アパッチ野球軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アパッチ野球軍』(アパッチやきゅうぐん)は、花登筺原作・梅本さちお作画による漫画、およびそれを原作としたアニメである。

原作漫画は週刊少年キング1970年35号から1972年26号に連載。アニメはNET系列(現・テレビ朝日)で1971年10月6日から1972年3月29日まで全26話が放映された。

概要[編集]

かつて高校野球で活躍するも自らの手で選手生命を断った青年・堂島剛が過疎の村で、社会からはみでた不良少年たちに野球を教えていくという物語である。ほぼ人間離れした野獣ともいえるようなキャラクター達が強烈で、いまだに根強いファンのいる伝説的な作品である。いわゆるスポ根の要素が皆無と言う訳ではないが、むしろ「野球部の創設に伴って起こる様々の人間模様とそれを通じた人間的成長を描いた作品」と言ったほうが近い。そのためか、実際のルールと異なるジャッジが行われることも少なくなかった。作品内容の多くは、閉鎖的な村の中で起こる村人と飯場の人間との対立や野球で一儲けしようと企む商人、その商人と村長との選挙を通じた癒着などの社会派ドラマに当てられている。

なお、アニメは原作の途中までしか描かれていない。原作ではその後、網走・材木・モンキーの3人の実力が突出し、チーム内で対立する様などが描かれている。

また、本作の主人公・堂島剛の高校時代を描いた前日譚の『エースの条件』が1969年少年キングで連載されている。こちらも原作は花登筐が手がけているが、作画は本作とは異なり水島新司による。本作アニメ化に際し、プロローグでネギ監督と堂島の父親と妹のみ登場しているほか、シリーズ中盤において、堂島が父親たちの前で自らの左腕に大怪我を負わせる回想シーンが「エースの条件」から引用されている。

差別的と思われる表現・描写が作中に多々含まれることなど[1][2]から漫画、アニメともに復刻(ソフト化)は困難とされてきたが2002年に限定生産でアニメのDVD-BOXが発売され、2005年には原作の漫画が復刊した。 なおDVD版は、"表現やせりふの一部に、今日では不適切と思われる個所がある" ことを認めたうえで、"作品の歴史的価値を重視"し、オリジナルに忠実に収録されている。

ストーリー[編集]

主人公・堂島剛はもともと甲子園を制した超一流の野球選手であったが、プロに入る直前に父親の拝金主義の餌食になるのに反発し、父の目前で自らの左手に割れたビール瓶を突き立て、二度とボールを握れない身体となる。こうして選手生命を断った堂島は恩師・ネギ先生の勧めで、四国愛媛県松山の郊外に在る過疎の村・猪猿村で野球部コーチになる仕事を引き受ける。

ところが、猪猿村は単なる「田舎」というよりは文明以前の原始人が住むようなすさまじい「無法地帯」とも言うべき弱肉強食の掟に支配された場所であり、近隣の住民からは「アパッチ村」と呼ばれて恐れられていた。最初はよそ者を受け付けないアパッチ村の人々であったが、次第に堂島を認めるようになり、共に甲子園を目指して奮闘していく。

登場人物[編集]

記述は基本的にアニメ版に準じる。守備位置と打順はQL学園との試合(アニメでは唯一全メンバーが揃った試合)のもの。

塾の講師[編集]

堂島 剛(どうじま たけし)
声 - 野田圭一
主人公。22歳。常に前向きで、何度も挫折を繰り返すがその度に立ち上がる根性の持ち主。野球を通じて社会のルールも知らない生徒達を人間らしく育てるべく奮闘する。サウスポーであるが右投も可能でコントロールも良い。
岩城 千恵子(がんじょう ちえこ)
声 - 坪井章子
岩城校長の孫娘。校長の運営する、村に一つしかない学校(私塾)において小学生から高校生まで教えている教師。堂島に恋心を抱き、最終回では松山を去る堂島に同行した。
岩城(がんじょう)校長
声 - 富田耕生
元教師で、村に高校が無いために高校生を対象とした私塾を運営している。常に堂島や生徒たちのよき理解者であり、後援者である。北辰一刀流の使い手で五段。生徒(選手)を信じる堂島に感心する反面、彼らがまだ精神的にも未熟で教育してやらなければ行けない事を堂島に説いた。

村の大人たち[編集]

