アダルトアニメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
18禁アニメから転送)
移動: 案内検索

アダルトアニメは、成人を対象とした性的な表現を含むアニメーションのことをさす。18歳未満視聴禁止の作品については「エロアニメ」、「18禁アニメ」という呼称も用いられる。

概要[編集]

創成期[編集]

日本初といわれる、「成人を対象としたポルノアニメ」は、浮世絵の技法が用いられた白黒作品『すヾみ舟』である。製作当時の1932年(昭和7年)の社会情勢では当然ながら正規の配給網では公開されず、非合法なものとして検挙された。作者については木村白山という人物による個人制作と伝えられ、題名についても『隅田川』『川開き』『花火』『マンガ』の別名がある。

1968年アメリカ合衆国大統領リンドン・ジョンソンは「ワイセツとポルノに関する諮問委員会」を設置し、ポルノ解禁問題をはかった[1]

1969年から1973年にかけては、手塚治虫虫プロダクション日本ヘラルド映画から依頼され、大人向けのエロティックな描写をふんだんに用いた『千夜一夜物語』『クレオパトラ』『哀しみのベラドンナ』の3本から構成される「アニメラマ3部作」と称したアニメ映画を製作した。このうち、『千夜一夜物語』は大ヒットとなる。

「アニメラマ3部作」のヒットに便乗し、1969年に一般映画「江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間」の併映でレオプロダクションの『㊙劇画 浮世絵千一夜』が、1971年には日本ヘラルド映画の企画で東京テレビ動画が『ヤスジのポルノラマ やっちまえ!!』が制作された。前者は東映系の全国53館の劇場で上映されたが、映画倫理委員会の審査を通過していたにもかかわらず、警視庁からは猥褻な場面を削除するようにとの警告を受けた。後者は日本ヘラルド映画系で公開されたが、こちらは全く客が入らなかったことから1週間で打ち切られるなど、この2本の便乗作の内容に対する評価は芳しいものではなかった。

量産期[編集]

1980年代半ば以降になると、アダルトビデオの延長線上として、アダルトアニメはビデオテープにより量産されるようになる。OVAによる初のアダルトアニメは、1984年2月にワンダーキッズが制作した中島史雄原作の『雪の紅化粧』と『少女薔薇刑』であるが、これは当時すでに時代遅れだった劇画調の絵柄で、大ヒットとはならなかった。なお、同作品の制作は1979年に完了済みであり、発売時期を模索した結果、1984年となった。

その後、同じくワンダーキッズによる『仔猫ちゃんのいる店』(原作:中島史雄)が発売された。こちらはデフォルメの効いたかわいらしい絵柄で、アニメファン層にも受け入れられた。この当時から新興のビデオメーカーが独自レーベルを掲げて作品を制作・販売するスタイルが次第に確立され始めるが、タイトルごとのヒットというレベルには至らなかった。

ブレイク期[編集]

1984年8月にはフェアリーダストから『くりいむレモン』シリーズが発売されて大ブームとなり、歴史的にはこれが先駆けといわれる。特に、Vol.1『媚・妹・Baby』のヒロイン・亜美は、レコード発売やラジオ番組の放送などのメディアミックス展開を広げ、一種のカリスマの様相を呈した。

『媚・妹・Baby』は発表当初、ビデ倫の審査を通過後に「修正を加えたもの」と「修正前のもの」が製品として混在するに至った。また、Vol.3『SF・超次元伝説ラル』は、人間ではなく架空の生物の触手が相手であることから無修正のままビデ倫審査を通過し、その当時の審査が有効なビデオとLDについては無修正での発売が続けられた[2]。また、人気となった『くりいむレモン』シリーズの作品群は、富士見美少女文庫によってノベライズ化が手掛けられることになる。これが後のジュブナイルポルノの嚆矢となったとされる。

成熟期[編集]

