーキットのアマデウス」。
第10回GPX3位(40P)、第11回GPX4位(42P)、第12回GPX6位(22P)、第13回GPX(Pなし)、第14回GPX3位(51P)、第15回GPX2位(62P)、第16回GPX2位(56P)、第17回GPX3位(37P)。総合最高位2位、通算78戦10勝、310ポイント(2022年まで)。その速さに比べ意外と勝っていない。ここぞというバトルに弱いという印象はぬぐえない。2001年7月7日生まれ、AB型。
ジャッキー・グーデリアン(Jackie Gudelhian)
声 - 島田敏
〔スタースタンピード 2012 - 2015 ⇒ シュトロゼック・プロジェクト 2016 ⇒ シュトルムツェンダー 2017 - 〕
アメリカ出身のドライバーでワイルドな走りを得意とする。反面単独スピンもあり自滅も多い。2016年(『11』)にはライバルのハイネルの誘いに乗ってシュトロゼックに加入、2019年(『SAGA』冒頭)の第14回選手権で念願のチャンピオンタイトルを獲得する。ニックネームは「走る星条旗(設定のみ)」「ハイテクのカウボーイ」等。
根っからの陽気。3枚目だがプレイボーイでいつも女性を連れているが、綾やルイザには敬遠されている。ハイネルとはよくケンカをするが、互いに信頼しているため深刻な事態にはならない。現役ドライバーの中でサイバーフォーミュラ参戦歴が最も長い。
トランクスは星条旗模様。実家はスーパーマーケットチェーンを経営しており、ポイントが貯まるとグーデリアンのサインが貰える(あまり評判は良くない)。
モデルはナイジェル・マンセル
第7回GPX5位、第8回GPX5位、第9回GPX4位、第10回GPX6位(22P)、第11回GPX5位(33P)、第12回GPX2位(55P)、第13回GPX6位(34P)、第14回GPX1位(71P)、第15回GPX3位(51P)、第16回GPX5位(31P)、第17回GPX5位(31P)。総合優勝1回、通算111戦11勝、328ポイント(2022年まで、第10回以前の優勝数、ポイントは不明のため含まず)。百戦錬磨だがドライビング自体は昔と変化がない。以前はハイネルと、『SAGA』あたりからはランドルとよく絡んでリタイアする。1995年5月1日生まれ、O型。
フランツ・ハイネル(Franz Heinel)
声 - 置鮎龍太郎
〔所属不明 2011 ⇒ ZIPレーシング 2012 - 2014 ⇒ S・G・M 2015 ⇒ シュトロゼック・プロジェクト(監督兼マシンデザイナー ⇒ 兼ドライバー)2016 - 2019 ⇒ シュトルムツェンダー 2020 - 2021 ⇒ ドライバー引退、監督兼マシンデザイナーに専念 2022 - 〕
自ら設計したマシンで参戦し、後に自分のチームを結成するなど多才な面をみせる。「走る精密機械」の異名をとるが、意外に熱くなりやすい性格でリタイアも多かった。ランキングでグーデリアンを上回る年もあり、ドライバーとしても有能だが監督兼デザイナー兼ドライバーはきついようで、後年は尻すぼみだった。
普段は髪を逆立てているが、マシンに乗る時はヘルメットをかぶるために下ろしている。設定上は「伊達メガネ」ということになっていたが、レース中もメガネあるいはスポーツゴーグル(『SAGA』)を着用しているため、真偽は不明。妹のリサには頭が上がらない。
同じデザイナーとしてクレアが気にかかっているが、彼女の思考にはついていけない。
モデルはアラン・プロスト
第7回GPX6位、第8回GPX9位、第9回GPX3位、第10回GPX5位(24P)、第11回GPX10位(2P)、第12回GPX4位(38P)、第13回GPX3位(39P)、第14回GPX8位(16P)、第15回GPX6位(24P)、第16回GPX6位(24P)。総合最高位3位、通算101戦3勝、167ポイント(2022年まで、第10回以前の優勝数、ポイントは不明のため含まず)。多才すぎて飛びぬけなかった例といえる。自分で製作したマシンを自分でテストできる優位性があるのだが、イマイチ有効に活用できていない。1994年12月23日生まれ、AB型。
大友 譲二(おおとも じょうじ)
声 - 富田晃介
〔アルバトロスDDT 2014 - 2015 ⇒ (CF引退、解説者を経てラリードライバーに)〕
新条が優勝した2015年の全日本グランプリで2位となり、新条、風見とともにその年の第10回世界選手権からサイバーフォーミュラに参戦(TVシリーズ)。オフロードコースでは強く、「サーキットの自然児」「オフロードの鬼」といった異名を持つが、サイバーシステムに頼らないという無謀なことをしていたため、世界選手権において成績は振るわなかった。第9戦ドイツGPで風見と共に大クラッシュを起こし[9]、全身の負傷によりレースへの復帰が困難となり以後はサイバーフォーミュラから身を引く。復帰後はレースリポーターを経て、ラリードライバーとなる。
『11』では成績低迷で悩むハヤトにアドバイスに登場した。『ZERO』ではオープニングの映像には登場したが本編には現れず、以降のシリーズでは全く登場していない。
北海道出身で鞄にはいつも食べ物(乳製品)が入っている。
第10回GPX9位、4位が最高。第11回よりオフロードが撤廃になったため、ラリー転向は正解といえる。1997年1月1日生まれ、O型。
エデリー・ブーツホルツ(Edelhi Bootsvorz)
声 - 龍田直樹
〔ミッシングリンク 2015 - 2022 ⇒ スゴウGIOグランプリ 2023 - 〕
F1レースの事故で左目、左腕を失ったが義眼、義手をつけてレーサーとして復帰。その恩義からミッシングリンクのスミスの悪事に手を貸し、アスラーダを狙っていたが、菅生修とのマッチレースを境に改心し、レースに全力を注ぐ。ミッショネルは目立った最新技術もなくエンジンパワーも劣り、他のトップチームには性能で差をつけられているが、ブーツホルツは度々上位に食い込む。これはひとえにブーツホルツの腕である。サイバーフォーミュラでは最年長であるが本人は40歳まで走ると宣言。第18回大会からスゴウに移籍した。ニックネームは「独眼竜」「いぶし銀」等。
当初は不気味な雰囲気を漂わせていたが、スミスと手を切ってからはベテランとしての落ち着いた存在感を見せている。義眼・義手が大型でサイボーグのような外見(『超人機メタルダー』に登場したトップガンダーに似ている。)だったが、『SAGA』で最新技術を駆使したものに取り替えられ、より違和感のない外見に変わっている。
酔うとコサックダンスを踊る。
ジョセフィーヌというネコを飼っている。
修やクレアとはF1時代からの友人で、『SIN』の最後では2人でシューマッハのサングラスをかけ修をからかっていた。
第10回GPX8位(15P)、第11回GPX6位(23P)、第12回GPX5位(37P)、第13回GPX7位(25P)、第14回GPX6位(21P)、第15回GPX5位(29P)、第16回GPX4位(34P)、第17回GPX6位(26P)。総合最高位4位、通算92戦1勝、210ポイント(2022年まで)。大ベテランと言われるが、第17回大会時点でもまだ29歳である。スゴウ移籍により以前より勝てるマシンを手に入れた今後の活躍が期待される。1993年8月8日生まれ、O型。
ピタリア・ロペ(Pitalia Lope)
声 - 西村知道
〔A・G・S(ドライバー 2015 ⇒ 監督)2016 - 〕
2度のチャンピオン経験を誇る。2015年の第10回大会(TVシリーズ)では中盤以降マシン性能で劣勢に立たされたが、最終戦までしぶとくチャンピオンタイトルの可能性を残していた。しかしながら最終戦で加賀とのバトルの末にリタイア。この年限りでドライバーとして引退して、以後は所属チームであるAGSの指揮を執り日吉を迎え入れる。後にその日吉に見切りをつけニナをチームに迎え入れるが、ランキングでは日吉に上をいかれている。ニナやアンダーソンの成績を見ると日吉を切ったのは失敗だった。日吉も飛びぬけたドライバーではないが、第11回以降はマシンの性能に問題があるのも歴然としている。趣味は骨董品集め。
第3回GPX11位、第4回GPX4位、第5回GPX20位、第6回GPX(Pなし)、第7回GPX1位、第8回GPX3位、第9回GPX1位、第10回GPX4位(28P)。総合優勝2回。1985年4月7日生まれ、O型。
アンリ・クレイトー(Henri Claytor)
声 - 結城比呂
〔セオドライトT.T 2017 ⇒ スゴウグランプリ 2018 - 2021 ⇒ スゴウGIOグランプリ 2022 ⇒ ミッシングリンク 2023 - 〕
幼い頃のトラウマからハヤトを敵視しており、ハヤトとランドルの大クラッシュの原因を作る。性格の表裏が激しくスゴウ移籍後もそれは変わらず、色々問題を起こしていた。風見のサポートもあり、デビュー2年目の第13回大会(『ZERO』)でチャンピオンタイトルを獲得するも以後は尻すぼみで、性格の問題もあり2022年限りでチームから放出され、ミッシングリンクに移籍する。スゴウ時代からレオンとは争いが絶えない。
幼い頃からサイバーフォーミュラの最年少チャンピオンを目指して父親と二人三脚でトップレーサーを目指すが、ハヤトがアンリよりも先に最年少チャンピオンになったことで父親から見限られる。その恨みからハヤトを敵視していた。ハヤトと2人きりになると暴言を吐いたり、ハヤトの悪評を広めるなどのほか、他の人物に対しても表面上は素直な少年を演じているものの、裏では嘲笑するなど、極端な二面性のある人物だった。『ZERO』終盤でハヤトに「何のためにレースを走るのか」ということを気付かされて改心し、以後は打って変わってハヤトに心酔する。これ以降は好き嫌いをはっきり表に出すようになり、好きな人物には素直な少年、嫌いな人物にはキツイ態度を隠さず出すようになっている。特にハヤトに近付く者に対しては、たとえあすかであっても邪魔をするなど極端である。篠原めぐみとはハヤトのことでいつも争っている。
彫刻が趣味で恨みを込めて彫る。
スキーで骨折して欠場したこともある。
第12回GPX10位(3P)、第13回GPX1位(62P)、第14回GPX7位(19P)、第15回GPX7位(22P)、第16回GPX7位(15P)、第17回GPX7位(20P)。総合優勝1回、通算71戦3勝、141ポイント(2022年まで)。下位チームからトップチームに移った数少ないドライバーの一人だが、その性格が成長の妨げになっているのは明らか。それでも1度のチャンスを生かしたのだから幸運ではある。
フィル・フリッツ(Phill Fritz)
声 - 私市淳
〔アオイZIPフォーミュラ 2020 ⇒ (ドライバー引退、メカニックに)〕
『SAGA』で名雲がNASCARから連れてきた新人。デビュー戦となった第15回選手権・開幕戦の予選でコースレコードを出し、決勝はそのままポールトゥーウィンを飾った。その後も驚異的な走りで優勝を重ねるが、それはアルザードに搭載されていたバイオコンピュータが、「αニューロ」と呼ばれる神経系新薬を投与されたフリッツの体を操縦した結果もたらされたであり、そこにフリッツの意思は存在しなかった。NASCARで味わった成績低迷による惨めな思いを繰り返したくなかったフリッツは、名雲の言うとおりにアルザードに乗っていたが、それを知った風見や今日子の説得により、最後にはアルザードを拒否した。この「アルザード事件」でアオイは全戦失格処分を受け、ドライバーズポイントは抹消され、フリッツは引退しアメリカに帰国。以後、加賀の親友であるグレイ・スタンベックの下でメカニック修行を始め、2022年(『SIN』)にはグレイと共にメカニックとしてアオイに戻り、加賀を支えた。
サイバーフォーミュラ本編に登場する主要ドライバーの中では初の黒人で、髪は金色に染めている。
当初は寡黙で口数も少なかったが、『SIN』での再登場後は普通に会話もできるようになり、おとなしく優しい青年になっている。
レオン・アンハート(Leon Earnhardt)
声 - 林延年
〔ミッシングリンク 2020 - 〕
1チーム2台体制となった2020年の第15回大会において、ブーツホルツのチームメイトとしてミッシングリンクからデビュー。NASCARのトップドライバーとしてサイバーフォーミュラに移ったものの、走りが荒っぽく周回遅れの義務を果たさないため、他車を巻き込んでクラッシュの山を築いた。デビューから10戦連続リタイアしたが、リタイアに際して必ず誰かを巻き込むことで悪名を帯びてしまった。
2015年のレオンの動きは「ゼロの領域」やアルザードにも予測不能だった節があり、風見、加賀、フリッツの三名ともレオンによってリタイアの憂き目にあわされた経験がある。
チームの先輩であるブーツホルツの言うことだけは聞く。グーデリアンに並ぶ女好きで、当のグーデリアンからも呆れられている。
NASCARではフリッツと顔見知りであったらしく、落ちこぼれだったフリッツが同じデビュー戦で独走したのを見て驚いていた。
姓はNASCARを代表するドライバーであるデイル・アーンハート(シニア)から取られている。
第15回GPX9位(5P)、第16回GPX8位(9P)、第17回GPX8位(9P)。総合最高位8位、4位が最高。それなりの速さはあるのだが、いつ解雇されてもおかしくないぐらいリタイアとクラッシュが多い。ミッシングリンクは我慢強いといえる。
日吉 明(ひよし あきら)
声 - 島田敏
〔スゴウアスラーダ 2014 ⇒ コーイヌールフォーミュラ 2015 ⇒ A・G・S 2016 - 2019 ⇒ コーイヌールフォーミュラ 2020 - 〕
元はスゴウのドライバーでアスラーダに乗る予定だったが、手違いにより風見が登録されてしまったために乗れず、[10]チームを離れ、ブラジルに渡りロペに才能を見出される。本人は凄く苦労したように語っているが、期間的にはそれほど経っていなく、地の利のあるブラジルで開催された第3戦からサイバーフォーミュラ世界選手権に参戦して、荒れた展開もあっていきなり2位を獲得したのだから幸運の持ち主といえる。AGSに移籍してからは、マシンの性能差もあってトップチームに押されて、表彰台も1回だけだった。AGSを解雇された後は格下チームであるコーイヌールに出戻ったが、AGSの後任であるニナにランキングで負けておらず意地を見せている。
声はグーデリアンと同じく島田敏が演じているが、『ZERO』の最終話を最後に台詞はない。
第10回GPX10位(6P)、第11回GPX7位(13P)、第12回GPX7位(20P)、第13回GPX8位(11P)、第14回GPX(Pなし)、第15回GPX8位(Pなし)、第16回GPX10位(2P)、第17回GPX10位(3P)。総合最高位7位、2位が最高位。通算80戦55ポイント。1997年8月21日生まれ、A型。
マリー・アルベルト・ルイザ(Marie Arbert Luisa)
声 - 勝生真沙子※声はCDドラマ、ゲームのみ
〔セベナージRT 2016 - 2019 ⇒ K・A・Mスタンピード 2020 - 2021 ⇒ シュトルムツェンダー 2022 - 〕
第11回大会より初の女性ドライバーとしてデビュー。最初はリタイアの女王などと言われたが、結果でそれをはねかえして見せた。活躍が認められシュトルムツェンダーに移籍し、慣れないシュピーゲルで奮闘した。完走がグーデリアンより多かったので、マシンの熟成には貢献したはずである。陸を走るものはほとんど運転でき、走ったレースの種類は自分か加賀がチャンピオンだと言っていた。年相応に大人でありグーデリアンのことも軽くいなしている。ギャラガーとの女性対決が注目される。
第11回GPX(Pなし)、第12回GPX(Pなし)、第13回GPX10位(2P)、第14回GPX(Pなし)、第15回GPX10位(4P)、第16回GPX9位(7P)、第17回GPX9位(7P)。総合最高位9位、最高位5位。通算72戦20ポイント。
司馬 誠一郎(しば せいいちろう)
声 - 石田彰※声はゲーム「Road to the Evolution」「Road to the Infinity 2」「3」「4」のみ
〔スゴウウィナーズ 2020 ⇒ アオイZIPフォーミュラ 2023 - 〕
2020年のスゴウテストドライバー。同年の世界選手権後に開催されたエクストリームにスゴウから参加し優勝する。第18回大会からアオイのドライバーとなる。
セラ・ギャラガー(Sera Gallagher)
声 - 菊池志穂※声はゲーム「Road to the Infinity 2」「3」「4」のみ
〔ユニオンセイバー 2023 - 〕
ランドルのテストに合格し、新条の後釜としてユニオンのドライバーとなる。ランドル相手にも物怖じしない女丈夫。
三神 刀真(みかみ とうま)
声 - 野島健児
〔フェニックスジャパンレーシング 2024 - 〕※ゲーム「Road to the Infinity 3」「4」のみ登場〔PHOENIX JAPAN RACING〕
ゲーム「Road to the Infinity 3」の主人公。チーム「PHOENIX JAPAN RACING」。勝気でノリがよく、一見自由奔放な雰囲気だが、基本的には熱血漢。大口も叩くが、ソレに見合った努力も陰ながらキチンと行っている。アドバンスドフェニックスを駆り、必殺の「コメットターン」(COMET TURN)でサイバーフォーミュラ界に旋風を巻き起こす。17歳。
神奈 玲(かんな れい)
声 - 沢城みゆき
〔フェニックスジャパンレーシング 2024 - 〕※ゲーム「Road to the Infinity 3」「4」のみ登場
アンドレア・ディビアーノ(Andrea Dibiano)
声 - 檜山修之
〔グランド 2024 - 〕※ゲーム「Road to the Infinity 3」「4」のみ登場 (TEAM CF GROUND)
イタリア人。チーム「TEAM CF GROUND」。キザなイタリア人。クールでそつがなく、洗練されたセンスを持つ天才型。けっこう汚いこともするが、決してそれを表に出すことはない。18歳。
マーク・フェルナンデス(Mark Fernandez)
声 - 森久保祥太郎
〔グランド 2024 - 〕※ゲーム「Road to the Infinity 3」「4」のみ登場
ノリのいいスパニッシュ系アメリカ人。人は悪くないが、タガが外れやすい。チームメイトのアンドレアとは、つかず離れずの関係を保っている。意外に苦労人(?)。18歳。

