荒川弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
荒川 弘
生誕 1973年5月8日(41歳)
日本の旗 日本北海道
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1999年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 鋼の錬金術師
受賞 第9回エニックス21世紀漫画大賞
第49回小学館漫画賞少年向け部門
第5回東京アニメアワード原作賞
第15回手塚治虫文化賞新生賞
第42回星雲賞コミック部門
第5回マンガ大賞
第58回小学館漫画賞少年向け部門
テンプレートを表示

荒川 弘(あらかわ ひろむ、1973年5月8日[1] - )は、日本の女性[1][2]漫画家北海道出身[1]。身長165センチ。

経歴[編集]

北海道幕別町[3]生まれ。姉3人、弟1人の5人姉弟。デビュー前は、家業の酪農と畑作農業を手伝いながら「エドモンド荒川」のペンネームで『ゲーメスト』内のイラストや『コミックゲーメスト』(共に新声社)の投稿4コマ漫画を手がけていた。

また、「ちきんぢょーぢ」のペンネームで光栄(現・コーエーテクモゲームス)から出ていた歴史投稿誌「歴史パラダイス」にもイラストや4コマ漫画などを投稿していた。当時の一部の作品のリメイクは「三国志魂」に掲載されている。

1999年にエニックス21世紀マンガ大賞を受賞してデビュー。衛藤ヒロユキアシスタントを経て独立[4]

2001年、『月刊少年ガンガン』にて、『鋼の錬金術師』を初連載。大ヒットとなる。2010年まで連載し完結する。

2011年、『週刊少年サンデー』にて、2011年19号より、自身初となる週刊誌連載『銀の匙 Silver Spoon』を連載開始。

2013年、『別冊少年マガジン』にて、2013年8月号より、田中芳樹原作のファンタジー小説『アルスラーン戦記』のコミカライズ版を連載開始[5]

人物[編集]

自画像はメガネをかけたで、実家が酪農を営んでいることと丑年生まれで牡牛座であることに由来する[6][4]。牛に関するオブジェや本も多く所有している[7]

ペンネームや作風から男性と間違われやすいが女性である。高校時代は空手を習っており、黒帯を取得していて[8]、今でも10キログラムダンベルを片手で持ち上げられる筋肉を維持している。

2007年に第一子の男児を出産したが、『鋼の錬金術師』連載中は妊娠中・出産後ともに一度も休載することがなかった。また、自身の子供について「15歳になったら自分の漫画を読ませて絶対面白いと言わせてやる…」「そうした将来の読者が出来たので戦いがいがある」と対談にて語っている[9]。しかしその一方で、子供の頃から牛の出産を目の当たりにしていたため、自身の出産に関しては「感動よりも出産手順の確認みたいになっていた」とも語っている[10]。その後2011年に第二子を、2014年には第三子[11]を出産した。

広大な土地(25ヘクタールの畑、本人曰く北海道では小~中規模[12])と大型農機による酪農と畑作(主にジャガイモ)を手がける農家に生まれ、農業高等学校卒業後7年間家業を手伝っていた。北海道の食料自給率の抜きん出た高さと、日本全体としての食糧自給率の低さを対比させた上で、都会人の食糧問題への認識の目に余る身勝手さと農家の実状を描きつつ「飢えたくなければ、銀座でベコ(牛)飼え[13]。ヒルズを耕せ。」と訴えるなど、漫画家となった現在も一貫した農民視点の人物である[14]。これは『鋼の錬金術師』連載内の4コマ漫画や雑談ページ内でも時折書かれていた。また、実家の大規模農業に従事していた経緯で、大型特殊自動車運転免許を取得している[15]

カラー絵は手書きで、コンピュータを使った作画は「私はどうもアナログ人間のようで」と苦手にしている[16]。愛用の画材はリキテックス

子供の頃に『人形劇 三国志』を見て以来の『三国志』好きであり[17]、デビュー以前は中国旅行へもよく出かけていた[18]。『三国志』では、好きな武将として甘寧を挙げている。また、上記「歴史パラダイス」の誌上では、「徐庶好きのちきんぢょーぢさん」としてしられていた[17]内藤泰弘の漫画『トライガン』のファンであり、映画化の際には応援イラストを寄稿している[19]。好きな作家は山田章博。尊敬する漫画家は田河水泡。自身の漫画道の原点であるとしている[20]

受賞歴[編集]

