パンドラ (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パンドラ』(ぱんどら)は、WOWOWテレビドラマシリーズ。

2008年に第1シリーズ、2010年に第2シリーズ『パンドラII 飢餓列島』(パンドラツー きがれっとう)が、2011年に第3シリーズ『パンドラIII 革命前夜』(パンドラスリー かくめいぜんや)が放送された。2014年にはスペシャルドラマ『パンドラ〜永遠の命〜』(パンドラ えいえんのいのち)が放送予定。

パンドラ[編集]

パンドラ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜日22:00 - 23:00(60分)
放送期間 2008年4月6日 - 5月25日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 WOWOW
演出 河毛俊作
小林義則
若松節朗
小椋久雄
脚本 井上由美子
プロデューサー 小椋久雄
出演者 三上博史
柳葉敏郎
小西真奈美
音声 ステレオ放送
エンディング トニー・ベネット「The Good Life」
外部リンク 公式サイトのアーカイブ
テンプレートを表示

パンドラ』は、2008年4月6日から5月25日まで、WOWOWドラマW枠で放送された、「連続ドラマW」第1作目のテレビドラマ。全8話。第1回東京ドラマアウォード・グランプリ受賞作品(連続ドラマ部門)。

WOWOWでは2003年から不定期に、オリジナルドラマシリーズ『ドラマW』を制作・放送してきた。有料放送であるがためにレベルの高いドラマが完成し、2008年3月までに36本が放送された。そこでWOWOWは、2008年4月から連続ドラマ枠を新設。第1作として選ばれたのがこの作品である。

製作に当たっては、地上波のドラマよりも海外ドラマを意識して作られている[1][2]。そのためか骨太な内容で、医師・刑事の二視点から見せており、ミステリ・サスペンス的な要素も感じさせる作品となっている。

キャストは、ほぼ全員が三上博史柳葉敏郎(この2人は『君の瞳をタイホする!』以来、約20年ぶりの共演)をはじめとした実力派のベテラン俳優であり、脚本は『白い巨塔』や『14才の母』『GOOD LUCK!!』など、民放の人気ドラマを作り出している人気脚本家井上由美子による書き下ろし作品。

全8話というのは民放の連続ドラマに比べれば少なめだが、放送時間60分(正確には58分)の間、CMを挿まないため、実質は民放の連続ドラマのおよそ10話分の時間量に相当する。

あらすじ(第1作)[編集]

港東大学病院内科医の鈴木は、同僚や家族からも見放されながらも18年間もの研究のすえ、どんながんでも完全に死滅するがんの特効薬を発見する。全く相手にされずたった一人で研究を続けてきたが、特効薬が完成した途端に周りからの目が変わる。

しかし、その特効薬は単純に世界に役立つものではなかった。“パンドラの箱”の最後に残ったものは、希望という説もあれば絶望という説もある。『パンドラ』と名付けられた特効薬からは、様々な「厄介」がもたらされる。

もし、特効薬が実現すれば、日本人の3人に一人が死ぬ癌を撲滅できることになり、発明者には歴史に残る名誉が、製薬会社には莫大な利益が約束される。その半面で、平均寿命が延びて高齢化社会に拍車がかかり、年金制度・医療制度などあらゆる社会制度の改変が迫られることになるのだ。

治験が認められなかった鈴木は、水野愛美という癌患者の少女に、一縷の望みを託して独自に治験を行い、癌細胞の完全死滅を確認する。しかし、愛美は援助交際や美人局などを行い、警察から殺人などで追われていたことが判明する。

キャスト(第1作)[編集]

港東大学病院内科医。癌の特効薬の開発に執念を燃やしている。
水野愛美を殺人事件の容疑者として追う刑事。朝鮮人の妻を持ったために、出世コースから外れ、同僚からうとまれている。
鈴木の同僚。癌の特効薬について知り、鈴木を協力するのを装いながら、発明データを盗む。
癌の特効薬のために、鈴木により非合法の治験を行われた第一号の患者。
港東大学病院の教授。教授の立場を利用して、鈴木の開発した特効薬を、自分の研究室のものとしようとする。
鈴木のかつての恩師であり、元教授。現在は独立して開業している。
非合法の治験を行った病院の理事長。50歳になるが、権力者である父に逆らえない。
製薬会社の会長。省吾の父であるが、息子を虫けらのように扱っている。

スタッフ(第1作)[編集]

放送[編集]

放送時間[編集]

通常放送[編集]
  • 本放送 日曜22:00 - 23:00(初回は無料放送)
  • 再放送 日曜12:00 - 13:00(初回は無料放送)
特例放送[編集]
  • 再放送(初回のみ)
    • 水曜13:00 - 14:00(無料放送)
    • 金曜21:10 - 22:10(無料放送)
  • 一挙放送 14:00 - 15:00(5月19日 - 5月23日)(有料放送)
  • ダイジェスト版
    • 『まだ間に合う連続ドラマW「パンドラ」』19:15 - 19:30(5月1日)(無料放送)

パンドラII 飢餓列島[編集]

パンドラII 飢餓列島
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜日22:00 - 23:00(60分)
放送期間 2010年4月18日 - 5月30日(7回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 WOWOW
演出 河毛俊作
小林義則
脚本 井上由美子
出演者 佐藤浩市
鈴木京香
音声 ステレオ放送
エンディング トニー・ベネット「The Good Life」
外部リンク 公式サイトのアーカイブ
テンプレートを表示