チーム関係者[編集]

スゴウ(~アスラーダ、~グランプリ、~ウィナーズ、~GIOグランプリ)
アスラーダ
声 - 小野健一
菅生 あすか(すごう あすか)
声 - 三石琴乃
本作のヒロイン。自動車メーカー『スゴウ』の社長令嬢。スゴウアスラーダチームには、オーナー代理という立場で参加。ただし実質はチームのマスコット的な立ち位置だった。父親と風見ハヤトの父(風見広之)が親友のため、ハヤトとは幼なじみの関係。数年前に実家から飛び出したきり連絡のない兄を心配している。2015年(TVシリーズ)をチームと共に過ごし、様々な経験をする中でハヤトとの仲も進展しシーズン終了時には恋人となった。また、ナイト・シューマッハが兄であることが判明した。2017年序盤(『ZERO』冒頭)のハヤトの大事故からの復帰も支えた。リハビリ中にハヤトと婚約をするも、約束した引退を反故にされたことに怒り婚約を破棄、その後医者への道を志し留学を決意する。ただしハヤトとは恋人関係のままでありレース毎にサーキットに顔を出した。『SIN』のラストでついにハヤトと結婚した。料理がヘタで、自動車の運転も不得手である。1999年3月14日生まれ、O型。
車田 鉄一郎(くるまだ てついちろう)
声 - 飯塚昭三
スゴウアスラーダの監督。2017年序盤(『ZERO』冒頭)のハヤトの大事故に責任を感じ引退したが、2018年(『ZERO』)にはハヤトの復帰に合わせて参戦したスゴウウィナーズでチーム監督に復帰。2019年以降は不明だが、『SAGA』からは見かけないため再度引退したと思われる。若き日には風見広之や菅生幸二郎と共にチームを組みサイバーフォーミュラでの成功を目指した元メカニックでもある。1968年11月1日生まれ、O型。
城之内 みき(じょうのうち みき)
声 - 安達忍
〔スゴウアスラーダ 2015 - 2017 ⇒ スゴウウィナーズ 2018 ⇒ アオイフォーミュラ 2019 ⇒ ユニオンセイバー 2020 - 2022 ⇒ アオイZIPフォーミュラ 2023〕
スゴウアスラーダチームのチーフメカニック。ドライバーとコミュニケーションを取りセッティング作業を行うなど、実質的にレースエンジニアの役目も果たしていた。チームやドライバーからの信頼も厚い。2016年(『11』)シーズンにはデザイナーのクレア・フォートランのエンジニアとしての能力に圧倒されチームから離れる事を考えるも、そこから立ち直った。2018年(『ZERO』)シーズンは移籍話を断りスゴウに残りハヤト担当として復帰を待った。復帰したハヤトと共にシーズンを闘い抜いた後、2019年(『ZERO』エンディング)シーズンからはアオイフォーミュラに移籍して新条と共に闘うことになった。新条とは2015年(TVシリーズ)に最初に会ったころは険悪な関係だったが徐々に距離が縮まり恋愛関係になった。アオイ移籍以降は新条と二人三脚でレースを行って行くことになり、2020年開幕前(『SAGA』序盤)に新条がチームを首になった後も共にアメリカへ渡ってレースを行い、シーズン終盤にユニオンからサイバーに復帰時も新条と共に復帰している。アメリカに渡ったころから2人の関係にももっと親密になったらしい。2023年(『SIN』エンディング)にはアオイZIPに新条と共に移籍した。1998年11月5日生まれ、AB型。
角 良平(すみ りょうへい)
声 - 『ZERO』まで松田辰也 / 『SAGA』以降龍田直樹
スゴウアスラーダチームの頃からのメカニック。当初、ハヤトと衝突することもしばしば。かつてはレーサーを目指していたが、血液型は特殊なためレーサーを断念せざる得なかった。城之内みきがアオイに移籍してからはハヤト担当のチーフメカニックとなる。2000年5月17日生まれ、AB型。
牧 伸介(まき しんすけ)
声 - 竹村拓
スゴウアスラーダチームの頃からのエンジニア。主にコンピュータを使用しての情報解析などを担当する。初めはタイヤ交換の練習には馴染めず克服するまで夜中まで1人で特訓した。1996年7月12日生まれ、B型。
菅生 幸二郎(すごう こうじろう)
声 - 岸野一彦
自動車メーカー『スゴウ』の社長であり、修とあすかの父親。若き日には風見広之や車田鉄一郎と共にチームを組みサイバーフォーミュラでの成功を目指した元ドライバーでもある。
クレア・フォートラン(Clair Fortran)
声 - 冬馬由美
風見広之と共にアスラーダを製作したマシンデザイナー。菅生修は恋人だが、修にクレア以外にも恋人がいることは黙認している模様。2015年(TVシリーズ)年は復帰した修と共にF1チームに所属していたが、修に頼まれ2016年(『11』)シーズン途中にスゴウアスラーダに加入した。加入後はスーパーアスラーダ AKF-11を作り上げ、2年連続のチャンピオンシップ優勝に貢献した。またチームにプロとしての厳しさを持ち込んだ。シーズン終了後、引退した修と共にレースから離れたようだが、2017年シーズンのハヤトの事故後からは修と共に復帰し、マシンデザイナー・エンジニアとしてその後のスゴウに無くてはならない存在となる。
篠原 めぐみ(しのはら めぐみ)
声 - 柊美冬
スゴウグランプリのキャンペーンガール。風見ハヤトに好意を寄せるが気がついてもらえない。
七瀬 さつき(ななせ さつき)
声 - 天野由梨
スゴウグランプリのキャンペーンガール。篠原めぐみの友人。
天城 大介(あまぎ だいすけ)
声 - 一条和矢
2022年(『SIN』)からスゴウにエンジンを供給するGIO社のエンジニア。関西弁で話す。
ブイハチ(V8)
声 - 金丸淳一
菅生あすかの飼い犬。シベリアン・ハスキー。2010年9月18日生まれ。
アオイ(~フォーミュラ、~ZIPフォーミュラ)
葵 今日子(あおい きょうこ)
声 - 天野由梨
自動車メーカー『アオイ』の社長令嬢であり、アオイのレーシング会社の社長を務める。自尊心が高く、ミスをしたメカニックを直ぐにリストラにしたり、成績の出ないアオイフォーミュラをサブチーム扱いし、新たに買収したアオイZIPをナンバーワンチームとして扱い、新車・新ドライバーを割り当てるなど勝利に対するこだわりが強い。ただし新条直輝は葵今日子自身が発掘したドライバーで思い入れもかなり強いようで、成績が悪くナンバー2扱いをしたりきつい言葉をかけることはあるが、それはあくまで新条を信じ期待しているあらわれであった。アオイ本社から叩かれば擁護し、新条の首が危ないときにはチャンピオン争いをする加賀よりも新条の優勝を優先するなど、あくまで新条のシートは確保した。2020年は開幕前(『SAGA』序盤)に社長を名雲京志郎に譲り、新条も首にされてしまうが会社に残り、名雲とアルザードの秘密を調査し告発した。名雲の逮捕で社長の座に戻り、1年の出場停止後の2022年(『SIN』)は加賀を要してチャンピオンシップを勝ち取るが、シーズン後にアオイを退社した。加賀とは2015年(TVシリーズ)からの長い関係であったが、2020年からの辛い次期を共に過ごしたこともあってか特別な感情を加賀に抱くようになった。2022年シーズン最終戦で加賀もその気持ちを受け止めたが、2人の関係が今後どのように進展するかは不明。1995年9月30日生まれ、B型。
片桐 誠(かたぎり まこと)
声 - 林延年
アオイフォーミュラの新チーム登場後、実質的2部のメカニックチーフを務める。
名雲 京志郎(なぐも きょうしろう)
声 - 池田秀一
2020年に葵 今日子に代わって社長に就任した。『SAGA』『SIN』におけるキーマン。『SAGA』では「アルザード事件」の首謀者として暗躍してアオイを窮地に陥れ、『SIN』では加賀に凰呀を提供して、チャンピオンシップが獲れなければサイバー撤退が確定していたアオイを救う。実家は自動車部品会社を経営していたがアオイに乗っ取られそれが原因で実父は自殺している。実兄・名雲柾はかってアスラーダ開発に携わっていたが風見広之との路線対立で袂を分かった後、独自に開発を継続していた凰呀を乗りこなすドライバーを得られなばかりか死に至らしめてしまった自責の念から自殺している。その出自から今日子からは「アルザード事件」の動機をアオイへの復讐ではないかと疑われるが、本人は言下に否定し、実父や兄についても嫌悪の情を示した。一方でハヤトに対してアルザードの優位性を説いたり、凰呀がチャンピオンシップを獲った際には人知れず「兄さん」とつぶやいたり、全てが終わった後、加賀に感謝の言葉を伝えるなどしている。
ユニオンセイバー
ジョージ・グレイスン(George Grayson)
声 - 清川元夢
ランドル家の執事。犬に弱い。
シュトルムツェンダー(シュトロゼックプロジェクト)
リサ・ハイネル(Lisa Heinel)
声 - 岡村明美※声はCDドラマ、ゲームのみ
ミッシングリンク
スミス(Smith)
声 - 平野正人
アスラーダのサイバーシステムを奪うことが目的で、ハヤトの父の命を奪った張本人。カナダでのヘリコプターの墜落事故で散った。
FICCY
結城 レナ(ゆうき レナ)
声 - 川澄綾子※声はゲーム「新たなる挑戦者」「Road to the Evolution」「Road to the Infinity 2」「3」のみ

