ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ
ジャンル ヒーロー
アニメ
シリーズディレクター 小村敏明
シリーズ構成 キング・リュウ
キャラクターデザイン マーベル・コミックス(原案)
山室直儀
メカニックデザイン 村俊太郎
音楽 スタジオキッチン
アニメーション制作 東映アニメーション
製作 ウォルト・ディズニー・ジャパン
放送局 #放送局参照
放送期間 2014年4月2日 -
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト アニメ
ポータル アニメ

ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』とは、2014年4月2日よりテレビ東京系列で放送中のテレビアニメ。

テレビ東京がマーベルアニメ作品を放送するのは、『X-MEN』以来約19年ぶりとなる。

ストーリー[編集]

邪神・ロキによって、凶暴なヴィランを閉じ込めるための捕獲装置“ディスク”が悪用され、世界中のヒーローやヴィランが封印されてしまった。

同じ頃、5人の子供達が“バイオコード”というプログラムを通し、ディスクの中のヒーローを実体化する力を手に入れた。

ディスクに封じられた5人のヒーローチーム・アベンジャーズは5人の子供達と協力し、世界各地に散らばったディスク回収とロキの陰謀に立ち向かうのであった。

登場人物[編集]

ヒーローサイド[編集]

少年たち[編集]

アベンジャーズたちのパートナーとして共に戦う5人。当初は既存のマーベルキャラクターを主人公役にする予定だったが、日本側の意向で、ヒカルらオリジナルキャラクターが主人公になった[1]。単にヒーローを呼び出すだけの添え物ではなく、ヒーローの性格的弱点を補い、共に成長していく対等のパートナーとして描かれている。

アカツキ・アキラ
声 - 斎賀みつき
ディスクの開発者であるアカツキ博士の次男。中学二年生。熱い心と強い正義感の持ち主で常に少年たちの先頭に立つ。
アイアンマンのディスクを持ち、彼のパートナーとなる。トニー・スタークとは子供のように言い争うことも多いが、強い信頼関係で結ばれている。
13話にてウォーマシンのディスクも回収し、使用した。
過去のセンチネルによる迫害の歴史を聞かされた際には、同じ超人的能力を発揮しながらなぜミュータントだけ差別されるのかと素朴な疑問を呈し、トニーからは大人になってもその視点を忘れるなと諭される。
アカツキ・ヒカル
声 - 井口祐一
アキラの兄であり、アカツキ博士の長男。アキラとは対照的に冷静沈着な性格で、暴走しがちな弟には度々手を焼いている。だが弟がピンチに陥ると自身も冷静さを忘れ暴走してしまうことがある。
ノリコがヒーロー達を解放できるかもしれないミュータント能力の持ち主であることを隠していたことをアイアンマンに責められた時は、能力を目覚めたばかりで、混乱している彼女の意思を尊重する姿勢を見せた。
ソーのディスクを持ち、彼のパートナーとなる。
クリス・テイラー
声 - 桑畑裕輔
皮肉屋で斜に構えた態度をとる少年。しかし本当はアキラに負けない熱血漢。実はスイーツ作りの趣味を持ち、甘い物好き。エドに対しては辛辣な言葉を投げかけることも多いが、裏では何かと気にかけており優しさの裏返しであるとも言える。
資産家で弁護士の両親への反発からストリートでの喧嘩に明け暮れていたが悪になりきることもできず、「自分は一体何をしたいのか」と悩んでいた。スパイダーマンからキャプテン・アメリカとのコンビを提案されたときは「水と油だろ」と断ったが、キャプテン・アメリカの「なりたいものを一緒に探しに行こう」という言葉に惹かれ、彼のパートナーとなる。
エドワード・グラント
声 - 菅谷弥生
愛称「エド」。おとなしく引っ込み思案な性格。スーパーヒーローのファンサイトを運営しているヒーローマニアで、本命はキャプテン・アメリカ。だがジェシカにハルクを貶された際は「ハルクは怒りと自分の弱さと戦う正義のヒーロー」だと大声で擁護した。
ハルクのディスクを持ち、彼のパートナーとなる。
自身の至らなさから一時はハルクのディスクを預けパートナーを解消しようとも考えたが、それは責任感の強さから任務の重大性を一番強く認識しているからこそであり、ハルクからも「自分の弱さと戦っている」と擁護されてた。
当初はD-スマッシュのたびにディスクをあたふたとお手玉していたが、13話にて改めてハルクのパートナーとなった以降はバンクが変更されている。
ヒーローのみならずヴィランに関する知識も持ち併せており、時にそれが戦いに役立つ事もある。
ジェシカ・シャノン
声 - 大空直美
子供達の紅一点。両親が企業グループのトップにいるセレブリティなためか、自然と上から目線でモノを言うクセが身に付いてしまった。しかし根は優しく、勇気ある少女。
ワスプのディスクを持ち、彼女のパートナーとなる。
アキラ達を友達ではないと言いはり、助けられても「なんで助けた」ときつく当たることもあったが、それは初めてできた仲間達に自分の弱さを知られ、落胆されることを恐れていたためである。だがワスプの言葉を受けて態度を改めるようになった。