その後、『超神伝説うろつき童子』などの前田俊夫原作の劇画調作品、及びそれを模した作品などの淫獣物や妖獣物がブームとなる。これは男性器陰茎)を模した、想像上の「獣の触手」が、女性キャラクターと絡むというもので、規制を回避した作品だが、男性キャラクターを邪魔に思う視聴者との需給が一致し、高セールスを記録する。しかし近年では、規制が強くなり、女性器が描かれていない場面でも、陰茎を連想させる触手そのものにさえも規制がかかるケースが出ており、その存在意義がなくなってきている。

また、成人向け漫画を原作とした作品の売れ行きが良かったことから、それらの作品が増加した。さらにはその流れから、アダルトゲームを原作とした作品も登場し、人気を博した。

近年の動向[編集]

アニメ業界でも中堅と目されるテレビアニメを多数手がけてきた制作プロダクションでも、経営安定化のための一策として、別クレジットでアダルトアニメの制作を行っている所が一部に見られる[要出典]。このため作品数の増加も見られており、ヒットしたアダルトゲームについてはアダルトアニメ化を巡る競合が激しくなっている。

その一方で、ライトノベルコミックや、いわゆるメディアミックスに関連する各業界の体質的な変化[3]などが背景にあるが、アダルトゲームが原作の作品でも、性描写を排除して一般向けへのメディアミックス企画が展開されるようになり、UHFアニメの他にコンシューマゲーム機などへの展開も積極的に行われている。これらのことから、収益の期待値がより高い一般向けなコンテンツへの展開を目論んで、アダルトゲームのメーカーがアダルトアニメ化そのものを拒否するなど、人気アダルトゲーム原作のアダルトアニメ化が困難な状況も見られるようになってきている。

その他[編集]

アダルトゲーム原作[編集]

1980年代以降は成人向け漫画を原作とした作品とオリジナル作品が中心となっていたが、1990年代後半以降はアダルトゲームを原作としたものが増え、漫画・ジュブナイルポルノ原作のものは減少し、一時はほとんど見られなくなった。そのきっかけとなったのは、ピンクパイナップルの『同級生 夏の終わりに』(原作:エルフ)である。ゲームが既に先行発売されていたため、市場動向が予めある程度把握でき、作品知名度もリリース時点で既にあったということが原因と思われる。

また、ハード路線や凌辱ものを例外とすれば、アダルトゲーム原作作品については視聴層からも「内容がソフト過ぎる」「セックスシーンが少なすぎる」という不満が目立つ状況が見られている[要出典]。このため、著作権使用料がゲームと比較して安価で、よりハードな展開が多いジュブナイルポルノを原作としたアダルトアニメが制作されることが、わずかながらも近年再び見られるようになってきている。

なお、2006年にはひまじんの『そらのいろ、みずのいろ 上巻 ダメ……聞こえちゃう♥』(原作:Ciel)が、原作よりセックスシーンに特化させた内容と人気アニメーターの起用が功を奏し、近年のアダルトアニメ売上本数には珍しい累計1万本超を記録した。その後、『そらのいろ、みずのいろ 下巻 わたしも……してあげる♥』との累計は4万本超を記録している。

日本国外向けの作品[編集]

最近では、『A KITE』や『MEZZO FORTE』などのような北米をはじめとする日本国外での販売を前提とした作品が増加しており、二か国語処理を施した作品も存在する。一般的なアダルトビデオと大きく異なる点がこれで、日本での販売作品がそのまま日本国外の市場でも正規流通品として販売されており、性器や性交の描写に対する規制が緩い国では緻密に描き込んだ性器にモザイクをかけないまま販売されている作品が存在する。

しかし、恥部性器)の描画はアダルトアニメ特有のもので細かく手間がかかる上、規制のない国とある国とで別々に作品管理をしなければならず、メーカー側にコストアップなどの負担が掛かることになる。そのため、露骨な性器の描写が少なくて済む、もしくは性器を描写しないか、物などで完全に隠す構図や、表現を考えることが重要になっている。[要出典]