村長
声 - 永井一郎
花子の父。小森のコネで票をまとめ、長らく村長の座に君臨していたが、野球部創設に伴う様々の事件で小森と決裂し、落選した。
小森(こもり)
声 - 矢田耕司
コウモリの父親。村に一つしかないよろず屋の主で村中に顔が利く。後に村長に就任。備品で儲けるためアパッチ野球軍を潰して新しい野球部を作ろうとした業突く張り。
ダム技師長
声 - 田の中勇
マリの父親。東大卒。仕事柄家を空ける事が多いことからマリを一時不良にしてしまった事を悔いて、自分の元に妻と共に置く事にした。ダム工事も滞っており、ダム工事現場者と村民を刺激しない為に中立を保っている。事なかれ主義

生徒たち(ダム派)[編集]

生徒たちは当初、村派とダム派が対立しており、教室も左右に分かれて座っていた。

網走(あばしり)
声 - 柴田秀勝
テンガロンハットチョッキ、腹に巻いたさらしトレードマークダム工事の飯場の主任の子でナイフ投げの名手。堂島への反発から野球に無関心の立場を貫いていたが、実はプロの投手になるのが夢であり天才的素質をもつアパッチ野球軍のエース。斜に構えたニヒルな性格であるが、クレバーであり反発しながらもモンキー、ハッパの命を救った事もある。当初は右投げであったが実は左右投げであった。堂島に「俺をも超える逸材」と言わしめた。一匹狼を気取ってた時期もあったが、幼少時代は幼稚園に行きたがったりQL学園戦の最終回の一投で亡き母親を思い出すなど人並の感受性は持っている。
5番(打順) / 投手
ハッパ
声 - 田中亮一
団子っ鼻の小柄な少年。飯場ダイナマイト管理者の息子なので「発破」。堂島への反感からグラウンドにあった岩を飯場から持ち出したダイナマイトで爆破、堂島にも重傷を負わせたが、負傷した当の堂島から庇われそれ以後は彼に心酔する。実は小心者であるが熱意と根性で後に主将を任されるまでになる。EDの歌詞ではメインであるが彼自身の絵は登場しない。
3番(打順) / 三塁手
大学(だいがく)
声 - 森功至
の息子でカッターシャツにズボン、学帽、眼鏡という唯一真っ当な学生の格好をしている生徒。あだ名が示すとおり真面目な秀才。当初は野球に関心を示さなかったが10話で小学生に惨敗したアパッチを罵倒。この時実は少年野球に所属していた時代もあり、唯一の経験者であることを口走り半ば堂島に強引に参加させられた。その後はガラリと協力的になり、チームの知恵袋や堂島の代理を務めるなどして活躍する。QL学園戦では負傷退場。
1番(打順) / 一塁手
マリ
声 - 山口奈々
尖った眼鏡をかけた茶髪のロングヘアーの女生徒。大学と同じく勤勉派。ダム技師長の娘で都内出身。都内在住時に不良グループに入った経緯で猪猿村に隔離された。チームには参加しないものの「堂島が居なくなれば刺激が無くなる」としてチーム存続を促したこともある。アニメ版の後半では登場しなくなる。

生徒たち(村派)[編集]

