ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドラゴンボール > ドラゴンボールZ > ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人
ドラゴンボールZ
極限バトル!!三大超サイヤ人
監督 菊池一仁
脚本 小山高生
原作 鳥山明
製作総指揮 今田智憲、安齋富夫
ナレーター 八奈見乗児
出演者 野沢雅子
古川登志夫
田中真弓
草尾毅
堀川亮
曽我部和恭
江川央生
小林俊夫ほか
音楽 菊池俊輔
主題歌 CHA-LA HEAD-CHA-LA」(影山ヒロノブ
編集 福光伸一
製作会社 東映動画
配給 東映
公開 日本の旗1992年7月11日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち
次作 ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦
テンプレートを表示

ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人』(ドラゴンボールゼット きょくげんバトル!! さんだいスーパーサイヤじん)は、1992年7月11日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作第10弾である。監督は菊池一仁

夏休みの東映アニメフェアの1つとして上映された。同時上映作は『ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ぶちやぶれ!!新生6大将軍』『ろくでなしBLUES』。

解説[編集]

邦画興行収入25.5億円[要出典]、邦画配給収入14億5千万円、観客動員数400万人[1]。1996年初頭時点におけるビデオ販売本数は4万3千本[1]

本作はトランクスの初出演作品である。亀仙人ウーロンが「ミスこの世で一番べっぴん世界大会」で水着ギャルをあれこれ妄想するなど、『ドラゴンボール』の名物シーンも登場している。劇場版10作目ということもあって、劇場公開時のプログラムでは過去10作品を振り返る内容の記事が掲載されていた。

『ドラゴンボール大全集』には「劇中でのドクター・ゲロ抹殺や、悟飯が超サイヤ人になれない点からゲロ死亡からセルが完全体に変身するまでと時期を推測。ただし、その頃の悟空は伝染病で倒れているか、精神と時の部屋で修行中。平行世界的な出来事といえる」と書かれており[2]、前作『ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち』より時系列的には前の話と考察されている。

あらすじ[編集]

人造人間17号によって、ドクター・ゲロは殺された。しかし、人造人間たちですら知らない極秘の地下研究施設では、ゲロの怨念を引き継いだスーパーコンピューターが引き続き「孫悟空抹殺」を目的に開発を続けていた。

平和な日常を送る悟空達の前に、突如として謎の2人組が襲撃をかけ、街を破壊し始める。その存在に気付いた悟空は、2人に気が感じられない事から、ドクター・ゲロの作った人造人間である事を察知する。街中で戦う悟空とトランクスであったが、トランクスの咄嗟の一言で、人気のない場所へ誘き出す。

その頃、ドクター・ゲロの研究所では最後の人造人間・13号が完成し、孫悟空の元へと迫っていた。

ゲストキャラクター[編集]

ドクター・ゲロのコンピューターが作りだした三体の人造人間が登場。ドクター・ゲロの遺志を継ぎ、孫悟空抹殺のためなら破壊や殺戮も厭わない。原作での18号の言によるとドクター・ゲロの手により処分されたが、扉ページでは「13、14、15号はかなり完成度が高かった」と解説されていた[3]

人造人間13号
三体の中では最強の力を持つリーダー格で、最後に目覚めた人造人間。帽子と胸の服にレッドリボンのマークが入っており、14号や15号とは異なって外見は一般の人間に近い。また、二体に比べて人語も堪能な上に饒舌で、自分達の目的は「孫悟空を殺すことである」と明言している。北の氷河地帯にて悟空との一騎打ちの最中に倒された14号と15号の戦闘データが収まっているコンピュータチップと動力炉を吸収してさらに強力な「合体13号」[4]となった。合体後は3メートルを越す巨体となり、体の色が青く変色して筋肉が隆起し、眉毛が消えて白目になり、白い髪が赤くなって逆立つなど外見上の劇的な変化に加え、他の2体の仲間同様に人語を発さなくなる。どんな攻撃にもびくともせず、トランクスやピッコロを一蹴するほどの強さを得るも元気玉を吸収して超サイヤ人化した悟空の迫力に焦りを感じる。その後は殴り掛かるが、殴った弾みで両腕が崩壊し、最後はどうすることも出来ずに悟空から重い拳の一撃で胸を撃ち抜かれ、悟空の名を叫びながら大爆発を起こした。
ほかの人造人間を吸収しての強化といった点から、東映アニメフェア92夏のパンフレットでは「セルの原型ではないか?」と指摘されている。両手から追尾機能のある人工エネルギー弾を放つ技「S.S(エス・エス、スーパー・スペシャル)デッドリィボンバー」は、本人によれば「地球の半分を破壊するほどのエネルギーが凝縮されている」とのことだが、ベジータのエネルギー弾で弾き飛ばされた。名前は13が不吉な数字であることと、原作に出ていないナンバーの人造人間であるということから名付けられた。14、15号も同じコンセプトになっている[5]
本作での人造人間13号の声は曽我部和恭が務めていたが、プレイステーション2専用のゲームソフト『ドラゴンボールZ Sparking!NEO』、続編の『ドラゴンボールZ Sparking!METEOR』と以降の作品では遠藤守哉が担当している。
ドラゴンボールヒーローズ』ギャラクシーミッション「トランクス・ザ・ストーリー もうひとつの未来編」では、未来のトランクスがいた世界にも存在していたようで、人造人間14号、15号とともにセルにつき従っている。
人造人間14号
三体の中では最も巨漢の人造人間。白い肌に辮髪を結っており、ベルトとバックルにレッドリボンのマークが入っている。13号とは異なって人語はほとんど話さず、機械的に「ソン・ゴクウ」と繰り返して音声を発するのみである。また、他の二体に比べて表面的な表情の変化にも乏しく、戦闘中もほぼ常に無表情である。13号よりも先に目覚めて13や15号と共に悟空達と戦い、南極でのトランクスとの戦いでは彼の剣を指先2本で受け止め、一時的に奪ったその剣で至近距離から放たれたトランクスのエネルギー弾を切り払うなど無類の強さを見せたが、最終的にはトランクスの剣術で上半身と下半身に体が真っ二つに切断されて爆発した。その後は15号と共に体のパーツは13号に吸収された。
鳥山明がデザインした段階では14号と15号の名前が逆になっていたが、ストーリー展開などの都合で2体の名前が取り替えられることになった[6]
人造人間15号
三体の中では最も小柄の人造人間。14号と同様に人語はほとんど話さないが、14号とは異なって表情の変化は比較的に多く、またポケットに液体エネルギーの入ったビンを携帯している。また、肌の色は紫で、蝶ネクタイにレッドリボンのマークが入っている派手な色の服を着用し、サングラスと巨大な帽子が特徴である。帽子の下に隠れた頭部は19号と同じように内部が見える電子頭脳で、眼球部はレンズ状とほぼ機械のままである。また、頭頂部にはアンテナらしき3本の管が伸びており、これらはドクター・ゲロのコンピューターと直結しており、戦士達のデータをより明細に分析することができる。身だしなみに気を配っており、戦闘中でも帽子や衣服の乱れを整えている場面があるが、それ以外では優勢になると表情をニヤリと歪める他、着地時や歩いている最中に突然雪の中に埋まったり、風で顔に当たった14号の辮髪を嫌悪感を露わにしてどけたりと、他の2体に比べてどこか滑稽な場面が多い。13や14号と共に悟空やトランクスと戦い、14号との抜群の連携攻撃やその高い分析機能によって悟空達の動きを全て読んでトランクスや悟空を圧倒したり、途中で現れたベジータと互角以上の戦いを展開したが、最終的には一歩及ばずに首を折られて爆発した。その後は14号と共に体のパーツは13号に吸収された。