  • 1999年 第9回エニックス21世紀マンガ大賞(『STRAY DOG』)
  • 2004年 第49回小学館漫画賞少年向け部門(『鋼の錬金術師』)
  • 2006年 第5回東京アニメアワード原作賞(『鋼の錬金術師』)
  • 2011年 第15回手塚治虫文化賞新生賞(『鋼の錬金術師』)
  • 2011年 第42回星雲賞コミック部門(『鋼の錬金術師』)
  • 2012年 第5回マンガ大賞(『銀の匙 Silver Spoon』)
  • 2012年 第58回小学館漫画賞少年向け部門(『銀の匙 Silver Spoon』)
  • 2013年 第1回「コンテンツ・アワード・オブ・ジャパン・フード・カルチャー」大賞(『銀の匙 Silver Spoon』)

作品リスト[編集]

連載[編集]

短編・読み切り[編集]

その他[編集]

関連人物[編集]

高橋弥七郎
小説家。彼の作品のガイドブックである「灼眼ノシャナノ全テ」に荒川が描き下ろし漫画を描いている。
モリタイシ
漫画家。彼の作品である『いでじゅう!』と荒川の作品である『鋼の錬金術師』の単行本に、互いに描き下ろし漫画を描いている。

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 荒川弘のプロフィール”. コミックナタリー. ナターシャ. 2012年4月26日閲覧。
  2. ^ 原作者・荒川弘に聞く 映画「鋼の錬金術師」”. asahi.com. 朝日新聞社 (2005年7月25日). 2005年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月26日閲覧。
  3. ^ コミックふるさと北海道(マガジンハウス 2012年)あとがき
  4. ^ a b ぱふ』2004年9月号、11頁。
  5. ^ 荒川弘×田中芳樹「アルスラーン戦記」別マガで連載決定、コミックナタリー2013年5月9日閲覧。
  6. ^ 』2006年6月号、35頁。
  7. ^ 『コミックス・ドロウイング』NO.5。
  8. ^ 2009年4月12日発売、『アニメディア』5月号作者インタビューより。
  9. ^ ユリイカ』2010年2月号「藤田和日郎×荒川弘対談」より。
  10. ^ 『百姓貴族』第2巻・17頭目より。
  11. ^ まんが家BACKSTAGE 荒川弘 Vol.7 2014年2月12日更新分
  12. ^ 『百姓貴族』第3巻・33頭目より。
  13. ^ 厳密には、東京でも練馬区など一部の地域では戦前まで酪農で栄えていたことがあり、現在もごく少数ながら経営している酪農家は存在する。関東生乳販売農業組合連合会ウェブサイトより
  14. ^ 著書『百姓貴族』1巻より
  15. ^ 『百姓貴族』第2巻・16頭目より。
  16. ^ ニンテンドードリーム』2009年10月号より。
  17. ^ a b 『三国志魂』上巻カバー折り返しのプロフィールより
  18. ^ ユリイカ2008年6月号 注目作家インタビュー! 現実(リアル)を素材に夢(ファンタジー)を錬(ね)る 『鋼の錬金術師』 という錬成の行方  / 荒川弘 [聞き手=藤本由香里]
  19. ^ TRIGUN THE MOVIE 公式サイト トライガン応援団メッセージ
  20. ^ GanganSearch 作家インタビュー 荒川弘先生
  21. ^ 小学館 コミック -ビッグコミックスピリッツ~SPINET- ~「月刊!スピリッツ」誕生記念対談~ ゆる~く対談、なが~く3時間半 ヒーロー大放談・完全収録!! この時点で「獣医漫画とか農家漫画はあるけど、農業高校漫画はないから、そのうちやろうかなとか思って。」との発言が有る。
  22. ^ 最新刊行物 週刊 新マンガ日本史”. 朝日新聞出版. 2011年2月4日閲覧。
  23. ^ 両著者の対談に加え、主に荒川が漫画を、杜康があらすじや人物紹介の文章を分担。
  24. ^ ゆづか正成. “リンク”. STUDIO Type”T”--ゆづか正成公式サイト. 2012年4月26日閲覧。
  25. ^ a b ぱふ』2004年9月号、18頁。
  26. ^ a b 高枝景水 (2007年3月20日). “ナマズ、上海へ行く(出発編)。”. なまず小僧のヒトリゴト. 2012年4月26日閲覧。