その他[編集]

風見 広之(かざみ ひろゆき)
声 - 仁内建之
ハヤトの父でアスラーダの開発者。アスラーダを狙うスミスの犠牲により息絶える。1968年8月28日生まれ、A型。
風見 純子(かざみ じゅんこ)
声 - さとうあい
ハヤトの母。夫を失ったあと、スミスの追求を逃れるため身を隠した。1971年10月4日生まれ、A型。
チェッカー杉本(Checker Sugimoto)
声 - 塩屋浩三
CF中継の実況担当。
レポーター
声 - 原えりこ
中沢 純(なかざわ じゅん)
声 - 清川元夢
CFの解説者。元ユニオンのメカニック。
デイブ・ロンバート(Dave Lombard)
声 - 水内清光
2代目CF実況アナウンサー。
彩・スタンフォード(Aya Stanford)
声 - 久川綾
CFのカメラマンで加賀に好意を抱いている。
グレイ・スタンベック(Gray Steinbeck)
声 - 渡部猛
〔アオイZIPフォーミュラ監督 2022のみ〕
加賀の知り合いのメカニックで、アオイの新監督。

サイバーフォーミュラ車両[編集]

作品に登場するサイバーフォーミュラは人工知能サポートシステム「サイバーシステム」を搭載し、その適切なアドバイスで人間の限界以上の走行を可能とし最高速度400km/hオーバーを実現するレースマシンである。水素エンジンもしくは超伝導リニアホイールを原動機として、追加速を得るためのブースト機構などを有する。F1などの他のレースと異なり、サイバーシステムと呼ばれるコンピュータシステムが車体全般を管制することが最大の特徴となっている。

自由な発想をうながすため、レギュレーションにより最低重量が高く設定されており、アスラーダGSXなどの市販車(あるいはプロトタイプレーシングカー)に近い形状の4輪車からスーパーアスラーダなどのフォーミュラカーに近いタイプのものまでボディ形状は各種あり、4輪車以外にも6輪車、8輪車といった多輪車や、オートバイと同じ姿勢で乗車するシュティール(発展型に至っては前1・左右各1・後2の5輪車である)のようなものまで様々となっている。いずれも全輪駆動で、基本的に全輪操舵であり、アクティブサスペンションなどの車体制御技術も一通り備える。超伝導リニアホイール搭載車を除き、変速(ギアチェンジ)はステアリングホイールの裏に備えられたスイッチ状のパドルなどを用いた方式であり、アスラーダGSXなどH型のシフトノブで変速を行う車両もあるが、例外なくセミオートマチックトランスミッションとなっている。変速機は各車前段6段(ミッショネル系は7段)、後段1段を基本とするが、サイバーシステムの管制下にあり、ドライバーがサイバーシステムに指示することにより走行中であってもギア比を変更することができる。なお、水素エンジン搭載車両でフルオートマチックの変速を行う、あるいは無段変速機を備えた車両は登場していない。

フォーミュラカーのような形状を持った車体でも、コクピットは風防ガラスで覆われており、悪天候時などはその全面に周囲を再構築したCG映像をリアルタイムで表示し、ドライバーの視界を保つという機能が存在する。

サイバーフォーミュラに参戦する多くの車両はダウンフォースを発生させるエフェクトファンやローターを搭載している他、走行条件に合わせて車体を変形させられる車両も存在する。

この時代の市販車であるサイバーホイールにもサイバーフォーミュラで培われた技術が応用されており、2022年時点で、スゴウのアスラーダGSXをモデルにしたGSX-NEO ベルサーティスがGIO社より市販されている。

サイバーバイカーズという二輪車レースも行われている。

技術[編集]

サイバーシステム
車体に搭載されているスーパーコンピュータによる人工知能で、空力の調整などを含めたサイバーフォーミュラの車体制御全てを司る。ドライバーにアドバイスを与えるなど、ラリーにおけるコ・ドライバー的な存在でもあり、その機能は単純なカーナビゲーションの域に留まらない。当初、アスラーダのみがスーパーニューロコンピュータであり高度な学習機能を備えていたが、後に他チームもスーパーニューロコンピュータを導入したほか、OVA第4作の『SAGA』ではドライバーの意思を無視した判断すら自立して行うバイオコンピュータによるCSが登場した。
作品中では、キャラクターとしての個性を持って登場していると言えるサイバーシステムはアスラーダのみである(ゲームにおいてはネメシスも同等のキャラクター性を持つ)。TV版のはじめの頃ではアスラーダ以外のサイバーシステムも比較的言葉を話す傾向があったが、人間のシビアな感情まで理解できるのはアスラーダだけという設定。凰呀については、アスラーダと比肩するサイバーシステムとして登場したが、個性はあるものの音声の形で言葉を発することは一度もなかった。凰呀にはアスラーダと違いドライバーとの直接コミュニケーションシステムはなく、それがテストドライバーを2人も死なせる結果になり、『SIN』での登場当初に加賀が乗りこなすことができなかった要因である(『SIN』最終話のクライマックスで、ゼロの領域で走っていた加賀が「声」(担当声優は葵今日子役の天野由梨)を聞く描写があるが、凰呀の声とは断定できない)。
動力
サイバーフォーミュラでは公害に配慮し、水素エンジンもしくは常温超伝導リニア技術を応用し太陽電池燃料電池で駆動する超伝導リニアホイールのみが原動機として認められている。
市販車(サイバーホイール)も、そうした無公害の原動機を用いている。
水素エンジン
作品設定資料中では「サイバーサイクルエンジン」とも呼称する。V10もしくはV12エンジンを基本とし、葵自動車といった自動車会社から、エンジンコンストラクターのXi、車体コンストラクターのユニオンセイバーやSTAG、部品メーカーのスゴウにいたるまで、比較的多くのメーカーがレース用水素エンジンの製造技術を有している。
サイバーフォーミュラ以外では、同時代のインディカーレースにおいても水素エンジンが使用されており、アメリカの自動車会社GIO社は同シリーズにおいて60勝を挙げている。
リニアホイール
ドイツのシュトロブラムス社が開発したもので、基本的に、同社傘下のシュトロゼックプロジェクト(シュトルムツェンダー)、S・G・Mの2チームのみがこれを使用している。原理的に電気モーターと共通するという特性上、加速は無段変速の超電磁加速となり、トルクでは水素エンジン搭載車の追随を許さない。
また、原動機と車輪(ホイール)とが一体化しているため、車体にエンジンのためのスペースはもちろんドライブシャフトなども不要であり、車体設計にはかなりの自由度が生まれる。作品中ではフランツ・ハイネルがこれを活かして独特なマシンを多数生み出した。
ブースト
水素エンジン搭載車両は、吸気中の酸素をイオン化して濃縮することでエンジン出力を上げるブースト機構を有し、一定時間以内ならば500km/h以上の走行も可能となる。エンジンの臨界点を超えた使用はエンジンブローにつながるため、使用するタイミングは選ぶ必要がある。『SAGA』と『SIN』に登場したν-アスラーダAKF-0、および『SIN』に登場した凰呀は、ブースト圧の一部を溜め込んでフラッシュオーバーを起こしさらなる追加速を得る2段ブーストの機構を有する。
リニアホイール搭載車両もオーバーロード(電圧を増大)させることで一時的な超高速走行が可能である。
変形機構
オンロード、オフロードを走り分けるレースのため多くの車両は車高の調整機能を有したが、より極端な実践として、サーキット、ラリー、そして高速走行のエアロ、と、3モード変形機構を有するサイバーフォーミュラ、スーパーアスラーダ01が2015年にスゴウチームによって投入され、実際に同車はコースを問わず高い性能を発揮し、以後、主にスゴウとアオイの2チームによって可変機構を有する車両が開発され続けることとなった。オフロードコースでのレースが廃止された2016年の第11回大会以降では、アオイが投入したエクスペリオンZ/A-8、スゴウの新型スーパーアスラーダAKF-11を筆頭に、ラリーモードを省き、サーキット、エアロのみの2モード可変マシンが登場した。
レアメタル
この作品中では形状記憶合金を意味する言葉として使われている。変形機構において用いられ、これを用いることで瞬時に変形することが可能となる。通常の機械的な変形に比べ、変形によるタイムロスが大幅に減るため、レースにおいては大きなアドバンテージとなる。また、変形のためだけに存在する機械や変形の都合上の構造を必要としなくなるため、ボディワーク全体の形状をより滑らかで空力的に洗練されたものにできるメリットを生じせしめる。
変形機構を有する車両を開発し続けていたアオイとスゴウによって研究され、2020年の第15回大会の開幕戦でアオイがスゴウに先んじてレアメタルによる変形機構を搭載したサイバーフォーミュラ、アルザードNP-1をデビューさせた。同年中に、スゴウもレアメタルによる変形機構を搭載したνーアスラーダAKF-0を投入した。

サイバーマシン[編集]

スゴウ[編集]

GSXを除く全車両は6輪車だが、いずれもティレル・P34のような前4輪・後2輪の形態を採用。同様にブーストはいずれも車体後部に2基搭載した形となっている。但し、アスラーダ系とガーランド系では、アスラーダが比較的大きなブーストポッドを車体左右末端に設けているのに対し、ガーランドは比較的小さなブーストポッドを車体中央部に寄せて設けているという差異がある。そもそもサイバーホイールや、サイバーマシンのパーツ製造会社であるスゴウは、車体製造技術という点ではともかく、車体開発という点においてスゴウ自体の開発能力は定かでなく、アスラーダGSXは元より、スーパーアスラーダ01以降のアスラーダ、ガーランドともに、元々はスゴウ以外で開発、もしくはスゴウ以外で研鑽したクレア・フォートランの独力に負うところが大きい。エンジンは自社で製造していたが、アスラーダについてはエンジンパワーの不足を慢性的に抱える傾向があり、後にユニオンセイバー、GIOからの供給を受けるようになった。