アベンジャーズ[編集]

地球を護るヒーローたち。ロキの計略によって下記の5人がディスクに封じ込められてしまったが、少年たちとパートナーになり戦う。

アイアンマン
声 - 花輪英司
属性 - テック / 必殺技 - アルティメット・ユニビーム
本名トニー・スターク。自ら開発した強化アーマーに身を包み悪と戦うヒーロー。スターク・インターナショナルの社長でもあり天才的な発明家でもある。
原作や映画版のトニー・スタークは口ひげがトレードマークだが、本作のトニーは顎ひげのみとなっている。
子供であるアキラ達を思いやる大人らしさがある一方、セイバートゥース戦では戦闘への焦りからアキラに「俺に命令するな」と怒ったり、(世界を守るという目的の為とはいえ)ミュータント能力に覚醒したばかりで困惑しているノリコに思慮の欠ける無理強いをしたりと、自己中心的な面も見られる。
ジャービス
声 - 加瀬康之[2]
アイアンマンのサポートAI。
ソー
声 - 加瀬康之
属性 - エナジー / 必殺技 - ライトニングストライク
北欧の天界・アスガルド出身の雷神。ロキの義兄。武器のハンマー『ムジョルニア』を使った打撃や投擲技の他、雷撃で攻撃を行う。
パートナーのヒカルとは同じ兄として共感する部分が多い。ヒカルとは方向性は違うが義弟のロキが絡むと周りが見えなくなり暴走する傾向があったものの、14話ではヒカルの言葉を受け任務を優先することを選んだ。
キャプテン・アメリカ
声 - 中谷一博
属性 - ファイト / 必殺技 - シールド・スロー
アメリカが極秘裏に研究していた実験によりスーパーパワーを得た戦士。本名スティーブ・ロジャース。究極硬度を誇る金属『ヴィブラニウム』で作られた盾は如何なる攻撃をも通さない。通称「キャップ」。
かつて相棒だったバッキーが任務中に命を落としたトラウマから、クリスに対して必要以上に保護者・指導者として接する面があったが、20話で対等のパートナーとして絆を結び直す。
原作のスーツはスケイルアーマーだが、本作では硬質素材によるプロテクターにアレンジされている。
ハルク
声 - 松田健一郎
属性 - パワー
科学者であった人間ブルース・バナーが実験中の事故により大量のガンマ線を身体に浴びた事で生まれた巨人ファイター。緑色に染まったボディから生み出されるパワーは怒りの増大により無限に高まる。
原作では怒りの感情が高まった時にハルクに変身するが、今作では常にハルクの状態で活動している。
ワスプ
声 - 水橋かおり
属性 - アニマル / 必殺技 - ワスプ・スティング
アベンジャーズの一員である女性。アベンジャーズ初代メンバー。ハチのパワーを宿しており、エネルギー放射攻撃『スティング』が得意。体を蜂のサイズまで小さくしたりも出来る。
本業はファッションデザイナーであり、相手のファッションに口を出すことがある。

