角川書店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
角川書店
正式名称 株式会社KADOKAWA
角川書店 ブランドカンパニー
前身 株式会社角川書店
種類 KADOKAWAブランドカンパニー
設立日 2013年10月1日
代表者 ブランドカンパニー長 山下直久
本社郵便番号 102-8177
本社所在地 東京都千代田区富士見一丁目8番19号 角川第3本社ビル 3 - 8F
外部リンク http://shoten.kadokawa.co.jp/
テンプレートを表示

角川書店(かどかわしょてん)は、日本出版社KADOKAWA社内ブランドカンパニーの一つ。東京都千代田区に事業所を置く。

本項では、社内ブランドカンパニー化する以前の株式会社角川書店についても記述する。

歴史[編集]

株式会社角川書店(初代)[編集]

1945年、国文学者角川源義により創業。出版第1号は佐藤佐太郎歌集「歩道」。

創業当初は国文学関連書籍に強みを持つ出版社であったが、1970年代に入って角川文庫を文芸路線から横溝正史を初めとする一般大衆向けに路線転換し、成功を収める。1975年に角川春樹が社長就任後、翌年には映画製作に進出。書籍を映画化しテレビコマーシャルを利用して大々的に販売するメディアミックス戦略を成功させ、日本映画界に角川映画旋風を巻き起こした。

1980年代からは『ザテレビジョン』や『東京ウォーカー』などの情報誌ゲームソフト制作なども行うようになり、80年代後半には漫画雑誌ゲーム雑誌を多数創刊。1988年には角川スニーカー文庫を創刊し、のちには関連会社(アスキー・メディアワークス富士見書房)も含めて、ライトノベル市場の国内最大手となった。

株式会社角川書店(2代目)[編集]

2003年4月1日持株会社制度に移行し、角川ホールディングス(現:KADOKAWA)に社名変更して純粋持ち株会社となる一方、事業会社として新規に株式会社角川書店を設立する。新しく設立された角川書店からは事業再編の一環として分社化が進められ、2004年1月に、映画製作を担当していたエンタテイメント部門を、同グループ傘下の角川大映映画(のち、角川映画)に譲渡。2006年4月には、角川ザテレビジョン、角川クロスメディアなどを同グループ内で分社化。

株式会社角川書店(3代目)[編集]

2007年には再度の分割により、出版・カルチャーコンテンツ部門のみが新設の株式会社角川書店(英語: Kadokawa Shoten Publishing Co., Ltd.)に移行し、雑誌事業部は角川マガジンズ、映像子会社は角川ヘラルド映画(のち、角川映画)にそれぞれ分割、譲渡されている。

2011年1月1日には角川映画を吸収合併、出版と映像の2つの事業を扱う形となった。

角川書店 ブランドカンパニー[編集]

2013年10月1日、KADOKAWAに吸収合併され、ブランドカンパニーとなった。

年表[編集]

初代角川書店時代[編集]

二代目角川書店時代[編集]

  • 2003年4月1日、(初代の)株式会社角川書店を、株式会社角川ホールディングスに社名変更し、持株会社化。出版業務は新たに設立した(2代目)株式会社角川書店事業譲渡
  • 2004年1月、角川書店からエンタテインメント事業部を分割、角川大映映画に譲渡。
  • 2004年3月18日、角川ホールディングスが株式を公開買付けし、メディアリーヴスを子会社にする。
  • 2004年9月、角川ホールディングス、東京証券取引所市場第一部に移行
  • 2005年10月1日、角川書店から富士見事業部を分割、新たに株式会社富士見書房を設立。
  • 2006年4月1日、角川書店からウォーカー事業部と雑誌事業部のザテレビジョン部門を分割、ウォーカー事業部と角川書店北海道、ウォーカープラスを統合した「角川クロスメディア」、ザテレビジョン部門と角川インタラクティブ・メディアを統合した「角川ザテレビジョン」を新設。
  • 2006年7月1日、株式会社角川ホールディングスが、社名を株式会社角川グループホールディングス(角川GHD)に変更。

三代目角川書店時代[編集]

  • 2007年1月、(2代目の)株式会社角川書店を会社分割し、出版事業部・カルチャーコンテンツ事業部を新設する(3代目)「株式会社角川書店」に、雑誌事業部を「角川マガジンズ」に、映像関連子会社とその管理を角川ヘラルド映画に、経営管理・統括部門を角川GHDに、それぞれ承継・吸収し、残った出版販売・調達等事業サポート部門(旧・株式会社角川書店)を「角川グループパブリッシング」に社名変更。また、角川GHDから「角川マガジングループ」を分割・設立し、角川マガジンズ・角川SSコミュニケーションズを統括する中間持株会社とする。
  • 2008年4月、角川マガジングループを「角川マーケティング」に社名変更し、クロスメディア事業を統括する中間持株会社とする。同時に、角川ザテレビジョン、角川クロスメディア、角川デジックスなどの角川GHD・角川書店傘下のクロスメディア系子会社が、角川マーケティング傘下に移動。
  • 2011年1月、角川映画を吸収合併。「角川映画」の名称は映像事業のブランドとして存続する[1]
  • 2011年1月20日、角川ゲームスが同年4月1日より角川書店他グループ各社の家庭用ゲームパブリッシング事業を角川ゲームスに統合することを発表[2]
  • 2011年6月13日、本社を角川第3本社ビルに移転。これに先立つ形で同年5月30日に管理局及び紀尾井町オフィス(旧角川映画本社)が同所に移転しており、本社の統合が完了。
  • 2012年5月、NTTドコモと共同でスマートフォン向けアニメ配信事業を行う合弁会社、株式会社ドコモ・アニメストアを設立。
  • 2013年3月29日、角川シネプレックスがユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングス傘下になるのに伴い、角川シネマ新宿、角川シネマ有楽町が角川書店直営に移行する。
  • 2013年4月、スタジオ事業部門を株式会社角川大映スタジオとして分離して設立。
  • 2013年6月22日、株式会社角川グループホールディングスの商号を株式会社KADOKAWAに変更。

