岳 みんなの山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岳 みんなの山
漫画
作者 石塚真一
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミックオリジナル
ビッグコミックオリジナル増刊
レーベル ビッグコミックス
発表期間 2003年19号
2007年7月 - 2012年12号
巻数 全18巻(単行本
映画:岳 -ガク-
監督 片山修
制作 「岳」製作委員会
東宝テレビ朝日、小学館ほか)
封切日 2011年5月7日日本の旗
上映時間 125分
テンプレート - ノート 
ポータル 漫画

岳 みんなの山』(がく みんなのやま)は、石塚真一による、山岳救助を題材とした漫画作品。なお、単行本での題は『』である。

ビッグコミックオリジナル2003年19号に初掲載された。その後、同誌および『ビッグコミックオリジナル増刊』にて不定期連載を開始し、2007年7月からは『ビッグコミックオリジナル』に毎号連載となり、2012年12号で完結した。

マンガ大賞2008、第54回(平成20年度)小学館漫画賞一般向け部門、第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞[1]を受賞している。

実写映画化され、2011年5月に公開されている。

作品の概要[編集]

若くして世界の名峰に登頂し、アメリカで山岳救助経験を積んだあと、日本へ戻り主に北アルプスで山岳救助ボランティアとして活動していた島崎三歩。そのもとに、椎名久美が長野県警山岳遭難救助隊の新人としてやって来る。

救助隊チーフの野田とボランティアの三歩の指導を受けて訓練、救助をこなしていた椎名だが、実際の現場で遭難者を救うことが出来ない現実に自信を失っていく。そのような厳しい環境にありながらも、なぜ人は山に登るのか、救助を続けるのかを問い続け、様々な現場を経験することで、他の隊員と共に山岳救助のプロとして成長していく。

救助活動の他にも、県警警備隊関係者への訓練などを通して山の安全に関わる人々や、山を訪れる人々との交流を描いている。主な舞台は北アルプスでも最も人気であるとされる、穂高岳槍ヶ岳周辺、他に長野県松本市を中心に話が進む。

題名[編集]

本作の題名は雑誌掲載時のみ『岳 みんなの山』であり、単行本では『』である。単行本表紙や扉絵などに書かれる英文の副題も異なる表記となっている。雑誌掲載時は「CLIMB EASY AND FIND YOUR OWN ADVENTURE!」、単行本では「COOL, AWESOME, ASTONISHING STORY ABOUT CLIMBERS AND RESCUERS! CLIMB EASY AND FIND YOUR OWN ADVENTURE!」である。

登場人物[編集]

主な登場人物[編集]

