田村隆平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
田村 隆平
(たむら りゅうへい)
生誕 1980年4月19日(34歳)
日本の旗 日本岐阜県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 2003年 -
ジャンル 少年漫画格闘漫画ギャグ漫画
代表作 べるぜバブ
テンプレートを表示

田村 隆平(たむら りゅうへい、1980年4月19日[1] - )は、日本漫画家岐阜県生まれ[2]滋賀県大津市出身[1]

来歴[編集]

  • 2000年、第5回ストーリーキングにて、「赤の兄弟」でネーム部門最終候補。
  • 2003年、第79回(2月期)天下一漫画賞(審査員:武井宏之)にて、「イツカノミヤコ」で審査員特別賞受賞。
  • 同年、第3回(6月期)ジャンプ十二傑新人漫画賞(審査員:冨樫義博)にて、「URA BEAT」で佳作+十二傑賞受賞[3]
  • 週刊少年ジャンプ』2003年45号に掲載された「URA BEAT」でデビュー。
  • 赤マルジャンプ』2004 SUMMERに「ニライカナイより」を掲載。
  • 『週刊少年ジャンプ』2005年23号に「大宮ジェット」を掲載。
  • 『週刊少年ジャンプ』2008年37・38合併号に、第4回ジャンプ金未来杯参加作として「べるぜバブ」を掲載、優勝を獲得する。
  • 『週刊少年ジャンプ』2009年13号から2014年13号まで『べるぜバブ』を連載した。初連載

作品リスト[編集]

  • URA BEAT - デビュー作、45P
  • ニライカナイより - 49P
  • 大宮ジェット - 49P
  • べるぜバブ - 第4回ジャンプ金未来杯参加作エントリーNo.1、同杯優勝作品、センターカラー49P
  • べるぜバブ(『週刊少年ジャンプ』2009年13号 - 2014年13号)

師匠[編集]

岩代俊明[4]
PSYREN -サイレン-』7巻にはコラボレーション企画としてイラストを寄稿している。

その他[編集]

アニメーション演出家、監督の大塚隆史とは学生時代からの友人である[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 集英社週刊少年ジャンプ』2003年45号 新人紹介 286頁より
  2. ^ 『週刊少年ジャンプ』2008年37・38号 作者紹介より
  3. ^ 『週刊少年ジャンプ』2003年37・38号 86頁より
  4. ^ 『週刊少年ジャンプ』2009年13号 作者コメントより
  5. ^ 『週刊少年ジャンプ』2012年13号 作者コメントより