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「CHA-LA HEAD-CHA-LA
作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 清岡千穂 / 編曲 - 山本健司 / 歌 - 影山ヒロノブ
エンディングテーマ - 「GIRI GIRI-世界極限-」
作詞 - 佐藤大 / 作曲 - 清岡千穂 / 編曲 - 山本健司 / 歌 - 影山ヒロノブ、YUKA

映像ソフト[編集]

いずれも東映ビデオより発売。

  • VHS・LD
1993年2月12日に発売。
  • DVD
    • DRAGON BALL 劇場版 DVDBOX DRAGON BOX THE MOVIES
      2006年4月14日発売。
    • DRAGON BALL THE MOVIES #07 ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人
      2008年11月14日発売。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『予約特典・ドラゴンボール最強への道・劇場版ご近所物語A5サイズ前売特典冊子』8頁。
  2. ^ 渡辺彰則編「DBZ THE MOVIE BATTLE STORIES No.7『極限バトル!!三大超サイヤ人』」『ドラゴンボール大全集6巻』集英社、1995年12月9日、ISBN 4-08-782756-9、96頁。
  3. ^ 鳥山明「扉ページ大特集 XXX」『DRAGON BALL 第30巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1992年6月10日、ISBN 4-08-851420-3、187頁。
  4. ^ 東映アニメフェア92夏のパンフレットやフィルムブックでは「変身13号」と表記。
  5. ^ 渡辺彰則編「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 Planning PART2・TVスペシャル&劇場版編」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、68頁。
  6. ^ 渡辺彰則編「GALLERY OF 鳥山明」『ドラゴンボール大全集 6巻』185頁。

関連項目[編集]

ドラゴンボールの映画・イベント用アニメ
通番 題名 公開時期
第1作 神龍の伝説 1986年 グルメス王一味
第2作 魔神城のねむり姫 1987年 ルシフェル一味
第3作 摩訶不思議大冒険 1988年 鶴仙人・桃白白兄弟
第4作 オラの悟飯をかえせッ!! 1989年 ガーリックJr.一味
第5作 この世で一番強いヤツ 1990年 Dr.ウィロー一味
第6作 地球まるごと超決戦 1990年夏 ターレス一味
第7作 超サイヤ人だ孫悟空 1991年 スラッグ一味
第8作 とびっきりの最強対最強 1991年夏 クウラ一味
第9作 激突!!100億パワーの戦士たち 1992年 メタルクウラ
第10作 極限バトル!!三大超サイヤ人 1992年夏 人造人間13号、14号、15号
第11作 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 1993年 ブロリー
第12作 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 1993年夏 ボージャック一味
第13作 危険なふたり!超戦士はねむれない 1994年 復活ブロリー
第14作 超戦士撃破!!勝つのはオレだ 1994年夏 バイオブロリー
第15作 復活のフュージョン!!悟空とベジータ 1995年 ジャネンバ
第16作 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる 1995年夏 ヒルデガーン
第17作 最強への道 1996年 レッドリボン軍
JF08 オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!! 2008年 アボとカド
実写 EVOLUTION 2009年 ピッコロ大魔王
JF12 エピソード オブ バーダック 2011年 チルド一味
第18作 神と神 2013年 ビルス
第19作 ドラゴンボールZ 2015年