佐橋俊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐橋俊彦
基本情報
出生 1959年11月12日(54歳)
出身地 日本の旗 日本, 東京都
学歴 東京藝術大学
職業 作曲家
編曲家
活動期間 1986年 - 現在
事務所 フェイス音楽出版
共同作業者 和田薫
公式サイト 公式ページ

佐橋 俊彦(さはし としひこ、1959年11月12日 - )は、東京都出身の作曲家編曲家である。フェイス音楽出版所属。血液型はAB型。

来歴・人物[編集]

幼少時代はベートーベンの『運命』等のクラシック音楽を聞き、少年時代は『サンダーバード』や『ウルトラセブン』などの劇伴に感銘を受け、自身の作品の中でもそのテイストを盛り込んだものも多く、度々インタビューなどで語られている。

中学校時代には紀行作家稲葉なおとらと共に、4人編成のバンド「イナバンド」としての活動を行っていた。また稲葉とは2人が中学2年の時に、当時の人気ラジオ番組『ハローパーティー』にも出演した。この頃の彼は沢田研二の大ファンであった。

その後東京都立武蔵村山高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部作曲科に入学した後は小林秀雄黛敏郎に師事。在学中から先輩の宮川彬良の依頼でディズニーランドのショー音楽を担当し始め、劇団四季のミュージカル等も担当。

1986年に藝大を卒業後はミュージカル『聖闘士星矢』の音楽を和田薫と共作し、そこから次々とアニメ音楽を依頼されていくことになる。現在でもクラシックからロックなどジャンルを問わず、映画テレビドラマアニメーション特撮ミュージカルなど幅広い分野で音楽や主題歌・挿入歌の作曲や編曲を手がけている。

特にウルトラシリーズ仮面ライダーシリーズスーパー戦隊シリーズガンダムシリーズという、日本を代表するキャラクター作品に参加した経験を持つ。

高寺重徳福田己津央星護がプロデュースまたは監督を務める作品に起用されることが多い。

ギタリスト・音楽プロデューサーの佐橋佳幸とは無関係。

主な作品[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮作品[編集]

アニメ[編集]

ゲーム[編集]

ミュージカル・舞台[編集]

アニメ・漫画関連[編集]

劇団四季[編集]

その他・一般[編集]

編曲[編集]

New Sounds in Brassシリーズ(吹奏楽編曲)

  • ディズニーメドレー II(1989年)
  • バットマン(1990年)
  • モーツァルト・ポップス・シンフォニー(1991年)
  • メインストリート・エレクトリカル・パレード(1992年)
  • 〈メドレー〉(ドリームズ・カム・トゥルーのヒットソングより)(1993年)
  • リヴァプール・サウンド・コレクション(1995年)
  • ディープ・パープル・メドレー(1996年)
  • SMAPメドレー(1997年)

その他[編集]

  • 共立女子学園創立110周年記念歌『夢を未来(あした)へ』
  • AURORA神秘の光を求めて…(1992年、インストゥルメンタルアルバム、廃盤)
  • いろいろエクスプレス
  • いろんなれっしゃしゅっぱつしんこう

(ともに1996年) うたの科学館シリーズ のりものの歌〜速い列車・楽しい列車〜に収録

  • 二人は一人〜安らぎの音楽集〜(2000年、インスト4曲、歌2曲。全て作、編曲)
  • 株式会社メイトのオリジナル教材。オペレッタ(絵本劇)
    • ありんこのアリー(2011年)
    • ふしぎなキャンディーやさん(2012年)
  • 笑点特大号(2013年、中村八大作曲のテーマ曲の編曲)

受賞[編集]

  • 1988年:CBSソニー主催「ニューアーティスト・オーディション1988」最優秀賞およびクリスティンリード賞受賞
  • 2001年:ザ・テレビジョン ドラマアカデミー賞 劇中音楽賞(救命病棟24時作曲者として)受賞
  • 2004年:自身の作・編曲作品である「交響組曲機動戦士ガンダムSEED」内「Gundam 揺れる心と誓いの絆」が第11回日本プロ音楽録音賞受賞
  • 2005年:JASRAC賞(「ガンダムSEED BGM」作曲者として)銅賞受賞
  • 2014年:JASRAC賞国際賞(外国入金 国内作品ベスト10)において「『ハンター×ハンター』の背景音楽」が9位に入賞。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]