島崎 三歩(しまざき さんぽ)
民間の救助ボランティア団体である山岳遭難防止対策協会(遭対協)に参加しているボランティアの救助隊員。北アルプス山中にてテントなどに寝泊まりして暮らしている。長野県小諸市出身。身長187cm、体重80kg。千歩という姉がいる。高校時代から卒業が危ぶまれるほど山に入り浸り、高校卒業後はに実家のりんご畑を継がず海外へ出て、多くの世界名峰を登頂。豊富な登山経験と技術、知識を持つ。ホットコーヒーとバナナを好む。山を愛するゆえ遭難者を決して責めず、仮に救助対象者が遺体であったとしても「よくがんばった。」と労わりの声をかける。
南米パタゴニアフィッツロイで出会ったスコットとアメリカワイオミング州ティートンで偶然再会。山関係の仕事を探していた二人はレスキューチームに入隊し歓迎され、入隊2ヶ月後には救助リーダーとなり活躍する。漫画中の描写から、日本に帰国する前の過去に、ナンガパルバットマカルーアコンカグアマッキンリーエベレスト等の著名な山への登頂暦を持つとされる。特に、ナンガパルバットでは8000m峰でありながら、頂上付近で他パーティーの救助をしたという逸話がある。K2に関しては、漫画内で、パキスタン政府の許可が下りなかったことを嘆いている。ヨセミテ国立公園にて、仲間からもらった[2]「岳」と書かれた帽子をかぶっている。
物語の終盤でローツェへの南壁単独登頂を挑むため、日本を去る。ローツェへの単独登頂を目前に打ち切った後、友人のオスカーが率いるエベレストへの登頂パーティーを助けるために駆けつける。必死の救助を試み幾人かの救助には成功するが、二重遭難し、その後の安否は不明。明確にはされていないが死亡した可能性が高い。
野田 正人(のだ まさと)
長野県警察山岳遭難救助隊チーフ。長野県にある北部警察署の地域課所属の警察官。三歩とは幼馴染で高校山岳部の同期でもある。冷静に責任を持って任務を遂行するため、一見「冷たい」と誤解されがちだが、非番の日には捜査打ち切りになった行方不明者を自主的に三歩と共に捜すなど、熱い人物。阿久津の遭難事故の責任を問われ異動となる。
椎名 久美(しいな くみ)
長野県警察の山岳遭難救助隊隊員。長野県にある北部警察署・地域課所属の警察官。山を好きになれずにいた新米隊員だったが、山岳救助の経験を積み重ねるうち、葛藤しながらも成長していく。最終話では隊員として活躍を続け、同じく隊員となっている小田から「三歩とそっくり」と言われている。青木と結婚し一児をもうけている。
横井 ナオタ(よこい なおた)
父一人子一人の父子家庭で育っていた小学生。父親が北アルプスで遭難・死亡したため祖父母と共に暮らす。父親の遭難死という辛い出来事にも負けない逞しい性格。父の救助に当たった三歩を「山のお兄ちゃん」と呼び慕う。最終話では青年に成長して三歩と約束したジェニーレイクへ立ち、三歩から預かった帽子を被る。
ザック・ウェザース (Zack)
ティートン・レスキューチームのクライマー。ティートンでは三歩がリーダーを務めていたチームに所属。チームメイトのピッツィーと共に来日したが、そのまま日本に残り、現在は松本市内の居酒屋「ケルン」でアルバイト勤務の傍ら救助のボランティア出動もしている。椎名久美に好意を持つ。クライマーの妻をヒマラヤで亡くしている。小田の帰国後アメリカに帰国しボランティアを続けている。
小田 草介(おだ そうすけ)
会社を辞めエベレスト公募登山隊に参加した青年。学生時代に杜撰な装備のまま冬の穂高岳に入り遭難したが、三歩に救助されている。ローツェに向かう途中の三歩とネパールのルクラで再会した。度重なるトラブルに見舞われ遭難寸前に陥った公募隊の中で体力を残した数少ないメンバーとなり、ヒマラヤ遠征編では実質準主役となっている。帰国後、久美たちの所属する山岳救助隊に参加。

その他[編集]

谷村 文子(たにむら ふみこ)
北アルプスで山小屋を女手一つで営む女性。亡き夫が経営する山小屋を継ぎ、北アルプスを訪れる登山者達を迎える。三歩の良き理解者。
阿久津 敏夫(あくつ としお)
長野県警山岳遭難救助隊の新米隊員。椎名久美の後輩。懸垂下降が大の苦手、訓練時にアイゼンを付ける向きを間違うなど、失敗が多い。自身の山岳救助隊への適性も疑うが、ある出来事をきっかけに奮起し、徐々に救助隊員としての力を付けていく。救助活動中に二重遭難し、一時危篤となる。治癒後は車いす使用の身になるも交番勤務で復職。
安藤(あんどう)
長野県警察の山岳遭難救助隊隊員。長野県にある北部警察署の警察官。椎名久美の先輩。阿久津の遭難の責任を取り異動した野田に代わり、隊長に就任。
牧 英紀(まき ひでのり)
燕レスキュー所属の救助隊員。少しでも救助の確率をあげるため、そして再発を防ぐため遭難者に厳しく接する人物。山岳救助の業務を取りやめようとする会社の決定に葛藤していたが、燕エアレスキューという会社を立ち上げて三歩らに協力している。
高校生のときに山岳警備隊になるのを夢見ていた後輩が冬季登頂中に滑落・遭難してしまい、その後1年近く捜索し続けた後に遺体を発見したという経験がある。モデルは東邦航空の故・篠原秋彦。
青木 誠(あおき まこと)
燕レスキュー所属のヘリコプターパイロット。救助作業にあたっては牧と共に行動している。最終話では久美と結婚している。
スコット・フェイバー (Scott)
かつては三歩と共に8000m級の山を渡り歩いていたが、4000m前後から高山病を発症するようになり、レスキューの仕事からも撤退する。某年、初冬のマッキンリーで消息を絶つ[3]。三歩がローツェに遠征した際に遺体発見の報が寄せられた。愛称スクーター。
アンディ (Andy)
三歩の元同僚。3度のエベレスト挑戦を、すべて他の登頂隊救出のために断念という経歴を持つ[4]。ソロ(単独登山)でヒマラヤに挑戦し、死去[5]
オスカー
現在はヒマラヤでガイドをしている三歩の旧友で小田が参加した公募登山隊の隊長。豊富な経験で小田達を登頂に導くが、参加者の体調不良や他隊の無謀な行動などでヒラリーステップに足止めを食った末に天候悪化に巻き込まれ遭難寸前に陥る。
ピート
オスカーとチームを組んでいるガイド。ヒラリーステップに取り残されたオスカー達を救うために酸素ボンベを背負ってサウスコルを出るが雪庇を踏み抜き転落して負傷。三歩と小田により救出される。
アンジェラ
セブンサミット(七大陸最高峰制覇)を目指しオスカー率いる公募登山隊に参加したスペイン人の女性医師。紛争地でNGO活動をしていたが、治療の甲斐なく亡くなった子供達に背中を押されるように山へ戻った。公募隊参加メンバーの中では屈指の実力者で小田とともに登頂に成功。
マイクとリンダ
再婚者同士の夫婦で新婚旅行としてエベレスト公募登山隊に参加。リンダは登頂に成功したものの、マイクは高山病を発症し脱落。
テンジン
オスカー率いる公募登山隊のガイド。シェルパ族