S.H.I.E.L.D.[編集]

ニック・フューリー
声 - 江川央生
世界の平和を守る組織シールドの長官。
ロキの策略によってディスク発表会襲撃事件の犯人の疑いをかけられてしまい、ロバートに長官職を更迭されてしまう。
マリア・ヒル
声 - 渡辺明乃
ニック・フューリーの部下でシールドの副司令。ニック更迭後は長官代行を命じられるが、組織としての活動は封じられている。

その他のヒーロー[編集]

マーベルヒーローたち。ロキの襲撃後その多くがディスクに封印あるいは身柄を拘束されている。

スパイダーマン
声 - 川田紳司
属性 - アニマル / 必殺技 - ウェブ・ブラスト
本名ピーター・パーカー。クモのパワーを得た事で誕生したヒーロー。危険を察知する直感力『スパイダーセンス』と蜘蛛の糸を駆使して戦う。ニューヨークを拠点に活動しており、市民からは「親愛なる隣人」と親しまれている。
ロキの襲撃によるディスク化を唯一免れ、ソー、キャプテン・アメリカ、ハルク、ワスプのディスクを救い出した事からアベンジャーズと子供たちが協力できる様橋渡しをしていく。スパイダーマンであることを隠しアカツキ博士の助手もしていた事から、ディスクの使い方をある程度知っていた。
ロゼッタがニューヨーク市民にスパイダーマン死亡の報道を告げた直後、意気揚々と帰還し生存をアピール。そして再びニューヨークを守るためアベンジャーズと別れた。
一方、ピーター・パーカー自身は、研究助手のバイトがなくなった後はニューヨークの新聞社でカメラマンのアルバイトをしており、一時スパイダーマンのメッセージを届けるために来日している。
ウォーマシン
声 - 高橋英則
属性 - テック / 必殺技 - ショルダー・マシンガン
本名ジェームズ・ローズ。アイアンマンと同型のパワードスーツで戦う。アイアンマンことトニー・スタークの親友でもあり、軽口で言い争う仲。
ディスク発表会の襲撃によってディスク化されてしまうが、アキラに回収される。
ドクター・ストレンジ
声 - 増谷康紀
属性 - エナジー
その名の通り医者でありながらチベットの魔術師エンシェント・ワンに師事して力を得た地球最高の魔術師。
ディスク発表会の襲撃によってディスク化されてしまう。
アイアン・フィスト
伝説の都市崑崙(クン・ルン)で10年間拳法を学んだ崑崙最強の戦士。
ディスク発表会の襲撃によってディスク化されてしまう。
ホークアイ
声 - 竹本英史
属性 - ファイト / 必殺技 - ホーク・アロー
本名クリント・バートン。シールドのエージェントであるが、シールド凍結後は独自に活動を行っている。弓の名手で、様々な機能を持った矢で攻撃する。
エドが自信を無くした際は冷徹な言葉を浴びせかけたりする時もあったが、ハルクの擁護を見越して意図的に発言したりと、ぶっきらぼうながらアベンジャーズの活動を影で支えている。
紫色のマスクを付けた原作版の姿ではなく、素顔をさらした映画版をモチーフにした外見をしている。
バッキー
声 - 岸尾だいすけ
キャプテン・アメリカのかつての相棒だった少年。バロン・ジモの爆撃機を止めようとし命を落とす。

少年たちの周囲の人々[編集]

アカツキ・ノゾム
声 - 堀秀行
アキラとヒカルの父親。スターク・インターナショナルの科学者でディスク開発者。
奔放な性格だが、息子たちを思いその強さを信じている。
ロキ襲撃の際に行方不明となり、現在はロキによって捕らえられている。
ペッパー・ポッツ
声 - 水沢史絵
トニー・スタークの秘書でアカツキ博士の同僚。ヴィランと戦う事になった子供たちに協力する。原作ではそばかすが「ペッパー(胡椒)」というあだ名の由来だが、本作のペッパーにそばかすはない。