審査[編集]

日本ビデオ倫理協会(ビデ倫)による、アダルトビデオと同様の審査を受審し、同協会の基準に従って表現を自主規制している作品が多いが、メーカーによってはコンテンツ・ソフト協同組合(旧・メディア倫理協会、メディ倫)による審査を受審している作品や、自主規制組織による審査を受けていない作品も存在する。なお、2010年現在、(性描写がなく)暴力などの反社会的なシーンの描写によって成人指定とされた作品は存在しない。

2006年4月より経済産業省の指導でCESAコンピュータソフトウェア倫理機構日本アミューズメントマシン工業協会映倫管理委員会日本ビデオ倫理協会映像コンテンツ倫理連絡会議(仮称)において、アニメ・実写映画・コンピュータゲームなどに対する審査基準・表示の一本化を協議することが決定しているが、それに伴い、(性描写がなくても)暴力などの反社会的なシーンを含むアニメも成人指定の可能性がある[4]

国外サイト[編集]

日本国内では性描写全般の規制が厳しく、描写したい画像や動画が動画共有サイトなど日本国外のサーバーにアップロードされるケースも多い。ただし、権利者では無い第三者(エンドユーザー)が無断でアップデートをした場合は、第一にテレビ番組等を動画共有サイトにアップデートをした場合と同様 著作権法違反に問われる。また、正当な権利者でも国内より海外のサーバにアップロードを行った場合はわいせつ物頒布等の罪などに接触する。

一方、海外現地より更新する場合は日本の法律が適用できないためグレーゾーン(合法)となっているのが現状である。これを逆手に取り、アダルトビデオと同様に無修正の海外流通版を製作者と権利関係をクリアしたうえで国外サーバーから配信する日本語による有料動画配信サイトも存在する。

ただし、海外でも国や作品によっては児童ポルノやその他反社会的な描写とみなされ、違法となる場合がある。

主な作品[編集]

1980年代[編集]

