高橋弥七郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高橋 弥七郎
ペンネーム 高橋 弥七郎
たかはし やしちろう
誕生 ????????
日本の旗 日本
大阪府
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2002年 -
ジャンル ライトノベル
代表作 灼眼のシャナ』シリーズ
主な受賞歴 第8回電撃ゲーム小説大賞選考委員奨励賞(『エクスターミネーターA/B』)
処女作 A/Bエクストリーム
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

高橋 弥七郎(たかはし やしちろう)は、日本小説家ライトノベル作家。大阪府出身。代表作『灼眼のシャナ』シリーズは、21世紀のライトノベル作品としては有数の大ヒットを記録している。幅広くメディア展開されており、それらの脚本等に携わることも度々ある。

略歴[編集]

メディアワークスによる第8回電撃ゲーム小説大賞に応募した『エクスターミネーターA/B』で選考委員奨励賞を受賞。 2002年4月に、『A/Bエクストリーム』に改題し、(電撃文庫)でデビューした。

2002年11月に刊行された『灼眼のシャナ』(電撃文庫)では「分かりやすいものを書こう」というコンセプトから「ボーイ・ミーツ・ガール」や「学園」といったわかりやすい要素が取り入れられ、女性キャラも多く設定された[1]。シリーズ累計発行部数は、2009年11月現在750万部[2]を記録している。

作品の「あとがき」には二つのテーマ(描写的には、内容的には)が毎回書かれている。

人物・エピソード[編集]

  • 『灼眼のシャナ』では原作だけにとどまらず、ラジオドラマの脚本や、ゲームのテキスト改稿(PS2からDSに移植する際)、TVアニメではシリーズ構成協力(『灼眼のシャナII』)などの仕事も行っている。
  • 漫画家荒川弘とはアマチュア時代からの友人。ガイドブック『灼眼のシャナノ全テ』に荒川のメッセージコラムが掲載されている。
  • 特撮ヒーロー番組が好きなことで知られており、作品には1996年に放送された『超光戦士シャンゼリオン』のネタが必ず入っている[3]
  • 電撃文庫の編集者である三木一馬によれば、高橋は綿密な裏設定を作るタイプの作家であるといい、物語がかなり進んでから明かされる設定の中には、執筆開始当初から設定してあったものもあるという[4]

作品リスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 電撃文庫編集部編 『灼眼のシャナノ全テ』メディアワークス
  2. ^ アスキー・メディアワークス『電撃文庫1億冊突破!!』のお知らせ
  3. ^ 例としては、
    • 『A/Bエクストリーム』作中でゴシップが熱中する競馬の馬名(『シャンゼリオン』の主要キャラクター名より)
    • 『シャナ』Iの「変身道具と間違えて魚」(同10話「サバじゃねぇ!」より)
    • 『シャナ』のアニメ・ゲームなどに登場する「御崎市の町名」(同出演者の苗字より)

    灼眼のシャナ&A/B用語大辞典 シャンゼネタを参照
  4. ^ 三木一馬 (2010年11月22日). “あくまで自分の個人的な感想で恐縮ですが、作家さんもそ ...”. Twitter. 2010年11月27日閲覧。
    三木一馬 (2010年11月22日). “前者は、高橋さんの『シャナ』や川原さんの『SAO』な ...”. Twitter. 2010年11月27日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 電撃文庫編集部編 『灼眼のシャナノ全テ』メディアワークス、2005年12月、ISBN 4840232873