パンドラII 飢餓列島』は、2010年4月18日から5月30日まで、WOWOWの連続ドラマW枠で放送された連続テレビドラマ。全7話。

食糧危機が迫る世界で遺伝子組み換え作物が開発され、あらゆる災難が起こる。

あらすじ(第2作)[編集]

農学博士鈴木護が長年の研究の末に、通常の4倍の速さで成長するトウモロコシを開発する。しかし、それにより国内の食糧危機に迫まられる政治家や、利益を追求する実業家の欲望や陰謀の渦に、開発者の鈴木自身にも巻き込まれていく。

キャスト(第2作)[編集]

スタッフ(第2作)[編集]

  • 脚本 - 井上由美子
  • 監督 - 河毛俊作、小林義則
  • 音楽 - 佐藤直紀
  • エンディングテーマ - トニー・ベネット「The Good Life」
  • 製作著作 - WOWOW

パンドラIII 革命前夜[編集]

パンドラIII 革命前夜
ジャンル テレビドラマ
放送時間 日曜日22:00 - 23:00(60分)
放送期間 2011年10月2日 - 11月20日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 WOWOW
演出 河毛俊作
小椋久雄
脚本 井上由美子
出演者 江口洋介
内野聖陽
音声 ステレオ放送
エンディング トニー・ベネット「The Good Life」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

パンドラIII 革命前夜』は、2011年10月2日から11月20日まで、WOWOWの連続ドラマW枠で放送された連続テレビドラマ。全8話。

あらすじ(第3作)[編集]

内閣官房長官・湯田和路は、海上自衛隊潜水艦の遭難事件に対し、政府が事件を隠したことに悩み、自殺念慮に囚われるようになる。その頃、米国のニューボストン大学の日本人脳科学者・鈴木精二は、外科手術による自殺防止の治療法を発明し、湯田は鈴木の治療によって救われることになる。

ところが、湯田は治療によって人格が大きく変わってしまう。そして湯田の思わぬ行動により、日本全土を揺るがす8日間が幕を開ける。

キャスト(第3作)[編集]

スタッフ(第3作)[編集]

  • 脚本 - 井上由美子
  • 監督 - 河毛俊作、小椋久雄
  • 音楽 - 佐藤直紀
  • エンディングテーマ - トニー・ベネット「The Good Life」
  • 製作著作 - WOWOW

パンドラ〜永遠の命〜[編集]

パンドラ〜永遠の命〜』は、2014年4月27日にWOWOW「ドラマWスペシャル」として放送予定のスペシャルドラマ。

あらすじ(第4作)[編集]

優秀な医学者鈴木元は、クローン技術の革新的な発見をする。 だが倫理上の問題から上司の榊原道隆から反対を受け衝突、大学の研究室を追われることに。 7年後、地方の医者となっていた鈴木は、探偵を使って探していた田代めぐみが遺体で見つかったことを知る。 彼女には6歳の息子田代新児がおり、奔放なめぐみとは10年近く音信不通だった妹の田代なつみが引き取ることに。

突然現われた姉の息子との生活になじめず、経済的な事情もあり、なつみは病院で出会った父親を名乗る鈴木に新児を預ける。 だが、鈴木の新児への執着に違和感を覚え、なつみも同行を決意。 一方、めぐみの死は他殺と思われ、捜査一課の警部補黒岩忠嗣も鈴木に着目する。 鈴木に関する聴取で黒岩と面会した榊原は、新児の存在を知り驚愕。 新児は、鈴木が発見した技術を使った“クローン人間”なのではと疑念を抱く。

キャスト(第4作)[編集]

スタッフ(第4作)[編集]

  • 脚本 - 井上由美子、河毛俊作
  • 監督 - 河毛俊作
  • 音楽 - 佐藤直紀
  • プロデューサー - 青木泰憲、高橋萬彦
  • 製作 - WOWOW、共同テレビ

放送日程[編集]

放送回 放送日 テーマ
パンドラ
第1回 2008年4月06日 発見
第2回 2008年4月13日 欲望
第3回 2008年4月20日 裏切り
第4回 2008年4月27日
第5回 2008年5月04日
第6回 2008年5月11日 怒り
第7回 2008年5月18日
最終回 2008年5月25日
パンドラII 飢餓列島
放送回 放送日 テーマ
第1回 2010年4月18日
第2回 2010年4月25日
第3回 2010年5月02日
第4回 2010年5月09日
第5回 2010年5月16日
第6回 2010年5月23日
最終回 2010年5月30日
パンドラIII 革命前夜
放送回 放送日 テーマ
第1回 2011年10月02日
第2回 2011年10月09日
第3回 2011年10月16日
第4回 2011年10月23日
第5回 2011年10月30日
第6回 2011年11月06日
第7回 2011年11月13日
最終回 2011年11月20日
パンドラ〜永遠の命〜
放送回 放送日 テーマ
全1回 2014年04月27日 クローン

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞 2008年4月11日 東京夕刊
  2. ^ パンドラ 記者会見速報レポート”. WOWOW. 2008年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]

WOWOW 連続ドラマW枠
前番組 番組名 次番組
-
パンドラ
(2008.4.6 - 2008.5.25)
プリズナー
(2008.11.16 - 2008.12.13)
隠蔽指令
(2009.10.18 - 2009.11.15)
パンドラII 飢餓列島
(2010.4.18 - 2010.5.30)
マークスの山
(2010.10.17 - 2010.11.14)
下町ロケット
(2011.8.21 - 2011.9.18)
パンドラIII 革命前夜
(2011.10.2 - 2011.11.20)
造花の蜜
(2011.11.27 - 2011.12.18)