週刊少年ジャンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
週刊少年ジャンプ
WEEKLY JUMP
愛称・略称 ジャンプ・WJ
ジャンル 少年向けコミック誌
読者対象 少年
刊行頻度 月2回刊 → 週刊(毎週月曜日、ただし月曜日が祝日の際は土曜日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 230円〜280円
出版社 集英社
編集部名 第3編集部 週刊少年ジャンプ編集部
編集長 瓶子吉久
雑誌名コード 993
刊行期間 1968年7月11日(1968年8月1日号) -
発行部数 279万部(2007年10月 - 2008年12月日本雑誌協会調べ)
レーベル ジャンプ・コミックス
ウェブサイト 週刊少年ジャンプ 公式サイト (日本語)

週刊少年ジャンプ』(しゅうかんしょうねんジャンプ、WEEKLY JUMP) は、集英社が発行する日本週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』、『WJ』 など。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名。週刊誌の最高発行部数を記録した。

概要[編集]

1968年7月11日に『少年ジャンプ』の名称で同年の8月1日号として創刊。創刊時は月2回(第2・第4木曜日)発売、1969年10月から週刊化された。2003年5月までは毎週火曜日発売、2013年現在は毎週月曜日発売[1]。シンボルマークは海賊マーク(ジャンプパイレーツ)。1995年に653万部という漫画雑誌の最高発行部数を記録した。

雑誌キーワードは「友情」「努力」「勝利」。すべての掲載作品のテーマにこの要素または繋がるものを最低1つ、必ず入れることが編集方針になっている[2]。これは同誌の前身とも言える月刊漫画雑誌『少年ブック』の編集方針から受け継いだものであり、元は小学校4年生・5年生を対象にしたアンケート(「一番心あたたまる言葉」「一番大切に思う言葉」「一番嬉しい言葉」)によって決められたものである[3]

基本的に掲載作品は格闘・アクションやギャグ・コメディ、スポーツ物などが主流であるが、SF・ファンタジーや冒険物、ラブコメ、社会派・ドキュメンタリー作品なども数多く掲載された。

創刊時に後発の少年漫画誌として、当時の人気漫画家を確保出来なかったため、連載陣のごく少数を除き、全て専属契約の新人で揃えることになった。この方針は、創刊から40年以上経ち、週刊少年漫画雑誌で最大部数を誇るようになった現在も継承されている。

他社の週刊少年漫画誌で掲載されているような表紙および巻頭でのスポーツ選手やアイドルのグラビアは、1970年代後半から1980年代前半までと、1990年代後半の一時期にはあったが、現在は載っていない[4]。スポーツ選手の特集やインタビュー記事自体は2色の情報ページなどで現在でも実施されることがある。

現在、同誌の読者構成は中学生を中心として小学校高学年から高校生が主であり、講談社の『週刊少年マガジン』や小学館の『週刊少年サンデー』、秋田書店の『週刊少年チャンピオン』よりも低年齢寄りである[5]

歴史[編集]

1968年創刊 - 1970年代[編集]

創刊
1968年創刊。創刊号の公称発行部数は10万5000部。当初は男気がある劇画調の作品が盛んに登場していた。
ハレンチ学園」・「男一匹ガキ大将」(1968年 -)などがヒット。
1970年代前半
1971年、公称発行部数が100万部を突破。 1973年8月に『週刊少年マガジン』を抜いて雑誌発行部数で首位。
ど根性ガエル」・「トイレット博士」(1970年 -)、「侍ジャイアンツ」・「荒野の少年イサム」(1971年 -)、「アストロ球団」・「マジンガーZ」(1972年 -)、「包丁人味平」・「プレイボール」(1973年 -)などがヒット。
1970年代後半
ギャグ漫画分野の強化に乗り出し、その結果「1・2のアッホ!!」(1975年 -)、「東大一直線」(1976年 -)、「すすめ!!パイレーツ」(1977年 -)、「キン肉マン」(1979年 -)などがヒット。それ以外にも「サーキットの狼」・「ドーベルマン刑事」(1975年 -)、「リングにかけろ」(1977年 -)、「コブラ」(1978年 -)などがヒット。
こちら葛飾区亀有公園前派出所」(1976年 -)は少年漫画雑誌中、最長の連載記録を更新中。1978年、公称発行部数が200万部を突破。

1980年代・「ジャンプ黄金期」[編集]

1980年代前半
1980年、公称発行部数が300万部を突破。少女、女性キャラクターに重きを置いた作品が多く登場する。「Dr.スランプ」・「3年奇面組(のちの「ハイスクール!奇面組」)」(1980年 -)、「ストップ!! ひばりくん!」・「キャッツ♥アイ」(1981年 -)、「キックオフ」(1982年 -)、 「ウイングマン」(1983年 -)、「きまぐれオレンジ☆ロード」(1984年 -)など。他にも「キャプテン翼」・「ブラック・エンジェルズ」(1981年 -)、「風魔の小次郎」・「よろしくメカドック」(1982年 -)、「北斗の拳」・「銀牙 -流れ星 銀-」(1983年 -)などがヒット。
1980年代中期
この時期から漫画雑誌としての側面が強くなり、アイドル・スポーツ選手などのグラビアは掲載されなくなった。1984年1・2号より、創刊以来使用されていた誌名ロゴを角ばった形に一新する。1985年に公称発行部数が400万部を突破。
ドラゴンボール」(1984年 -)、「魁!!男塾」・「ついでにとんちんかん」・「シティーハンター」(1985年 -)、「聖闘士星矢」・「県立海空高校野球部員山下たろーくん」(1986年 -)などがヒット。
1980年代後半
1988年13号で創刊号から1000号を達成し、この年に創刊20周年を迎える。さらには1988年12月の年末最終号(1989年3・4合併号)で公称発行部数が500万部を突破。80年代後半から90年代前半の、いわゆる「ジャンプ黄金期」を迎える。
この頃に発売したファミコンのゲーム紹介コーナーが登場。ゲーム紹介コーナーはゲーム機の主役が変わった現在でも続いている。
ジョジョの奇妙な冒険」・「燃える!お兄さん」(1987年 -)、「BASTARD!! -暗黒の破壊神-」・「ろくでなしBLUES」・「ジャングルの王者ターちゃん」・「まじかる☆タルるートくん」(1988年 -)、「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」・「電影少女」(1989年 -)などがヒット。

1990年代[編集]

