Navel

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Navel
ジャンル 美少女ゲーム
企業名 株式会社オメガビジョン
審査 ソフ倫
主要人物 アッチョリケ
西又葵
王雀孫
デビュー作 SHUFFLE!
2004年1月30日
最新作 月に寄りそう乙女の作法2
2014年12月19日
公式サイト Navel Official Website
Lime / Lime vert
デビュー作 ノストラダムスに聞いてみろ♪
2008年2月29日
最新作 Royal Duty / Flush!!
2013年2月22日
公式サイト Lime Official Website
テンプレートを表示

Navel(ネーブル)は、株式会社オメガビジョン(発足当初は有限会社)の美少女ゲームブランドである。

それは舞い散る桜のように』で成功を収めたBasiLの所属スタッフの大半が、2003年に独立して作ったブランドである。

2006年3月には、姉妹ブランドLime(ライム)を発足した。

沿革[編集]

有限会社バジルによるゲームブランドBasiLは2002年制作の『それは舞い散る桜のように』が大ヒットしたが、所属スタッフのほとんどが社長と対立し退社。BasiLの中心人物であった西又葵アッチョリケらが、所属スタッフのほとんどや先に退社していた鈴平ひろらともに2003年2月に有限会社オメガビジョンを設立し、3月25日にNavelのオフィシャルウェブサイトを開設した。さらに3月29日発売の『マジキュープレミアム MARCH2003』にてブランド処女作『SHUFFLE!』の制作を発表した[1]

2004年1月30日に発売された『SHUFFLE!』が、同年のGetchu.comセールスランキング第3位を記録するほど大ヒットし[2]、一躍人気ブランドの仲間入りをした。同作は翌年にアニメ化、またスピンオフ作品が続けて作られるなどの人気シリーズとなった。

2006年3月25日、メーカー公式サイトおよび同日発売の雑誌『PUSH!!』2006年5月号にて姉妹ブランドLime発足、及びブランド処女作『ノストラダムスに聞いてみろ♪』の制作を発表した[3]

2009年1月30日、ブランド設立当初から企画されていた『俺たちに翼はない』が発売され、計6タイトルのコミック化やCDドラマ、テレビアニメ化などのメディア展開が広がった作品となった。

2012年4月21日、ブランド「Lime」から派生した新ブランド「Lime vert」(ライム ヴェール)を発足した[4]。過去のLime作品と比べ、「純愛・恋愛要素、Hシーンなどに重みをおいた作風」をコンセプトとし[5]、6月29日、第一弾として『×××な彼女が田舎生活を満喫するヒミツの方法』を発表した。

2012年10月26日に発売したNavel10周年記念作、『月に寄りそう乙女の作法』は女装・お嬢様学園ものとして人気を博し[6]萌えゲーアワード2013大賞を受賞した[7]

2013年11月30日、『SHUFFLE!』のデビューから10周年ということで、新ブランドNavel honeybellを立ち上げるとともに、処女作『空飛ぶ羊と真夏の花』の制作を発表し[8]、2014年4月25日に発売した。

特徴[編集]

登場人物の名前を固有名詞で縛ることが多く、ユーザーからも期待されているところがある[9]。前身であるBasiL時代の『それは舞い散る桜のように』ではヒロインの名前が新幹線、『SHUFFLE!』シリーズでは植物、『俺たちに翼はない』シリーズでは主人公の名前が空港、『月に寄りそう乙女の作法』『乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris-』では金融機関、『月に寄りそう乙女の作法2』では商業施設といった具合である。アッチョリケはシリアスでも感情移入できないと嫌がっており、声優からも真面目なシーンでもやりにくいと言われている[9]

エッチシーンにはギャグが入るため、ファンから叱りを受けることもあるが、ギャグはイチャラブの究極系と判断している[9]

作品一覧[編集]

Navel
Lime / Lime vert
"Navel"×"Lime" Collaboration Project
Navel honeybell

主なスタッフ[編集]

Navel所属[編集]

代表 兼 サウンド
キャラクターデザイン・原画
企画・シナリオ・スクリプト
  • 王雀孫 - BasiLから離脱、創立メンバー。
  • 森林彬 - キャラメルBOXから2007年に移籍。
  • 東ノ助 - 2008年入社。旧名ヒガシの助。
グラフィック
  • 斉藤陽子 - グラフィックチーフ。制作進行も担当。BasiLから離脱、創立メンバー。
  • 飴 - BasiLから離脱、創立メンバー。2010年より彩色を離れ、別部署へ異動。
  • たけぽん - 2005年入社。元KID所属。
  • 真希 - 2005年入社。
  • ゆう - 2006年入社。
  • 依織 - 2008年入社。『ぺたぺた』では企画・原案を担当。
  • まぐぅ - 2010年入社。
背景
  • コタロー - 2009年入社。
  • 灯色 - 2009年入社。
プログラム
  • Ellefin - 2006年入社。
広報
  • みずのまみ - 2003年入社。
  • akky - 2006年入社。
営業
  • ふにお. - 2009年入社。

Lime所属[編集]