アスラーダGSX(ASURADA GSX)
元々はミッシングリンクの開発部門においてサイバーシステム(CS)「アスラーダ」の実験を目的として開発された車両である。2015年初頭に、開発者である風見広之によって、CSアスラーダもろとも日本に送られ、富士岡クオリファイ直前にスゴウチームの手に渡る。スゴウにおいて追加パーツが製造され、それらと換装することで通常仕様であるサーキットモードのほか、荒れ地での走行用であるラリー仕様、高速モードのエアロ仕様へと変更が可能な設計になっており、あらゆる環境に適合できる汎用性を持つ。この車両に搭載されたCSアスラーダについては、後にサーキット・ラリー・エアロの3形態への変形機構を有するスーパーアスラーダ01にも問題なく適応しているため、パーツ換装によってこれらを実現するGSXに対してはオーバースペックなサイバーシステムであったと言える。エンジンはスゴウ製V10水素エンジンを搭載した。作品本編においては、風見ハヤトによって操縦され、2015年の世界選手権においては最終戦でこそ開発が進んだ他チームに先行を許したが、序盤戦においてはトップチームの車両に引けを取らない高性能を発揮した。レース用の3形態の他、水上走行を可能とするマリン仕様も存在する。
後にGSXをベースに開発された市販車GSX-NEO ベルサーティスがGIOより販売され、SINの作中でもハヤトのプライベートの愛車として登場している。
スーパーアスラーダ01(SUPER ASURADA01)
絶命した風見広之がCSアスラーダを搭載することを前提に独自に開発・製造した車両。サイバーフォーミュラ史上初となる3段以上の変形機構を有する車両で、サーキットモードのほか、エアロモード、ラリーモードに変形。2015年、イギリスにある風見広之の邸宅に保管されていたものがスゴウチームのクルーにより発見、CSアスラーダ及び同年にスゴウが開発したV12エンジンを搭載し、同年の世界選手権第5戦イギリスGPで初投入。初戦でいきなりポールトゥーウィンを飾ったのを皮切りに、最初の4戦で2勝、表彰台4回を記録するという驚異的な性能を発揮。5戦目となったその年の第9戦でクラッシュし車体を破損させたため、最終第10戦の日本GPでは軽量化されたスゴウ製の新シャシー(01B)となった。このレースでは作戦の都合からウェイトハンデを背負っていたにもかかわらず、先行する他の強豪を寄せ付けずに抜き去って優勝し、風見ハヤトの初タイトルに大いに寄与した。
スーパーアスラーダ SA-01/C(SUPER ASURADA SA-01/C)
スーパーアスラーダ01からラリーモードを撤去し軽量化を図り、ウィングなどのパーツに手直しを加えたマイナーチェンジ版。2016年開幕戦から投入されたが、長足の進歩を遂げた他チームに対して戦闘力を欠いたため、スゴウチームは苦戦を強いられることとなった。
スーパーアスラーダ AKF-11(SUPER ASURADA AKF-11)
風見広之と共にアスラーダ開発に携わったマシンデザイナー、クレア・フォートランによるスーパーアスラーダの大幅なアップデート版で、01に比べ、見た目にも空力的により洗練された形状となった。2016年第6戦で投入され、ドライバーである風見ハヤトがイナーシャルドリフトを身に付けたこともあって、特に決勝レースにおいて強さを発揮し、2019年最終戦まで4シーズンに渡って現役に踏みとどまった。2018年最終戦と2019年についてはユニオンセイバーからエンジンの供給を受けた。外観や性能に目に見えた変化はないが、シャシーは2019年までにAKF-11Cスペックまで進化した。
4シーズンで通算13勝を記録(2016年・2勝、2017年・4勝、2018年・3勝、2019年・4勝)。これはAKF-0(12勝。2020年・6勝、2021年・6勝)と2022年のAKF-0/G(6勝)とを別に数えるとすれば、スゴウの車両の中では最多勝利数となる。
「AKF」はアスラーダ(Asurada)、風見(Kazami)、フォートラン(Fortran)のイニシャルを取ったもの。AKF-11の「11」は『イレブン』ではなく、『ダブルワン』と読む。
ガーランド SF-01(及びSF-02)(GARLAND SF-01,SF-02)
2018年、風見を欠いたスゴウが第13回大会に向け投入した車両。クレア・フォートランによる設計で、アスラーダと異なり変形機構を有さないなど、クレアの独自色が強いマシンである。戦闘力は極めて高く、2018年シーズンにおいては2年目の新人アンリ・クレイトーによって駆られ、安定して好成績を残し、最終的にアンリにチャンピオンタイトルをもたらした。翌2019年はマイナーチェンジ版のSF-02が投入されたが、こちらは開幕戦こそ2位表彰台で終えたものの、以後は表彰台に届くことすらなく低迷して冴えない結果に終わった。
円形のステアリングではなく、ジョイスティックのような特殊な操縦桿を両手で握り使用する。
「SF」はスゴウ(Sugo)、フォートラン(Fortran)のイニシャルを取ったもの。
ガーランド SF-03(GARLAND SF-03)
2020年にスゴウが投入した新型ガーランド。SF-01に引き続き、アンリ・クレイトーが駆った他、2020年シーズン序盤は風見ハヤトも使用した。扱いやすく速いガーランドの特性を引き継いだ正常進化型で、SF-02や2019年仕様のスーパーアスラーダAKF-11と比べれば高性能で、多年に渡って現役だが常にそこそこの戦闘力を保っている。
なお、サイバーフォーミュラ大全 (ISBN 4844356933) 等のミスにより「風見車の操縦桿は通常のステアリングに近い形状のもの」説が広まっているが、作中では風見はアンリ車と同じくスティック状の操縦桿を使用している。
ν-アスラーダ AKF-0(ν-ASURADA AKF-0)
クレア・フォートランが開発したスーパーアスラーダのフルモデルチェンジ版。変形機構にレアメタル(形状記憶合金)を採用したことにより瞬時の変形が可能となり、空力的にもAKF-11に比べさらに洗練された。新機軸として、2段加速のブースト(スパイラルブースト)を備える。それらを除く基本的なスペックはガーランドSF-03と同じだが、変形機構を有するため重量的にはわずかに重い(設定ではSF-03の455kgに対しAKF-0は461kgであり6kg重い)。
変形機構はAKF-11と同じくサーキットモード、エアロモードのふたつだが、偶発的にリフティングターンのための変形が発見されたため、リフティングターンを用いる時は、その形状となる。エンジンはユニオンセイバー製を搭載していた2019年のAKF-11と異なりスゴウ製に戻ったが、これにより2021年はエンジンパワーの不足を慢性的な弱点として抱えた。
ν-アスラーダ AKF-0/G(ν-ASURADA AKF-0/G)
AKF-0にGIO社製のエンジンを搭載したもの。2022年に投入された。AKF-0の最大の欠点であったエンジンパワーの不足を補い磐石かと思われたが、序盤でGIO社製エンジンの構造欠陥が発覚し、同年の前半戦においてスゴウは思わぬ苦戦を強いられた。
ガーランド SF-03/G(GARLAND SF-03/G)
SF-03にGIO社製のエンジンを搭載したもの。2022年に投入され、2023年にはアンリ・クレイトーに代わって加入したエデリー・ブーツホルツによって操られることとなる。2022年シーズンについては、車体が異なるアスラーダに供給されたものとは仕様が異なるエンジンであったため、ガーランドがエンジントラブルに悩まされることはなかった。
AKF-0/1B ネメシス
ゲーム『新たなる挑戦者』に登場。車体はν-アスラーダAKF-0と同一だが、サイバーシステムとしてはアスラーダではなく「ネメシス」を用いる。スゴウのテストドライバー、司馬誠一郎はこのマシンとともに、2020年大会閉幕後に開催された「エクストリームスピード」に参戦した。カーナンバーは「0」であるが、その色はゲーム本編中では他のアスラーダ同様に赤であるのに対し、パッケージ中では緑になっているという差異がある。『Road to the Evolution』以降の『Road to the Infinity(RTI)』シリーズにも登場する。
サイバーシステム「ネメシス」はアスラーダ同様に個性を持ち、よく話すサイバーシステムである。
ゲーム『新たなる挑戦者』において、声は男声(大塚芳忠)もしくは女声(田中敦子)から選べる仕様になっていたが、後のRTIシリーズでは田中敦子による女声に統一されている。
ν-アスラーダII AKF-0/G II
ゲーム『Road to the Infinity 2』以降に登場。ν-アスラーダAKF-0/Gのアップデート版。
アスラーダG.S.X スーパーアスラーダ01 スーパーアスラーダAKF-11 νアスラーダAKF-0 νアスラーダAKF-0/G
全長 4378mm 4720mm 4701mm 4701mm 4701mm
全幅 2242mm 2218mm 2493mm 2493mm 2493mm
全高 1005mm 945.2mm 942.7mm 942.7mm 942.7mm
車両重量 720kg 687kg 477kg 461kg 458kg
総排気量 5000cc 5000cc 4495cc 4494cc 4497cc
最高出力 1200馬力/20000回転 1800馬力+α/23500回転 1940馬力/20800回転 2160馬力/21900回転 2298馬力/23200回転
最大トルク 120kg-m/12000回転 160kg-m/15000回転 168kg-m/17500回転 176kg-m/17500回転 205kg-m/17900回転
最高速度 420km/h+α 505km/h+α 640km/h+α 685km/h+α 707km/h+α
エンジン C.C.エンジンV10 C.C.エンジンV12 スゴウV-2 V12 スゴウSV-7/B V12 GIO-V・SPEC-02 V12
構造 C.T.S 4WD C.T.S 6WD SSC-3T C.T.S 6WDS C.T.S 6WDS
ボディ素材 C.F.R.P+チタニウム合金 S.C.F.R.P S.C.F.R.P S.C.F.R.P+S.P.R.M S.C.F.R.P+S.P.R.M
変速機 前6 後1 前6 後2 前6 後1 前6 後1 前6 後1
ガーランドSF-03 ガーランドSF-03/G
全長 4722mm 4722mm
全幅 2401mm 2401mm
全高 933.4mm 933.4mm
車両重量 455kg 452kg
総排気量 4494cc 4497cc
最高出力 2115馬力/21000回転 2248馬力/21800回転
最大トルク 174kg-m/17300回転 194kg-m/17100回転
最高速度 672km/h+α 695km/h+α
エンジン スゴウSV-7 V12 GIO-V・SPEC-02 V12
構造 C.T.S 6WDS C.T.S 6WDS
ボディ素材 S.C.F.R.P S.C.F.R.P
変速機 前6 後1 前6 後1

アオイ[編集]

アオイ開発部門による車両は、ステルスジャガーを除き、いずれも6輪で、前2輪・後4輪の形態を一貫して採用している。変形機構は、エクスペリオンZ/A-8で初めて導入されて以降、名雲チームで開発されたアルザードも含め、いずれもエアロモードで車体前部をすぼめる形状へと変形することを大きな特徴とする。これは凰呀のスーパーエアロモードも同様である。伝統的に高速仕様を重視しているといえる。

ステルスジャガーを除く各車両は、ブーストポッドのために車両後部に比較的大きくスペースを割いており、スペリオン系とアルザードは比較的大型な2基、エクスペリオンと凰呀は比較的小型な4基のブーストポッドを備え、それらが展開することでブーストモードとなる。アルザード、凰呀を除く各車両のブースト(ブーストモード)には「~ウィング」との名称がついている。

エンジン、シャシー共に自社製で、安定して高性能を発揮している。車体開発技術も高く、性能面で遅れを取ったことは少ない。ファイヤースペリオン、ステルスジャガーを同時開発していたことからもわかるように、当初はサイバーフォーミュラ開発に潤沢な資金を投入していたが、アルザード事件以後は状況が変わった。