角川書店 ブランドカンパニー時代[編集]

角川グループ[編集]

角川書店を母体とするKADOKAWA(旧角川グループホールディングス)を中心とし、企業グループを構成している。

角川書店とゆかりのある会社[編集]

以下の各社は上述角川グループとの資本関係はない。

  • 角川春樹事務所 - 元社長角川春樹によって設立。春樹が会長兼社長になっている。
  • 幻戯書房 - 角川源義の娘で作家の辺見じゅんが代表を、角川春樹が会長を務める小規模の出版社。角川春樹事務所と連携し、文芸本を手がける。
  • 幻冬舎 - 1993年に、角川書店の有力編集者であった見城徹らが同社を退社して設立した。

角川書店・幻冬舎・角川春樹事務所の間を転職していく編集者もいる。

発行雑誌・書籍レーベル[編集]

アスキー・メディアワークスなどの関連会社のものについてはここでは除外。

雑誌[編集]

かつて発行・発売していた雑誌[編集]

書籍[編集]

教科書[編集]

  • 高等学校教科書
    • 「高等学校 現代文」

辞典・辞書[編集]

映像関連[編集]

2009年1月31日付の産経新聞オンライン版では、角川グループホールディングスが著作権を有するアニメの違法アップロードは、YouTubeに限り作品によっては「公認バッジ」を与え、広告を動画に入れる事を条件に認めるとし、原則的に広告収入はYouTubeを経営する米グーグルと角川で分配し、優秀なMAD作品に対しては広告収入の一部を動画作成者に還元すると報道された。尚、これらの前提条件として示された物は「対象のアニメ作品に愛情が感じられる事」であった。[4] しかし、2011年10月12日付のJ-CASTニュースによると角川は、Shareにて角川アニメを違法に共有してた人物を告訴したが、その理由として「アニメなどの本編映像を使用する事を許可している訳では無く、MAD映像程度のものだけを許可している」と言った旨を角川書店法務部のコメントとして紹介した。[5] なお、現在の角川映像作品の取り扱い指針は角川デジックスにて説明されている。[6]

映画興行[編集]

角川シネマ有楽町がある読売会館

2013年3月29日、子会社であった角川シネプレックスが、ユナイテッド・エンターテインメント・ホールディングスに譲渡されたため、角川シネマは角川書店直営となった。

  • 角川シネマ新宿1・2 (東京都新宿区、新宿文化ビル内)<2スクリーン、300席/56席>

旧「新宿文化シネマ」の跡地に2006年12月9日「新宿ガーデンシネマ」としてオープン。2008年6月14日に現館名に改称。

  • 角川シネマ有楽町(東京都千代田区有楽町、読売会館内)<1スクリーン、257席>

旧「シネカノン有楽町1丁目」の跡地に2011年2月19日オープン。全席指定・各回入替制を導入している。

ゲームソフト[編集]

パソコンゲーム、特にアダルトゲーム家庭用ゲーム機用にして発売しているものが多い。2003年に新ブランド「WellMADE」を設立したが、現在は角川書店本体に吸収されている。2009年ホビボックスとの共同ブランド「角川書店×HOBIBOX」(カドカワホビボックス)を設立。2011年4月に家庭用ゲームパブリッシング事業は角川ゲームスに統合されており、以後企画・制作を角川書店が、販売を角川ゲームスが手がけるという体制になっている。1997年にESPに出資し合同で設立したが、2002年以降は買収され現在は他社と合併している。

PlayStation 2[編集]

2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
WellMADEブランド作品

PlayStation[編集]

PlayStation Portable[編集]

ニンテンドーDS[編集]

その他[編集]

Wii

ゲームボーイアドバンス

  • カエルBバック

ゲームボーイカラー

ドリームキャスト

Xbox

  • WWE RAW

iPhone/iPod touch

メディアワークス問題(お家騒動)[編集]

1992年、当時の社長・角川春樹の下で副社長を務めていた春樹の実弟・角川歴彦が春樹との路線対立から突如辞任し、株式会社メディアワークスを設立。これに伴い歴彦が社長を務めていた角川メディアオフィスの従業員も大挙して退社、メディアワークスに移籍するという分裂状態が発生した。その後春樹がコカイン密輸容疑で逮捕され、春樹が社長を解任されると歴彦がメディアワークスの社長を兼務する形で角川書店に復帰し、最終的にはメディアワークスを角川書店の事実上子会社化することで決着を見た(メディアワークス社側から見た経緯についてはメディアワークス項を参照)。その後歴彦は角川ホールディングス会長に就任している。

メディアワークスが角川グループ入りしたことにより、漫画・ライトノベルなどで角川書店と重複する分野が発生した。更には『ファミ通』などのゲーム情報誌を発行するエンターブレインメディアリーヴスアスキーグループ)が角川グループ入りしたことにより分野の重複が一層進んだ。当面は『ファミ通』とメディアワークスが発行する『電撃』の両ブランドは存続させることとなっているが、『電撃姫』を始めとする美少女ゲーム雑誌分野は再編が始まっている。

また、2007年9月にはメディアワークスとアスキーとの間で合併協議を開始したと発表、2008年4月1日付でアスキー・メディアワークスが発足しており、今後角川書店やエンターブレインを含めた角川グループ内の再編も注視されている。

2013年10月にKADOKAWAがアスキー・メディアワークスを吸収合併。

脚注[編集]

外部リンク[編集]