  • 宇宙企画
  • オールプロダクツ
    • リトルマーメイドシリーズ ステージ
      1. 裸足の放課後
      2. テレパシスト愛Q315(サイコ)
      3. PUNKY FUNKY BABY
      4. シャイNing・めい
  • オレンジビデオハウス
  • ジャパンホームビデオ(JHV)
    • ロリコン・エンジェル蜜の味
    • 超能力少女バラバンバ - 原作は永井豪
    • くりいむレモンスペシャル 〜DARK〜 - フェアリーダスト以外から発売されたくりいむレモン作品。
    • 艶笑 日本昔ばなし- 企画・原案はクニ・トシロウ(まんが日本昔ばなし風の和風キャラクターがエッチする。全3話)
  • 正和(SHOWA)
    • フルーツバージョン
      1. お姉ちゃんとわたし
      2. お兄ちゃんとわたし
  • にっかつビデオ(にっかつビデオフィルムズ)
    • ロリータアニメVol.1 内山亜紀のおビョーキ亜紀ちゃん
    • ロリータアニメVol.2 内山亜紀のミルクのみ人形
    • ロリータアニメVol.3 内山亜紀のおもらしゴッコ
  • 東和クリエイション(販売:ビクソン)
    • SFロリータファンタジーアニメ OME-1「ペニウス基地は拷問城の巻」- 原作・脚本・監督:杉田宣洋
    • SFロリータファンタジーアニメ OME-1 Vol.2「モデルさんはソープ嬢の巻」- 原作・脚本・監督:杉田宣洋
  • ファイブスター
    • スケ番商会キューティレモン
      1. ヴァージンロード
      2. グラデュエイション(卒業)
      3. ラストセレナーデ
  • フェアリーダスト(創映新社)
  • 白夜書房(ミルキーズプロジェクト)
  • 富士ビデオ映像
    • ミルキィギャル① キャッツ愛
  • 富士アート
    • 美少女オリジナルアニメ ペロペロキャンデー
    • ラブリー・シリーズ 宇宙元年 愛が時を超えてゆく
    • ラブリー・シリーズ 創世記
  • レッツ(レッツ映像事業部)
    • オリジナルビデオロマンスアニメーション 女子大生 聖子ちゃん
    • オリジナルビデオロマンスアニメーション オフィスレディー 明菜ちゃん
    • スーパーエロティックアニメ① マドンナ 気持ちいい事して下さい
    • スーパーエロティックアニメ② 姉&妹 気持ちいい事して下さい
  • ワンダーキッズ
    • ロリータアニメ
      1. 雪の紅化粧(原作:中島史雄)(13分)- 日本初のビデオ用アダルトアニメ。製作と作品自体の完成は1979年だった。
      2. 少女薔薇刑(原作:中島史雄)(13分)
      3. 何日子の死んでもいい(原作:中島史雄)(13分)
      4. いけにえの祭壇(原作:中島史雄)(13分)※1.から4.はビデオ(VHS&Beta)&LDリリース時は2本立て(カップリング)収録。
      5. 仔猫ちゃんのいる店(原作:中島史雄)(24分)※5.は1作品のみ収録の形式でビデオ(VHS&Beta)とLDでリリース。
      6. 変奏曲~VARIATION~(原作:中島史雄)(24分)※6.は1作品のみ収録の形式でビデオ(VHS&Beta)とLDでリリース。
      7. 仔猫ちゃんPart2 サーフ・ドリーミング(24分)※7.は1作品のみ収録の形式でビデオ(VHS&Beta)とLDでリリース。
      8. 総集版:シーサイド・エンジェル MIU(25分)※8.はビデオ(VHS&Beta)のみのリリース。- 下記『生えいずる悩み』の本編の一部が同時収録されている。
      • 生えいずる悩み(23分)- 作品自体は製作されたが製品としては未発売。本編場面写真が当時のアダルトビデオ総覧に掲載されていた。
  • AE企画(ネットワーク フロンティア事業部→バンダイビジュアル)
    • ボディジャック~楽しい幽体離脱(ノーカット18禁バージョン 35分)- 原案・オリジナルキャラクターデザインは森山塔。※VHSのみリリース。LDは未発売。
※同名、同タイトルの「非アダルト版」は30分でVHS&LDで先行リリースされた。
  • 東映ビデオ(東映)
    • 魔物語 愛しのベティ(原作・総監督:小池一夫、制作:ビッグバン、製作:東北新社・東映ビデオ)- 1986年劇場公開後にソフト化、R指定作品。※VHSとBetaのみリリース。LDは未発売。

1990年代[編集]

2000年代[編集]

メーカー・ブランド[編集]

参考資料[編集]

  • 山口且訓、渡辺泰『日本アニメーション映画史』1977年、有文社
  • 映画の友増刊『ギャルズアニメ』PART1、PART2 1984年1985年近代映画社・刊

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 我妻洋 『社会心理学入門(上)』講談社1987:103-104 ISBN 4061588060
  2. ^ その後に規格制定された、ビデオCDDVDでは審査基準が変わっており、修正が行われている。
  3. ^ 近年のライトノベルやコミックの市場では、低予算アニメ化には適さない難解な作品にヒット作が偏っている。一方、近年のアニメ業界は制作会社が過当競争に近い乱立状態になっているため、特にアニメ化権を巡る競合の激化も著しく、低予算アニメに適したコンテンツの不足は慢性的なものになっている。
  4. ^ コンピュータゲームのレーティングでは、2006年3月以降CEROにより18歳未満の者への販売を禁止する区分「Z」(18才以上のみ対象)が設けられた(なお、CEROでは性描写を家庭用ゲームで用いるのを禁止しており、もっぱら過激な暴力や犯罪の描写を含むゲームを「Z」に区分している)。

関連項目[編集]