その他[編集]

  • 野田正人らの勤務する北部警察署の所在地は、「長野市内」(単行本1巻 第0・2歩、3巻第1・3歩)と「松本市内」(単行本4巻 第3・6歩)の2通りの表記がされている。単行本2巻 第0歩で野田正人と椎名久美は松本市内を巡回している。なお、現実の世界にて長野市と松本市は隣接していない。
  • 雑誌『ダ・ヴィンチ』2007年4月号の「今月のプラチナ本」にて紹介された[6]

単行本[編集]

映画『岳-ガク-』[編集]

岳-ガク-
監督 片山修
脚本 吉田智子
製作総指揮 市川南
平城隆司
大西豊
出演者 小栗旬
長澤まさみ
佐々木蔵之介
石田卓也
市毛良枝
渡部篤郎
音楽 佐藤直紀
主題歌 コブクロあの太陽が、この世界を照らし続けるように。
撮影 藤石修
編集 松尾茂樹
製作会社 「岳 -ガク-」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2011年5月7日
上映時間 126分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 16.3億円[7]
テンプレートを表示

岳 -ガク-』のタイトルで実写映画化され、2011年5月7日に公開された。監督は『ヒートアイランド』の片山修。主演は『シュアリー・サムデイ』で監督デビューした小栗旬。詳細発表当時に刊行済みであった単行本11巻までのうち、前半のエピソードを基にしたオリジナル作品となる。

キャッチコピーは「生きる。」「標高3,190m 気温-25℃ 命は、命でしか救えない。」。

全国315スクリーンで公開され、2011年5月7、8日の初日2日間で興収2億6,465万6,200円、動員20万8,416人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[8]。4割の観客が原作を読んだことのある読者であり、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)でも第1位となっている。

この作品が東宝スタジオNo.1ステージで撮影された最後の映画となった(東宝スタジオ#略歴も参照)。

あらすじ[編集]

世界の名峰を制覇した後、日本へ戻り山岳救助ボランティアとして活動していた島崎三歩のもとに、椎名久美が北部警察署山岳遭難救助隊の新人としてやって来る。三歩の指導を受けて訓練をこなしていた久美だが、実際の現場で遭難者を救うことが出来ずに自信を失っていた。そんなある日、猛吹雪の雪山で多重遭難が発生する。久美は仲間と共に現場へ向かうが、そこには想像を絶する雪山の脅威が待ち受けていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第16回文化庁メディア芸術祭”. 文化庁メディア芸術祭. 2012年12月13日閲覧。
  2. ^ 単行本2巻 第3歩
  3. ^ 単行本1巻 第1歩
  4. ^ 単行本3巻 第0歩
  5. ^ 単行本1巻 第6歩
  6. ^ 楽天ブックスにてウェブページ化されている[1]
  7. ^ 2011年度(平成23年)興収10億円以上番組(平成24年1月発表)一般社団法人 日本映画製作者連盟 2012年1月26日発表
  8. ^ GW映画の動員、興収は前年比8割程度に 『岳』が初登場首位でランキングの頂上に!シネマトゥデイ 2011年5月10日

外部リンク[編集]

漫画
映画