スペリオンGT
2015年大会序盤の時点では唯一となる6輪車で、葵自動車の広告となる目的の為、同社の市販車と似た形状をしているが純粋なCFマシンである。富士岡クオリファイ、続く全日本グランプリではほぼ楽勝といっていい圧倒的な高性能を見せ、世界選手権でも好走し、第4戦では新条直輝に初優勝をもたらし、第5戦でも圧倒的な性能を持つ風見ハヤトのスーパーアスラーダ01と激しく優勝を争った。高速での走行を重視して開発された車両だが、世界選手権の第2戦ではタイヤがバーストするというトラブルに見舞われたにも関らず 6輪であるため完走を果たすなど、ラリーにおける耐久性でも優れた性能を発揮した。ブーストモードの名称は「ピーコックウィング」。
ファイアースペリオンG.T.R(FIRE SPERION G.T.R)
アオイが2015年後半戦のために開発を進めていたスペリオンGTのアップグレード版で、当初の予定を早め第6戦で投入された。アオイの体制変更、ドライバーである新条のスランプなどもあって、ほろ苦いデビューとなるが、新条の復調もあって終盤では本来の戦闘力を発揮し、第9戦の優勝を含め、最終3戦を連続表彰台で飾った。ブーストモードの名称は「フェニックスウィング」。
プロトジャガー Z-6
ブリード加賀が草レース参戦用にアオイの市販車をベースにして改造したマシン。オフロード走行を前提とした車両のため、前輪バンパー部分に収納式チェーンソー、乗降口下部分にスモークディスチャージャーと過激な装備を搭載しているのが特徴。マシンデザインは当時発売されていた日産・フェアレディZ(Z32形)をモデルにしており、フロントマスクやリアコンビネーションランプに共通点が見られる。
サイバーフォーミュラレースには出場していないマシンだが、上述したとおりシリーズでは数少ない実在の市販車に近づけたデザインであり人気も高く、当時発売されていた玩具でも他のサイバーフォーミュラマシンと同格扱いでラインナップされていた。
ステルスジャガー Z-7
アオイがファイヤースペリオンと同時期は開発した車両で、フォーミュラカーに近い形状となったことから、おそらくアオイとしては初のレース専用車両。2015年の第7戦から新生アオイZIPチームのレースマシンとして、ブリード加賀とともにデビューした。戦闘力は高く、デビュー戦をポールポジションで飾り、デビュー戦から3戦連続で表彰台を記録し、4戦目の2015年最終戦もリタイアするまで3位を走行した。
スペリオンGT、ファイヤースペリオンとは特徴を大きく異にしているが、翌年のエクスペリオンZ/A-8以降の各車両の前部はステルスジャガーが源流となっている。
ファイアースペリオンGTO-15B(FIRE SPERION GTO-15B)
2016年開幕当初、エクスペリオンを投入するまでのつなぎとして投入された車両。ファイヤースペリオンを単座にするなどしたマイナーチェンジ版だが、同じく前年型のマイナーチェンジであるスゴウのスーパーアスラーダSA-01/Cとは異なり戦闘力は高く、4戦走って表彰台3回という結果を残した。後にこの車をベースにスペリオンG.T.Oとして市販車が販売された。
ステルスジャガー Z-7B
2016年開幕当初、エクスペリオンを投入するまでのつなぎとして投入された車両。アオイZIPにおいて前年の加賀に代わりB・H・ガーネットによって駆られ、4戦中3戦で入賞を記録し、ファイヤースペリオン同様、戦闘力の健在ぶりを示した。
エクスペリオン Z/A-8(EXSSPERION Z/A-08)
2016年第5戦で、アオイが満を持して投入した車両。サーキットモードからエアロモードに変形できる機構を有し、形状としては前部はステルスジャガー、後部はファイヤースペリオンのそれを引き継いだものとなっている。初年度はアオイの新条に加え、アオイZIPから復帰したナイト・シューマッハによって駆られ、ともに最終戦までタイトル争いに絡んだが、両名ともチャンピオンを逃した。2年目の2017年は、シーズン序盤に独走していた風見、ランドルの二人が負傷により戦線離脱したこともあって、新条直輝の初の栄冠に貢献することとなった。2018年は、復帰したブリード加賀によって、三度タイトル争いに絡むが、この年は最終戦でタイトルを逸することとなる。翌2019年まで4シーズンに渡って参戦し、新条、シューマッハ、加賀の3名で通算14勝を記録した。これはアオイ車両としては最多勝である。この3名以外では、2017年の第12回大会でJ・M・レンツもこの車のステアリングを握っているが、わずかなポイントを獲得するにとどまった。
名称は「EX-PELION」、スペリオンを超える物、の意。エアロモードの名称は「ステルスモード」、ブーストモードの名称は「イカロスウィング」である。車体の色は新条が、シューマッハが濃い、加賀が明るい紫となっている。2017年(もしくは2018年)以降に投入された後期型ではブーストポッドの展開方法に変更が加えられた。
エクスペリオン Z/A-10(EXSSPERION Z/A-10)
アオイが2020年シーズンでの投入を目論み開発したエクスペリオンのアップデート版。コクピット後端上部にエンジン用インテークを備えるなど、ボディワークに若干の変更が施された。当初、加賀、新条の2名とともに2020年シーズンを戦う予定であったが、開幕前のテストでその座をアルザードに奪われた。
2022年に復帰したブリード加賀によって、同年の開幕戦を戦ったが、2年落ちの車両では上位チームには歯が立たず、加賀のドライビングをもってしても6位入賞が精一杯という状況で、チームを落胆させた。
アルザード NP-1(AL-ZARD NP-1)
サイバーフォーミュラのアオイチームの開発ファクトリーではなく、同チームの親会社である葵自動車の一研究開発部門で開発された車両。開発に携わった名雲京志郎らが以前に製作した凰呀のデチューン版で、サイバーシステム(CS)にバイオコンピュータを使用したものと、通常のスーパーニューロコンピュータを使用したものとの2種類が存在し、両者は色以外の外観も明らかに異なる。変形にレアメタル(形状記憶合金)を用いた初のサイバーフォーミュラ車両でもあり、そもそも名雲京志郎らの開発したレアメタルが葵自動車会長の目に止まったことが、この車両が開発されたきっかけとなった。
バイオコンピュータを使用した車両については、電流を用いてドライバーを強制操作的にCSに従わせる機構を有しており、これがため事実上、ドライバー(車両)は走行ラインの選択などにおいて常に最適な動作を継続的に行うことが可能となり、無類の強さを発揮することとなる。車体としての完成度も2020年開幕当時としては群を抜いており、レアメタル変形という新機軸の可変機構、6輪以上に安定した高速走行を可能とする8輪の車体は圧倒的な速さを誇った。
バイオコンピュータ搭載車両の傀儡機構はレギュレーション違反であり、シーズン終盤にそれが発覚したため、アオイは全戦失格処分となり、この車両は封印された。
凰呀(オーガ) AN-21(OGRE AN-21)
名雲京志郞のチームが葵自動車の研究開発部門で製作し、2019年に完成した。
名雲京志郞の兄である名雲柾が提唱したコンセプトに基づいており、CSにはバイオコンピュータを採用し、名雲柾が製作した3台の試作車両のデータを反映したものとなっている。車体についても名雲柾のプロジェクトを引き継いでいるため、従来のアオイの車両との共通点はブーストポッドが多連装であることと、スーパーエアロモードの変形時の形状くらいのもので、エクスペリオン以前の車両からの継続性は皆無に近い。
タイヤは6輪となっているが、これもアオイ式の前2輪・後4輪の方式ではなく、スゴウと同じ前4輪・後2輪となっており、アスラーダとの共通性を多分に感じさせるものとなっている。機構は不明ながら、AKF-0同様、ブースト時に2段階に渡って加速する。変形機構についてはアルザードと同じくレアメタルを使用している。
CSはハイスペックなバイオコンピュータ(以降BC)による“如何な状況であっても最速を求め応えていく”仕様であり、その制御能力は並のCSを遥かに凌駕している。また従来型が“補助”や“補強”の域を超えないのに対し、BCはドライバーと共に走る“共闘”の域にある。
その為“人”単独の域を超えた走りが可能。
しかし、共闘に際してドライバーの心情面等を考慮する機能はなく純粋に必要な能力のみを求める仕様である為、ドライバーは自身の能力を超える走りに対してBCが不足分を埋める事を信じて飛び込んで行かなければならない。
兄弟機とされるアスラーダも同じく“共闘”種ではあるが、こちらはドライバーの心情面を考慮した教育型CSによる“信頼醸成型”である為、人機一体の半身を任せるに当たりBC程扱い辛くは無い。
BCは最初から“完成型”であり信頼醸成期間が無い為、ドライバーには尋常ならざる胆力を要求してしまうと云う問題点を抱えている。
条件を満たさない、或いは弱腰なドライビングに対しても“最速”を目指した過度の走行補整が入るため、半端なドライバーでは逆に補正に振り回されてしまう事例が当初から多発していた。状況が回復不可能なまでに破綻する頃には事故防衛機能の限界を超えてしまう為、過去2人のテストドライバーを黄泉の国へと送り出してしまう事となり、その為開発停止と共に長きに渡って封印される羽目となってしまった。
性能的には2022年においては、当時最強のν-アスラーダAKF-0/Gに唯一比肩し得る存在であった。
2022年第3戦でデビューし、デビュー戦で早くも優勝を飾ると、ライバルである風見ハヤトがマシントラブルに悩まされたことにも助けられ、チャンピオン争いを展開し、最終的にブリード加賀に栄光をつかませた。
2022年第11戦で大破したため、最終第12戦ではシャシーが「AN-21B」となっている。
ブーストモードの名称は「エアロブーストモード(AERO BOOST MODE)」といい、ブーストの追加速に際して「スーパーエアロブーストモード(SUPER AERO BOOST MODE)」へと変形する。
アルザード NP-2(AL-ZARD NP-2)
2023年にアオイが投入した車両。アルザードのアップデート版で、前モデルとの外観的差異に乏しい。ユニオンセイバーからアオイに3年振りに復帰した新条直輝と、新人の司馬誠一朗によって駆られることとなる。作品本編には『SIN』最終話の追加エンディングでその姿が登場したのみであり、名称はゲーム『Road to the Infinity 2』にて明らかとなった。
イグザード Z/A-11(EX-ZARD Z/A-11)
ゲーム『Road to the Infinity 2』以降に登場。アルザードNP-2に代わって2023年シーズン途中で投入された新型車両。名称は「EX-ZARD」、アルザード(AL-ZARD)を超える物、の意。
ファイヤースペリオンG.T.R エクスペリオンZ/A-08
全長 4752mm 4579mm
全幅 2284mm 2498mm
全高 975mm 918.3mm
車両重量 738kg 471kg
総排気量 5000cc 4494cc
最高出力 1750馬力/24000回転 1935馬力/20400回転
最大トルク 145kg-m/15000回転 172kg-m/16000回転
最高速度 501km/h+α 645km/h+α
エンジン C.C.エンジンV12 Ver.III C.C.エンジンV12 Ver.V
構造 C.T.S 6WD C.T.S 6WD
ボディ素材 C.F.R.P C.F.R.P
変速機 前6 後1 前6 後1
アルザードNP-1 凰牙AN-21
全長 4730mm 4730mm
全幅 2427mm 2498mm
全高 913.7mm 923.8mm
車両重量 454kg 455kg
総排気量 4496cc 4499cc
最高出力 2180馬力/21400回転 2240馬力/22700回転
最大トルク 197kg-m/16000回転 206kg-m/16400回転
最高速度 692km/h+α 710km/h+α
エンジン C.C.エンジンV12 AOI Vcon/2 C.C.エンジンV12 AOI RR-4 spec2
構造 C.T.S 8WDS C.T.S 6WDS
ボディ素材 S.C.F.R.P+R・M・T-2000 C.F.R.P+R・M・T-2000他詳細不明
変速機 前6 後1 前6 後1

ユニオンセイバー[編集]

当初使用していたナイトセイバーはドイツのコンストラクター(車体製造者)のケルンから供給されていた市販のレースカーで、チームとしては車体を製造していなかったが、カール・リヒター・フォン・ランドルの加入以降は自社で車体製造も手がけるようになり、従来から製造していたエンジン開発のノウハウにランドルの資金力が加わりユニオンセイバー製レースカー、イシュザークは強力な戦闘力を発揮した。基本的にイシュザークはダウンフォース発生用のウィングは備えておらず、回転するローターによってダウンフォースを能動的に発生・非発生させる点に特徴があり、イシュザークはアオイ、スゴウの車両とは異なり、変形機構は搭載しないが、これもダウンフォースローターの特性から必然的なことである。

ブースト機構は巨大なブーストポッドを1基のみ搭載する。水素エンジンを搭載したイシュザークのブーストモードの名称は「メッサーウィング」。その名の通り、通常は刃のようにそそり立っている車体中央部の垂直尾翼状のウィングが左右に大きく展開し、巨大なブーストポッドが露出するという仕組み。イシュザーク00-X1などリニアホイール搭載車両を含め、この垂直尾翼状の巨大なウィングはイシュザークシリーズの大きな外観的特徴となっている。

