DRAGONBALL EVOLUTION

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
DRAGONBALL EVOLUTION
Dragonball Evolution
監督 黄毅瑜
脚本 ベン・ラムジー
黄毅瑜
原作 鳥山明
製作 周星馳
リッチ・ソーン
製作総指揮 鳥山明
ティム・ヴァン・レリム
出演者 ジャスティン・チャットウィン
ジェームズ・マースターズ
周潤發
エミー・ロッサム
パク・ジュンヒョン
田村英里子
ジェイミー・チャン
関めぐみ
音楽 ブライアン・タイラ
撮影 ロバート・マクラクラン
編集 クリス・ウィリンガム
配給 20世紀フォックス
公開 日本の旗 2009年3月11日
アメリカ合衆国の旗 2009年4月10日
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
香港の旗 香港
メキシコの旗 メキシコ
言語 英語
製作費 US$45,000,000[1]
興行収入 US$8,451,374[2] 日本の旗
US$57,497,699[2] 世界の旗
テンプレートを表示

DRAGONBALL EVOLUTION』(ドラゴンボール・エボリューション、Dragonball Evolution/龍珠演変)は、アメリカ合衆国映画作品。鳥山明の漫画作品『ドラゴンボール』を実写で映画化した作品である。監督はジェームズ・ウォン20世紀フォックスが制作・配給を行った。

2009年3月10日日本武道館でワールドプレミアが行われたのち、2009年3月13日に原作の発祥地である日本で先行公開され、同年4月10日に全米公開された。

同年7月24日、ドラゴンボールシリーズ初のBlu-ray Disc版が発売された(同時にDVD版も発売)。

製作[編集]

製作開始まで[編集]

2002年3月にハリウッドの映画制作会社20世紀フォックスが『ドラゴンボール』の実写映画化権を獲得したと発表した。

2002年に鳥山明が米版『SHONEN JUMP』の創刊イベント出席のため渡米した際、20世紀フォックス関係者と会いキャストに関する要望を聞かれた。

2004年にはベン・ラムジー(「ビッグ・ヒット」)が、50万ドルの契約金で脚本家として20世紀フォックスと契約を結んだ[3]。また、アレハンドロ・アメナーバルは来日時のインタビューで監督としてオファーがあったことを明かした[4]

これ以降本作に関する情報は途絶えていたが、2007年後半に入り、実際に製作費1億ドル超の大作映画として制作中であることが明らかになった。しかし、後に公表された実際の製作費は約4500万ドルであった。

製作決定後[編集]

ジェームズ・ウォンが今作の脚本および監督に決定[5]プロデューサーは、チャウ・シンチーに決定した[6]

当初はカナダモントリオールで撮影予定だった[7]が、特殊効果撮影監督アリエル・ヴェラスコ・ショウの提案でメキシコでの撮影に変更になった。映画の85%はメキシコのドゥランゴ州で撮影予定で、2007年11月からセットを組み、2008年1月から3月末まで撮影を行い、その後一部のシーンをメヒコ州にある火山「ネバド・デ・トルーカ」で撮影した[8]

撮影開始後[編集]

2007年12月14日よりメキシコシティで撮影が開始された。ここでは主に地元の工科大学のキャンパスを借り、「未来の都」を舞台に悟空の通う「ユニテック高校」での学校生活を撮影し、短い髪で現代的な服装をした悟空の画像が公開。撮影用に太陽電池で動く自動車も20-30台程用意された[9]。ここではアクションシーンの撮影はせず、2008年1月14日からドゥランゴ州に移動し大量のアクションシーンが撮影されている。またロサンゼルスでの撮影も行われる。メキシコのアステカ文明の遺跡も撮影に使われた。メキシコでの撮影は3月中旬に終了した。10月にクランクアップ後の追加撮影が行われた[10]

当初は2008年8月15日全米公開予定だった[11]が、制作期間を延長し作品の完成度を高めるために全米公開は2009年4月10日に延期された。日本で3月13日より全米に先駆け公開することになり、2008年5月頃より一部の劇場にて人物の登場しない予告編(特報)が上映されていた。

2008年8月に完成度の低さを理由としてお蔵入りになるという噂が流れた[12]が、映画会社はこれを公式に否定。逆に関係者試写での反応はおおむね好評であり、続編についての話し合いも行われていたという[13]。また、2008年10月17日の『マックス・ペイン』全米公開と同時に予告編を上映予定であることを明らかにしていた[14]が、期日までに特殊効果の作業が完了しなかったため、『地球が静止する日』全米公開日の12月12日に延期となった。

