コンプティーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンプティーク
Comptiq
愛称・略称 コンプ
刊行頻度 隔月刊 → 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 株式会社KADOKAWA発行
角川書店BC編集
編集部名 コンプティーク編集部
発行人 山下直久
編集人 女井正浩
編集長 藤田崇平
雑誌名コード 13977
刊行期間 1983年11月10日1984年1月号) -
発行部数 35,334部(2012年10月 - 2012年12月日本雑誌協会調べ)
ウェブサイト コンプティーク公式サイト

コンプティーク』(Comptiq) は、KADOKAWA発行のパソコンゲーム美少女などを取り扱うメディアミックス雑誌

輸入ゲームショップ『コンプティーク』と角川書店の提携[1] で、『ザテレビジョン』の別冊として1983年11月10日隔月刊誌として創刊され、1986年より月刊誌となった。

雑誌名「Comptiq」は「コンピューター(Computer)」と「ブティック(Boutique)」を組み合わせた造語。通称は「コンプ」。

概要[編集]

1980年代に盛んになった、後のおたくの概念に収斂されるコンピュータゲームアニメなどソフトウェアの娯楽を消費することを好む層を対象に据えたことから、次第にメディアミックスを主体とする雑誌に変化していった[注 2]

雑誌自体を端的に表す売り文句は、初期は「パソコンと遊ぶ本」、1986年1月の月刊化からは「戦うパソコンゲームマガジン」を長く用い[3]、雑誌内容の変遷に伴い、2003年9月号から「Mediamix GAME Magazine(メディアミックスゲームマガジン)」、創刊30周年を迎えた2013年12月号からは「Digital Contents Magazine(デジタルコンテンツマガジン)」[注 3][4]となっている。

角川書店(現KADOKAWA)のパソコン・ゲーム雑誌の端緒であり、同社のメディアミックスにおいて様々な取り組みを先導したため、ここから派生したものが多い。『コンプティーク』の誌面の一部から『マル勝ファミコン』などの〈マル勝シリーズ〉が発祥しており、現在の『電撃PlayStation』などのメディアワークスゲーム雑誌も、元を辿れば本誌が発祥ということになる。 ファルコムのゲーム『ロマンシア[注 4]を漫画化して連載して、『コミックコンプ』など漫画雑誌も生み出し、また、『聖エルザクルセイダーズ』『ロードス島戦記』などの連載によって、『月刊ドラゴンマガジン』の創刊、引いてはライトノベルという分野の創設にも影響を与えた。

紆余曲折を経て創刊当初とは大きく異なる内容になっているが、ゲーム雑誌という枠組みで見ると非常に長命であると言える。

歴史[編集]

佐藤編集長時代[編集]

玩具業界の新聞記者としてテレビゲームを紹介していた佐藤辰男が1982年に角川歴彦と出会った際、パソコン雑誌を角川書店がやるという話が持ち上がった[6]。佐藤がテレビゲーム雑誌の企画書を出すと、角川歴彦の決断で発刊が決まり、『ザ・テレビジョン』の増刊号として1983年11月10日発売の1984年1月号で創刊した[7][注 5]

読者層は、小学校高学年から中・高生男子で、ゲームやパソコン本体の購入ガイドなどパソコンを中心としつつも[7]、単なるパソコン雑誌というよりは、ゲームを含んだデジタル世代の娯楽全体を扱う雑誌であった[8]。初期はジャイアント馬場を用いる[9]など表紙に一貫性がなく売り上げも低迷したが[10][2]、vol.5 1984年9/10月号では薬師丸ひろ子原田知世渡辺典子などを取り上げ[11]、翌年から表紙には女性アイドルを起用することが確定した[2][注 6]

パソコン関係では他誌が取り上げないようなパソコンゲームの裏技チート[注 7]を精力的に扱い、読者投稿ではゲームのプログラム本体の改造手法すら掲載、その裏技や改造に人気ゲームのものがあると、それを求める読者にも販路を伸ばしていく。特に、vol.10 1985年7/8月号にてファミコンゲーム『ゼビウス』の無敵コマンドを最初にとりあげ[注 8]、同号は塚田正晃の提案でまだ無名だった中山美穂を表紙に採用し[注 9]、アダルトゲーム『天使たちの午後』の記事と併せて完売、増刷を繰り返し、大きく売り上げを伸ばす[注 10]