ナイトセイバー 005(KNIGHTSABIOR 005)
ケルンから供給された車両。ホイールベースを伸ばし高速走行に最適化するスプリントモードと呼ばれる特殊な簡易変形機構を有する点を除けば、ごく普通のフォーミュラカーの形状をしている。レースチーム向けに市販されているレース車両である特性上、特筆すべき点に乏しい車両であるが、2015年シーズンの開幕数戦ではこれを駆るナイト・シューマッハの能力により思わぬ活躍をし、周囲を驚かせた。
イシュザーク 007(ISSUXARK 007)
本来はシューマッハ専用として開発されていた車種。後任のランドルと共に第6戦ノルウェーGPでデビュー、その才能にいかんなく応え、デビューしていきなり2連勝を飾り、予選では終盤5戦中、実に4戦でフロントロー(3戦でポールポジション)という抜群の速さを示し、トラブルに見舞われた第9戦以外はいずれも優勝争いをリードした。ウィング前端部を軸として左右に展開するエアブレーキ機構を持っていたが、後継機では廃止されたのか、後の車両においてそうした装備は見られなくなった。
デザインした河森正治は、イシュザークのデザインはこの007の時点ですでに完成しており、008以降、特に00-X1以降のイシュザークのデザインは当初の個性を削いでいったものでしかないと述べている。
イシュザーク 008(ISSUXARK 008)
2016年からラリーが廃止されたことに伴い、前年のイシュザークをオンロード専用仕様としたもの。2016年から2017年にかけて用いられ、前モデル同様、デビュー戦となった2016年開幕戦と第2戦でいきなり連勝した。2016年シーズンはランドルのスランプもあってタイトルの獲得こそ逃したが、2017年までに入賞した全10戦をいずれも表彰台圏内で終えていることからも明らかなように、この車の戦闘力は極めて高いものであった。
ナイトセイバー 006R(KNIGHTSABIOR 006R)
ケルンから供給された車両。ナイトセイバー005のアップデート版。2017年第5戦で負傷し戦線離脱を余儀なくされたランドル(イシュザーク008)に代わり、第6戦よりB・H・ガーネットによって駆られた。計7戦に参戦し、6ポイントを記録。
イシュザーク 00-X1(ISSUXARK 00-X1)
自社のエンジンを供給する見返りとしてスゴウから得た6輪駆動・制御ノウハウと、シュトロブラムスから供給を受けたローリングコクピット・リニアホイールなどによって生まれ変わった新型イシュザーク。シュトロゼックチームの親会社であるシュトロブラムス社との関係のためか、同チームのフランツ・ハイネルが設計に関り、従来からついていた尾翼状のウィング・コックピットは、シュトロゼックのシュティールと同じく、コーナリング時に左右にスイングするようになった。但し、ランドルの希望により、着座姿勢は同時期に開発されていた新型シュティール(HG-164)とは異なり通常のシート式となっている。
この車両の製造時より、ランドルがユニオンセイバーのオーナーに就任したため、技術の根幹からの大幅な変更が可能となり、動力にリニアホイール、足回りに6輪、と、前モデルから大胆な変更が加わった。いずれもユニオンセイバーとしては初めて導入したものであったが、デビュー戦となった2018年の最終第12戦では、これがデビュー戦となる謎の新人プリンツ・ローゼンクロイツがプレクオリファイ(予備予選)をあっさり通過し、リタイアするまではトップを快走した。
翌年はほぼ2年ぶりに復帰したランドルによって駆られ、前半6戦で2勝、シーズン12戦で表彰台7回と健闘したものの、スゴウやアオイ同様、後半戦はジャッキー・グーデリアン駆るシュティールHG-165の後塵を拝するのみに終わる。
イシュザーク 00-X3(ISSUXARK 00-X3)
2020年にユニオンセイバーが投入した新型イシュザーク。6輪車で引き続きローリングコクピット・リニアホイールを用いた。外観的にはこれまでのイシュザークとは幾分異なり、側面がスリムになりフォーミュラカーに近い形状になった。アルザードにこそ及ばなかったものの前年圧倒されたシュティールHG-165に対しては互角以上のレースが可能となったこともあり、アルザード事件によりアオイが失格になった後のランキングでは、実に前半だけで3勝という結果をランドルにもたらした。
イシュザーク 00-X3/II(ISSUXARK 00-X3/II)
00-X3の動力をリニアホイールから従来のユニオンセイバー製の水素エンジンに戻したもの。そのため、ブースト機構もメッサーウィングを含めイシュザーク008以来3年ぶりに旧来に服した。これにより、シュトロゼックから提供された技術はローリングコクピットのみ残る形となった。
2020年の第11戦、日本グランプリでデビューし、このグランプリからユニオンセイバーは2台体制となり、ランドルに加え、謎の覆面ドライバーが当初デビューし、プレクオリファイをあっさり通過したが、直後にこれは新条直輝であることが発覚し、後、2022年までランドルと新条のコンビによってステアリングが握られた。デビュー戦では新条が難攻不落のアルザードをバトルで追い詰めそれを凌駕することを成功させ、ポテンシャルの高さを示した。このレースは途中で中止となったため、この新型イシュザークはデビュー戦を1-2フィニッシュで飾った。2年目の2021年シーズンは両名とも風見ハヤトとタイトルを争うも、及ばず。2022年は風見とブリード加賀の争いに加わることはできず、また特にランドル車はトラブルにも数多く見舞われた。
2023年現在も現役である。色はランドルは従来どおり純白を、新条は真紅を、2023年に新条に代わって加入したセラ・ギャラガーは薄いを基調としたものとなっている。

シュトロゼックプロジェクト/シュトルムツェンダー[編集]

ドイツの自動車会社シュトロブラムス製の超伝導リニアホイールを搭載することを最大の特徴とし、電気モーターを使用する特性上、燃焼機関を用いる他チームの車両に対しては、加速(トルク)性能において、絶対的な優位性を持つ。マシンデザインはドライバー兼マシンデザイナーのフランツ・ハイネルが手がけ、いずれも奇抜なデザインで知られる。コクピットも独特で、シュティール各モデル、シュピーゲル、いずれもドライバーには一風代わった着座姿勢を強いる。

シュトロゼックプロジェクトとしてデビューした2016年のみグーデリアン車両は銀色だが、2017年以後、シュトルムツェンダーのグーデリアン車は金色、シュトロゼックプロジェクトのフランツ・ハイネル車は銀色となっており、2022年からハイネルに代わって参戦しているマリー・アルベルト・ルイザのシュピーゲルの色はショッキングピンクとなっている。初代シュティール以降、シュトロゼックの車体色が銀色である理由は、デザイナーでもあるドイツ人、フランツ・ハイネルの「シルバーアロー」への憧憬からである。

シュティール HG-161(及びHG-162)(STIL HG-161,HG-162)
スーパーアスラーダのサーキットモードをシンプルにしたような形状だが、車体中央部には垂直尾翼状のウィングがそそり立ち、これを外観上の大きな特徴とする。これはコクピット部とつながっており、コーナリング時にコクピットごと左右にスイングし、内向きに倒れることでコーナーに対して内側のダウンフォースを高め、車体の安定性を高める効果を狙ったものである。これは「ローリングコクピット」と呼ばれ、以後2021年まで、一貫してシュティールに採用され続ける。これに搭乗するドライバーは、バイクに乗るがごとく、またがった形で乗ることとなる。操縦系も手元のジョイスティックを用いる特殊なものである。
「HG」はハイネル(Heinel)、グーデリアン(Guderian)のイニシャルを取ったもの。
シュティール HG-164(及びHG-165, クロイツ・シュティール)(STIL HG-164,HG-165)
2018年の最終戦で登場。3輪バイクの横に補助輪つきのウィングを付けたような、例えようもない斬新な形状の5輪車。前モデル同様スイング式のウィングを備え、これまで通りの「ローリングコクピット」に加え、前の1輪、後ろの2輪がそれに連動して傾斜する機構が組み込まれた。これにより、タイヤの接地圧まで自在に制御することが可能となり、コーナリングにおいて大きなアドバンテージを築く。2018年最終戦でHG-164が1台のみデビューし、2019年第7戦で投入されたHG-165(「クロイツ・シュティール」の異名でも呼ばれる)で完成の域に達した。コーナリングではローリングコクピット、ストレートではリニアホイールをオーバードライブさせずとも他車のブーストすらしのぐ速度で巡航できるハイパーリニアという完璧なコンビネーションで同年の後半戦を席巻し、ジャッキー・グーデリアンにチャンピオンタイトルをもたらした。2019年こそ圧倒的なアドバンテージを誇ったものの、翌年以降は長足の進歩を遂げた他チームに追いつき追いこされ、活躍はわずかな期間のみにとどまった。
作品のマシンデザインを手がけた河森正治は実際にはシュティールHG-164(HG-165)のデザインを先に着想していたが、斬新すぎるとのことでいったん没となり、HG-161という段階を経て5輪車のHG-164を登場させることとなった、という経緯がある。
シュピーゲル HP-022(SPIEGEL HP-022)
2022年にシュトルムツェンダーが投入した、シュティールとは全く異なるコンセプトの新型車両。最大の特徴は極限までに低重心化が図られている点で、それを徹底するために、ドライバーはほぼ寝そべった状態で搭乗する。コクピットは風防ガラスなどは備えず密閉状態となっており、ドライバーはコクピット内部に備えられたモニター越しに操縦するという形になっている。タイヤの配置はオーソドックスな4輪であるが、シュトルムツェンダー(シュトロゼック)の車両としては初となる変形機構を有し、エアロモードでは4輪全てが車体の中心線側に寄って細長い形状となり、空気抵抗を低減させるという方式を採る。初年度の2022年には風見ハヤトとブリード加賀が優勝を独占していく中、第7戦で両名以外では唯一となる優勝をジャッキー・グーデリアンが挙げるなど、ポテンシャルは見せたものの車体はトラブル続きで、グーデリアン、この年よりハイネルに代わって搭乗したルイザ、ともに低迷を味わった。
その形状から「ミズスマシ」との異名を持つ。完全密閉のコクピットの中でドライバーが寝そべった状態で運転する様は、「走る棺おけ」(本来はドライバーの命が危うくなるような車を指す)を連想させる。
シュティールHG-161 シュティールHG-165 シュピーゲルHP-022
全長 4341mm 4682mm 4706mm
全幅 2139mm 2412mm 2488mm
全高 981.2mm 965.1mm 718.5mm
車両重量 472kg 460kg 452kg
総排気量
最高出力 1820馬力相当 1950馬力相当 2050馬力相当
最大トルク 170kg-m 199kg-m 212kg-m
最高速度 592km/h+α 665km/h+α 695km/h+α
エンジン 光学活性触媒燃料電池 光学活性触媒燃料電池 光学活性触媒燃料電池
構造 超電導リニアホイール4WD 超電導リニアホイール5WD 超電導リニアホイール4WDS
ボディ素材 高分子誘導体C.F.R.P S.C.F.R.P S.C.F.R.P+H.P.R.M
変速機 無段(超電導加速) 無段(超電導加速) 無段(超電導加速)

ミッシングリンク[編集]

ロシアのコングロマリット企業をバックに持つが、サイバーフォーミュラへの参戦は余技といったところでそれほど熱心ではなく、車体開発も自社ではなくドイツのケルン社が行っている。ギアは他チームがオーソドックスな前6段を採用する中、伝統の7段を採用し続けている。駆動系においては、最新型のストラトミッショネルMS-3/Bですら4輪駆動ではあるが4輪操舵とはなっていないなど、古さも残した設計。それでも中団を争うチームよりは頭ひとつ抜けた存在であり、ドライバーのエデリー・ブーツホルツの能力であれば表彰台を争うことすら可能な程度の車両は常に用意している。エンジンはいずれもXi社から供給されたものを搭載する。

いずれの車両もフロント部が顔を模したペイントもしくは形状となっている。

ミッショネル VR-4(MISSIONNEL VR-4)
当時のブーツホルツの任務を反映したクラッシャー仕様のマシン。世界選手権には2015年第2戦と第3戦の2戦に渡り参戦したが、ブーツホルツ自身がレースを目的としていなかったこともあり、結果は残せなかった。レースとは全く関係ないパーツまでついた車両ではあるが、レースカーとしての性能的にはカスタマー仕様の車両であるナイトセイバー005相手であれば互角に争えるだけのスペックはある。21話でスミスを片付ける際大破した。
当初、テレビシリーズの構想は『チキチキマシン猛レース』に近いもので、その名残をとどめた車両といえる。
ネオミッショネル VR-40(NEOMISSIONNEL VR-40)
VR-4から余計なパーツを除き、空力的にも可能な範囲でレース仕様としたマイナーチェンジ版。ブーツホルツがレーサーとして目覚めたこともあって、デビューレースとなった2015年の第4戦カナダGP、続く第5戦イギリスGPと、連続で2位表彰台を獲得した。残りの5戦は競争力を増した他チームの前に苦戦するが、それでも2回の入賞を記録。
ミッショネル VR-50/1(MISSIONNEL VR-50/1)
2016年に投入された新型車両。完全なレース仕様の車両で、開幕当初は前年度チャンピオンを獲得したスーパーアスラーダのマイナーチェンジ版であるSA-01/Cすら凌駕し、2戦目には2位表彰台を記録。その後は3位以内での入賞こそないものの、安定した成績を刻み、ブーツホルツのランキング6位獲得に貢献。
ストラト・ミッショネル MS-1(STRATMISSIONNEL MS-1)
2017年に投入された新型車両。同年の第10戦ロシアGPでブーツホルツに優勝をもたらした。年間で表彰台4回を記録。2019年まで3シーズンに渡って走り、いずれの年も安定して入賞した。
ストラト・ミッショネル MS-3/B(STRATMISSIONNEL MS-3/B)
2020年に投入された新型車両。フォーミュラカーに近いフォルムとなった。前年以前のモデルに比べ戦闘力は大きく上がっており、ブーツホルツが表彰台争いに絡むことは増え、特に2021年はドライバー自身の健闘もあってか、ブーツホルツのランキング4位に貢献。
2020年にミッショネルも2台体制となったことから、2020年からこの車両にはレオン・アンハートも乗るようになったが、同年にアンハートはデビュー10戦連続リタイアという不名誉な記録を作った。いずれもドライバーのミスによるものである。2023年現在も現役で、ブーツホルツは同年スゴウに去ったため、入れ替わりで加入した元チャンピオンのアンリ・クレイトーがステアリングを握り、アンハートとコンビを組んでいる。

その他[編集]

A・G・S(オーラム・ゼネラル・スタッフ)
  • エルコンドルB-14(EL CONDOL B-14)
  • エルコンドルB-15(EL CONDOL B-15)
  • エルコンドルB-16A(EL CONDOL B-16A)
  • エルコンドルB-17(EL CONDOL B-17)
  • エルコンドルB-19(EL CONDOL B-19)
スタースタンピード(K・A・Mスタンピード)
  • スタンピードRS
  • スターセイバーRS(STAR SAVIOR RS)
  • スタンピードJ-1001
S・G・M(サイレント・ジャーマン・マインド)
  • サイレントスクリーマーβ(SILENT SCREAMER-β)
  • サイレントスクリーマーγ-2(SILENT SCREAMER-γ-2)
アルバトロスDDT(ドラマティック・ドライビング・チーム)
  • アルバトランダー602(ALBATRANDER-602)
  • アルバトランダー603(ALBATRANDER-603)
セオドライトT.T
  • コランダム50P
コーイヌール
  • カウンターアローT.O.S
  • カウンターアローT.O.S.X-R

