電撃マオウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

電撃マオウ』(でんげきマオウ)は、KADOKAWA発行の雑誌。プロデュースは同社のアスキー・メディアワークスブランドカンパニー。2005年10月27日創刊。毎月27日発売。「ゲームとコミック・ノベルの融合」がキャッチフレーズに用いられており、コンピュータゲームを題材にした漫画作品やノベライズコラムが主な掲載コンテンツとなっている。

創刊当初は『電撃「マ)』という特殊文字を使用した題字が使用されており(読みは同じ)、当初は公式サイト上で「電撃「マ)王」と表記されていたが後に「電撃マ王」と簡略化され、2011年12月号で現表記に変更されたが現在もロゴの右上には以前の表記が記載されている。

2008年10月27日発売の12月号より創刊3周年を迎え、「3周年リニューアル」として雑誌サイズがA4判からB5判になり、2010年9月号より更に新装刊リニューアルとして大幅なページ数の増量、特にリニューアル号は1000ページ超のページ数となる、2011年12月号に3度目のリニューアルとして現誌名に変更。2014年3月号をもって通巻100号を達成。

姉妹誌として『電撃黒「マ).svg』が刊行されていたが、2010年6月19日発売のVol.12をもって本誌に統合され、一部作品が移籍連載となった。

2011年2月25日に電撃「マ)王増刊号として、『ビバ☆テイルズ オブ マガジン』が創刊。出張掲載していた「テイルズ オブ マガジン」の後継誌の扱いだったが2012年12月号のリニューアルにより独立刊行となった。

概要[編集]

  • 「ゲームとコミック・ノベルの融合」をキャッチフレーズに、ゲーム作品やオリジナル作品の連載や多方面からのジャンルのコラム、そしてゲーム情報などを掲載している。価格は、690円(創刊時)→630円(3周年リニューアル(A4→B5)→680円(新装刊リニューアル)→690円(紙面変更リニューアル)と移行。
  • 本誌は特にゲーム作品のコミカライズに力を入れており、連載から短期集中連載、読み切りと、様々なゲーム原作作品を掲載している。
  • 本誌では『テイルズ オブ ジ アビス』、『テイルズ オブ デスティニー[1]が連載されていたが、同一雑誌でナムコテイルズ オブ シリーズのコミカライズが2作品同時に掲載されたのは、本誌が初となる[2]

連載作品[編集]

  • 連載中作品は連載開始順、終了作品は連載終了順に記載。同一号で複数作品が終了した場合は、該当号での掲載(目次)順。
  • ゲーム等のコミカライズの際、予告コミックの先行掲載によって読者の目を引かせる手法を用いている雑誌につき、予告編等を併せ持ったり付録に先行で連載を開始する作品が多い。そのため、[ ]内にて予告編等が掲載された号も併記している。
  • 近年は連載本数の増加に伴い、一部の連載作品が入れ替わりによる隔月掲載を行っている

連載中[編集]

隔月連載・季刊連載[編集]

  • ペルソナ3曽我部修司、原作:アトラス)([2007年4月号] 2007年5月号 - 2009年2月号、2013年7月号 - ) - 『電撃黒「マ)王』で連載していた『ペルソナ4』とのトレードで本誌から移籍、『電撃黒「マ)王』→『ペルソナマガジン』と連載誌を変えた後、再び本誌に戻り2013年7月号から不定期連載中。
  • DEATH EGDE霜月かいり)(2008年12月号・2009年7月号・2009年10月号・2009年12月号 - )※第4話までは不定期連載、第5話より隔月連載。

休載[編集]

連載終了[編集]

オリジナル作品[編集]

コミカライズ作品[編集]

連載休止[編集]

※2006年1月号(第2号)から休載→2006年4月号告知消滅で連載休止

短期集中連載[編集]

- 単行本未発表

読切[編集]

企画・コーナー[編集]

  • 「マ)王の柱
創刊号より存在していたコーナーで、ページ毎の両端に編集者の他愛のない雑談日記から編集者や読者のオススメ漫画・小説・CD・映画などの紹介コーナーが存在していた。しかし、3周年記念リニューアルに伴い、雑誌のサイズがB5判となり、削られる形で柱コーナーは2008年11月号を以って最終回となった。
  • スペランカー先生
創刊号より連載している、伝説のFCゲーム『スペランカー』の主人公を題材にした毎月1ページに1コマ掲載の4コマ漫画コーナー。超虚弱体質の主人公・スペランカー先生の日常を描いた4コマ漫画で有名なわずかな段差で死亡するなど本作のシステムをネタに使用している。作画は高は車。なお、本作ははアイレムホームページ内の「ふる里4コマ小唄」がオリジナルであり本誌へはそれとは別の新作描き下ろしとなっている。

コミック連動コーナー[編集]

一部の連載作品にはコミック連動コーナーがある。主にその作品の情報・コラム・企画・読者からのおたよりなどが掲載される。もちろん連載作品が終了すれば、この連動コーナーも最終回を迎えることとなる。

コミック連動コーナー一覧(現在連載中)[編集]

()内に関連する連載作品を表す。

  • 狼と香辛料 旅のしおり(狼と香辛料)
  • 八十神高等学校 掲示板(ペルソナ4)
  • ぷちどるフィーチャー★(ぷちます! -PETIT IDOLM@STER-)

コミック連動コーナー一覧(連載終了)[編集]