1990年代前半
花の慶次」・「SLAM DUNK」・「珍遊記 -太郎とゆかいな仲間たち-」・「幽☆遊☆白書」(1990年 -)、「BØY」(1992年 -)、「地獄先生ぬ〜べ〜」・「NINKU -忍空-」・「とっても!ラッキーマン」(1993年-)などがヒット。
1990年から1992年までF1チーム『マクラーレン』のスポンサーになり、巻頭のカラーページに特集記事が組まれる。同時に掲載漫画にもF1を題材とした作品が数点発表される。
1993年31号で創刊25周年を迎え、記念イベントとしてこの年の夏休みに「ジャンプマルチワールド」が東京後楽園で開催された。公称発行部数は1991年3・4号で602万部を突破。週刊誌が全国紙の発行部数を抜いたとして一般メディアも報道する。
1990年代中期
1994年12月の1995年3-4号で653万部の歴代最高部数を達成する。
るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」・「みどりのマキバオー」(1994年 -)、「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」(1995年 -)、「封神演義」・「遊☆戯☆王」(1996年 -)などがヒット。
1995年25号で「ドラゴンボール」、1996年27号で「SLAM DUNK」が連載終了がきっかけで、公称発行部数が減少に転ずる。1996年52号で「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が連載1000回を達成。この時期は長年行われていなかったアイドルグラビアの掲載と『愛読者賞』の復活があった。また、14年間使用した誌名ロゴの変更、経済面を考慮し表紙のギミックを廃止するなどの試行錯誤が続いた。
1990年代後半
発行部数がこれまでの公称から印刷証明付部数(実際に発行した証明のある部数)に切り替わる。その結果、1997年48号で『週刊少年マガジン』に発行部数を抜かれる。その一方で、「ONE PIECE」(1997年 -)・「HUNTER×HUNTER」(1998年 -)・「NARUTO -ナルト-」(1999年 -)などが新たな看板作品として登場。これらの作品は2000年代のジャンプの牽引役となり、2013年現在も連載が続いている。その他に「花さか天使テンテンくん」・「I"s」・「世紀末リーダー伝たけし!」(1997年 -)、「ROOKIES」・「ホイッスル!」・「シャーマンキング」(1998年 -)、「ヒカルの碁」・「テニスの王子様」(1999年 -)などもヒットし、部数の降下傾向は続くものの、『週刊少年マガジン』についで2位は維持。

2000年代[編集]

2000年代前半
BLACK CAT」・「ピューと吹く!ジャガー」(2000年 -)、「ボボボーボ・ボーボボ」・「BLEACH」(2001年 -)、「いちご100%」・「アイシールド21」(2002年 -)、「DEATH NOTE」・「銀魂」(2003年 -)、「家庭教師ヒットマンREBORN!」・「D.Gray-man」(2004年 -)などがヒット。
漫画業界全体の発行部数が落ち込む中、2002年(平成14年)8月に『週刊少年マガジン』を抜いて再び漫画誌の発行部数1位となる。この時期から誌面を越えた活動が多く見られるようになる。1998年(平成10年)から開設した公式サイト「POP WEB JUMP」が拡張を続け「デジタルマンガ部門」が新設、サイト上で漫画を連載させるなど新しい試みが行われた。
2000年からはジャンプフェスタが毎年開催され、イベント限定グッズの販売や連載作家を招待するなどして盛況を続けている。
2000年代後半
魔人探偵脳噛ネウロ」(2005年 -)、「To LOVEる -とらぶる-」(2006年 -)、「SKET DANCE」(2007年 -)、「ぬらりひょんの孫」・「トリコ」・「バクマン。」・「いぬまるだしっ」(2008年 -)、「黒子のバスケ」・「べるぜバブ」・「めだかボックス」(2009年 -)などがヒット。
2008年の34号で創刊40周年を迎え、同年48号にて創刊号から通算2000号を達成。連載作品の単行本売り上げは好調に推移している一方、グロテスクな表現、生命倫理違反等で日本PTA全国協議会メディアランキング雑誌部門少女コミックを抜き、1位にランキングされた。
誌面を越えた活動の一環として2009年4月3日から、テレビ東京系列毎週金曜日18:00〜18:30に週刊少年ジャンプ・ジャンプスクエア・Vジャンプ共同のジャンプ専門情報番組「サキよみ ジャンBANG!」を放送している。
2009年11月12日東京港から鹿児島県志布志港へ向かっていたマルエーフェリー所属の『フェリーありあけ』が、三重県熊野灘で転覆沈没。その際、17日に発売予定の沖縄県向けに同船に積載してあった2009年51号などが水没全損し、1週間以上発売が遅れる事態となった[6]

2010年代[編集]

ニセコイ」(2011年 -)、「ハイキュー!!」・「斉木楠雄のΨ難」・「暗殺教室」・「食戟のソーマ」(2012年 -)などがヒット。

2010年の2号で印刷証明付発行部数が300万部に復帰。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)は発行と連載作品の発表方法に大きな影響を与えたと同時に、週刊少年ジャンプの根強い人気を世に見せた。詳細は東日本大震災と週刊少年ジャンプを参照のこと。

2012年18号は、表裏で上下逆の両面表紙デザインで発売。

2013年、創刊45周年を迎え、東京サンシャインシティにテーマパーク「J-WORLD TOKYO」を開園するなどの新企画を開始し、その一環として創刊45周年記念号に当たる2013年33号のデジタル版が、33号の発売日と同日に有料配信された[7]

特徴[編集]

以下に挙げられている新人契約制度やアンケートシステムに関する詳細は、『少年ジャンプ』草創期に編集長を務めた西村繁男の著した書籍「さらばわが青春の『少年ジャンプ』」内に詳しい記述がある。

新人の登用と専属契約制度[編集]

創刊以来、新人作家を積極的に登用しており、新人のチャンスが多い雑誌であるといえる一方、本誌でデビューした作家は必ず集英社と専属契約を結ぶ必要があり、連載が短期に終わった場合も専属契約中は他の出版社で仕事だけでなく専属契約終了後を見越した交渉をすることすらできない[8]。各作品の欄外における「○○先生の漫画が読めるのはジャンプだけ!」などの煽り文句に、その一端が受け取れる。

この専属契約によって漫画家には原稿料とは別に契約料が支払われているが、執筆保障がない点や専属契約期間中は他の出版社と交渉すらできない点で新人を「飼い殺し」にしているとの批判が根強く、甲斐谷忍木多康昭、キユ(現・松井勝法)など、本誌ではヒット作を出せなかった作家が他誌・他社へと活動の場を移して成功した例がある。

