扶桑社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
扶桑社
Fuji Sankei Mark.gif
正式名称 株式会社扶桑社
英文名称 Fusosha Publishing Incorporated
前身 株式会社リビングマガジン
種類 株式会社
設立日 1987年8月1日
代表者 代表取締役社長 久保田榮一
本社郵便番号 105-8070
本社所在地 東京都港区海岸一丁目15番1号 スズエベイディアム4 - 7階
北緯35度39分11秒 東経139度45分38.5秒 / 北緯35.65306度 東経139.760694度 / 35.65306; 139.760694
資本金 20億円
売上高 65億円(2011年度)
従業員数 137名(2011年10月1日現在)
主要株主 株式会社フジ・メディア・ホールディングス 100%
主要子会社 育鵬社
主要出版物 ニッポン放送やフジテレビ関連番組本
定期刊行物 週刊SPA!皇室 Our Imperial FamilyMAMOR
外部リンク http://www.fusosha.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社扶桑社(ふそうしゃ)は、東京都港区海岸一丁目に本社を置く、フジサンケイグループ傘下の出版社である。

沿革[編集]

雑誌[編集]

自社発行・発売が主であるが、問屋との取引の関係から発行社が異なる媒体もみられる。

自社発行・発売
グループ他社発行・扶桑社発売
  • ESSE(フジテレビジョン)
  • dinos(ディノス)

過去に発売した雑誌[編集]

  • LUCi(1998年創刊。2007年2月号にて休刊)
  • Straight(2005年創刊。2007年6月号にて休刊)
  • JUNIE(1995年創刊。2005年7月号にて休刊)
  • SRS DX(1999年創刊。2003年10月9日号にて休刊)
  • Caz(1989年創刊。2006年9月11日号8月21日売にて休刊)
  • マリカ (2008年創刊。同年12月号10月28日売にて休刊)
  • 京都〜春夏秋冬〜
  • amarena(アマレーナ)

その他[編集]

教科書発行[編集]

2001年、新しい歴史教科書をつくる会(つくる会)編集の中学校向け歴史および公民教科書の検定合格が物議を醸した。歴史教科書の採択率は0.039%。2005年には2度目の合格を果たしたが、採択率は0.4%にとどまった。

つくる会の内紛を嫌って、2007年5月に同会との関係を解消。100%子会社の育鵬社に教科書出版事業を移管し、新学習指導要領に基づく2012年度版中学校歴史、公民教科書を教科書改善の会の支援で発行すると表明。2011年度までは扶桑社が現行版を供給する。

つくる会に残った勢力は新しい発行元に自由社を選び、2008年、扶桑社の歴史教科書の内容をほぼ複製したものを文部科学省に検定申請した(出版社が違う同一内容の本が世に出る事になる)。これに対し扶桑社は著作権侵害だとして反発している。

番組本[編集]

フジテレビの関連番組との関係[編集]

かつては『もう誰も愛さない』『たけし・逸見の平成教育委員会』『笑っていいとも!』、『オールナイトニッポン』など、フジテレビニッポン放送の番組の単行本化を売り物にしていた。また『ウッチャンナンチャンのオールナイトニッポン』内では冗談でパクリ社と称されていた。

最近では、『あいのり』の本が学習研究社、『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』の本が講談社から発売されており、フジテレビやニッポン放送の番組の単行本化の「独占」は崩れてきているが、2005年に入ってからは『脳内エステ IQサプリ』の単行本を発売しているほか、『ネプリーグ』や『平成教育予備校』の単行本、『クイズ!ヘキサゴンII』の本「ヘキサゴンドリル」も発売されている。

2005年6月28日発売のリリー・フランキー東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』は、200万部を越すベストセラーとなった。もともとは、en-taxiに連載されていた。

また、関西テレビの番組「発掘!あるある大事典II」関連書籍も合わせて10冊(書籍6冊、ムック3冊、新書1冊、発行部数240万冊)発行されてきたが、同番組で情報・データの捏造事件が発覚した為に、2007年1月22日に、出荷停止措置(事実上絶版 回収か、在庫現品限りで新規発売打ち切り)を執った。

関連の出版社[編集]

外部リンク[編集]