代表
キャラクターデザイン・原画
企画・シナリオ・スクリプト
  • 藤海琢樹 - エルフから2004年にNavelへ移籍。2010年の『Maximum Magic』以降は、リメイクを除いてLime作品にのみ参加。

過去に在籍していたスタッフ[編集]

  • LONG CUBE - シナリオライター。2003年入社、2004年退社。
  • アオ - グラフィッカー。BasiLから離脱、創立メンバー。2004年退社。
  • ひろし - プログラマー。2003年入社、2005年退社。
  • AlAi - 広報・デザイン・Website管理・作詞、他。2003年入社、2006年4月退社。
  • まさ - ディレクター。2004年入社、2006年退社。
  • 鈴平ひろ - キャラクターデザイン・原画。BasiLからフリー(F&Cの外注)を経て、創立メンバー。2007年2月23日に正社員を辞し、フリー・外注での参加に移行。
  • あごバリア - 企画・シナリオ。BasiLからういんどみるを経て2004年に入社(『SHUFFLE!』発売まではういんどみる所属)。2007年3月末に正社員を辞し、フリー・外注での参加に移行。2008年、Rosebleuの創立に参加。
  • 青猫 - プログラマー。2004年入社。自身のmixi上で2007年末退社を発表。2008年にRosebleuを創立し、代表を務める。
  • マリリン☆カトウ - グラフィッカー。BasiLからういんどみるを経て2004年に入社。ゲーム制作の考え方と方向性が自分とは合わないと確信したため、退職を決意したと自サイト上に発表し、2008年5月末退社。『それは舞い散る桜のように 完全版』以後、新生BasiL作品の制作に参加した。
  • おやかた - グラフィッカー。2005年入社。2008年に退社し、Rosebleuへ移籍。
  • 奈月ここ - Lime所属キャラクターデザイン・原画。2005年入社。2008年に退社し、以後フリー。ただし、『マリッジロワイヤル』の連載漫画では最終巻の2011年1月まで所属扱いとなっていた。
  • 水面+No,4 - グラフィッカー。2007年入社。2008年末に退社し、新生BasiLへ移籍した。
  • あらごん - 背景美術担当グラフィッカー。2006年入社。2009年に退社し、以後フリー。
  • 所長たけやま - 2006年入社。2012年以降の作品から名前が消えた。

外注[編集]

ブランドキャラクター[編集]

各キャラクターの名前は柑橘類に由来する。

Navel Girls(ネーブルガールズ)[編集]

シトラス
キャラクターデザイン:西又葵
黒髪の明るい少女。会話のボケ役。毒舌や悪ふざけが好きで物真似もしたりする。決定前の仮称は「ブル子(-こ)」。『SHUFFLE!』のゲーム画像では、バーベナ学園校門(晴天時・曇天時)と光陽公園(晴天時)に背景にミネオラと小さく登場している。
ミネオラ
キャラクターデザイン:鈴平ひろ
赤茶色の髪のおとなしい少女。会話のツッコミ役。暴走しがちなシトラスに困らされることが多い。決定前の仮称は「ブル美(-み)」。『SHUFFLE!』のゲーム画像では、バーベナ学園校門(晴天時・曇天時)と光陽公園(晴天時)に背景にシトラスと小さく登場している。鈴平ひろ退社以降、役割がミネオラ・タンジェロに変わって姿を消したが、Navel Girlsのバナーには未だに載っている。
ポンカン
キャラクターデザイン:西又葵
薄茶色の髪のおとなしい少女。『ね〜PON?×らいPON!』にて新登場したキャラクター。常におどおどしていて自信なさげな話し方や慌てぶりを見せる。先輩に当たるシトラス・ミネオラに気後れしている。趣味は集め。
ミネオラ・タンジェロ
キャラクターデザイン:西又葵
赤い髪の少女。ミネオラの代役に当たる。『Live in Tokyo かぶら2008』のポスターイラストと『俺たちに翼はない〜Prelude〜』のブルブル劇場にて初登場。前述の鈴平ひろ退社のため、『俺たちに翼はない〜Prelude〜』からミネオラとして登場している。

Lime Girls(ライムガールズ)[編集]

柑奈(かんな)
キャラクターデザイン:奈月ここ→羽純りお
水色の髪の少女。性格は子供っぽく、要領が悪い上、とんでもない失敗をやらかすドジっ娘。決定前の仮称は「ココライム」。奈月ここの退社に伴い、羽純りおによって描き直された。
橘香(きっか)
キャラクターデザイン:羽純りお
茶色の髪の少女。明るく元気で勝気で押しの強い性格。普段は可愛い娘を装うブリっ娘。柑奈のドジぶりに困らされることが多い。決定前の仮称は「リオライム」。 

※ライムガールズの名前は、公式サイトのインターネットの一般公募と一般投票で決定した。

インターネットラジオ[編集]

情報番組『ねぶら』が2005年7月18日からランティスネットラジオ他で配信中。詳細は『ねぶら』の項参照。

かぶら[編集]