また1960 - 1970年代にジャンプに連載を持っていた小室孝太郎は編集部の都合で人気のあった連載が打ち切られた上、この契約を知らない間に結ばされていたために、他誌で仕事をしようとしても集英社から交渉を妨害され、しばらく作品発表の場が持てなかったことをインタビューにて語っている[9]

本誌3代目編集長だった西村繁男も集英社の退社後に出版した自著で「漫画家に対する執筆保証の項目がない他、契約期間中は他誌との執筆交渉すらできないという点で、極めて編集部に有利な契約である」と、問題が存在することを認める発言をしている[10]

なお、この「専属契約制」は(他誌で連載経験があったものの)「ハレンチ学園」でブレイクした永井豪がジャンプでの連載の傍ら他誌での連載を開始したことに危機感を覚えた当時の編集長の長野規が発案したもので、同制度の適用第1号となったのは「男一匹ガキ大将」を連載していた本宮ひろ志である。

アンケート至上主義[編集]

一般に漫画雑誌では読者アンケートを参考にして編集の方針を定めることが多いが、本誌は特にその傾向が非常に色濃いことで知られる。人気の低下した連載作品はすぐに連載終了(打ち切り)の対象にされるため、作品・作家の間で、連載枠を巡る激しい生存競争が毎週誌上で起きている。

この「アンケート至上主義」と呼ばれる体制は、中島徳博が「アストロ球団」を連載中に出した「大御所というだけで人気もない漫画が載っているのはおかしい。アンケートの結果を1週で出すようにして、サバイバルにせよ」という提案が発端となっている。これは作家や作品の経歴などに関係なく平等に適用され、代表的な事例としては「リングにかけろ」「風魔の小次郎」でそれぞれ同誌に一時代を築いた車田正美が長期連載として構想していた「男坂」の半年での打ち切り、車田が「男坂」の直後に開始した「聖闘士星矢」や、武井宏之の「シャーマンキング」などのように、アニメ化やグッズ化などもされる人気を博したにも関わらず、人気が落ち込むやいなや中途半端に終了した例もある。

この編集方針の厳しさのため、本誌では10〜20週前後(単行本1-2巻分の分量)で終了となる連載作品が他誌と比べても際立って多く、「地獄先生ぬ〜べ〜」の文庫版において、作者の真倉翔・岡野剛がこれに対し、「アンケートの結果に基づき作品の内容を変えたり、あらゆる創意工夫が求められ、いつ連載を打ち切られるか、常に心配していた」と言及。西村繁男は「アンケートが2位以下の作品はすべて終了候補である」と言い切っている[11]

ただし、編集部もアンケート結果とは別に販売戦略や打ち出したい方向性を持っており、アンケート結果のデータが全て厳密かつ機械的に運用されて常時全誌面の構成が決定するわけではなく、その他様々なデータマイニングも加味された結果として誌面運用や作品の命運が左右されることがある。たとえば、連載開始直後の「キン肉マン」が、アンケート順位の低迷にもかかわらず、低年齢層からの人気が高い傾向が見られたため打ち切りを猶予して推移を見守った結果、後の大ヒットにつながるなど、単純に数字だけを追わずに慎重に判断する例もあった。「サーキットの狼」のように、打ち切り決定後にアンケート結果が急上昇したため急遽連載を続行した例や、一度は連載終了となったもののそれから数ヵ月後に連載が再開された「はだしのゲン」「ライジングインパクト」「アウターゾーン」などのような例も少数ながら存在する。また、梅澤春人の「HARELUYA」のように、打ち切りが決定した後に大胆な路線変更をした結果、アンケートで急上昇したために、その設定を生かして新たに作品が作り直されたという事例もある。近年では、前述の「聖闘士星矢」のように、ストーリー半ばで終了した作品の完結編を他誌に掲載した例もあり、あるいは連載終了まで一定の猶予期間を与えるなど、初期の厳しさが若干緩和された。ただし、完結編を掲載した作品は、連載が終了した後にメディアミックスの企画が持ち込まれるという編集部にとっても想定外の事態が起きた「武装錬金[12]や、作者の体調面も終了理由となった「べしゃり暮らし」(その後、週刊ヤングジャンプで不定期連載として移籍)など特別な理由がある場合にほぼ限定される。

掲載順はアンケート結果を元に副編集長がその週ごとの雑誌構成を考慮して決めている[13]。基本的には人気順が掲載順に反映され、上位人気であるほど誌面の前面に掲載される傾向にある。ただし、必ずしもアンケート結果と掲載順は合致している訳ではなく、「王様はロバ〜はったり帝国の逆襲〜」や「ピューと吹く!ジャガー」など例外的にほぼ毎回巻末に固定的に掲載される場合や、原稿の入稿が遅れたために後面に掲載される場合[14]もある。また、単に編集の方針などで掲載順が前後する場合や[15]タイアップ商品の広告や関連の企画記事がある場合、その配置の都合によっても左右される。

作品のメディアミックス[編集]

アニメ化[編集]

本誌で連載中・過去に連載された人気作品はその大半がテレビアニメ化されており、過去には週に11本もの新作アニメが放送されていた時期[16]もある。テレビシリーズ以外では劇場映画OVAで展開される作品もあり、「NARUTO -ナルト-」シリーズや「BLEACH」のように日本国外でも高い人気を誇る作品も少なくない。

極初期のアニメ化に対する方針が固まっていない時代を除き、1970年代まで『ジャンプ』編集部は作品のアニメ化には乗り気ではなかった。これは現在でいうところのメディアミックス効果には懐疑的な見方をしており(特に関東広域圏内に在住の)読者が無料で見られるテレビアニメ[17]を見て満足してしまい、雑誌や単行本の売れ行きが落ちるのではないかと懸念していたためである[18]

転機となったのは1981年に放映が開始された「Dr.スランプ アラレちゃん」で、その大成功と商業的効果の絶大さを目の当たりにしたことであった。この作品については在京の複数のテレビ局からオファーがあり、中でも当時編成局長[19]であった日枝久が何度も集英社を訪ねたというほどの、フジテレビの熱烈な要望に最終的には集英社側が折れる形でアニメ化を許諾したものであった。しかし「Dr.スランプ」のアニメ化がもたらした雑誌や単行本との相乗効果や、これに派生したキャラクター商品による著作権収入は集英社の想像をはるかに超えたものがあり、これ以後集英社は自社作品のアニメ化に積極的になった。

