コンプティーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンプティーク
Comptiq
愛称・略称 コンプ
刊行頻度 隔月刊 → 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 株式会社KADOKAWA発行
角川書店BC編集
編集部名 コンプティーク編集部
発行人 山下直久
編集人 女井正浩
編集長 藤田崇平
雑誌名コード 13977
刊行期間 1983年11月10日1984年1月号) -
発行部数 35,334部(2012年10月 - 2012年12月日本雑誌協会調べ)
ウェブサイト コンプティーク公式サイト

コンプティーク』(Comptiq) は、KADOKAWA発行のゲーム漫画雑誌。編集は同社の角川書店ブランドカンパニー。輸入ゲームショップ『コンプティーク』と角川書店の提携[1] で、『ザテレビジョン』の別冊として1983年11月10日隔月刊誌として創刊され、1986年より月刊誌となった。通称は「コンプ」。雑誌名「Comptiq」は「コンピューター(Computer)」と「ブティック(Boutique)」を組み合わせた造語。定価は800円台後半ほど。本誌連載漫画の単行本ドラゴンコミックスコンプコミックスDXカドカワコミックス・エース電撃コミックスなど。

概要[編集]

創刊30周年を迎え2013年12月号からのキャッチコピーは「デジタルコンテンツ情報誌」(または「デジタルコンテンツマガジン」)。過去のキャッチコピーは「パソコンと遊ぶ本」「戦うパソコンゲームマガジン」「メディアミックスゲームマガジン」等。

1970年代から1980年代にかけて盛んになった、後のおたくの概念に収斂されるコンピュータゲームアニメなどソフトウェアの娯楽を消費することを好む層を対象に据えたことから、次第にメディアミックスを主体とする雑誌に変化していった。

『コンプティーク』の1コーナーから『マル勝ファミコン』などの〈マル勝シリーズ〉が発祥しており、現在の『電撃PlayStation』などのメディアワークスゲーム雑誌も、元を辿れば本誌が発祥ということになる。また、『聖エルザクルセイダーズ』などの連載によって、『月刊ドラゴンマガジン』の創刊にも影響を与えた。紆余曲折を経て創刊当初とは大きく異なる内容になっているが、ゲーム雑誌という枠組みで見ると非常に長命であると言える。

歴史[編集]

佐藤編集長時代[編集]

玩具業界の新聞記者としてテレビゲームを紹介していた佐藤辰男が1982年に角川春樹と出会った際、パソコン雑誌を角川書店がやるという話が持ち上がった。佐藤がテレビゲーム雑誌の企画書を出すと、角川歴彦の決断で発刊が決まり、『ザ・テレビジョン』の増刊号として1983年11月10日発売の1984年1月号で創刊した[2]

読者層は、小学校高学年から中・高生男子で、ゲームやパソコン本体の購入ガイドなどパソコンを中心としつつも[2]、単なるパソコン雑誌というよりは、ゲームを含んだデジタル世代の娯楽全体を扱う雑誌であった[3]。初期はジャイアント馬場を用いる[4]など表紙に一貫性がなかったが、vol.5 1984年9/10月号では薬師丸ひろ子原田知世渡辺典子などを取り上げ[5]、同年中には表紙には女性アイドルを起用することが確定した[注 1]

パソコン関係では他誌が取り上げないようなパソコンゲームの裏技チート[注 2]を精力的に扱い、読者投稿ではゲームのプログラム本体の改造手法すら掲載、その裏技や改造に人気ゲームのものがあると、それを求める読者にも販路を伸ばした[7]1985年7/8月号にてファミコンゲーム『ゼビウス』の無敵コマンドを最初にとりあげ[注 3]、同じ号でアダルトゲーム『天使たちの午後』の記事も載せ完売、増刷し大きく売り上げを伸ばす[注 4]

vol.13 1986年1月号からは月刊化し、頁数を増量[8]。1985年から1986年にかけて、ファミリーコンピュータの大ヒットにより、内容のほとんどがファミコンに傾きパソコンがないがしろにされていたが、ファミコン関係の内容は1986年4月にマル勝ファミコンを創刊することで移管し、以後はパソコン中心に戻っていく。vol.18 1986年6月号からはさらに頁数を増量した[9]

1986年9月号から、グループSNEによる『ロードス島戦記』の元となったダンジョンズ&ドラゴンズテーブルトークRPGリプレイ記事が掲載される[10]と大きな人気を博し、安田均黒田幸弘によるテーブルトークRPGに関する記事[注 5]や『聖エルザクルセイダーズ』など若者向け小説を掲載して、日本におけるTRPGの普及やライトノベルという分野の創設に大きな影響を与えた[11]

1988年7月号からは『ロボクラッシュ』、同8月号からは『トップをねらえ!』といった読者参加型ゲームを毎号開催するようになる。

この頃は実相寺昭雄押井守といった特撮やアニメーションの著名な監督が連載を持ち、執筆陣には中村うさぎ(イボンヌ木村名義)を抱えるなど錚々たる面子で、中野豪の挿絵が至る所を飾った。