vol.13 1986年1月号から月刊化し[13]、より娯楽性を強めた誌面改革を進めた[14]。1985年から1986年にかけて、ファミリーコンピュータの大ヒットにより、内容のほとんどがファミコンに傾きパソコンがないがしろにされていたが、ファミコン関係の内容は1986年4月にマル勝ファミコンを創刊することで移管、以後は総合誌であることをやめ、パソコン中心に戻り、vol.18 1986年6月号で紙面を刷新して、RPGへ傾倒していった[15][16]

vol.21 1986年9月号から、グループSNEによるダンジョンズ&ドラゴンズテーブルトークRPGリプレイ記事『ロードス島戦記』が掲載される[17]と大きな人気を博し、安田均黒田幸弘によるテーブルトークRPGに関する記事[注 11]や『聖エルザクルセイダーズ』など若者向け小説を掲載して、日本におけるTRPGの普及やライトノベルという分野の創設に大きな影響を与えた[18]

vol.44 1988年7月号からは『ロボクラッシュ』、同8月号からは『トップをねらえ!』といった読者参加型ゲームを毎号開催するようになる。同7月号と連動して、パソコン通信に「角川コンプティークネット」というBBSを開設。SF作家・翻訳家の草分けである矢野徹が「狂乱酒場」を設けるなどし、雑誌連載と連動して活動を続けた。

この頃は実相寺昭雄押井守といった特撮やアニメーションの著名な監督が連載を持ち、執筆陣には中村うさぎ(イボンヌ木村名義)を抱えるなど錚々たる面子で、中野豪の挿絵が至る所を飾っていた。

一方で、「福袋」と呼ばれる袋とじアダルトゲーム関連のページも組まれていた。元々は年数回の定期企画だったのが、後に同市場の拡大も手伝って毎号連載となり、アダルトゲーム以外に18禁アニメHコミックAV女優紹介のコーナーも載っていた。毎年1月号には『Hコミックアドベンチャー』というゲームブック形式のゲームが欄外に設けられた[19][20]

こういった徹底的なおたく向けの路線は単一の分野に興味を持つ読者だけでなく、様々な者を呼び込み固定読者層に加えていき、1991年には発行部数25万部となってパソコン類雑誌の中で最も売れている部類となった[7]

「お家騒動」以降[編集]

1992年4月号を以って、創刊以来編集長を務めた佐藤辰男が退任[21][注 12]

同年、角川春樹歴彦兄弟の対立(お家騒動)により、編集を担当していた角川メディアオフィスのほぼすべての人員がメディアワークス設立に参加する為に移籍し、翌1993年1月、編集長以下ほとんど同じ面々により競合誌『電撃王』が創刊される。それまでコンプティークで連載を持っていた者も軒並み移ってしまい、外部編集プロダクションにより続けて作られたものの、かなりの部分がそれまでと異なる雑誌となった。

1994年6月号から判型AB判に変更、同8月号からは表紙がアイドルからCGに変わり、内容も「MS-DOS講座」「Windows95特集」など一般パソコン誌としての色を強める[注 13]。しかし、1996年1月号から再びアイドルに表紙を戻し、売り文句を「Win95から美少女まで楽しめるパソコンゲームマガジン」と再設定。さらに1997年3月号から『新世紀エヴァンゲリオン』に代表されるアニメーションやゲームの美少女キャラクターを表紙に採用、紙面も『To Heart』『Kanon』など美少女ゲームの比重が増し、売り文句は「パソコンで遊ぼう!」から、翌1998年には「パソコンユーザーのためのアニメ&ゲーム誌」へと変わっていく。2000年10月号で、紙面を大幅に改め、売り文句を「PC Character Magazine」へと変更。同時に雑誌のウェブサイトを開設した。

MediaMix Game Magazine時代[編集]

2003年9月号から「MediaMix Game Magazine」と称してメディアミックスを押し進め、それまでのゲーム紹介記事中心の構成からギャルゲーを原作とする漫画を大幅に取り入れた構成に変革[23][注 14]。2003年は『D.C. 〜ダ・カーポ〜』、2005年は『SHUFFLE!』を度々特集し、2006年からは『Fate/stay night』などTYPE-MOON作品を大きく取り扱うようになる[注 15]。また、2004年1月号から始まった『らき☆すた』の連載は十年以上続く長期連載となり、TVアニメ化された2007年には4ヶ月連続で表紙を飾った。