しかし近年では少子化の煽りを受けて4大キー局各局で全日帯アニメ枠は削減されており、4大キー局でのゴールデンタイム帯で放送の作品は2006年10月に枠移動となった「ONE PIECE」が最後となった(テレビ東京系列(TXN)を含めた場合は「NARUTO -ナルト- 疾風伝」が現在でもゴールデンタイムで放送されている)。

他誌のアニメ・ドラマ化作品に比べて深夜枠で放送された作品は少なく、「いちご100%」・「魔人探偵脳噛ネウロ」・「To LOVEる -とらぶる-」・「めだかボックス」など描写が全日帯アニメ向けではないものや、「リングにかけろ」・「ジョジョの奇妙な冒険」・「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」・「BLACK CAT」・「DEATH NOTE」・「武装錬金」・「レベルE」といった放送時にはすでに本誌での連載が終了していた作品が多い。ただ近年では上記の全日帯アニメ枠削減の影響もあり、内容の如何を問わず深夜枠での放送となることも珍しくなくなっている[20]

現時点では民放キー局各局で本誌掲載の作品をアニメ化した実績がある。そのうちTBSが他局と比べると極端に作品が少なく、テレビ朝日では80 - 90年代にかけて多くの作品が放送されたが、2000年代は2本にとどまっている[21]。2012年に入ると連載中作品のアニメ化が一巡したこともあってアニメ本数は減少傾向にあり、翌2013年春の改編では新番組がゼロという事態が発生している。

一方で全国放送の可能なNHKにおいては長らく放送されなかった(『マガジン』『サンデー』のアニメ作品は2000年代頃からNHKにて放映実績がある)が、新作では2010年10月開始の「バクマン。」で初めての放送となっている。もっともジャンプ系以外の集英社作品の映像化は過去にもあり、ジャンプ系でも「キャッツ♥アイ」のラジオドラマや「テニスの王子様」のOVA(BS2で実施)がそれ以前に放送されたこともある。

放送中の新作テレビアニメ
ここでは「アニ基地」コーナーで放送エピソードが紹介される作品について記載している。

VOMIC化[編集]

近年では漫画のコマに声をあてた「VOMIC」でメディア展開されるケースも散見される。『サキよみ ジャンBANG!』でテレビ放送された作品も多い。

テレビドラマ化[編集]

初期の頃に「ハレンチ学園」がドラマ化(1970年・東京12チャンネル)されヒットしたものの、その後はアニメ化とは対照的にテレビドラマ化された作品は少なく、日本テレビ水曜24時59分で『ろくでなしBLUES』、テレビ朝日水曜27時10分で「アストロ球団」、TBSの土曜8時枠で「ROOKIES」や「こちら葛飾区亀有公園前派出所」等が放送された程度にとどまっている。

実写映画化[編集]

前述のテレビドラマ「ROOKIES」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の劇場版のほか、「DEATH NOTE」、「ピューと吹く!ジャガー」、「るろうに剣心」、「究極!!変態仮面」などが実写映画化されている。

編集者[編集]

『少年ジャンプ』の編集者は、創刊当初こそ嘱託・アルバイトなどの非正規雇用も存在したものの、現在は基本的に正規雇用(正社員)のみで構成されている。そのため集英社発行の他雑誌はもちろん、総務部や人事部など全く畑違いの部署へと異動することもある。一方で『ジャンプ』系列誌から全く異動がない者もおり、第4代以降の編集長は全て、入社以来一貫して『ジャンプ』系列誌の編集者だった者が就任している。

部署内異動や『ジャンプ』系列誌相互間での異動は頻繁にあり、打ち切り・新連載がなくとも、担当が変更になることも多く、結果として漫画家が困惑することもある。尾田栄一郎は「また担当交代。最低3年はやって欲しいです編集長」[22]と書いている。編集者の交替があると、漫画家がジャンプの巻末コメントで言及することが多い。

編集者は漫画家または作品の担当を割り当てられ、その漫画家と一緒になって作品づくりを行ってゆく。編集者によっては連載作品2作品以上担当することもある。持ち込み、未デビュー、次作品制作中の漫画家も担当するため、実際はそれ以上の数を担当する。こういったことから漫画の方向性・内容にも影響を与える大きな力を持つ。『週刊少年ジャンプ』には担当編集者にすべて任せるという伝統があり、編集の方法にマニュアルは存在しない。ある漫画家を引継ぐときも、前任の編集者から今までの編集方法を指導することはなく、引継ぎも一日で終わる[23]

他方で、週刊連載の漫画家の労働環境は過酷と言われるが、編集者・編集部の勤務も多忙を極め、プレッシャーやストレスも多い激務であると言われている。中でも入社以来ジャンプ編集部一筋の叩き上げである当時『週刊少年ジャンプ』編集長の職にあった高橋俊昌は、2003年東京湾内の船上で行われていた同誌『ONE PIECE』のアニメ映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』の製作発表会見の席においてクモ膜下出血を発症して倒れ突然死した。

作品づくりの際に漫画家と非常に緊密な関係を築くことから、『少年ジャンプ』の担当編集者をモデルにしたキャラクターが漫画に登場することも少なくない。実例としては「トイレット博士」のスナミ先生(角南攻)・「キン肉マン」のアデランスの中野さん(中野和雄)・「Dr.スランプ」のDr.マシリト(鳥嶋和彦)・「シェイプアップ乱」のマッチ茨木および「ついでにとんちんかん」の茨木氏(茨木政彦)などがある。前述の2003年に急逝した高橋俊昌をモデルにしたキャラクターを登場させていた(下ネタギャグ要員的なキャラクターにしていた)「ついでにとんちんかん」、「幕張」においては、故人の名誉を尊重するため、該当キャラクターの登場回を文庫版や、ペーパーバック版ではカットしている。

なお、編集者は初めて持ち込んだ新人に対して、本名ではなく「服部」を名乗ることが持ち込み経験者である諫山創から指摘されている[24]

歴代の編集長[編集]

氏名 期間
1 長野規 1968年 - 1974年
2 中野祐介 1974年 - 1978年
3 西村繁男 1978年 - 1986年
4 後藤広喜 1986年 - 1993年
5 堀江信彦 1993年 - 1996年
6 鳥嶋和彦 1996年 - 2001年
7 高橋俊昌 2001年 - 2003年10号
- 鳥嶋和彦 2003年11号[25]
8 茨木政彦 2003年12号 - 2008年
9 佐々木尚 2008年 - 2011年29号[26]
10 瓶子吉久 2011年30号[27] - 在職中[28]

