平凡パンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

平凡パンチ』(へいぼんパンチ)はかつてマガジンハウスが発行していた日本男性向け週刊誌。同社の中核を担う雑誌だった。1964年4月28日に当時の平凡出版から創刊された。東京五輪が開かれる年という高度成長期の真っ最中で、漫画雑誌『ガロ 』も同年の創刊である。

なお、同じ出版社から刊行されていた総合週刊誌『週刊平凡』とは別の雑誌である。

歴史・概要[編集]

団塊世代後のファッション情報風俗グラビアなどを取り扱う週刊誌だった。隔月版としてA4サイズのヌードグラビア誌も出版していた。週刊誌としては既に休刊扱いされているが、その時期については下の事情から見解が分かれている。

当時人気を二分していた「週刊プレイボーイ」がどちらかというと記事偏重気味な傾向に対して、平凡パンチはセクシー色の強いグラビアやファッション面に長じていた。1966年には発行部数100万部を突破、更には活字メディアだけではなくニッポン放送深夜放送で「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」という番組を放送。セクシーな「パンチガール」とDJを交えた展開もまた人気を博した(モコ・ビーバー・オリーブといった、パンチガール三人が当時席巻した)。なお、松田聖子1980年のパンチガールの一人であり、デビューから支援することで彼女をトップアイドルに押し上げた一要素となった。1980年代中ごろ、刷新・テコ入れ策として、表紙をサトウサンペイイラストに変えたり、読者投稿欄で「トーキングジム」を開始したりした。

最初の休刊[編集]

しかし社の方針から「POPEYE」「BRUTUS」が専門カテゴリの新週刊誌として創刊複合展開されていくようになり、母体である「平凡パンチ」の発行部数落ち込みにつながった。かくして1988年10月に半年後の新生復活を宣言しつつ「冬眠」宣言をして最初の休刊となった。

復刊、そして再び休刊[編集]

1989年2月9日文字通り全面新装版として『NEWパンチザウルス』が創刊。他誌に流れてしまった情報関連をコミックで補完する形式での一新を目指した。かっての読者コーナーを杉作J太郎が担当したり、プロアマ問わずの漫画家対抗戦などの企画も始まっている(『ガロ』に入選経験のある休石ひろふみが参加)。だが、従来の平凡パンチの読者を呼び戻すことも、新たな購読者層の開拓もいずれも失敗に終わり、わずか4か月で再度休刊した。

パンチザウルスの失敗の要因としては、セクシー路線や多少アングラ色の強い記事傾向等の平凡パンチの読者が求める本質を見過ごして全くの新創刊に走ってしまったことや、それまで漫画雑誌の出版・維持のノウハウが乏しいためにコミック雑誌としても中途半端だったことなどが挙げられる。

主な連載漫画[編集]

関連文献[編集]

  • 『平凡パンチ甦れ、アイドルの時代 永久保存版写真集』(マガジンハウス、2008年4月) グラビアページの紹介
  • 塩澤幸登 『平凡パンチの時代 1964年~1988年 希望と苦闘と挫折の物語』 (河出書房新社、2009年12月)
  • 椎根和 『平凡パンチの三島由紀夫』 (新潮社、2007年、新潮文庫、2009年10月)
  • 赤木洋一 『平凡パンチ1964』 (平凡社新書、2004年) 各々、元編集者による回想記
  • マガジンハウス書籍編集部編 『平凡パンチの時代 失われた六〇年代を求めて』 (マガジンハウス、1996年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]