2008年12月20日開催のジャンプフェスタ2009でスペシャル映像が上映され、2008年12月19日より悟空のベアブリック付き前売り鑑賞券が販売。その後正式タイトルが『DRAGONBALL EVOLUTION』に、全世界共通のテーマソングが浜崎あゆみの『Rule』に決定した。

ストーリー[編集]

7つ揃えると、どんな願いも叶えてくれるというドラゴンボール

本来の力を隠し、普通の高校生として暮らしていた孫悟空は、18歳の誕生日に祖父の孫悟飯を何者かに殺害される。

その犯人、2000年の眠りから目覚めたピッコロ大魔王の世界征服の野望を阻止するため、ドラゴンレーダーで悟空の持つドラゴンボールを奪いに来たブルマや、盗賊として行く手を阻むヤムチャ、自宅に侵入してきた悟空達を強盗と勘違いする武天老師らと共に、修行をし、残りのドラゴンボールを探す旅に出る。

自分の中に眠る大猿の力を制御できずに仲間を襲いはじめる悟空。大猿の力を制御し、ドラゴンボールを全て集め、祖父悟飯の仇、ピッコロ大魔王の世界征服の野望を阻止する。

登場人物[編集]

仲間[編集]

孫悟空ジャスティン・チャットウィン、日本語吹き替え - 山口勝平
高校3年生。おとなしく冴えない少年。幼き頃から祖父の悟飯のもとで武術の鍛錬を受けている。同級生のチチに憧れを抱いているが積極的になれずに内気である。祖父の遺言でピッコロの野望を阻止するためドラゴンボールを探す旅に出る。
野生児のように育てられていた原作に対し、本作では文明的な環境で育っており学校で教育を受けている。学校では教師から注意されることほどの落ちこぼれである。
原作の「強くなりたい」と力を欲する人物とは異なり、時には弱音を吐き、修行の際にズルをする面も見受けられる。
ブルマ・ブリーフエミー・ロッサム、日本語吹き替え - 平野綾
20代のインテリの科学者。ドラゴンボールのエネルギーを発電に利用しようと研究している。父親の持っていたドラゴンボールをピッコロの部下マイに奪われたため、自身の発明品である液晶画面のDBE(ドラゴンレーダー)を用いて探す。
原作のようなわがままでお転婆な性格ではなく男勝りで非常にタフである。
武天老師チョウ・ユンファ、日本語吹き替え - 磯部勉
大柄な中年。悟飯の師匠で武術家。気がよくテンションが高い。基本的な武術を身につけている悟空にドラゴンボールを探す道中、短期で訓練する。必殺技「かめはめ波」を悟空に伝授する。
ヤムチャ(パク・ジュンヒョン、日本語吹き替え - 江川央生
旅人から金をくすねる盗賊。砂漠の洞穴の罠にかかった悟空達から荷物を横取りしようとするが、武天老師に脅されて、仲間になる。ドリルと飛行形態に変形可能な自動車を所持している。悟空達の力を知ったとたんにすっかりひるむなど情けない部分がある。
チチジェイミー・チャン、日本語吹き替え - 小清水亜美
悟空の同級生で憧れの存在。清楚なルックスとは裏腹に武道を習っており、悟空の力を知って以後よきライバル兼恋人となる。
原作のような田舎育ちではなく、悟空同様喋り方も標準語。
孫悟飯(ランダル・ダク・キム、日本語吹き替え - 石丸博也
悟空を拾い育てた優しい祖父。70代の老人だが熟練した武道家で、幼き頃から悟空に武術を教える。ピッコロにより殺害された後は悟空の夢の中に現われて助言をする。
シフ・ノリス(アーニー・ハドソン、日本語吹き替え - 内海賢二
亀仙人の師匠。亀仙人にマフーバを授ける。

悪役[編集]