一方で、「福袋」と呼ばれる袋とじアダルトゲーム関連のページも組まれていた。元々は年数回の定期企画だったのが、後に同市場の拡大も手伝って毎号連載となり、アダルトゲーム以外に18禁アニメHコミックAV女優紹介のコーナーも載っていた。毎年1月号には『Hコミックアドベンチャー』というゲームブック形式のゲームが欄外にあり、内容は官能小説並みの極めて過激なものだった。

こういった徹底的なおたく向けの路線は単一の分野に興味を持つ読者だけでなく、様々な者を呼び込み固定読者層に加えていった。1991年には発行部数25万部となってパソコン類雑誌の中で最も売れている部類となった[2]

「お家騒動」以降[編集]

1992年4月号を以って、創刊以来編集長を務めた佐藤辰男が退任[12]

同年、角川春樹歴彦兄弟の対立(お家騒動)により、編集を担当していた角川メディアオフィスのほぼすべての人員がメディアワークス設立に参加する為に移籍し、編集長以下ほとんど同じ面々により競合誌『電撃王』を創刊する。コンプティークは外部編集プロダクションにより続けて作られたものの、連載記事も含めてかなりの部分がそれまでと異なる別の雑誌となった。

その後も幾度かの人員入れ替えや小規模な変更を繰り返した後、2003年9月号から「MediaMix Game Magazine」と題し、それまでのゲーム紹介記事中心の構成からギャルゲーを原作とした漫画を中心とする構成に変わる。角川エース新人漫画賞の広告でも「少年エース/ガンダムエース/コンプティークなどのコミック誌に掲載されるチャンス!」と謳っており、本誌の位置付けがメディアミックス主体の漫画雑誌へ移行したことがわかる。

2000年代後半に入ると、本誌は付録を付けることが多くなった。大きい付録(例えばフィギュアなど)が付いた場合は値段もそれに応じて高くなるが、付録をつけた方が売り上げは良いようである。『らき☆すた』や『Fate/stay night』など、編集部が推す漫画やゲームを連続して表紙にするケースも良く見られる。

2002年4月号では、別冊として『コミックコンプ』(内容は新規の漫画誌)が付録されており、一部ではコミックコンプ復刊とも言われたが、結果としては『月刊コンプエース』を創刊することになった。

月刊少年エース』や『ヤングエース』、『ケロケロエース』、『月刊あすか』、『月刊コンプエース』とともに角川書店が発行する5つの雑誌共同主催の角川漫画新人賞に参加しており、『コンプエース』との共同の特別賞を持っている。

2013年10月号において、ブラウザゲーム艦隊これくしょん」を特集した別冊付録をつけたところ、各所で売り切れたため、先の1985年7/8月号以来の[要出典]重版をおこなった[13]

2013年に入ると編集長の交代(加藤剛から藤田崇平に交代)の前後を契機としてアダルトゲームの紹介(全年齢向けのゲームは紹介継続)やコミカライズや既存の漫画の連載が徐々に終了する代わりにボーカロイドやネットメディアのデジタルコンテンツの紹介やネットメディア由来の漫画作品(ニンジャスレイヤー、絶対防衛レヴィアタン等)が増加した。2013年12月号の創刊30周年記念号にて正式にリニューアルし、A4版に変更された他、雑誌のコンセプトが「メディアミックスゲームマガジン」から「デジタルコンテンツ情報誌」に転換しロゴも変更された[14]

連載作品[編集]

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

漫画[編集]

小説[編集]

連載が終了した作品[編集]

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

漫画[編集]

小説[編集]

コラム[編集]

  • クロちゃんのRPG講座/クロちゃんのRPG千夜一夜(黒田幸弘
  • 安田均のこのゲームが面白い(安田均

各種企画[編集]

分裂以前の名物コーナーのひとつ、三国志や信長の野望などのSLGリプレイは、秋葉原助手や御茶ノ水教授、ドクター四谷、九段南、イボンヌ木村など複数のライターが参加したことになっているが、実際は、各ライターのキャラクター性を用い榊涼介が一人ですべて書いていた。人気コーナーの1つ「SLG劇場」の登場人物には東京都内の角川書店所在地近辺の地名が使われていた。上記以外では千駄ヶ谷君、飯田橋君など。また、別コーナーのライターで「市ヶ谷クン」と呼ばれている人がいた。

読みきり作品[編集]

出身人物[編集]

深沢美潮榊涼介中村うさぎ(当時は「イボンヌ木村」名義)などはコンプティークのライターをしたことをきっかけにして、角川スニーカー文庫や電撃文庫などで作家デビューしている。また、板場広し(板場広志、伊多波広)や井上純弌(希有馬、井上けうま)などはハガキ職人だった。

発行部数[編集]