連載作品[編集]

以下、2014年4月7日(2014年19号)現在連載中の作品。不定期連載作品も含む。

作品名 作者(作画) 原作など 開始号 備考
こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゆつしよこちら葛飾区亀有公園前派出所 あきもと おさむ秋本治 1976年42号
わんひいすONE PIECE おた えいいちろう尾田栄一郎 1997年34号
はんたあはんたあHUNTER×HUNTER とかし よしひろ冨樫義博 1998年14号 2006年以降、不定期連載
なるとNARUTO -ナルト- きしもと まさし岸本斉史 1999年43号
ふりいちBLEACH くほ たいと久保帯人 2001年36・37合併号
きんたま銀魂 そらち ひてあき空知英秋 2004年02号
とりこトリコ しまふくろ みつとし島袋光年 2008年25号
くろこのはすけ黒子のバスケ ふしまき たたとし藤巻忠俊 2009年02号
にせこいニセコイ こみ なおし古味直志 2011年48号
はいきゆうハイキュー!! ふるたて はるいち古舘春一 2012年12号
さいきくすおのさいなん斉木楠雄のΨ難 あそう しゆういち麻生周一 2012年24号
あんさつきようしつ暗殺教室 まつい ゆうせい松井優征 2012年31号
しよくけきのそおま食戟のソーマ さえき しゆん佐伯俊(作画) つくた ゆうと附田祐斗(原作)
もりさき ゆき森崎友紀(協力)
2012年52号
わあるととりかあワールドトリガー あしはら たいすけ葦原大介 2013年11号
そうるきやつちやあすSOUL CATCHER(S) しんかい ひてお神海英雄 2013年24号
いそへいそへえものかたりうきよはつらいよ磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜 なかま りよう仲間りょう 2013年47号
いりいかるれあILLEGAL RARE しいはし ひろし椎橋寛 2014年11号
あいしようしよi・ショウジョ たかやま としのり高山としのり 2014年12号
すてるすしんふおにいステルス交境曲 あまの よういち天野洋一(漫画) なりた りようこ成田良悟(原作) 2014年13号
とうきようわんたあほおいすTOKYO WONDER BOYS たて つねひろ伊達恒大(漫画) しもやま けんと下山健人(原作) 2014年14号

増刊号[編集]

隔週の間を埋めるという目的から創刊の翌年から発行されている。

派生誌[編集]

発行部数[編集]

1990年代半ばまでの発行部数は印刷証明付発行部数ではなく、集英社による自社発表である。

  • 1968年創刊号 10万5000部
  • 1969年 最高24万部
  • 1971年新年号 115万8000部
  • 1974年 最高165万部
  • 1977年新年号 188万部
  • 1978年新年号 210万部
  • 1979年新年号 280万部
  • 1980年新年号 304万5000部
  • 1981年新年号 308万部
  • 1982年 342万部(年間平均)
  • 1983年 371万部(年間平均)
  • 1984年 390万部(年間平均)
  • 1985年4-5号 403万部 37号 405万部 年間平均 450万部
  • 1986年5号 435万5000部
  • 1987年5号 450万部
  • 1988年5号 485万部
  • 1989年3-4号 500万部
  • 1990年5号 530万部 21-22号 503万部 37号 520万部
  • 1991年3-4号 602万部 21-22号 585万部 36-37号 615万部
  • 1992年3-4号 618万部
  • 1993年3-4号 638万部 36-37号 643万部
  • 1994年3-4号 648万部 36-37号 650万部
  • 1995年3-4号 653万部 歴代最高部数を記録 (ギネスブックに登録)。
  • 1996年新年号 588万部
  • 1997年 405万部(年間平均)
    • この年より発行部数が集英社の公称から印刷証明付発行部数に変更
    • 1997年11月『週刊少年マガジン』に発行部数で抜かれる。
  • 1998年 360万部(年間平均)
  • 1999年 363万部(年間平均)
  • 2000年 363万部(年間平均)
  • 2001年 340万部(年間平均)
  • 2002年 320万部(年間平均)
    • 2002年8月再び『週刊少年マガジン』の急降下で首位奪還。
  • 2003年 300万部(年間平均)
  • 2004年 300万部(年間平均)
  • 2005年 295万部(年間平均)
  • 2006年 2,953,750部(一月下記サイトにて確認)
  • 2007年3月 2,839,792部
  • 2008年1月 2,778,750部(社団法人日本雑誌協会
  • 2010年2号 3,000,000部(05年8月以来の300万部復帰)[29]


発行部数(2008年平成20年)4月以降)社団法人日本雑誌協会
1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月
2008年(平成20年) 2,785,833 部 2,790,834 部 2,793,334 部
2009年(平成21年) 2,800,000 部 2,806,667 部 2,840,000 部 2,879,167 部
2010年(平成22年) 2,872,500 部 2,878,334 部 2,875,834 部 2,935,000 部
2011年(平成23年) 2,964,546 部 2,825,000 部 2,841,667 部 2,845,000 部
2012年(平成24年) 2,837,500 部 2,831,167 部 2,838,334 部 2,827,693 部
2013年(平成25年) 2,835,455 部 2,809,167 部 2,779,231 部 2,745,000 部

価格の変遷[編集]

()は特別定価、あるいはサービス定価。消費税導入以降は税込み価格。

  • 創刊時 - 1970年6月 90円(100円?)
  • 1970年7月 - 1970年11月 80円(不明)
  • 1970年12月 - 1973年3月 90円(100円)
  • 1973年4月 - 1973年11月 100円(不明)
    • (1973年11月16日 第一次オイルショックに伴う「石油緊急対策要綱」を閣議決定)
  • 1973年12月 - 1976年6月 130円(150円)
  • 1976年7月 - 1980年6月 150円(170円)
  • 1980年7月 - 1989年3月 170円(180円、または190円)
  • 1989年4月 - 1990年8月 180円(190円、または200円)
    • (1989年4月1日に消費税3%が導入された)
  • 1990年9月 - 1996年1月 190円(200円、または210円)
  • 1996年2月 - 1997年8月 200円(210円、または220円)
  • 1997年9月 - 1998年4月 210円(220円、または230円)
    • (1997年4月1日に消費税税率が5%に変更)
  • 1998年5月 - 2004年4月 220円(230円)
  • 2004年5月 - 2008年8月 230円(240円、または250円)
  • 2008年9月 - 240円(250円、または260円[30]、さらに230円[31]