ヴィランサイド[編集]

セレブリティ5[編集]

ロキに従う仮面をつけた人間達。バイオコードを持ちヴィランをD-スマッシュさせることができる。 セレブリティ の名にあるように、メンバーは全員さまざまな業界で名を成した者たちで構成されている。

ティム・ギリアム
声 - 真殿光昭
長い鼻の付いた鉄のマスクをつけたスマートブレインを名乗る男。シールド科学開発チームの元メンバーだった。
テック属性ディスクを操り、所有ヴィランはモードック。
マニーノ・ジョルダーニ
声 - 新垣樽助
ティムの仲間。表の顔は天才シェフ。
エナジー属性ディスクを操り、所有ヴィランはグラビトン、ディアブロ。
オオクマ・ジュウベエ
声 - 高塚正也
ティムの仲間。実業家で格闘技の達人でもあり、刀を帯刀している。
血気盛んなセイバートゥースやミュータントの力を暴走させたノリコを「気に入った」と、力を持つ者を好む発言をしている。
ファイト属性ディスクを操り、所有ヴィランはバロン・ジモ、ワールウィンド。
ジョエル・マーフィー
声 - 伊丸岡篤
ティムの仲間。表の顔は有名ロックシンガー。
パワー属性ディスクを操り、所有ヴィランはアボミネーション。
ロゼッタ・ライリー
声 - 小島幸子
表の顔はビッグニュースチャンネルの女性ニュースキャスター。しかし裏の顔はティムの仲間。一見ヒーロー側のような報道でその実アベンジャーズを非難する様な偏向報道をする。
アニマル属性ディスクを操り、所有ヴィランはタイガーシャーク、リザード、ダイヤモンドバック、キング・コブラ。

ヴィラン軍団[編集]