この頃から付録を付けることが多くなり、大きい付録[注 16]が付いた場合は値段もそれに応じて高くなるが、付録をつけた方が売り上げは良いようである。

2002年4月号では、別冊として『コミックコンプ』(内容は新規の漫画誌)が付録されており、一部ではコミックコンプ復刊とも言われたが、結果としては2005年に『月刊コンプエース』を創刊することになった[注 17]

Digital Contents Magazine時代[編集]

2013年6月号で、編集長が加藤剛から藤田崇平に交代したのを契機に、アダルトゲームの紹介やそれまでの漫画の連載が徐々に終了する代わりに、ボーカロイドやSNSなどインターネットメディアで話題になっているデジタルコンテンツの紹介やそれ由来の漫画作品(Twitterに掲載されたニンジャスレイヤーソーシャルゲーム絶対防衛レヴィアタン等)が増加した。

2013年10月号でブラウザゲーム艦隊これくしょん」を特集した別冊付録をつけたところ、各所で売り切れたため、重版をおこなった[24]。この"艦これ"需要は続き、11月号、12月号と三号連続で版を重ねている[25]

2013年12月号の創刊30周年記念号にて雑誌全体を正式に刷新し、判型をA4判に変え、雑誌を表す言葉も「メディアミックスゲームマガジン」から「デジタルコンテンツマガジン」に転換、同時にロゴも変更された[26]

連載作品[編集]

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

漫画[編集]

連載漫画の単行本ドラゴンコミックスコンプコミックスDXカドカワコミックス・エース電撃コミックスなど。

小説[編集]

連載が終了した作品[編集]

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

漫画[編集]

小説[編集]

コラム[編集]

各種企画[編集]

分裂以前の名物コーナーのひとつ、三国志や信長の野望などのSLGリプレイは、秋葉原助手や御茶ノ水教授、ドクター四谷、九段南、イボンヌ木村(イヌボン(犬凡)木村)など複数のライターが参加したことになっているが、実際は、各ライターのキャラクター性を用い榊涼介が一人ですべて書いていた。人気コーナーの1つ「SLG劇場」の登場人物には東京都内の角川書店所在地近辺の地名が使われていた。上記以外では千駄ヶ谷君、飯田橋君など。また、別コーナーのライターで「市ヶ谷クン」と呼ばれている人がいた。コーナーのイラストは盛本康成が担当した。

読みきり作品[編集]

出身人物[編集]

深沢美潮榊涼介中村うさぎ(当時は「イボンヌ木村」名義)などはコンプティークのライターをしたことをきっかけにして、角川スニーカー文庫や電撃文庫などで作家デビューしている。また、板場広し(板場広志、伊多波広)や井上純弌(希有馬、井上けうま)などはハガキ職人だった。

発行部数[編集]

  • 2004年(2003年9月 - 2004年8月) 55,916部[27]
  • 2005年(2004年9月 - 2005年8月) 52,667部[27]
  • 2006年(2005年9月 - 2006年8月) 59,500部[27]
  • 2007年(2006年9月 - 2007年8月) 60,775部[27]
  • 2008年(2007年10月 - 2008年9月) 73,417部[27]
発行部数(2008年4月以降)(社団法人日本雑誌協会
1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月
2008年 72,000 部 75,000 部 81,667 部
2009年 81,667 部 69,667 部 64,667 部 61,667 部
2010年 55,000 部 56,667 部 56,000 部 57,667 部
2011年 54,334 部 53,667 部 57,667 部 55,000 部
2012年 52,834 部 52,500 部 42,667 部 35,334 部