ロゴマークの変遷[編集]

  • 初代:1968年創刊号 - 1969年15号
  • 2代目:1969年16号 - 1971年53号
  • 3代目:1972年1号 - 1974年38号
  • 4代目:1974年39号 - 1983年52号
  • 5代目:1984年1・2合併号 - 1997年52号
  • 6代目:1998年1号 - 現在

サブコーナー[編集]

読者コーナー[編集]

読者コーナー(1968年
ハレハレ笑学校(1969年 - 1978年
ホップ・ステップ・ジャンプ(1969年)
「ハレハレ笑学校」と並行して連載していたが、6回で終了。
びっくりプレイタウン1979年 - 1980年
ジャンプ海賊ワールド(1980年 - 1982年
ジャンプ放送局(JBS)(1982年 - 1995年
1レース(半年)ごとにポイント集計し優勝者を決める方式。読者コーナーとしては珍しく、単行本化(全24巻)された。さくまあきら土居孝幸榎本一夫横山智佐らがレギュラーを務めた。
ジャンポスト1996年
地方別のリーグ戦形式だったが、人気低迷で1レースのみ(半年)で打ち切られ、それ以降「ジャンプ団」開始までは読者コーナーのない状態が続いた。
ハガキ戦士ジャンプ団1997年 - 2001年
ハガキ紹介に漫画の要素をプラス。シーズンごとに設定されたノルマをクリアできればシーズン終了。出演は井沢ひろし(ジャンプ放送局に投稿経験あり)、石塚祐子など。
じゃんぷる(2001年 - 2005年
「ジャンプ団」終了の数週間後より、スタッフの一部を変更してリニューアルスタート。井沢、石塚は引き続き出演。「JBS」に近い形式だった。単行本化もされた。
ジャンプ魂2006年 - 2009年
「じゃんぷる」をリニューアルさせてスタート。井沢は引き続き参加。「じゃんぷる」ではアルバイトだった山下慎一郎が正規メンバーとなった。アシスタントには、イラストが描けることと「アイシールド21」で声優を務めていることから中川翔子を迎えた。中川は2008年に卒業し、代わりに後輩・林未紀が加入。2009年、林が卒業し、佐藤栞里が加入。
ジャン魂G!(2009年 - )
「ジャンプ魂」終了の翌週より、リニューアルスタート。「ジャン魂」をほぼそのまま引き継いでいる。

ゲーム紹介コーナー[編集]

  • ファミコン神拳110番1985年 - 1988年?)
  • ファミコン怪盗芸魔団(ファミコンかいとうげ〜まだん)(1988年? - 1992年
  • V-NET(1992年 - 1998年
  • ジャンG堂(ジャンゲどう)(1998年 - 1999年
  • ジャンG塾(ジャンゲじゅく)(1999年 - 2003年?)
  • チームG59上!!(チームゲコクジョー)(2003年? - 2011年
  • G人道!!(ゲーにんどう)(2011年 - )
  • 英雄ゲー+(ひーろげーぷらす)(2005年 - )

新人漫画家の募集企画[編集]

  • 年に1回行われる企画
  • 年に2回行われる企画
    • 手塚賞 - 『ジャンプスクエア』(旧『月刊少年ジャンプ』)と共同募集
    • 赤塚賞 - 『ジャンプスクエア』(旧『月刊少年ジャンプ』)と共同募集
    • ストーリーキング(1998年 - 2005年、2001年までは年1回開催)
    • ストキン炎(2006年 - )
    • Gカップ(2011年 - )
  • 毎月行われる企画
  • その他の企画
    • ジャンプ次世代マンガ賞(2013年) - 『ジャンプLIVE』と『となりのヤングジャンプ』の共同募集

愛読者賞[編集]

1973年 - 1983年1997年に行われた。読者アンケートで選ばれた10人の作家が45ページの読切作品を執筆する。掲載する順番はクジで決める。1位に選ばれた作家は海外旅行のプレゼントがあった。また、1位に選ばれた作品の感想文を募集し、優秀な感想文を書いた読者には、作家と一緒に海外旅行に行けるというイベントも行われていた。

全ての漫画家にエントリー資格があるが、基本的にはジャンプ内での人気投票的な色合いが強いため、本誌に執筆している作家が選ばれている。ただし、読者アンケートの性質上、ジャンプとはほとんど接点のない作家が選ばれる場合もあり、過去には松本零士あだち充などの作家がノミネートされている[32]。なお、2度選ばれたあだち充は「スケジュールの都合がつかない」という理由からいずれも辞退しているものの、そのためのお詫びのコメントとイラストを寄稿している。

イベント[編集]

日本国外の少年ジャンプ[編集]

2006年現在、『少年ジャンプ』は日本国外でも発行され、「ドラゴンボール」・「ONE PIECE」・「NARUTO -ナルト-」などの人気作が翻訳されている。

ドイツ
"BANZAI!" を参照。2001年10月、ドイツの企業カールセンにより創刊。2005年12月に廃刊。公式サイト(ドイツ語)
アメリカ
『SHONEN JUMP Magazine』が2002年11月26日創刊、2012年3月書籍出版終了。VIZ Comminucation Inc.(現VIZ Media) 発行。公式サイト(英語)。電子書籍『WEEKLY SHONEN JUMP ALPHA』を2012年1月30日より創刊[33]
台湾
もともと、『少年ジャンプ』の台湾バージョンは『熱鬥少年TOP』(大然出版社)と『宝島少年』(東立出版社1992年9月19日創刊)の2誌があった。2003年5月、集英社は大然出版社との出版契約を解約し、『宝島少年』に一本化した。

週刊少年ジャンプ事件史[編集]

打ち切り・回収[編集]

漫画表現の過激さや作者の不祥事により連載作品が打ち切りに至ったり、本誌が回収されたケースがある。それらの原因となった作品とそれぞれの詳細について以下に示す。

『ハレンチ学園』性的いたずらブーム事件[編集]

「ハレンチ学園」(永井豪)が問題となった現象。

1968年の創刊号から連載したこの作品の影響で、全国の学校でスカートめくりなどのハレンチな行為が流行したことにより、PTAや教育委員会から猛抗議が来た。しかし『ジャンプ』は漫画表現の多様性という名の下に連載を続行。当時の編集長長野規は教育評論家の阿部進と連携し、自ら積極的にテレビ番組やPTAの会合などに出向き『ハレンチ学園』の擁護に努めている。