アベンジャーズの宿敵たち。

ロキ
声 - 武藤正史
属性 - エナジー / 必殺技 - ケイン・ブラスト
アスガルドの神であり、ソーの義弟。ソーとは遥かなる過去から今に至るまで争ってきた。アカツキ博士が開発したディスクを悪用しヒーローやヴィランを大量に捕獲していく。
ロバート上院議員
声 - 武藤正史
世界安全保障委員会のメンバー。シールドの監査をしており、ニック・フューリーを更迭しシールドを無期限凍結する。実はロキが変装した姿。ヒーローを政府の管理下に置く法律を推し進める。
モードック
声 - 伊丸岡篤
属性 - テック / 必殺技 - サイオニック・ビーム
ティム所有のヴィラン。コンピューターのごとき頭脳を持つ脳を肥大化した。モードック・ミサイルで武装しサイオニック・フォース・フィールドで守られている。
グラビトン
属性 - エナジー / 必殺技 - グラビティ・ショックウェーブ
マニーノ所有のヴィラン。重力を操る。
バロン・ジモ
声 - 武虎
属性 - ファイト
ジュウベエ所有のヴィラン。テロ組織ヒドラの天才科学者で、射撃と剣術の達人。戦術用語を交えた言動が特徴。
キャプテン・アメリカの相棒であったバッキーが死亡する原因となった因縁深い人物でもある。
アボミネーション
属性 - パワー / 必殺技 - アボミネーション・ストップ
ジョエル所有のヴィラン。ハルク並の怪力を誇る。
タイガーシャーク
声 - 新垣樽助
属性 - アニマル
ロゼッタ所有のヴィラン。人体実験でイタチザメの遺伝子を持つ元スイマー。
キング・コブラ
声 - 平井啓二
属性 - アニマル / 必殺技 - コブラ・ポイズン
大柄で蛇のように柔らかい身体を持つヴィラン。サーペント・ソサエティの一人。
ロゼッタに回収されるも、後にD-セキュアされてヒーロー達に回収される。
クリムゾン・ダイナモ
声 - 稲田徹
属性 - テック / 必殺技 - ハンドミサイル
赤い対アイアンマン用アーマーを装着した科学者。人間発電機。
アブゾービングマン
声 - 川津泰彦
属性 - パワー / 必殺技 - アブソーブション
自分が触れた物体の性質をコピーできる能力を持つヴィラン。
ガソリンに触れさせられた上に火をつけられて倒され、D-セキュアされてヒーロー達に回収される。
ワールウィンド
声 - 三宅貴大
属性 - ファイト / 必殺技 - トルネード・バズーカ
高速回転する能力を持つヴィラン。
アジトの船を竜巻で守ろうとしたがハルクによって破られ、後にD-セキュアされてヒーロー達に回収される。
グリーン・ゴブリン
声 - 沼田祐介
属性 - ファイト / 必殺技 - ゴブリン・ブラスト
緑色の小鬼の様なコスチュームを着たヴィラン。
ゴブリン・グライダーに乗り飛行し、パンプキンボムを使う。
デストロイヤー
属性 - エナジー
アスガルドの魔導兵器。ディスク発表会の襲撃時に複数登場したがソーに返り討ちにあっている。
また、セイバートゥースの加勢にも現れたが、全て破壊された。
ウィップラッシュ
声 - 優希比呂
属性 - テック
ムチとヌンチャクの達人。「ビシビシ」が口癖。
アイアンマンとソーに倒され、D-セキュアされてヒーロー達に回収される。
コットンマウス
サーペント・ソサエティの一人。
リザード
声 - 半田裕典
属性 - アニマル / 必殺技 - スーパーテール・ウィップ
トカゲのような姿をしたヴィラン。皮膚が硬く、尻尾を武器にする。
アイアンマンの必殺技に倒され、D-セキュアされてヒーロー達に回収される。
ダイヤモンドバック
声 - 進藤尚美
属性 - アニマル / 必殺技 - ダイヤモンド・スパイク
ダイヤモンド爆弾を使う女性のヴィラン。サーペント・ソサエティの一人。
ロゼッタによって実体化されるもソーとの戦いで敗北し、再びD-セキュアされてヒーロー達に回収される。
ディアブロ
声 - 麻生智久
属性 - エナジー / 必殺技 - ディアブロ・アルケミー
強力な錬金術を操る錬金術士。ハルクを操り暴走させた。
その後、再びハルクを操ろうとするも返り討ちに遭い、D-セキュアされてヒーロー達に回収される。
シルバー・サムライ
声 - 西川貴教
属性 - ファイト
日本でトップクラスの凶悪なヴィラン。ヴィランではあるが、義理堅いサムライ精神を持ち、ヒーローからも一目置かれている。妹がアイアンマンに助けられた過去があり、アキラとの勝負を経てアイアンマンたちが日本を拠点にすることを容認する。
番組主題歌を歌っているT.M.Revolutionボーカルの西川が声優を担当しており、主題歌CDのパッケージアート中央にはシルバーサムライが描かれている。
ジャガーノート
声 - 山本祥太
属性 - パワー
驚異的なパワーと不死身の能力を持つヴィラン。そのヘルメットは精神攻撃を受け付けない。
ハルクがヘルメットを殴った轟音で脳震盪が起き、気絶させられて倒される。その後、D-セキュアされてヒーロー達に回収される。
ドクター・オクトパス
声 - 松本大
属性 - テック
タコの様なアームを持つヴィラン。原作では背中にアームがある以外は一般人と同じ姿をしているが、本作ではタコを思わせるパワードスーツで全身を覆っている。
アイアンマンとワスプに倒され、D-セキュアされてヒーロー達に回収される。
レッキングクルー
パワー属性の4人のヴィランチーム。アベンジャーズに倒され、全員D-セキュアされてヒーロー達に回収される。
レッカー
声 - 三宅貴大
属性 - パワー / 必殺技 - クロウバー・クエイク
『レッキングクルー』のリーダー。バールを武器にする脱獄犯。その力はバールを差し込んだ地面が割れる程である。
ディスク発表会の襲撃時に散々傷めつけられた事から、アイアンマンには恨まれていた。
パイルドライバー
声 - 桐井大介
『レッキングクルー』のメンバー。巨大な拳を武器にする。
サンダーボール
声 - 大久保利洋
『レッキングクルー』のメンバー。鉄球を武器にする。
ブルドーザー
声 - 高階俊嗣
『レッキングクルー』のメンバー。怪力を誇る。
プレデターX
属性 - アニマル
声 - 新垣樽助
対ミュータントの生体兵器。口から吐く毒はミュータントを弱らせる。