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年末時、KADOKAWA エンターテイメント・コンテンツクリエーション事業統括本部 副統括本部長 兼 アスキー・メディアワークスブランドカンパニー長
  2. ^ 初の学生アルバイトである塚田正晃[注 1]は、「優れた「おたく」である読者と同じ目線で、いっしょに楽しみ、いっしょに苦しみながら歩んできた30年」と語っている。塚田はおたくを「好きなことに貪欲、誰よりも詳しい人でありたい、そのために労をいとわずどんどん吸収していくことのできる人」と規定し、繊細で傷つきやすい純粋な生き物と述べる。[2]
  3. ^ または「デジタルコンテンツ情報誌」。
  4. ^ 当時は同社製のザナドゥイースと並び、一年に渡ってTOP3を独占したこともあった。ファルコム側の企画持ち込みによるザナドゥの漫画単行本化が先行しており、そちらは初版だけで26万部程度売れている[5]
  5. ^ 判型はB5判。佐藤は新聞の経験しかなく、外部から集めた人材にも雑誌を経験した者がいなかったため、台割の学習から始めねばならなかった[3]
  6. ^ 以後、佐藤時代は一貫して女性アイドル。アイドルグループセイントフォーや有名になる直前の森高千里などが表紙を飾ったこともある。また「アイドル・データバンク」「DRAGON GYM」などアイドル関連記事も恒常的に連載。
  7. ^ 当時の表現に従うなら「改造」
  8. ^ プログラムに改変を加えるチート行為に関しては現代でこそ翻案権又は同一性保持権の侵害ともみなされうるが、この当時は、コンピュータプログラム著作権は厳密ではなかったため、ユーザーによる改変やその発表・雑誌への掲載も概ね自由に行われていた。しかし、この件では制作業者の怒りを買い、編集長の佐藤が度々謝罪に赴く内に、逆に裏技が売り上げ向上につながったことが判明して和解したという話もある[12]。当時の編集長だった佐藤辰男は、「ナムコに呼び出され声を録音され、ただ謝るだけだった。だがこの雑誌があまりにも売れ、凸版印刷の担当者から「田中金脈の時の文藝春秋以来売れた」と言われたくらいで、相乗効果でゼビウスも非常に売れ、何度も謝るうちにナムコとも和解できることとなった」と回想している[3]
  9. ^ 塚田「ここぞとばかりにまだ無名だった「中山美穂」!と打ち返した。私が偉いわけではなく、中山美穂が偉いというか素敵だったのである」[2]
  10. ^ 増刷分にはその旨が書かれた帯が付いていた
  11. ^ 安田は当時のファンタジー小説における翻訳家の第一人者で、USAのテーブルゲーム事情なども取り扱った。黒田はウォーゲーム戦国大名の作者で、天下統一シリーズのデザインも行うなど、両人ともRPG、ボードゲーム、ウォーゲームなどに精通していた。
  12. ^ 佐藤は、後述のお家騒動で角川歴彦に付いて設立したメディアワークスで電撃ブランド関連の仕事を経て角川に復帰し、2013年にはKADOKAWA代表取締役社長にまで就任しているが、「コンプティークが30年生きながらえたということは、時代の変化に対応しながらメガトレンドに乗ってきたからだと思います。」「メガトレンド側にいないといくら努力しても報われないことを体感してきた」とおもちゃ業界時代のことまで含めて要諦を述べ、また、「団塊世代の子どもたち」世代の求めるものに対応できなければ、あるいは彼らが卒業してしまうと一挙に市場が収縮する、と団塊Jr.の年齢入りのおもちゃやアニメ・まんがの歴史年表を作って編集部の壁に貼っていたというほど団塊Jr.を重視していたことを語っている[22]
  13. ^ 固定した売り文句なし。
  14. ^ 角川エース新人漫画賞の広告でも「少年エース/ガンダムエース/コンプティークなどのコミック誌に掲載されるチャンス!」と謳っている
  15. ^ 『コンプティーク 2013年12月号』ではロードス島戦記と並ぶ扱いで歴史特集まで組まれている。
  16. ^ 例えば2005年11月号のSHUFFLE!の登場人物ネリネのフィギュアなど。
  17. ^ 月刊少年エース』や『ヤングエース』、『ケロケロエース』、『月刊あすか』、『月刊コンプエース』とともに角川書店が発行する5つの雑誌共同主催の角川漫画新人賞に参加しており、『コンプエース』との共同の特別賞を持っている
  18. ^ たにはらなつきとあやせりおの合同ペンネームである。
  19. ^ テイルズ オブ マガジンの刊行終了に伴い移籍。

出典[編集]

