佐藤直紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐藤直紀
基本情報
出生 1970年5月2日(44歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県
学歴 東京音楽大学作曲科卒業
ジャンル 映画音楽
電子音楽
テレビドラマ主題曲
職業 作曲家編曲家
担当楽器 シンセサイザー
活動期間 1990年代 -

佐藤 直紀(さとう なおき、1970年5月2日 - )は、日本作曲家編曲家千葉県出身。日出学園中学校・高等学校東京音楽大学作曲科卒業。

人物[編集]

中学生の時、師事していたピアノ教師の影響で作曲に関心を持つ[1]。高校から和声対位法などの音楽理論を学び始め、音大への進学を目指すようになる。師事していた先生からの助言もあり、東京音楽大学作曲科の映画・放送音楽コースに進学。大学在学中に様々なジャンルの音楽を学んだ[2]

活動は、クラシックからロックまで幅広く主に映画音楽ドラマアニメーションミュージカルなどの音楽や主題歌・挿入歌の作曲や編曲を手がける。

第29回日本アカデミー賞・最優秀音楽賞を『ALWAYS 三丁目の夕日』で受賞した。

サウンド面では、『GOOD LUCK!!』や『龍馬伝』のようにシンセサウンドを全面に出しつつオーケストラなど他の楽器の音を装飾音として加えるというパターンのものも少なくないが[3]、『カーネーション』のように電子楽器を使用しない楽曲も手掛けている[4]

佐藤は映像音楽について映像に合っているものや感情移入しやすいものであることを第一に優先すべきと考えており、作曲においては自身の音楽性を主張するよりも監督やプロデューサーの意向に添うものを提供することを重視している[1]

既婚者で息子がいる[5]

主な作品[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

CM[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

出演[編集]

受賞歴[編集]

  • 2005年 - 第29回日本アカデミー賞・最優秀音楽賞(ALWAYS 三丁目の夕日)
  • 2007年 - 第31回日本アカデミー賞・優秀音楽賞

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 腹巻猫「『ローレライ』の音楽 作曲家佐藤直紀INTERVIEW」、『宇宙船』Vol.118(2005年5月号)、朝日ソノラマ2005年5月1日、 86頁、 雑誌コード:01843-05。
  2. ^ 作家で聴く音楽JASRAC(2014年9月)
  3. ^ 龍馬伝』については加えて民俗楽器の音を全面に出した曲も多かった。
  4. ^ 『カーネーション』については同番組のガイドブックによると、舞台となっている大正時代のイメージを出すうえで電子楽器を使わない方が良いと判断したためという。
  5. ^ ふたりはプリキュア Splash Starサウンドトラック、ブックレット内ライナーノーツ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]