Navelによるライブイベントであり、正式名称は「Navel Live in TOKYO かぶら」。主催は文化放送、協賛は角川書店、後援はランティス、企画制作がNavelである。Zepp Tokyoで開催された。「かぶら」は「角川書店」+「Navel」+「ランティス」より一字ずつ取っている。

またこのイベントは客席最前列中央を「プレミアムシート」と称し、グッズ等とセットで52,500円の価格が付けられたことも話題となった。

Navel Live in TOKYO かぶら2008
2008年4月27日開催。司会は荻原秀樹後藤邑子杉田智和
第1部のトークでは司会陣に加わり、『SHUFFLE!』アニメ版声優のあおきさやか伊藤美紀ひと美も加わっての『SHUFFLE!』生アフレコミニドラマや、西又葵、アッチョリケ、王雀孫によるインフォメーションコーナー(新作の発表等)が披露された。
第2部のライブでは『SHUFFLE!』声優陣によるキャラクターソングや、YURIA橋本みゆきのみこによるNavel・Lime作品のテーマソングが披露された。このときの衣装は、いずれも西又葵デザインのものである。
ライブDVDが2008年8月6日にランティスから発売されている(ASIN B001AAZ47S)。
Navel Live in TOKYO かぶら2009
2009年5月4日開催。司会は荻原秀樹、後藤邑子、日野聡
第1部のトークではあおきさやか、ひと美、後藤邑子、荻原秀樹による『SHUFFLE!』生アフレコミニドラマ、ドラマCD声優陣である吉田真弓小野涼子、後藤邑子、又吉愛、日野聡、荻原秀樹による『俺たちに翼はない』生アフレコミニドラマ、さらに『SHUFFLE!』×『俺たちに翼はない』生アフレコミニドラマが披露された。また西又葵、アッチョリケ、王雀孫によるインフォメーションコーナー(新作の発表等)が披露された。
第2部のライブでは『俺たちに翼はない』『SHUFFLE!』声優陣によるキャラクターソングや、YURIA、橋本みゆき、のみこ、美郷あきjinaによるNavel・Lime作品のテーマソングが披露された。
ライブDVDが2009年10月30日にランティスより発売されている(ASIN B002SW3MW6)。
Navel Live ABURA "あぶら"
2010年9月19日、原宿アストロホールで開催。角川書店が共催から抜けている。司会・進行は西又葵とみずのまみ。
出演はYURIA、橋本みゆき、のみこ、美郷あき、jina。スペシャルゲストは後藤邑子、小野涼子、吉田真弓。

NACHTMUSIK[編集]

NACHTMUSIK(ナハトムジーク)はNavelのサウンドチームによる外部業務向けブランド。自社作品の音楽の他に『巫女さん細腕繁盛記』(すたじお緑茶,2004年)、『らぶドル 〜Lovely Idol〜』などを手がけている。代表はアッチョリケ。他のメンバーは内藤侑史、山田和裕(現:山田屋カズ)、coldhandで、いずれもBasiL時代からともに仕事をしている。

Navelブランド作品には必ず名前が入っていたが、アッチョリケ以外のメンバーがいずれも離れたことと、『ね〜PON?×らいPON!』以後には名前が入っていないこと、そしてNavel Official Website内にあったホームページが削除されていることから、2007年に解散したと思われる。

関連項目[編集]

  • マリッジロワイヤル - 『電撃G's magazine』で連載された、同誌編集部とNavel合同の読者参加企画。2010年4月28日にゲーム『マリッジロワイヤル プリズムストーリー』が発売された。
  • ジャッジメントちゃいむ - 『E☆2』で連載中の、同誌編集者とNavel合同の読者参加企画型イラストノベル。2012年4月6日より、『ジャッジメントちゃいむ-webラジオ』が配信されている。
  • らぶドル 〜Lovely Idol〜 - 『マジキュー』にて連載された読者参加企画のイラストノベル。元々イラストを西又葵が担当していたが、第2部「らぶドル -New Lyrics-」開始時にシナリオライターが叶晃紀からあごバリアへ変わり、関連作品となった。2006年にはアニメ化された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ マジキュープレミアム MARCH2003』(エンターブレイン)。
  2. ^ Getchu.com. “2004年・年間セールスランキング!”. ゲインズ. 2012年7月11日閲覧。
  3. ^ PUSH!!』(晋遊舎)2006年5月号。
  4. ^ PUSH!!』(マックス)2012年6月号
  5. ^ Lime vert (2012年4月21日). “コンセプト”. 2012年6月11日閲覧。
  6. ^ 「Top News 乙女理論とその周辺」、『PUSH!!』2013年5月号(マックス)、46-47頁、2013年。
  7. ^ 萌えゲーアワード実行委員会 (2014年4月25日). “萌えゲーアワード2013 2013年度受賞タイトル発表!!”. 2014年6月1日閲覧。
  8. ^ DENGEKI HIME』(アスキー・メディアワークス)2014年1月号、16-21頁。
  9. ^ a b c 「絶対誰かに話したくなる『月に寄りそう乙女の作法2』最速マル秘ガイド」、『BugBug』2014年8月号(Vol.240)、149-155頁、サン出版

外部リンク[編集]