中央公論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中央公論
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 中央公論新社
刊行期間 1887年 – 現在
ウェブサイト http://www.chuokoron.jp/

中央公論(ちゅうおうこうろん)は、1887年に日本で創刊され、現在も発行されている、月刊総合雑誌である。現在は中央公論新社が発行する。

歴史[編集]

反省会雑誌/反省雑誌[編集]

前身は、西本願寺系の普通教校(龍谷大学の前身)で高楠順次郎らの学生有志が1886年に組織した「反省会」の会員証を兼ねた機関誌『反省会雑誌』。禁酒を主張したり、青年の生き方を探る雑誌だった。1887年創刊、1892年に『反省雑誌』と改題。

中央公論(戦前)[編集]

1899年(明治32年)1月に『中央公論』と改題した。次第に宗教色はなくなり、小説や評論などを掲載するようになった。明治末に入社した滝田樗陰は、芥川龍之介菊池寛をいち早く起用するなど、名編集者として知られる。

大正期には吉野作造の政治評論をはじめ、自由主義的な論文を多く掲載し、大正デモクラシー時代の言論をリードした。また、小説欄は新人作家の登竜門であった。

しかし、マルクス主義が流行し、1919年(大正8年)、より急進的な「改造」が発刊されると、中道的な路線となる。このころには、中央公論に作品が掲載されることは、人気作家の仲間入りと見なされるまでの雑誌になった。

第二次世界大戦中、横浜事件が起こり、1944年、軍部の勧告により「改造」と共に廃刊される。

戦後[編集]

終戦後の1946年に復刊した。現在に至るまで様々な評論、小説が掲載される総合雑誌として継続している。

1960年同誌に掲載された深沢七郎の「風流夢譚」のため、右翼によって社長宅が襲われ嶋中夫人が負傷、家政婦が死亡する事件が起こり(風流夢譚事件)、続けて同社が『思想の科学』の天皇制特集号の刊行をとりやめるなどして、天皇制への批判は同誌ではタブーとなった(粕谷一希『中央公論社と私』)。

1999年、発行元の株式会社中央公論社が経営危機に陥り、旧中央公論社の出版・営業など一切の事業を読売新聞社(現・読売新聞東京本社読売新聞グループ本社)の全額出資で設立された新会社「中央公論新社」に譲り受ける(旧中央公論社は特別清算され、解散時の商号は『株式会社平成出版』と称していた)。これに伴い、読売新聞の販売店でも『中央公論』を取り扱うようになった。

読売新聞傘下に入ったため、読売新聞社発行の総合誌『This is 読売』(1990年創刊)と月刊論壇誌がグループ内で重複することになったことから、両者は統一されることになった。1999年3月、『This is 読売』は廃刊され、『中央公論』が存続誌となった。しかし上記経緯上それまでの『中央公論』の中道的論調は排されることになり、『This is 読売』の論調であった親米保守的傾向が強くなり、同日発売の『文藝春秋』と似たような色彩を帯びるに至っている。

嶋中事件(風流夢譚事件)[編集]

岸信介首相襲撃事件、浅沼稲次郎暗殺事件など、安保闘争に対抗するかのような一連の白色テロの一つであった。

歴代編集長[編集]

氏名 就任年 退任年
武田福松 1899年 1903年
麻田駒之助 1904年
高山覚威 1905年
麻田駒之助 1906年 1912年
滝田樗陰 1912年 1925年
高野敬録 1925年 1926年
嶋中雄作 1927年 1928年 主幹
木佐木勝 1927年 1929年
雨宮庸蔵 1929年 1932年
荒川竹志 1932年
佐藤観次郎 1933年 1936年
雨宮庸蔵 1937年 1938年
小森田一記 1938年 1940年
松下英麿 1940年 1941年
畑中繁雄 1941年 1943年
松下英麿 1943年 1944年
蝋山政道 1945年 1946年
畑中繁雄 1946年 1947年
山本英吉 1947年 1949年
篠原敏之 1949年 1953年
藤田圭雄 1953年 1954年
嶋中鵬二 1954年 1957年
竹森清 1957年 1960年
嶋中鵬二 1961年
笹原金次郎 1961年 1965年
宮脇俊三 1965年 1967年
粕谷一希 1967年 1970年
島村力 1970年 1972年
笹原金次郎 1972年 1973年
粕谷一希 1973年 1976年
青柳正美 1976年 1983年
望月重威 1983年 1985年
近藤大博 1985年 1988年
平林孝 1988年 1990年
青柳正美 1990年 1991年
宮一穂 1991年 1997年
平林敏男 1997年
湯川有紀子 1997年 1999年
宮一穂 1999年 2001年
河野通和 2001年 2004年
間宮淳 2004年

外部リンク[編集]