ピッコロ大魔王ジェームズ・マースターズ、日本語吹き替え - 大塚芳忠
かつて2000年前に地球を破滅寸前まで追いやった魔族。彼の正体ははるか昔に地球にやってきた異星人ナメック星人で、劇中孫悟飯と悟空は大魔王の正体が「ナメック星人」であることを知っている。2000年間幽閉されていたが、現代において復活し、次の日食が起こる日までにドラゴンボールを集めて世界を征服しようと企む。悟空の出生の秘密を知っている。復活した経緯は不明。死闘の末、孫悟空に敗れるもエンディングの途中で生きていたことが明らかになる。
原作のような触角はなく、服装は原作での道着姿ではなくパワードスーツのような装備となっている。
マイ田村英里子、日本語吹き替え - 甲斐田裕子
ボブカットが特徴的な武術の達人でありピッコロ大魔王の最も有能な部下。変身能力を有しており、悟空をあざむくためにチチに変身する。その後ブルマと勝負、ブルマを殺害寸前まで追い込むがヤムチャによって射殺される。
Fulum Assassin
3つの眼と硬い皮膚を持つモンスター。ピッコロの血液から誕生する。

そのほか[編集]

アガンデス(リチャード・ブレーク)
ケアリー・フラーの親友で悟空の同級生。アメフトをしている大柄のラテン系の青年でいじめっ子。
ケアリー・フラー(テキサス・バトル)
アガンデスの友人でクラスのボス的存在。アガンデスと同じくいじめっ子。チチと親しくする悟空のことを嫌っている。
セキ(関めぐみ
ストーリーの鍵を握る巫女。服装は中国の民族衣装である。

スタッフ[編集]

  • 監督 - ジェームズ・ウォン
  • 製作総指揮 - 鳥山明、ティム・ヴァン・レリム
  • 製作 - チャウ・シンチー、リッチ・ソーン
  • 脚本 - ジェームズ・ウォン、ベン・ラムジー
  • 編集 - クリス・ウィリンガム
  • 撮影 - ロバート・マクラクラン
  • 助監督 - ポール・F・バーナード
  • 第二班監督 - リッチ・ソーン、ゲイリー・カポ
  • 美術 - パトリシオ・M・ファレル
  • プロダクションデザイン - ブルトン・ジョーンズ、リチャード・ホーランド
  • 音楽 - ブライアン・タイラー
  • 衣装デザイン - マイェス・C・ルベオ、エドゥアルド・カストロ
  • クリーチャーデザイン - アレックス・トゥイス
  • 特殊効果 - アレック・ギリス、トム・ウッドラフJr. ジョー・パンケーク、H・バークレー・アーリス、アマルガメイテッド・ダイナミクス・インク(ADI)
  • 視覚効果 - アリエル・ヴェラスコ・ショウ、ジャネット・マズウェル、Ollin Studio、Hybride、CAFE FX、ZOIC STUDIO
  • プレ・ヴィズ - チャーリー・イトゥリアーガ、ロビン・L・ダーシー、Image Engine
  • スタント - 87Eleven
  • 全世界共通テーマソング - 浜崎あゆみ「Rule」(avex trax

作品解説[編集]

世界設定は原作と同じく未来的で東洋的な要素が多く取り入れられている。悟空役のジャスティン・チャットウィンはメキシコのメディアに対し、「悟空は長い間アニメ界を席巻した重要なキャラクターなので責任は大きいが、多くのファンのためにも、また自分も作品のファンであるため、いい演技をしたい」と語った[15]。ピッコロ役のジェームズ・マースターズは自身の公式サイトとTV Guide誌のインタビューで監督とアニメを絶賛し、ピッコロ役にかつてない意気込みを感じていると話した[16]

キャラクター設定[編集]

ストーリーの柱となるのはピッコロ大魔王の打倒だが、孫悟空チチの役どころや彼らの生活の舞台は、魔人ブウ編での孫悟飯ビーデルのものがプロットとして使われている。

ジャスティン・チャットウィン扮する悟空の髪型も原作のこの時期の悟飯のものであり、ラストカットではピッコロタイプの道着を着た姿も披露する。

ピッコロ大魔王の姿については原作と同様に緑色で禿げ頭で尖った耳をしており、映画は原作よりも女性キャラクターの描写が深くなっていると語った[17]。ただ原作のピッコロの特徴である四肢や腹部の蛇腹模様の意匠や、触角、道着の「魔」の文字といった記号は全て廃された。

アクション[編集]

悟空役のジャスティン・チャットウィンはスタントチーム 87Eleven でアクションの訓練を行った[18]

原作者との関わり[編集]

