週刊誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

週刊誌(しゅうかんし)は、に1回行される雑誌である。

歴史・特徴[編集]

書店、コンビニエンスストアキヨスクなどの売店で販売される。

1877年3月、日本初とされる週刊誌『團團珍聞』(まるまるちんぶん)[1]が創刊された。

1922年朝日新聞社から『旬刊朝日』、毎日新聞社から『サンデー毎日』が創刊され、今日の週刊誌のさきがけとなった。

1955年ダイヤモンド社が出版社で初めて『週刊ダイヤモンド』を創刊し、新潮社が『週刊新潮』で、文藝春秋が『週刊文春』で追随するなど、他の大手出版社も週刊誌を創刊した。

単に「週刊誌」という場合、『週刊新潮』や『週刊現代』などの報道・ジャーナリズムを記事の主体とする総合週刊誌を指すことが多い。女性読者向けの「女性週刊誌」、写真記事中心の「写真週刊誌」、経済・ビジネス情報中心の「経済週刊誌」、スポーツ情報の「スポーツ週刊誌」などがある。

総合週刊誌の多くはB5版かA4版の大きさで、グラビアページと文章記事ページで構成される。内容は、政治・経済・芸能・スポーツ、社会事件を題材にした批判記事、ルポルタージュが中心である。著名な作家の連載小説エッセイ、漫画(時代小説原案のものや劇画が多い)、ゴルフ技術情報なども掲載される。女性週刊誌は、芸能人のスキャンダル報道が中心で、ダイエットやグルメ情報なども盛り込まれる。

出版社系週刊誌の記事を執筆する記者は出版社の正社員ではないフリーライターフリージャーナリストである。フリーライターの無署名記事による週刊誌報道を確立したのは『週刊文春』で記者を務めた梶山季之である。多く週刊誌では取材専門の多数のデータマンが現場取材し取材データに基づいてアンカーマンが原稿を執筆する仕組みになっている。

国会議員や官僚が辞任・辞職に追い込まれる女性スキャンダルや新聞社・テレビ局の不正行為は週刊誌の報道を契機に表面化することが少なくないが、質の悪い見出しや著名人の私生活を暴く報道や不安を煽る報道などが多いため、「イエロー・ジャーナリズム」と非難されることもある。

「週刊誌的」「週刊誌のような」と表現する場合、「センセーショナリズム」「スキャンダリズム」「覗き見趣味」「いい加減な情報」などのネガティブなイメージを伴うことが多い。正社員ではない契約記者、嘱託記者、新聞記者のアルバイト原稿などの無署名記事や匿名証言が多いため「記事の信憑性が低い」「責任の所在があいまい」と批判されることがある。

1980年代に100万部を発行する週刊誌もあったが、現在ではフリーペーパーやインターネットの普及に加え、読者の多くを占めていた団塊世代の大量退職もあり、多くが発行部数を大きく落として採算割れをする週刊誌も出ている。2008年12月には読売新聞社の『読売ウィークリー』(旧『週刊読売』)が休刊になった。かつて「独占スクープ」「独占告白」「ヘアヌード」「少年犯の顔写真公開」「法廷内写真公開」などで注目を集めた週刊誌だが、現在存亡の危機に瀕している。

2010年代に入って、インターネット、特にスマートフォンの普及が週刊誌離れに拍車をかけているという見方があり、例えば、電車の中で週刊誌を読む人は熟年層含めめっきり見られなくなったという。そんな状況下で、週刊誌は誹謗中傷や他国(中国韓国)へのヘイトスピーチまがいの煽情的で見苦しい見出しを躍らせ、それらが電車の中吊り広告などに堂々と出ている状態を懸念する声もある[2]。裏を返せば、そうでもしないと週刊誌が売れない時代になったとも言える。

日本の週刊誌一覧[編集]

廃刊・休刊になった週刊誌[編集]

「テーミス」の題名は伊藤寿男の興した株式会社テーミスに継がれ、現在は「月刊テーミス」になっている。内容は別の雑誌。

週刊誌記者出身の作家・ジャーナリスト[編集]

以下は週刊文春

脚注[編集]

  1. ^ 阿部猛『起源の日本史 近現代篇』同成社
  2. ^ 『メディア・バッシングの陥穽 溶解するメディア公共圏と「朝日新聞」問題』 「世界」2014年11月号 海渡雄一

関連項目[編集]