  • テイルズ オブ ジ アビス交響楽団♪(テイルズ オブ ジ アビス)
  • 集え!ソーディアンマスター(儚き刻のリオン)
  • マンスリーマビノギ通信(マビノギ スタッカート)
  • ガンパレード・マーチ Briefing Room(ガンパレード・マーチ 萩 幽霊前線)
  • 月刊MINATOKU MAGAZINE -COMIC SIDE-(ペルソナ3)
  • 星海Station(スターオーシャン2 セカンドエヴォリューション)
  • らぶきゅーおうじ(イチ・らぶ・キュウ)
  • デュアルアース 神宮学園TODAY(デュアルアース 〜忘却のコギト〜)
  • グリパケ∞機構(グリードパケット∞)

読者参加コーナー[編集]

『電撃「マ)王』の読者参加コーナー。様々なお題を出してハガキを募集する「三丁目のお笑いマンガ道場」や、読者の悩みをゆるく解決する「ヘルプ!!「マ)王」などのコーナーがある。ハガキが掲載される度にポイントが加算されていき、特定のポイントを超えると特製グッズがもらえるシステムになっている。現在10ポイントで「特製缶バッジ」、20ポイントで「三丁目オリジナルマグネットステッカー」が貰えることが確認されている。

小説[編集]

創刊号から小説が連載されていたが、小説枠は2007年4月号より一時期消滅した。2008年7月号より『テイルズ オブ ジ アビス』のメインシナリオライター実弥島巧が担当した小説で1年3か月ぶりに復活、2009年9月号に全作品の掲載が終了した。

連載作品[編集]

読み切り・短期集中連載[編集]

連載休止[編集]

※2007年5月号から休載、8月号より休載告知が無くなり自然消滅により終了。

ゲーム4コ「マ)王[編集]

2007年1月号からスタート。その時の発売したばかりのゲーム、または人気作の4コマを短期連載するコーナー。1作品にだいたい2ページでそのゲームのギャグ4コマを掲載するがスタート直後は若干異なる掲載形式だった。1作品につき2 - 3か月の連載が基本である。ただし大人気作は伸びる傾向があり、過去の最長連載は「ひぐらしのなく頃に 第1巻・崇&第2巻・想」の7か月[6]、一作品としての最長連載期間は「ひぐらしのなく頃に祭」の6か月。2009年7月号で掲載された「戦国BASARA バトルヒーローズ」では、6月27日に発売されるアンソロの先行掲載ではあるが本コーナー初の複数作家による掲載となった。2007年8月号ではコーナー休載の代わりに、新作4コマと過去の作品を再収録した「ゲーム4コ「マ)王夏トクスペシャル!」が付録となった。2008年12月号のリニューアルに伴い、各作品3ページに増設され、4コマ掲載数は6個→5個と減少。2010年11月号では初めての休載、その後は掲載ページも縮小され2012年6月号掲載の「マビノギ」を最後にコーナーは消滅した。

以下は連載されたゲーム作品、全64作品である

タイアップ[編集]

  • 2007年2月22日に発売された『モンスターハンター ポータブル 2nd』及び2008年3月27日に発売された『モンスターハンター ポータブル 2ndG』のタイアップとして、本誌に掲載された『モンスターハンター2』で主人公・ギレルが最終回で装備していた防具「ディアソルテシリーズ」が本作で登場している。また彼が依頼主のタイアップクエストもある。
    • また、集会所クエストでもタイアップとして「「マ)王 片角のマオウ」と言うクエストがあり、ギレルが依頼主となっている。これをクリアするとディアソルテシリーズの生産に必要な素材の一つ「「マ)王チケット」が貰える。またオンライン内のダウンロードクエストでも「「マ)王 マオウ再び!」というクエストもある。
  • 2009年1月29日に発売された『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2』のタイアップとして、2009年4月号のP15にて公表されたパスワードを使用し、連動サイトにてパスワードを入力すると、本誌のコーナー「テイルズオブFesta」のタイトルロゴがプリントされた「電撃マ王Tシャツ」が貰える。現在はパスワード不要で無料ダウンロードが可能。
  • 2009年8月6日に発売された『テイルズ オブ バーサス』のタイアップとして、2009年10月号のP13にて公表されたパスワードを入力するとスペシャルバトル「電撃「マ)王 バトル!」がダウンロードでき、そのスペシャルバトルに打ち勝つことができればアーチェ専用武器「馬の頭つき棒」を入手できる。なお、現在ではパスワード入力が不要となり、誰でもダウンロードが出来るようになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ディレクターズカット版を題材とした、「儚き刻のリオン」が誌上タイトル
  2. ^ 過去にスクウェア・エニックス発行の漫画誌が同シリーズのコミカライズを3作品連載していたが、同時連載は2008年2月まで実現せず、後のテイルズオブマガジン(角川書店刊)刊行まで本誌が唯一のシリーズ同時連載となっていた。
  3. ^ 本編は2009年12月号で終了、2010年1月号は番外編が掲載
  4. ^ 最終回のみ『KADOKAWA エンターブレイン』名義
  5. ^ 2011年12月号に【森島はるか編スペシャルエピローグ】掲載。
  6. ^ 最終回の告知はしていないので両作品が継続して連載しているのだと思われる

関連項目[編集]

  • Comic REX - 『電撃「マ)王』と同時期に創刊。こちらもテイルズ作品を2009年1月号まで掲載していた。
  • テイルズ オブ マガジン - テイルズオブシリーズをメインにしていた雑誌。テイルズ作品は歴代最大の連載本数を誇り、広告も雑誌内に掲載、また本誌も出張で広告が毎号掲載されていた。2009年11月号であるVol.14を最後に休刊した。
  • ビバ☆テイルズ オブ マガジン - 電撃「マ)王増刊号、テイルズオブマガジンの後継誌。

外部リンク[編集]