原作者である鳥山明は製作総指揮として参加しており、映画の内容については予告編の冒頭で

「脚本やキャラクター造りは原作者としては『え?』って感じはありますが、監督さんや俳優の皆さん、スタッフなど、現場は超優秀な人達ばかりです。ボクやファンの皆さんは別次元の『新ドラゴンボール』として鑑賞するのが正解かもしれません。もしかしたら現場のパワーで大傑作になっているかもしれませんよ! おおいに期待しています!!」

とのメッセージを寄せた[19]

しかし後年、『ドラゴンボールZ 神と神』(2013年)の公開時には、「脚本があまりにも世界観や特徴をとらえておらず、ありきたりで面白いとは思えない内容だった。注意や変更案を提示しても、製作側は妙な自信があるようであまり聞き入れてもらえず、出来上がったのも案の定な出来のドラゴンボールとは言えないような映画だった[20]」、「(『神と神』の出来に関して)『たぶんダメだろうな』と予想していたら本当にダメだった某国の実写映画と大違い[21]」などと述べており、今作品に対しては辛辣な評価を下している。

プロモーション[編集]

プロデューサーのチャウ・シンチープロモーションに参加せず、日本武道館で開催されたワールドプレミアなどにも姿を見せなかった。本人は「スケジュールが合わなかった」と伝えられているが、一部では製作に際して自分が提示した提案が一切反映されなかったことなどの待遇への不満が原因と言われている[22]。これに対し、亀仙人を演じたチョウ・ユンファが、「彼はプロモーションのスタッフという訳じゃないから」と擁護している[23]

DVD&Blu-ray発売時にはCMで「悟空にシッポが生えてない!!」「亀仙人がコウラをしょってない!!」「ブルマが凄くかわいくなった!!」と改変ぶりを逆手にとったテロップがつけられた。

公開・反響[編集]

日本[編集]

日本国内では、2009年3月11日に主要キャストを迎え催された日本武道館におけるワールドプレミアを皮切りに、13日より世界に先駆けて封切られた。初日は570の会場で公開されたが、内容が明らかになるとともに、下降路線を辿り[24]興行収入は公開後3日間で、全会場合わせて約3億円となった。成績は公開初週が3位、翌週は8位、第三週目で上位10位圏内から外れた。

Yahoo! JAPANの映画館の上映情報によると、5月15日の完全公開終了以前にも、4月10日 - 4月17日を境に公開終了した劇場も多かった。

同じ実写化作品として、この作品の対抗馬とされていた『ヤッターマン』には、動員数、興行収入共に大きく水をあけられ、両作の興行収入は、3月末時点で10億円以上の差が開き[24]、最終的にその差は20億円以上となった。

中国[編集]

中国では3月14日に公開され、公開週の成績は1位、翌週も2位を維持した[25]

キャラクターの名称で悟空が「武昆ウークン)」、亀仙人が「武天ウーティエン)」などと改められる[26]など、主に原作との差異に対する不満の声が上がった[27]

原作ファンの批判に対し、製作サイドは「この作品はドラゴンボールファンのためのものではなく、新しくドラゴンボールのファンになる人々に向けて作ったもの」と反論している[28]

アメリカ[編集]

アメリカでは2009年4月10日から公開。上映する会場が2100箇所を越えたが、興業収益は4億円弱にとどまり、興行成績で初登場8位、トップ10ランキングでも初登場8位を記録した。公開第1週目の興行成績は500万ドルに達せず、翌週の興行成績ランキングでトップ10から脱落し、最終的な成績も1000万ドルには達しなかった。

子供のファンからの評価はまずまずだったが、大人のファンからは厳しい見解もあり、批評家からは「ハリー・ポッターシリーズのようにストーリーを段階的に分けるべきだった」という意見も出ている[29]

アメリカでの成績不振の理由に、20世紀フォックスはプレスや評論家などに対する試写会を一切行わなかったことも挙げられる。これは「辛口批評を防ぐため」とも言われていたが「プリントの確保が遅れたのが理由。批評させない目的ではない」と配給会社は答えている[30]

広報スタッフは「日本での成績が振るわなかったことから強力なプレッシャーを掛けられていた」と漏らしている。また20世紀フォックス側は今作の不振に対し、世界での興業収益は3700万ドルであるとして反論している(アメリカでの公開時における)。