  1. ^ BCN This Week 1983年10月31日 vol.46「コンプティーク 角川書店と提携 雑誌と連動でFC店展開BCN
  2. ^ a b c d 『コンプティーク 2013年12月号』 pp.296-297
  3. ^ a b c d e f g 『コンプティーク 2008年12月号』pp350-355
  4. ^ 創刊30周年で一段とパワーアップ!!さらに特別編集“艦娘型録(かんむすかたろく)”発売決定! デジタルコンテンツ情報誌『コンプティーク』リニューアルのお知らせ |株式会社KADOKAWAのプレスリリース
  5. ^ 『コンプティーク 2013年12月号』 p.290
  6. ^ 「文芸の角川書店がパソコンゲーム誌を手がけたきっかけは、角川歴彦と佐藤辰男の出会いがなければ実現しなかった。」[3]
  7. ^ a b c 角川グループホールディングス 第59期第3四半期報告書 2012年4月1日~2012年12月31日 角川通信 2013冬号 vol.33
  8. ^ 『佐藤辰男(角川グループホールディングス代表取締役社長)『コンプティーク』編集長時代を語る!』 - 「『コンプティーク』誕生の経緯」 | レトロゲーム総合配信サイト、プロジェクトEGG
  9. ^ Oh!FM-7:コンプティーク - コンプティーク 1984年5/6月号
  10. ^ 佐藤辰男「創刊号が7万部刷って半分、それより絞ったのに返品7割でした。馬場さん以降も売れない号が続きましたね。」[3]
  11. ^ Oh!FM-7:コンプティーク - コンプティーク 1984年9/10月号
  12. ^ 『佐藤辰男(角川グループホールディングス代表取締役社長)『コンプティーク』編集長時代を語る!』 - 「『コンプティーク』と『コロコロコミック』」 | レトロゲーム総合配信サイト、プロジェクトEGG
  13. ^ Oh!FM-7:コンプティーク - コンプティーク 1986年1月号
  14. ^ 佐藤「当時のパソコン雑誌は、みんなプログラムを載せたりしていたけど、月刊化するときにね、僕はそういうのでないもの、”角川らしい雑誌”というものをつきつめていった。それで、よりエンタテイメントに振っていこうというところに落ち着きましたね。」[3]
  15. ^ Oh!FM-7:コンプティーク - コンプティーク 1986年6月号
  16. ^ 佐藤「創刊するファミコン誌を抱えて、コンプティークは情報誌でない路線を歩まざるを得なくなったんですよ。そこで、ロールプレイングゲームにのめりこんでいった。それがマンガも小説もある雑誌に変わっていくきっかけ。」[3]
  17. ^ ラノベ史探訪(16)-今、ふたたびの『ロードス島戦記』 | ライトノベル研究会
  18. ^ 『佐藤辰男(角川グループホールディングス代表取締役社長)『コンプティーク』編集長時代を語る!』 - 「『ロードス島戦記』に至るまで」 | レトロゲーム総合配信サイト、プロジェクトEGG
  19. ^ 『コンプティーク 2013年12月号』 pp.294-295
  20. ^ コンプティーク編集部 『ちょっとエッチな福袋〈第1集〉』 富士見書房 1987年2月20日 ISBN-13: 978-4829170274
    コンプティーク編集部 『ちょっとエッチな福袋〈第2集〉』 富士見書房 1988年1月10日 ISBN-13: 978-4829170496
  21. ^ 『佐藤辰男(角川グループホールディングス代表取締役社長)『コンプティーク』編集長時代を語る!』 - 「ゲームメーカー行脚の思い出」 | レトロゲーム総合配信サイト、プロジェクトEGG
  22. ^ 『コンプティーク 2013年12月号』 pp.292-293
  23. ^ 『コンプティーク 2013年12月号』pp.88-89
  24. ^ コンプティーク:「艦これ」付録人気で異例の重版 まんたんウェブ
  25. ^ デジタルコンテンツ情報誌『コンプティーク』12月号 重版のお知らせ ニュースリリース | 角川書店 | KADOKAWA 2013年11月12日
  26. ^ “コンプティーク30周年期年号、いよいよ今週末発売! 話題のサウンド・プロデューサー“Mitchie M(ミッチー・エム)”とのコラボ映像も完成!”. PRTIMS. (2013年11月7日). http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000350.000007006.html 2013年11月9日閲覧。 
  27. ^ a b c d e 社団法人日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる該当期間中に発売された雑誌1号当たりの平均印刷部数。

参考文献[編集]

  • 『コンプティーク 2008年12月号』 2008年12月10日 角川書店[doc 1]
  • 『コンプティーク 2013年12月号』 2013年11月10日 KADOKAWA[doc 2]
  1. ^ やったね二十五周年特大号
  2. ^ 三十周年&新生記念号

外部リンク[編集]