  • 2004年(2003年9月 - 2004年8月) 55,916部[17]
  • 2005年(2004年9月 - 2005年8月) 52,667部[17]
  • 2006年(2005年9月 - 2006年8月) 59,500部[17]
  • 2007年(2006年9月 - 2007年8月) 60,775部[17]
  • 2008年(2007年10月 - 2008年9月) 73,417部[17]
発行部数(2008年4月以降)(社団法人日本雑誌協会
1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月
2008年 72,000 部 75,000 部 81,667 部
2009年 81,667 部 69,667 部 64,667 部 61,667 部
2010年 55,000 部 56,667 部 56,000 部 57,667 部
2011年 54,334 部 53,667 部 57,667 部 55,000 部
2012年 52,834 部 52,500 部 42,667 部 35,334 部

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BCN This Week 1983年10月31日 vol.46「コンプティーク 角川書店と提携 雑誌と連動でFC店展開BCN
  2. ^ a b c 角川グループホールディングス 第59期第3四半期報告書 2012年4月1日~2012年12月31日 角川通信 2013冬号 vol.33
  3. ^ 『佐藤辰男(角川グループホールディングス代表取締役社長)『コンプティーク』編集長時代を語る!』 - 「『コンプティーク』誕生の経緯」 | レトロゲーム総合配信サイト、プロジェクトEGG
  4. ^ Oh!FM-7:コンプティーク - コンプティーク 1984年5/6月号
  5. ^ Oh!FM-7:コンプティーク - コンプティーク 1984年9/10月号
  6. ^ 『佐藤辰男(角川グループホールディングス代表取締役社長)『コンプティーク』編集長時代を語る!』 - 「『コンプティーク』と『コロコロコミック』」 | レトロゲーム総合配信サイト、プロジェクトEGG
  7. ^ プログラムに改変を加えるチート行為に関しては現代でこそ翻案権又は同一性保持権の侵害ともみなされうるが、この当時は、コンピュータプログラム著作権1990 - 2000年代ほど厳密でなかったため、ユーザーによる改変やその発表・雑誌への掲載も概ね自由に行われていた。しかし、物によっては制作業者の怒りを買い、編集長の佐藤が度々謝罪に赴く内に、逆に裏技が売り上げ向上につながったことが判明して和解したという逸話もある。[6]
  8. ^ Oh!FM-7:コンプティーク - コンプティーク 1986年1月号
  9. ^ Oh!FM-7:コンプティーク - コンプティーク 1986年6月号
  10. ^ ラノベ史探訪(16)-今、ふたたびの『ロードス島戦記』 | ライトノベル研究会
  11. ^ 『佐藤辰男(角川グループホールディングス代表取締役社長)『コンプティーク』編集長時代を語る!』 - 「『ロードス島戦記』に至るまで」 | レトロゲーム総合配信サイト、プロジェクトEGG
  12. ^ 『佐藤辰男(角川グループホールディングス代表取締役社長)『コンプティーク』編集長時代を語る!』 - 「ゲームメーカー行脚の思い出」 | レトロゲーム総合配信サイト、プロジェクトEGG
  13. ^ “コンプティーク:「艦これ」付録人気で異例の重版”. まんたんウェブ. (2013年9月11日). http://mantan-web.jp/2013/09/11/20130911dog00m200044000c.html 2013年9月15日閲覧。 
  14. ^ “コンプティーク30周年期年号、いよいよ今週末発売! 話題のサウンド・プロデューサー“Mitchie M(ミッチー・エム)”とのコラボ映像も完成!”. PRTIMS. (2013年11月7日). http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000350.000007006.html 2013年11月9日閲覧。 
  15. ^ たにはらなつきとあやせりおの合同ペンネームである。
  16. ^ テイルズ オブ マガジンの刊行終了に伴い移籍。
  17. ^ a b c d e 社団法人日本雑誌協会JMPAマガジンデータによる該当期間中に発売された雑誌1号当たりの平均印刷部数。
  1. ^ 以後、佐藤時代は一貫して女性アイドル。アイドルグループセイントフォーや有名になる直前の森高千里などが表紙を飾ったこともある。またアイドルデータバンクなどアイドル関連記事も恒常的に連載。
  2. ^ 当時の表現に従うなら「改造」
  3. ^ ゲームの裏技などの情報の掲載については、現代でこそ協定のようなものがあるが、当時はまだそのようなものはなく、当時の編集長だった佐藤辰男は2008年12月号にて当時のことについて「ナムコに呼び出され声を録音され、ただ謝るだけだった。だがこの雑誌があまりにも売れ、凸版印刷の担当者から「田中金脈の時の文藝春秋以来売れた」と言われたくらいで、相乗効果でゼビウスも非常に売れ、何度も謝るうちにナムコとも和解できることとなった」と回想している。
  4. ^ 増刷分にはその旨が書かれた帯が付いていた
  5. ^ 安田は当時のファンタジー小説における翻訳家の第一人者で、USAのテーブルゲーム事情なども取り扱った。黒田はウォーゲーム戦国大名の作者で、天下統一シリーズのデザインも行うなど、両人ともRPG、ボードゲーム、ウォーゲームなどに精通していた。

外部リンク[編集]