この件に関する限りは、編集部はむしろ権力に負けずに連載を続けたことを誇りにしている節があり、『ジャンプ』30周年の時の特集でそのようなコメントが見られた。

『私立極道高校』実在学校無断掲載事件[編集]

私立極道高校(しりつきわめみちこうこう)」(宮下あきら)が問題となった事件。

滋賀県近江八幡市とその近隣市町にある実在の5つの中学校名と校章、4名の卒業生の名前や校章を無断で作品内に掲載して滋賀県教育委員会から抗議を受けた。1980年1月29日発行の第9号が回収され、翌週の第10号は滋賀京都岐阜では修正したものを販売することとなった[34][35]

この騒動を受けて、「私立極道高校」は第11号で打ち切りとなった。ストーリーは41話まで連載され、単行本は読み切り版の1話と連載最初の6話を収録した1巻が発売されていたが、事件がきっかけで絶版となる。なお、回収に協力した人には、アドレス帳が送られた。

宮下はしばらくの謹慎期間を経て「激!!極虎一家」で連載復帰。「激!!極虎一家」には「私立極道高校」のキャラクターが多数登場している。

『燃える!お兄さん』職業差別事件[編集]

1990年第45号の「燃える!お兄さん」(佐藤正)が問題となった事件。

主人公の担任教諭が仕事上の失敗から担任を外され同校の用務員をすることになり(教員と職員は別の職種であり、指導力不足教員が事務に配置換となる例はあるが、同じ学校でこのような人事はあり得ない)、それに対して主人公が「先生ではなく用務員になったのだから何をしても構わない」という理屈の元に、その用務員にやりたい放題し、さらにその用務員が過激な方法で反撃する(結局、主人公が用務員にこき使われる立場となる)という内容だった。

この号が発売された直後から「用務員をバカにしている」などの抗議が用務員が加入する労働組合(主に自治労)や読者から殺到。自治労大阪府本部が「学校用務員に対し、本コミックは全編において用務員の仕事と存在を否定しており、全国の用務員及びその家族に侮辱を与えている」と抗議し、

  • 【一】この作品に対する社の見解の提示
  • 【二】当該号の回収
  • 【三】誌上での謝罪及び全国紙五紙への謝罪広告の掲載
  • 【四】連載の中止
  • 【五】社の人権・差別問題への認識、取り組みについて明らかにする

の五項目を要求。自治労本部、大阪府本部の現場指導者8名、出版社側5名で確認会の場が設けられ比較的冷静に会は進行するも、途中、日教組が抗議に加わり、さらに東京都法務局人権擁護部からの事情聴取、マスコミの取材攻勢が続いたため、事態を重く見た本誌編集部側は幾度かの協議の結果、

  • 【一】正式文書による謝罪
  • 【二】謝罪文の本誌掲載と回収の呼びかけ
  • 【三】連載は続行するが当該作品は単行本に収めない
  • 【四】全国紙一紙の自社広告の一部を使って「お詫び」の掲載
  • 【五】社内研修会の開催
  • 【六】関西での懇親会開催

の6点を出版社側が提示して合意に至る。

掲載号を集英社に郵送すると、”記念品”として本誌のマークが入ったシャープペンシルが貰えた。回収を行った処置費用は約1億円、回収した部数は約8万部で、本社ビルの地下二階、三階が当該号で埋め尽くされた。なお、その後作中ではこの教諭はしばらく登場しなくなり、後に他の学校の教諭として再登場し、用務員への職種変更はなかったものとされた。その事情は「謎の転勤」と作中の登場人物によって説明がなされた。

『世紀末リーダー伝 たけし!』作者逮捕事件[編集]

2002年8月7日、「世紀末リーダー伝たけし!」の作者の島袋光年が当時16歳の女子高校生を買春したとして、児童買春禁止法違反で逮捕された事件。

この事件を受けて同年37・38合併号での掲載を最後に同作の連載打ち切り、予定されていた単行本25巻も発売中止となった。39号には、本誌1ページを使い、編集部からの謝罪文が掲載された。

その後、島袋は謹慎期間を経て青年漫画誌『スーパージャンプ』にて復帰、その際「関係者に多大な迷惑をかけた」とコメント欄で謝罪した。絶版となっていた単行本も「ワイド判」として再刊、同作品は『スーパージャンプ』で連載が再開されたのち完結した。その後、島袋は「トリコ」を、2007年に読切にて、2008年に連載開始し、『ジャンプ』に復帰している。

脅迫被害[編集]

『黒子のバスケ』脅迫事件[編集]

東日本大震災と週刊少年ジャンプ[編集]

週刊少年ジャンプ』の臨時休刊を案内する貼り紙(2011年3月、兵庫県尼崎市

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で印刷工場が被災し、3月14日発売の15号が被災地を中心に大幅な遅れや未配送となったため、緊急措置として3月23日から4月27日までYahoo!JAPAN特設サイトで本誌漫画部分が無料配信された[36]3月28日発売の17号も地震による資材と輸送燃料の不足の影響を受けて、発売延期となり4月4日に発売された[37]

物流が混乱している最中、被災地で新刊が入荷未定ながら3月14日に再開した宮城県仙台市青葉区五橋の書店に、山形県まで買出しに行った男性客から3月21日に16号が寄付された[38][39]。その後、募金箱と共に「少年ジャンプ3/19発売16号 読めます!! 一冊だけあります」との貼り紙を出したところ、停電や未配送により最新刊を読むことが出来ない多数の少年たちが募金して回し読みをした[38][39]。この出来事が報道されると全国から漫画雑誌約30冊が届き、4月10日の配本再開まで募金と回し読みがされた[38]。この事を知った集英社は、5月に回し読みされた16号を引き取り、額装して編集部に保管した[38]。少年たちの募金約4万円は仙台市教育委員会に贈られ[38]、回し読みされた16号は「あの少年ジャンプ」として、2012年4月22日、第16回手塚治虫文化賞で特別賞を受賞した[40][41]

関連ゲーム[編集]