MTVの「Movies Blog」のブロガーSilas Lesnickの記事によると、「原作とは違う部分が出て来た。原作のファンからは支持されないかもしれない」由の現場スタッフの言葉が書き綴られた[31]

香港[編集]

香港ではアメリカに続いて4月14日に公開された。事前から「幻滅した」など厳しい声が大多数を占めていた[32]が、興行成績は公開当日に映画館全41館で70万香港ドルを超え、1日の興行成績のトップとなった。

そのほか[編集]

シンガポール、タイ、マレーシアなどでは、公開週末でいずれも1位を獲得している。その一方で韓国での公開週末成績は2位、ロシアと台湾で5位、フランスでは6位を記録した[25]

メディアミックス[編集]

2009年2月13日に小学館集英社プロダクションより児童向け小説と全3冊のチャプターブック(ステイシア・ドイッチェ/著 ローディー・コーホン/著)の翻訳本が発売された。バンダイとENTERBAYよりアクションフィギュアも発売された。

ゲーム[編集]

2009年3月19日バンダイナムコゲームスよりPlayStation Portable対戦型格闘ゲーム『DRAGONBALL EVOLUTION』(タイトルは『ドラゴンボール エヴォリューション』と表記)が発売。『ドラゴンボール』ゲームシリーズ初にして唯一(2014年現在)のCERO12歳以上作品。映画で使われた映像を背景に取り込んでおり、映画の雰囲気を再現している。

初日販売1200本と、歴代のドラゴンボールを扱ったゲームタイトルの初日販売本数と比較して大幅に少ない売り上げとなった[33]

続編企画[編集]

映画には三部作構想があり 悟空役のジャスティン・チャットウィンは三部作の契約を結んでいる[34]

プロデューサーのチャウ・シンチーは降板する前に中国紙のインタビューに対し、20世紀フォックスに悟飯ベジータトランクスの配役について要望を伝えてあると語っていた。

製作総指揮のティム・ヴァン・レリムはメキシコの新聞El Siglo de Durangoに対し、悟空が続編の最初で死亡することを明らかにした[35]

2008年4月、チャットウィンが続編の脚本が書き上がっていることをインタビューで答えていた。

脚注[編集]