材木(ざいもく)
声 - 北川国彦
木こりの子で、高校生ながら腕一本で病気の母親を食わせている。アパッチ野球軍のスラッガー捕手を務める巨漢。モンキーやハッパと並んで、早期から堂島に心酔した1人。父親は遭難後行方不明で精神障害を持った母親が居るが入院して正気を取り戻した。当初は主将に任命されたが後にハッパに譲る。
4番(打順) / 捕手
モンキー
声 - 大竹宏 / 田の中勇(12話以降)
材木と同じく木こりの子。小柄ながらそのずば抜けた走力と身の軽さで堂島に「外野を一人で守れる」と言わしめた逸材。悪童が多いメンバーの中でも「人殺しは嫌い」と当初からポリシーを持っていた数少ない人物。アパッチ野球軍に野球道具を贈る事と新聞でアパッチを報道してもらう事と引き換えに、社会人野球に甘んじて引き抜かれようとしたことがある。
2番(打順) / 中堅手
オケラ
声 - 山田俊司
上半身は常に裸。ダム派ではないが賭けに勝った際の戦利品である2本線の入った保護帽職長用?)を常用している。当初は一塁手を任されていた。しかし小森の圧力で一度アパッチ野球軍を脱退したため、最後の試合でもレギュラー出場が出来なかったが代打として出場。OP、EDでは左投げとして描かれているが本編では右投げ。
モグラ
声 - 山本相時
小さい頃落石で母親を亡くし、それ以後飛んでくるもの全てを怖がっていたが特訓で克服した。オケラと同じく一度アパッチ野球軍を脱退したためにレギュラーになれなかったが代走として出場。
ダニ
声 - 野島昭生 / 加藤治(一部)
ごつい顔をしている。アニメの初登場シーンでは高い木を楽々と上り下りしてみせた。OPでは顔面に打球を受け出血しながらも即座に送球する根性を見せていた。小学生との練習試合で三塁に逆走しそのまま折り返してホームに突っ込みチームメイトから袋叩きにされていた。
6番(打順) / 二塁手
コウモリ
声 - はせさん治
小森の息子で、学帽に狡猾そうな顔をした少年。何かと父親の権威を振り回して煙たがられている。父親の意向に沿ってアパッチ野球軍とは別の野球部を立ち上げようとするが悉く失敗。結局アパッチ野球軍に入った。QL学園戦では負傷したダイコンに代わり9番・右翼手に入る。チームで唯一のユニフォーム着用者。
花子(はなこ)
声 - 桜井妙子
村長の娘で村の子供たちのまとめ役。初期から堂島に好意を抱いており何かと便宜を図っていた。上着はセーラー服だが下はもんぺ
8番(打順) / 左翼手
ダイコン
声 - 山本圭子
ころころした体型の三つ編みおさげの女の子。QL学園との試合では大飛球をフェンスに激突・負傷しながらもキャッチしてのけチームの心を一つにまとめた。コウモリと入れ替わりベンチに下がる。実はハッパから好意を持たれていた。
9番(打順) / 右翼手
コケラ
声 - 菅谷政子
オケラの弟で中学生。父が小森の圧力でオケラを小森の野球部に入れてしまったため母親がアパッチ野球軍に入れた。OPには登場していない。
7番(打順) / 遊撃手

スタッフ[編集]

  • 製作担当:原徹
  • 企画:飯島敬
  • 原作:花登筺梅本さちお
  • 脚本:花登筺、梅谷卓司
  • 音楽:はっとりこういち(服部公一
  • プロデューサー:宮崎慎一NET
  • 作画:品川丈夫、小童寺渚、玉沢武、新井豊、玉沢君子、山田一広、原完治、平村文男、林正史、田島実、田村晴夫、坂元政弘、金順子、渡辺節子、中村実、菊池城二、高島哲也、柳田朝彦、平賀みちる、海林修、須田勝、高倉建夫、山崎和男、島村照代、丹内司、杉浦よし子、富永貞義、箕輪宗廣、山崎勝彦、山田洋一、紺野政子、池田純子、鈴木俊夫、青木茂、永木龍博、森田幹夫、桑山邦雄、高木祥一郎、田島千代子、松坂テルミ、渡辺智恵子、福田新、箕輪修二、酒井健治、山田順二、田中一枝、鈴木幸雄、新川信正、藤木義一、沢益美、篠文代、松本清、戸倉健二、森下圭介、沼尻東、一色早苗、小宮清、熊尾義之、石山卓也、森川豊、中村一夫、荒木伸吾、中村明、小倉貞雄、石黒育、藤原万秀、宮口栄一、高田貞雄、岡本一郎
  • 背景:伊藤英治、伊藤岩光、伊藤攻洋、島田こうじ、牧野光成、原田謙一、旭修二、河野次郎、勝又激、赤保谷あい子、山田洋二、越国枝、森口洋二、内川文広、杉本隆一、山崎誠、市瀬通子、阿部泰三郎
  • 撮影:高梨洋一、不破孝喜、山田順弘、細田民男、武井利晴、林和夫、酒井寿一、吉村次郎、清水政夫、菅谷正昭
  • 編集:鈴木寛、上中哲夫、鳥羽亮一、花井正明、本山収
  • 効果:大平紀義
  • 録音:二宮健治、小西進、荒川文雄、波多野勲
  • 記録:黒石陽子、池田紀代子、小林ふみ子、中嶋晴代、大橋千加子、鈴木素子、早見佐代子、的場節代
  • 選曲:宮下滋
  • 現像:東映化学
  • 演出助手:奥西武、横田和善、山吉康夫、早川啓二、福島一美、佐々木皓一、磯本憲昭、浦上昭人
  • 製作進行:工藤浩市、堤四四三、館浩二、豊島勝義、広岡修、佐野禎史
  • 制作:東映、NET
補足