設定の変更[編集]

車両の設定上のスペックについてはOVA『SAGA』の製作にあたって大幅な見直しと変更が行われたため、OVA『11』と『ZERO』に登場した各車両については新たに作られたものと古いものとで、2種類のスペック表が存在する。現在では後期設定が公式設定となっているが、テレビシリーズの車両については設定の扱いが棚上げとなっている。

GPX優勝者・チーム・マシン[編集]

設定上のGPX優勝者・マシン[編集]

以下は設定上で公開されたGPXの優勝者と優勝マシン。第4回・第5回を連覇したジョン・グリーブと第7回優勝者ピタリア・ロペの2人は作品内に登場しており、第9回のピタリア・ロペは新世紀GPXサイバーフォーミュラ内で前大会の優勝者と語りで紹介されている。

開催年 優勝者 優勝チーム 優勝マシン
第1回 2006年 ドイツの旗 ウィルヘルム・ハイデッカー STAG C.F.R ブルー・ウィンズV6
第2回 2007年 フランスの旗 モーリス・ジャム A・G・S コンドルB7
第3回 2008年 フランスの旗 ピニョ・ド・ボッシュ コーイヌール・レーシング ブレード・アローSAB
第4回 2009年 アメリカ合衆国の旗 ジョン・クリーブ S・G・M ブリュッケン03
第5回 2010年 アメリカ合衆国の旗 ジョン・クリーブ S・G・M ブリュッケン04-B
第6回 2011年 イギリスの旗 ロバート・マーシャル スター・スタンピード スタンピード35R
第7回 2012年 ブラジルの旗 ピタリア・ロペ A・G・S コンドルB12
第8回 2013年 イタリアの旗 フランシス・ベルニーニ STAG C.F.R トルネードST-002
第9回 2014年 ブラジルの旗 ピタリア・ロペ A・G・S エルコンドルB-14

作品内のGPX優勝者・マシン[編集]

以下は作品内でのGPX優勝者と優勝マシン。

開催年 優勝者 優勝チーム 優勝マシン
第10回 2015年 日本の旗 風見ハヤト スゴウアスラーダ アスラーダGSX
スーパーアスラーダ01
第11回 2016年 日本の旗 風見ハヤト スゴウアスラーダ スーパーアスラーダSA-01/C
スーパーアスラーダAKF-11
第12回 2017年 日本の旗 新条直輝 アオイフォーミュラ エクスペリオンZ/A-8
第13回 2018年 フランスの旗 アンリ・クレイトー スゴウグランプリ ガーランドSF-01
第14回 2019年 アメリカ合衆国の旗 ジャッキー・グーデリアン シュトルムツェンダー シュティールHG-164
シュティールHG-165
第15回 2020年 日本の旗 風見ハヤト スゴウグランプリ ガーランドSF-03
ν-アスラーダAKF-0
第16回 2021年 日本の旗 風見ハヤト スゴウグランプリ ν-アスラーダAKF-0
第17回 2022年 日本の旗 ブリード加賀 アオイZIPフォーミュラ エクスペリオンZ/A-10
凰呀(オーガ)AN-21A
  • ゲーム『Road to the Infinity 3』においては、風見ハヤト(ν-アスラーダII AKF-0/G II)が2023年開催の第18回大会のチャンピオンとなっている。

シリーズ主要スタッフ[編集]

特に表記の無いものは全シリーズ共通。

  • 企画 - サンライズ
  • 原作 - 矢立肇
  • ストーリー原案 - 福田己津央(TVシリーズとアーリーデイズリニューアルは除く)
  • シリーズ構成 - 星山博之(TVシリーズのみ)
  • キャラクター原案 - いのまたむつみ
  • キャラクターデザイン - 吉松孝博(TVシリーズ~ZERO)、久行宏和(SAGA及びSIN)
  • マシンデザイン - 河森正治
  • メカニカル作画監督 - 重田智(SINのみ)
  • コンセプトデザイン - 中沢数宣(TVシリーズ~ZERO)
  • デザイン協力 - 吉松孝博、中沢数宣(SAGAのみ)
  • 音楽 - 大谷幸(TVシリーズ~ZERO)、小西真理(11のみ大谷幸と共同)、佐橋俊彦(SAGA及びSIN)
  • 音響監督 - 糟谷基規
  • 音響効果 - 蔭山満(フィズサウンドクリエイション
  • 録音調整 - 西澤規夫
  • 録音助手 - 杣澤佳枝
  • 録音スタジオ - 整音スタジオ
  • 録音制作デスク - 佐藤陽子
  • 録音制作 - クルーズ
  • プロデューサー - 伊藤響・前田伸一郎(途中から)(日テレ)、伊東梅男・田村学(VAP)、佐川祐子(ADK)、吉井孝幸→富田民幸(途中からAP、ビデオで広報)→指田英司→池田陽一→古里尚丈SUNRISE
  • 監督 - 福田己津央
  • 企画制作 - 日本テレビ
  • 製作 - ADK、SUNRISE、バップ

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

『I'll Come』(TVシリーズ)
作詞 - 麻生圭子 / 作曲 - 中崎英也 / 編曲 - 矢代恒彦・G・GRIP / 歌 - G・GRIP
『DREAMER ON THE ROAD』(新世紀GPXサイバーフォーミュラ11)
作詞 - 安藤芳彦 / 作曲 - 真崎修 / 編曲 - 山口英字 / 歌 - ダイナマイト・シゲ
『WIND IS HIGH』(新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO)
作詞 - 里乃塚玲央 / 作曲 - 石川洋 / 編曲 - ダイナマイト・シゲ / 歌 - 木下ゆみ
『Identity Crisis』(新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA)
作詞 - 松本花奈 / 作曲・編曲 - 大門一也 / 歌 - CaYOCO
Pray』(新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN・最終話エンディングテーマ)
作詞 - 牧穂エミ / 作曲・編曲・歌 - LAZY
『Soul of Rebirth~時代の鼓動になれ~』(新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN最終回)
作詞 - 根津洋子 / 作曲 - 千沢仁 / 編曲 - 須藤賢一 / 歌 - 影山ヒロノブ

エンディングテーマ[編集]

『Winners』(TVシリーズ)
作詞 - 麻生圭子 / 作曲 - 中崎英也 / 編曲 - 矢代恒彦・G・GRIP / 歌 - G・GRIP
『Winners(英語版)』(新世紀GPXサイバーフォーミュラ11)
作詞 - 麻生圭子 / 作曲 - 中崎英也 / 編曲 - 矢代恒彦 / 歌 - ダイナマイト・シゲ
『BORN TO BE CHAMP』(新世紀GPXサイバーフォーミュラ11最終話)
作詞 - 坂田和子 / 作曲 - 茂村泰彦 / 編曲 - 山口英字 / 歌 - ダイナマイト・シゲ
『Get Up!』(新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO)
作詞 - 原真弓 / 作曲 - 拓殖由秀 / 編曲 - ダイナマイト・シゲ / 歌 - 木下ゆみ
『BRAND NEW DREAM』(新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO最終話)
作詞 - 坂田和子 / 作曲 - 中崎英也 / 編曲 - 作山功二 / 歌 - 木下ゆみ
『WILD at HEART』(新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA)
作詞 - 松本花奈 / 作曲 - 松原みき / 編曲 - 添田啓二 / 歌 - CaYOCO
『Believe』(新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA第4話)
作詞 - 松本花奈 / 作曲 - 添田啓二 / 編曲 - 添田啓二 / 歌 - CaYOCO
『Adagio』(新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA最終話)
作詞 - 松本花奈 / 作曲・編曲 - 佐橋俊彦 / 歌 - CaYOCO
『POWER of LOVE』(新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN)
作詞 - 椎名可憐 / 作曲 - M Rie / 編曲 - 須藤賢一 / 歌 - 影山ヒロノブ

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 ストーリーボード 演出 作画監督
TVシリーズ
第1話 1991年
3月15日
運命を決めた日 星山博之 福田己津央 西村聡 吉松孝博
第2話 3月22日 最年少レーサー誕生 赤根和樹 山口美浩 遠藤裕一
第3話 3月29日 燃えろ!ハヤト 伊東恒久 藤本義孝 山根理宏
第4話 4月5日 富士岡グランプリ決勝 島田満 松浦錠平 青野厚司
第5話 4月12日 目指せ!全日本グランプリ 大山歳郎 篠幸裕 芦沢剛史 平井久司
第6話 4月19日 北海道の自然児 高橋義昌 西村聡 吉松孝博
第7話 4月26日 世界へのライセンス 星山博之 藤本義孝 遠藤裕一
第8話 5月10日 雨のニセコ決戦 伊東恒久 篠幸裕 竹田豊 山根理宏
第9話 5月17日 嵐の旅立ち 大山歳郎 松浦錠平 青野厚司
第10話 5月24日 ワールドグランプリ開催 星山博之 福多潤 芦沢剛史 山田きさらか
第11話 5月31日 アメリカ第1戦決勝 高橋義昌 高橋資祐 仲村鉄也 新保卓郎
第12話 6月7日 栄光のレーサー 島田満 赤根和樹 吉松孝博
第13話 6月14日 サバイバルレース 大山歳郎 藤本義孝 山根理宏
第14話 6月21日 青春スクラップ 伊東恒久 西村聡 遠藤裕一
第15話 6月28日 少女との約束 大山歳郎 松浦錠平 青野厚司
第16話 7月5日 ペルー第2戦決勝 島田満 富永恒雄 伊藤裕之 佐久間信一
藁谷均
第17話 7月12日 友情のコンサート 星山博之 篠幸裕 芦沢剛史 新保卓郎
第18話 7月19日 超高速の罠 伊東恒久 赤根和樹 吉松孝博
第19話 7月26日 ブラジル第3戦決勝 高橋義昌 高橋資祐 仲村鉄也 山根理宏
第20話 8月2日 ペンダントの思い出 富永恒雄 伊藤裕之 佐久間信一
第21話 8月9日 シューマッハの正体 伊東恒久 藤本義孝 遠藤裕一
第22話 8月16日 アスラーダの秘密 星山博之 芦沢剛史 新保卓郎
第23話 9月6日 カナダ第4戦決勝 赤根和樹 三家本泰美 高畑順三郎
第24話 9月13日 誕生!父の残したニューマシン 大山歳郎 西村聡 吉松孝博
第25話 9月20日 激走!スーパーアスラーダ 高橋義昌 高橋資祐 伊藤裕之 青野厚司
第26話 9月27日 27秒にかけろ!第5戦決勝 伊東恒久 藤本義孝 佐久間信一
第27話 10月4日 対決!14歳の白い貴公子 島田満 赤根和樹 遠藤裕一
第28話 10月11日 氷上の死闘!第6戦決勝 大山歳郎 芦沢剛史 新保卓郎
第29話 10月25日 挑戦!ファイヤーボール 星山博之
吉田十徳
金澤勝眞 三家本泰美 高畑順三郎
第30話 11月1日 ファイヤーボール危機一髪! 西村聡 吉松孝博
第31話 11月8日 第7戦ブリード加賀見参! 高橋義昌 高橋資祐 伊藤裕之 青野厚司
第32話 11月15日 第7戦執念のゴールイン 大山歳郎 藤本義孝 新保卓郎
第33話 11月22日 奇跡の第8戦!大波の死闘 島田満 赤根和樹 遠藤裕一
第34話 11月29日 ハヤト対アスラーダ!第9戦決勝 大山歳郎 高橋資祐 藤本義孝 佐久間信一
第35話 12月6日 傷だらけのレーサー 伊東恒久 芦沢剛史 山田きさらか
第36話 12月13日 三強激突!日本グランプリ 星山博之 西村聡 吉松孝博
第37話 12月20日 栄光のウイナーズ 福田己津央 新保卓郎
中沢数宣
吉松孝博
話数 サブタイトル 脚本 ストーリーボード 演出 作画監督
新世紀GPXサイバーフォーミュラEARLYDAYS RENEWAL
第1話 CHALLENGER 福田己津央 福田己津央 新保卓郎
第2話 WINNERS
新世紀GPXサイバーフォーミュラ11
第1話 栄光のカーナンバー 星山博之 西村聡 福田己津央 吉松孝博
第2話 復活!超音速の騎士 福田己津央 内田順久
第3話 新アスラーダ誕生 星山博之 西村聡 吉松孝博
第4話 全開!イナーシャルドリフト 河森正治 内田順久
第5話 決戦の朝 西村聡
第6話 この瞬間よ永遠に… 福田己津央 吉松孝博
新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO
第1話 悪夢の限界領域 福田己津央 吉松孝博
第2話 陽だまりの中で… 星山博之 大畑清隆 高橋英樹
第3話 再びサーキットへ 木村真一郎 内田順久
第4話 天馬の翔くとき 芦沢剛史 福田己津央 吉松孝博
第5話 閉ざされた明日 福田己津央 前島健一 大畑清隆
第6話 ただ勝利の為に… 芦沢剛史 福田己津央 内田順久
第7話 死闘への序曲 西村聡 芦沢剛史 山根宰
第8話 それぞれの未来へ 福田己津央 吉松孝博
いのまたむつみ
新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA
第1話 NO TITLE 両澤千晶 福田己津央 吉村章
福田己津央
久行宏和
坂倉和弘
第2話 FIRED! 日高政光 久行宏和
第3話 CRITICAL DAYS 日高政光 吉村章
福田己津央
永田正美
第4話 EVENING CALM 芦沢剛史 久行宏和
第5話 BURNING!! 福田己津央 大関雅幸
芦沢剛史
永田正美
第6話 LIFTING TURN 錦織博 錦織博
芦沢剛史
久行宏和
第7話 LOSE HIS WAY 福田己津央 芦沢剛史 佐久間信一
久行宏和
第8話 NEVER 福田己津央 久行宏和
新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN
第1話 不敗神話 両澤千晶 福田己津央
重田智
福田己津央 久行宏和
第2話 復活の刻
第3話 凰呀の叫び 福田己津央
重田 智
第4話 勝者の条件 福田己津央
第5話 全ては時の中に… 福田己津央
重田智