  1. ^ Dragonball: Evolution (2009) - IMDb
  2. ^ a b Dragonball Evolution (2009)”. Box Office Mojo (Amazon.com). http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=dragonball.htm 2009年9月15日閲覧。 
  3. ^ Claude Brodesser, "Ramsey rolls 'Dragonball Z'", Variety, 2004年6月24日。
  4. ^ 『ドラゴンボール』実写版の監督はアレハンドロ・アメナーバル?」、シネマトゥデイ、2005年3月11日。
  5. ^ 実写版「ドラゴンボールZ」の監督決定か?」、シネマトゥデイ、2007年10月5日。
  6. ^ 実写版「ドラゴンボールZ」の主演が決定!チャウ・シンチーも関与」、eiga.com、2007年11月15日。
  7. ^ BRENDAN KELLY,"Montreal gets a big-budget boom with three movie shoots", Montreal Gazette, Saturday, September 01.
  8. ^ 実写版映画「ドラゴンボールZ」、いよいよ撮影開始!」、eiga.com、2007年11月9日。
  9. ^ 実写版映画『ドラゴンボール』悟空の通う高校はメキシコの工科大学で撮影中!」、シネマトゥデイ、2007年12月19日
  10. ^ 実写版映画『ドラゴンボール』の追加撮影が決定!俳優も募集中!容姿の指定なし」、シネマトゥデイ、2008年10月20日
  11. ^ ついに始動! 実写版『DRAGONBALL』2008年8月15日全米公開決定!!!」、foxjapan.com、2007年11月19日
  12. ^ 人気コミック実写版映画の『ドラゴンボール』未完成のままお蔵入りか?」、レコードチャイナ、2008年8月25日
  13. ^ "Dragonball Cancellation Rumors Not Likely", Movie Web, Friday, August 22nd, 2008
  14. ^ "Dragonball Trailer Coming in October", ComingSoon.net, August 27, 2008
  15. ^ Justin Chatwin habla sobre su personaje en Dragon Ball en Durango y otras curiosidades, HoyCinema Movieland, 2008-01-18. (スペイン語)
  16. ^ 実写版映画『ドラゴンボール』のピッコロ役がアニメを大絶賛!」、シネマトゥデイ、2008年1月18日
  17. ^ 実写版『ドラゴンボール』、ピッコロ役俳優が 「ピッコロは緑でハゲ」」、マイコミジャーナル、2008年1月31日。
  18. ^ Borys Kit,"'Dragonball' movie set to roll", Hollywood Reporter,2007-11-14.
  19. ^ Dragonball Evolution Japanese Trailer” (2009年2月23日). 2011年12月9日閲覧。
  20. ^ 新作映画「原作者の意地」 鳥山明さん独占インタビュー 」朝日新聞デジタル、2013年3月30日。
  21. ^ 「原作・ストーリー・キャラクターデザイン 鳥山明」ドラゴンボールZ神と神パンフレット、東映、2013年3月30日、2頁。
  22. ^ [http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0221&f=entertainment_0221_008.shtml 周星馳 映画『ドラゴンボール』に不満でPR拒否? 2009/02/21(土) 18:30:48 サーチナ
  23. ^ 実写版「ドラゴンボール」PR、シンチー欠席にチョウ・ユンファが弁護―タイ
  24. ^ a b バラエティ・ジャパン - 『ヤッターマン』が『DRAGONBALL』撃破
  25. ^ a b 「ドラゴンボールエボリューション」米国公開は厳しいスタート”. アニメ!アニメ!. 2009年4月25日閲覧。
  26. ^ ハリウッド版『ドラゴンボール』で悟空が「武昆」に改名なったワケ! 台湾では悟空
  27. ^ 『ドラゴンボール』実写映画にファンから失望の声
  28. ^ 実写版『ドラゴンボール』“エロくない亀仙人”で不評
  29. ^ “実写版『ドラゴンボール』アメリカで最悪なスタート!ファンも批評家もかなり辛口評価!?”. シネマトゥデイ. (2009年4月13日). http://www.cinematoday.jp/page/N0017657 2011年2月8日閲覧。 
  30. ^ 実写版「ドラゴンボール」、異例の試写“封印”
  31. ^ EXCLUSIVE:'Dragonball Evolution' Cast & Crew Explain Differences With Source Material”. MTV. 2009年4月25日閲覧。
  32. ^ 【華流】香港のドラゴンボールファン、実写版予告編に「幻滅」
  33. ^ 実写版「ドラゴンボール」のPSPソフトが初日たったの1200本
  34. ^ (例えば、映画の最後あたり、ピッコロが見知らぬ女性に助けられていて、次回作を予言している)「実写版映画『ドラゴンボール』は3部作構成?ネットで次々と全ぼう明らかに」シネマトゥデイ、2007年12月26日。
  35. ^ 実写版映画『ドラゴンボール』で悟空の死亡は『ドラゴンボール2』最初に…」、シネマトゥデイ、2008年4月17日。

外部リンク[編集]

ドラゴンボールの映画・イベント用アニメ
通番 題名 公開時期
第1作 神龍の伝説 1986年 グルメス王一味
第2作 魔神城のねむり姫 1987年 ルシフェル一味
第3作 摩訶不思議大冒険 1988年 鶴仙人・桃白白兄弟
第4作 オラの悟飯をかえせッ!! 1989年 ガーリックJr.一味
第5作 この世で一番強いヤツ 1990年 Dr.ウィロー一味
第6作 地球まるごと超決戦 1990年夏 ターレス一味
第7作 超サイヤ人だ孫悟空 1991年 スラッグ一味
第8作 とびっきりの最強対最強 1991年夏 クウラ一味
第9作 激突!!100億パワーの戦士たち 1992年 メタルクウラ
第10作 極限バトル!!三大超サイヤ人 1992年夏 人造人間13号、14号、15号
第11作 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 1993年 ブロリー
第12作 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 1993年夏 ボージャック一味
第13作 危険なふたり!超戦士はねむれない 1994年 復活ブロリー
第14作 超戦士撃破!!勝つのはオレだ 1994年夏 バイオブロリー
第15作 復活のフュージョン!!悟空とベジータ 1995年 ジャネンバ
第16作 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる 1995年夏 ヒルデガーン
第17作 最強への道 1996年 レッドリボン軍
JF08 オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!! 2008年 アボとカド
実写 EVOLUTION 2009年 ピッコロ大魔王
JF12 エピソード オブ バーダック 2011年 チルド一味
第18作 神と神 2013年 ビルス