Yahoo!ニュース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Yahoo!ニュース(ヤフー - )は、Yahoo! JAPANが運営するニュースサイト日本国内や海外のニュース・話題を多岐にわたり提供しているサイトである。

概要[編集]

  • Yahoo!ニュースは記事ニュース・写真ニュース・動画ニュース・トピックスから構成されており、ニュースおよびトピックスは更に8つのカテゴリに分かれる(詳細は後述)。
  • 記事ニュースは主に読売新聞産経新聞時事通信の保守系のニュースを多く扱っている点に特徴がある。また、Yahoo!ニュースのみに配信しているメディアが多い点にも特徴がある。
  • トピックスには、Yahoo!JAPAN IDを所持しており、かつトピックスエディターに登録をすればニュースに関連する情報を書き込みすることができるスペースがある[1]
  • 個別記事に対してYahoo!JAPAN IDを持つユーザーがコメントを投稿できる(記事提供社によっては不可)[2]。各コメントに対する賛否を投票することも可能。投稿者のYahoo!JAPAN IDは一部が伏字で表示され、匿名性が高い。
  • アクセス数の多さゆえにYahoo!ニュースの記事へのリンクがブログ等に貼られることが多く、またYahoo!ニュース内からFacebookTwitterなどのSNSへリンクをシェアする機能もあるが、日数が経過すると記事は削除されリンク切れとなる[3]ため注意が必要である。

提供しているサービス[編集]

ニュース
主要、速報、国内、海外、経済、エンターテインメント、スポーツ、テクノロジーのカテゴリから成る。また、エンターテインメントでは時事通信社が配信する「芸能会見」が動画再生できる。なお、利用するにはMicrosoft Silverlight及びAdobe Flash Playerが必要である。
トピックス
国内、経済、海外、エンターテインメント、スポーツ、地域、サイエンス、コンピュータのカテゴリから成る。特に話題になっている事件や事故、芸能人に関連したトピックスが作られている。配信日より過去7日間にトップで取り上げられたトピックスの見出しや記事を「バックナンバー」で閲覧することができる。
動画ニュース
NNN日本テレビ系)、JNNTBS系)、FNNフジテレビ系)、ANNテレビ朝日系)の民放4系列のニュースを再生できる。なお、TXNテレビ東京系)のニュースは配信されていない。
リサーチ
気になる話題やニュースからアンケート投票が出来る。また、5問択一のクイズや番付ランキングコーナーもある。
雑誌記事
30以上の配信元の雑誌(ウェブマガジンを含む)から厳選された話題をピックアップして配信。記事によってはトピックスのトップに扱われることもある。
個人

2012年9月開始[4]。ジャーナリストなどが個人でコラムを寄稿する。

新聞記事横断検索(有料)
主要新聞6紙の過去2年分の記事を閲覧できる有料サービス。富士通の子会社ジー・サーチのデータベースサービスを利用。
Yahoo!ニュース BUSINESS
2012年7月12日に開設されたビジネスニュースサイト[5]。Yahoo!ニュースとは別のデザインのトップページやAndroidスマートフォン向けアプリが用意されている。

主なニュース配信社[編集]

ここでは、主要配信社のみ掲載する。なお、配信社が太字のものはYahoo!ニュースのみに配信していることを表す。配信社はいずれも2012年現在。最新の一覧は ニュース提供社 - Yahoo!ニュース雑誌記事提供社 - Yahoo!ニュース を参照。

各項目共通
  • 毎日新聞 - 国内・海外・経済・エンターテインメント・スポーツ・地域(沖縄を除く)・写真
  • 時事通信 - 国内・海外・経済・エンターテインメント・スポーツ・写真
  • 産経新聞 - 国内・海外・経済・エンターテインメント・スポーツ・地域(北海道九州・沖縄を除く)・写真
  • 読売新聞 - 国内・海外・経済・スポーツ
  • 朝日新聞 - 国内・海外・経済・地域など(2012年10月開始)
  • トムソン・ロイター(ロイター・ジャパン) - 海外・エンターテインメント・スポーツ
  • Response. - 国内・経済・スポーツなど自動車関連
海外
経済
エンターテインメント

※以下の項目に◎印があるものは「スポーツ」にも配信していることを表す。

スポーツ
テクノロジー
動画
地域
雑誌

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ トピックスについて”. Yahoo!ニュース ヘルプ. 2012年6月12日閲覧。
  2. ^ コメント機能について”. Yahoo!ニュース ヘルプ. 2012年6月12日閲覧。
  3. ^ 記事の掲載期間”. Yahoo!ニュース ヘルプ. 2012年6月12日閲覧。
  4. ^ “個人の情報発信を支援する「Yahoo!ニュース 個人」”. CNET Japan. (2012年9月26日). http://japan.cnet.com/news/service/35022244/ 2012年10月29日閲覧。 
  5. ^ “Yahoo! JAPAN、ビジネスパーソン向け「Yahoo!ニュースBUSINESS」公開”. INTERNET Watch. (2012年7月12日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120712_546482.html 2012年7月13日閲覧。 

外部リンク[編集]