TVシリーズ放送局[編集]

日本テレビ - 札幌テレビ[11]ミヤギテレビテレビ新潟福島中央テレビテレビ信州山梨放送[12]静岡第一テレビ中京テレビテレビ金沢読売テレビ広島テレビ西日本放送福岡放送熊本県民テレビ長崎国際テレビ沖縄テレビ

なお北海道では本放映終了後、系列外のテレビ北海道で1993年度の毎週火曜日19:00に放送された。

関連作品[編集]

カセットドラマ[編集]

  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ(1993年 - 1995年、アニメイトカセットコレクション)
    1. サイバーデート大作戦!
    2. 愛と哀しみの誕生日!
    3. カップルレースだ!大混戦!!
    4. あなたとサイバーフォーミュラ・ナイト
    5. 魔法のときめき少女ミラクルあすかちゅあん

主なCDドラマ[編集]

  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラPICTURE LAND(1994年 - 1995年)
    1. 風にのせて…
    2. 白銀の対決
    3. ファースト・ラブ、ネバー・ラブ
    4. SOME DAY
    5. 湯煙の対決!
    6. ZEROの幻影
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA OTHER ROUNDS COLLECTION(1997年)
    1. 明日へのフォーカス
    2. マスコット・ギャルズ・パニック
    3. トラップ・オブ・ケルベロス
    4. I WILL BE BACK
    5. SAKURA
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA II(1999年)
    1. 真実の一瞬
    2. ウェディング・ラプソディー
    3. 鋼鉄のマイスタージンガー
    4. レディ!!
    5. ジャガーのエンブレム

サンライズラヂオ[編集]

  • サンライズワールド〜オープン前夜、キャラ大混乱!!〜
サンライズラヂオからのドラマCDでガンダムシリーズや勇者シリーズなどのキャラクターが出演。シューマッハ、加賀、ハイネル、アンリ、今日子も出演。
  • サンライズワールドミッション1 新たな戦いの序曲
新条、加賀が出演。
  • サンライズワールドミッション2 狙われたバカンス
加賀、クレアが出演。
  • サンライズワールドミッション3 地球最後の日
新条、ハイネル、クレアが出演。

小説[編集]

  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ ブラックアスラーダ
    (著:大山歳朗、大陸書房・ネオファンタジー文庫、1992年8月21日発行)ISBN 4803342385
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ 黒豹のエンブレム(お蔵入り)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA
    (著:福田己津央小学館・スーパークエスト文庫、1998年4月1日発行)ISBN 4094405917

漫画[編集]

『アニメージュ』の作品コーナーに掲載されたパロディ4コマ「スカッとサイバぁ〜」や『コミックPocke』に掲載された「サイバーフォーミュラ」と「ドラえもん」のパロディ「サイバえもん」など「サイバーフォーミュラ」のパロディ漫画を収録している。

ゲーム[編集]

  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ(ゲームボーイバリエ、1992年2月28日発売)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ(スーパーファミコンタカラ、1992年3月19日発売)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ 新たなる挑戦者(PlayStationバップ、1999年3月18日発売)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ VS(PlayStation Portable、サンライズインタラクティブ、2008年7月10日発売)
  • サンライズ英雄譚R:PlayStation 2 (2000年11月22日:8,190円)
  • サンライズ英雄譚2:PlayStation 2 (2002年7月21日:8,190円)
    • 本作品の登場人物は戦闘に参加できない設定になっている。
  • サンライズクルセイド (2010年3月~)
    • ガンダムシリーズは除くサンライズ作品をテーマとしたトレーディングカードゲーム、TVシリーズは第10章「神速の勝利者」から参戦。

Road To The INFINITY(RTTI)シリーズ[編集]

発売元はサンライズインタラクティブ

  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ Road To The INFINITY(PlayStation 2、2003年12月18日発売)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ Road To The EVOLUTION(ゲームキューブ、2004年7月29日発売)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ Road To The INFINITY 2(PlayStation 2、2005年8月4日発売)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ Road To The INFINITY 3(PlayStation 2、2006年10月26日発売)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ Road To The INFINITY 4(PlayStation 2、2007年10月4日発売)

SIN CYBER GRANDPRIXシリーズ[編集]

PROJECT YNPが制作している、コミックマーケットが先行販売している同人ゲームだが、初代以外の作品はサンライズ公認を取得したため。本項は正式のゲームシリーズとして扱う。

  • Cyber Grandprix Championship β版(ver 0.24)(PC(Windows98以降)、2001年8月10日発売)※サンライズ未公認版
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN CYBER GRANDPRIX(PC、2003年12月30日発売)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN CYBER GRANDPRIX 2(PC、2004年8月15日発売)
    • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN CYBER GRANDPRIX 2 BOOST PACK(PC、2004年12月30日発売)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN DREI(PC、2012年8月11日発売)[14]
    • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN DREI Plus(PC、2012年12月31日発売)

余談[編集]

  • TVシリーズの初期オープニングは1話のフィルムの流用で作られており、そのコンテとして『機動戦士ガンダム』などで知られる富野由悠季がクレジットされているが、F91のリテイク作業でスタジオに来ていた富野が機械にセットされているフィルムを見ていきなり編集を始めたものであり、ギャラは富野が辞退したと福田己津央が後に語っている[15]
  • 当作品の世界のオーストリアには皇室が存在(存続)しており、皇太子が登場している(TVシリーズ・第27話)。ランドル家もそれに連なる貴族であり、ランドルの父で当主のハンス・フォン・ランドルは公爵、ランドル自身も侯爵、という設定となっている。
  • 当作品のテレビシリーズに登場する車両は、端役の市販車まで含め大部分が河森正治の手になるものであるが、第29話では三菱自動車とのタイアップにより、同社の実在する試作車である「HSR III」が登場している。
  • 当作品においては、各車両のデザインをはじめ、モータースポーツの歴史の中であった事象を反映させている演出が多々なされているが、この世界の時間軸との意図しない整合性を持った事項もある。
    • ナイト・シューマッハの姓は、アニメ制作にあたっての調査として1990年末にF3の取材をした際に偶然見かけた外国人ドライバーの名に由来している。このドライバーこそミハエル・シューマッハであった。1991年、テレビシリーズの放映が始まって半年に達しようかという頃、8月末のベルギーグランプリでそのミハエル・“シューマッハ”はF1デビューを飾り、瞬く間にトップチームのベネトンチームのシートを射止め、時の人となった。このことを踏まえ、TVシリーズ最終2話で菅生修(ナイト・シューマッハ)が所属しているチームはベネトンとなり、最終2話ではキャメルカラーのベネトンのレーシングスーツを着用した姿も登場している。
    • OVA第3作目である『ZERO』の第1話は1994年4月に発売され、このエピソードにおいては風見ハヤトのショッキングな大事故が描かれたが、これは同年5月1日のアイルトン・セナの死亡事故に先んずるものとなり、状況も高速の左コーナーでコンクリートウォールにぶつかるという奇妙に一致したもので、スタッフの気持ちを重くさせた。ところが、実は CF の背景設定としてのレースの歴史上でも、同年にとある有名且つ最高のレーサーが事故死し、その事故が切っ掛けで CF の開発が始まったとされている。
  • アニメ『機動戦士ガンダムSEEDシリーズ』において、登場人物のイザーク・ジュールの顔と髪型がアンリ・クレイトーに酷似している。また、2004年に放送されたアニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』において、登場人物のアスラン・ザラがアスラーダGSXの市販車バージョンであるGSX-NEOを運転しているシーンや、同じく主人公のシン・アスカが風見ハヤトが乗っていたものと同じバイクに乗っているシーンが存在する。加えてラクス・クラインが狙われた際にいた家はハヤトがハドソン川の川沿いに購入した家と同じである。監督である福田己津央、脚本家の両澤千晶に加え、『SIN』当時のメカ作画監督の重田智ら、主要スタッフおよび制作会社が同じであったことから来たお遊びと思われる。
  • アニメ放映当時、サイバーフォーミュラの車両のプラモデルも発売され、ワールドグランプリの上位3名の順位を当てるキャンペーンが行われた。正解者には金色のボディカラーのアスラーダがプレゼントされた。
  • ミニ四駆ブームの最中、サイバーフォーミュラに登場するマシンの「ミニ四駆の類似品」が青島文化教材社より発売されていた。
  • 渡辺孝弘が2000年頃から「スゴウアスラーダ」の名を冠した(2007年現在は「スゴウアスラーダATSμDC5」)アスラーダカラーリングの車で現実のツーリングカーレースなどに参加しており、2005年からはホンダエキサイティングカップ・インテグラワンメイクシリーズに出場している。チーム名は「GetWin」。レーシングスーツはハヤトモデル、レースクイーンもSUGOキャンギャルのコスプレイヤーという徹底がなされている。
  • 2011年12月21日に発売されたTVシリーズのBD-BOX「新世紀GPX サイバーフォーミュラ BD ALL ROUNDS COLLECTION ~TV Period~」には、特典として36話と37話(最終話)の3D版が収録された。(ここで言う3Dとは、3DCGではなくステレオ3D) 2D-3D変換は、キュー・テックが担当した。

脚注[編集]

  1. ^ 『河森正治 サイバーフォーミュラ デザインワークス』 ムービック、2000年、79頁
  2. ^ 『動画王』Vol.5 キネマ旬報社、1998年、76頁
  3. ^ 畠山けんじ・久保雅一 『ポケモン・ストーリー』 日経BP社、2000年
  4. ^ 魔神英雄伝ワタル』は10年だがシリーズの間にブランクが大きい。「勇者シリーズ」はバーンガーンを含んで9年。『装甲騎兵ボトムズ』は20年以上のシリーズだが、やはり間のブランクは大きい。
  5. ^ LDは再生しか行えない上にディスクの大きさの関係でハードも大振りになってしまう関係から、劣化しない映像と高い保存性にこだわる映像マニアやアニメマニアのみが所有するハードであった。
  6. ^ 小黒祐一郎 『この人に話を聞きたい アニメプロフェッショナルの仕事 1998-2001』 飛鳥新社、2006年
  7. ^ TVシリーズの12話でアメリカ第1戦のリタイヤで責任をめぐってメカニックとの衝突が生じチームを去ったが、復帰した
  8. ^ ハヤトの父風見広之がアスラーダを狙うスミスの犠牲により失った後、修はナイト・シューマッハに改名し、スミスの罪を暴くことを目的にしながら
  9. ^ クラッシュの際サイバーシステムに対応できず、スイッチを切っていた
  10. ^ ドライバーの座をハヤトに奪われ
  11. ^ 1991年10月よりどさんこワイドの放送開始により、放映時間がそれまで同時ネットから1週遅れの金曜16:30に変更。
  12. ^ 遅れネット(1991年4月30日から1992年1月21日まで毎週火曜日16:00に放送された)。
  13. ^ シリーズの大半でキャラクターデザインを手がけた吉松孝博の漫画を描く際の別名義
  14. ^ インディーズゲームの小部屋:Room#244「新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN DREI」”. 4Gamer.net (2012年8月22日). 2012年8月22日閲覧。
  15. ^ 福田己津央、富野由悠季監督を語る Togetter

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 金曜17:00枠
前番組 番組名 次番組
魔神英雄伝ワタル2
(1990年3月9日 - 1991年3月8日)
新世紀GPXサイバーフォーミュラ
(1991年3月15日 - 12月20日)
ママは小学4年生
(1992年1月10日 - 12月25日)