以下に挙げるのは、週刊少年ジャンプをテーマに扱ったゲームソフトである。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2003年5月19日発売の2003年25号より。
  2. ^ 西村(1994年)pp.31 - 32
  3. ^ 斎藤(1996年)pp.11 - 12
  4. ^ 例外として2009年こちら葛飾区亀有公園前派出所両津勘吉香取慎吾が表紙になった。
  5. ^ 社団法人日本雑誌協会 JMPA読者構成データ
  6. ^ 沖縄タイムス2009年11月14日付 「週刊少年ジャンプ」「フライデー」17日に販売できず…傾いたフェリー「ありあけ」に、県内で発売予定だった雑誌と書籍搭載」
  7. ^ 「週刊少年ジャンプ」にデジタル版 7月13日発売33号で紙雑誌と同時リリースアニメ!アニメ! 2013年7月13日
  8. ^ ただし、他誌でデビューした作家については、ジョージ秋山のように、作品(浮浪雲)を集英社以外の出版社で執筆していた最中に、同時に別作品をジャンプへ連載したなどの特殊な例もある。
  9. ^ 洋泉社(1997年)
  10. ^ 西村(1994年)pp.158 - 159
  11. ^ 「少年ジャンプというジャンル!」『STUDIO VOICE』2008年2月号 22、24ページ
  12. ^ メディアミックスにゴーサインを出す以上、出版社・編集部としても盛り上げを行う必要性が出てくる。
  13. ^ 「ONE PIECE 47巻」(集英社、2007年 ISBN 978-4088744117)の質問コーナーで尾田栄一郎が読者の質問に回答した内容より
  14. ^ 「ONE PIECE」の掲載位置が通常よりも後ろとなった『WJ』2008年46号の巻末において、尾田は「原稿が遅れたため」と説明している。
  15. ^ ジャンプスクエア・松井優征先生インタビュー完全版より
  16. ^ 2011年10月時点。この時放送されていたのは『べるぜバブ』・『トリコ』・『ONE PIECE』・『HUNTER×HUNTER』・『ぬらりひょんの孫 〜千年魔境〜』・『銀魂'』・『遊☆戯☆王ZEXAL』・『BLEACH』・『SKET DANCE』・『NARUTO -ナルト- 疾風伝』・『バクマン。第2シリーズ』。
  17. ^ 関東広域圏内であれば、地上波民放で放映される、ほぼ全てのテレビアニメが視聴できる。
  18. ^ 株式会社ワールドフォトプレス 『フィギュア王No.119』 嶋田隆司インタビューより。
  19. ^ テレビ局の局長という地位は、一般的な企業で例えれば部長級と取締役の間くらいの位置づけとなる上級管理職である。
  20. ^ 2010年以降では『ぬらりひょんの孫』や『黒子のバスケ』が該当。また、日テレ版『HUNTER×HUNTER』も深夜帯で遅れネットされる地方局が多く、キー局の日テレも2013年秋の改編で深夜帯の放送となった。
  21. ^ 2000年代では前者が『BLACK CAT』と『To LOVEる -とらぶる-』、後者が『ボボボーボ・ボーボボ』・『いちご100%』を放送。
  22. ^ 週刊少年ジャンプ・2007年49号の尾田栄一郎による巻末コメント
  23. ^ 夏目房之介の「で?」
  24. ^ 現在進行中の黒歴史 諫山創のブログ 2009年12月19日
  25. ^ 高橋が在職のまま急死した際には、後任の茨木への引継ぎが遅れ1号(2003年11号)だけ鳥嶋が編集長兼発行人として仕切った。
  26. ^ 週刊少年ジャンプ2011年29号裏表紙
  27. ^ 週刊少年ジャンプ2011年30号裏表紙
  28. ^ 2013年10月現在
  29. ^ 週刊少年ジャンプ:300万部に復帰 朝日新聞を「ワンピース」キャラクターがジャック(2010年3月10日閲覧)
  30. ^ 2014年4・5合併号より
  31. ^ 2011年の上半期(3月11日)に東日本大震災が発生して、しばらくしてから、1号分だけ価格が10円減少した。
  32. ^ ただし、松本零士に関しては、過去に『光速エスパー』が掲載されているので、全く接点がなかった訳ではない。
  33. ^ 北米で電子版週刊少年ジャンプ来年発売 紙出版は終了へアニメ!アニメ!ビズ 2011年10月15日
  34. ^ ただし、流通の問題から修正版への差し替えは不徹底に終わり、さらにまた別の学校名が掲載されるなど、これも物議を醸した。
  35. ^ 京都新聞 1980 2.1 夕刊 p.15 暴力マンガに実名で登場 湖東の5中学校、京都新聞 1980.2.2 朝刊 p.12 教育の場になぜ"暴力" マンガの実名掲載、京都新聞 1980.2.3 朝刊 p.19 連載中止を約束 "暴力マンガ"問題、京都新聞 1980.2.6 朝刊 p.19 学校名 削除もれ 暴力マンガ最新号
  36. ^ 少年ジャンプ15号無料配信「1人でも多くの人に届けたい」ニコニコニュース 2011年3月23日
  37. ^ 震災で少年ジャンプが発売延期 輸送燃料や資材不足に 47NEWS 2011年3月18日
  38. ^ a b c d e 伝説の「ジャンプ」 仙台の書店主が集英社に譲渡河北新報 2011年12月30日)
  39. ^ a b ジャンプ1冊、笑み100人 仙台の書店「読んでいい」朝日新聞 2011年3月26日)
  40. ^ 異文化の交わり鮮やかに マンガ大賞「ヒストリエ」 朝日新聞デジタル 2012年4月22日 2012年4月24日閲覧
  41. ^ 第16回手塚治虫文化賞 特別賞 朝日新聞インフォメーション 2012年4月24日閲覧

参考文献[編集]

  • 西村繁男 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』
  • 西村繁男 『漫画王国の崩壊』 ぶんか社、1998年3月。ISBN 482110606X
    • 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』の続編的物語。前作より生々しい内容なので、登場人物は全員仮名になっている。
  • 本宮ひろ志 『天然まんが家』 集英社、2001年10月。ISBN 408780335X
    • 『週刊少年ジャンプ』黎明期の看板作家の自伝。漫画家側から見た『少年ジャンプ』史としても読める。
  • 「少年ジャンプというジャンル!」『STUDIO VOICE』2008年2月号、INFASパブリケーションズ
  • 斎藤次郎『「少年ジャンプ」の時代』岩波書店〈子どもと教育〉、1996年10月。 ISBN 9784000039536
  • 洋泉社『まんが秘宝Vol.2 つっぱりアナーキー王』 洋泉社、1997年 ISBN 978-4896912777

関連項目[編集]

外部リンク[編集]