現在存在するOPとEDには、プロデューサー・制作とも「NET」はクレジットされておらず、しかもその部分のテロップ形態は他の部分と違っている。恐らく本放送時にはクレジットされていたものと思われる。

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「アパッチ野球軍」
作詞 - 花登筺 / 作曲 - 服部公一(クレジットでは「はっとりこういち」) / 歌 - 林恵々子
エンディングテーマ - 「みんなみんな」
作詞 - 花登筺 / 作曲 - 服部公一 / 歌 - 坂本新兵

各話リスト[編集]

話数 放映日 サブタイトル 演出 作画監督 美術
1 1971年
10月6日
傷だらけのエース 宮崎一哉 森下圭介 山崎誠
2 10月13日 他国者(よそもの)は刺せ! 高畑勲 生瀬昭憲
3 10月20日 犯人(ほし)を探せ 茂野一清 菊池城二 伊藤英治
4 10月27日 白昼のダイナマイト 葛西治 高倉健夫
5 11月3日 天狗岩の死闘 佐々木勝利 福田新 山崎誠
6 11月10日 走れ!ボロ馬車 岡崎稔 永樹凡人 伊藤英治
7 11月17日 誘惑の町 葛西治 富永良 山崎誠
8 11月24日 黒い霧と白い球 宮崎一哉 森下圭介 伊藤英治
9 12月1日 死んでも離すな! 茂野一清 菊池城二
10 12月8日 初陣ショック! 岡崎稔 高倉健夫 山崎誠
11 12月15日 絶対ピンチ! 宮崎一哉 森下圭介 伊藤英治
12 12月22日 全員逆転せよ! 高畑勲 石黒育 山崎誠
13 12月29日 太陽に向かって打て 明比正行 森下圭介 伊藤英治
14 1972年
1月5日
新チーム誕生 茂野一清 菊池城二 山崎誠
15 1月12日 この旗の下に 葛西治 品川丈夫 伊藤英治
16 1月19日 秘められた熱球 宮崎一哉 菊池城二 山崎誠
17 1月26日 ピッチャー網走 高畑勲 石黒育 伊藤英治
18 2月2日 意地と根性 明比正行 荒木伸吾 山崎誠
19 2月9日 スイッチピッチャー! 茂野一清 菊池城二
20 2月16日 負けてたまるか 葛西治 荒木伸吾
21 2月23日 アパッチ大遠征 宮崎一哉 菊池城二 伊藤英治
22 3月1日 ならぬ堪忍 葛西治 山崎誠
23 3月8日 するが堪忍 宮崎一哉 荒木伸吾
24 3月15日 はだしの英雄たち
25 3月22日 目ざせ!甲子園
26 3月29日 胴上げの詩

コミックスサブタイトル[編集]

コミックスの復刻版がコミックパークにてオンデマンド・ブック販売されている。

  • 第1巻 アパッチ部落潜入
  • 第2巻 苦難の第一歩
  • 第3巻 血みどろの試練
  • 第4巻 傷だらけの闘魂
  • 第5巻 激闘の初勝利
  • 第6巻 白熱の遠征試合

脚注[編集]

  1. ^ タイトルにある「アパッチ」からして、インディアンアメリカ先住民)のアパッチ族に対する偏見とも受け取れるが、作中では村社会における理不尽な権力への反骨精神への象徴としても用いられる。
  2. ^ コミックス第1巻のサブタイトルに「部落」という単語が用いられているが、これはあくまでも原義の「農山漁家を主とする集落、およびそこで機能する共同生活体」の意味であり、いわゆる被差別部落を指す物ではない。「部落」という言葉が「被差別部落」を連想させるものとして放送禁止用語扱いにされたのは近年の事であり、原作の連載当時は「町、村より小さい行政単位、集落や地区」といった意味で広く用いられる一般的な名詞だった。

外部リンク[編集]

NET→テレビ朝日 水曜19時30分 - 20時
【本番組までNET制作】
前番組 番組名 次番組
アパッチ野球軍
(1971年10月6日 ‐ 1972年3月29日)
新・番頭はんと丁稚どん
※1961年版のリメイク作品。
本番組よりMBS制作。