ミュータント[編集]

X-MEN[編集]

ウルヴァリン
声 - 乃村健次
属性 - アニマル
X-MENの一員。両拳からアダマンチウム合金の爪を出し、超回復能力と動物的直感を持つミュータント。粗野な言動が目立つが、根は優しく義侠心に溢れたタフガイであり、意外に他人を気遣う事にも長けている。
サイクロップス達と異なり、アイアンマン達が開発したディスク発表会の参加を拒否した為、ディスク化を免れている。ディスクがかつてミュータントを強制連行していたロボットである「センチネル」よりも危険なものと見ており、アイアンマンとの対面時は、それを開発した彼を責めている。
プロフェッサーXからの指示を受けて、テクノアイル東京へと訪れ、宿敵・セイバートゥースと対峙。アキラ達の窮地を救っている。ミュータント能力を覚醒しつつあるノリコを様子見し、力を暴走させて不良達を追い払った彼女の前に現れ、ディスクからサイクロップスを解放する為に協力を頼もうとするが、ミュータントであった事に気付き混乱していた為、その場は引き下がる。その後、ノリコがミュータントである事を知ったアイアンマンが、半ば脅迫紛いな物言いで協力を強いようとした際は、その無神経すぎるやり方に激怒し、「ノリコにはお前達と同じ、心がある!」と非難している。
サイクロップス
声 - 吉水孝宏
属性 - エナジー / 必殺技 - オプティック・ブラスト
X-MENのリーダーであり、目から強力な破壊光線を放つミュータント。
ディスク発表会の襲撃によってディスク化されてしまうが、ウルヴァリンに回収される。
ノリコがジュウベエに捕まった際にはヒカルにディスクが託された。
ビースト
属性 - アニマル
X-MENの一員。青い体毛の獣の様な姿をした天才的な頭脳を持つミュータント。
ディスク発表会の襲撃によってディスク化されてしまう。
プロフェッサーX
声 - 阪脩
X-MENの創設者であり、世界最高のテレパス能力者。車椅子に乗っている。ミュータントの力を覚醒させつつある少女・ノリコと、ミュータント探査マシン・セレブロで幾度も交信を行っており、ウルヴァリンに彼女のいるテクノアイル東京へと向かわせる。
アイスマン
声 - 泰勇気
X-MENのメンバー。全身が氷で覆われ、氷を武器にする。
コロッサス
声 - 藤本たかひろ
X-MENのメンバー。身体を生体金属の鎧に包むことができる。
ストーム
声 - 菅谷弥生[3]
X-MENのメンバー。雷や風など天候を自在に操る。

その他のミュータント[編集]

アシダ・ノリコ
声 - 菊池こころ
アキラ達が通う「テクノアイルインターナショナルスクール」に通う青髪の日本の女子学生。ヒカルに一目惚れする。しかし特殊な生体電気を放つミュータントの能力に目覚めてしまう。ジュウベエに騙されアベンジャーズのディスクを強奪し自身も捕まってしまい、ミュータントとなった境遇に絶望し暴走するが、ヒカルに説得され自分を受け入れる。
原作X-MENでのコードネームは「サージ」。当初は番組オリジナルのミュータント少女を登場させる予定だったが、オリジナルキャラクターを増やしすぎたくないという観点から、原作キャラクターである彼女が登場することになった[4]
セイバートゥース
声 - 桐本琢也
属性 - アニマル
超回復能力を持つミュータント。
自由に暴れ回る事を好み、自分の前に立つ者は誰だろうと容赦しないと発言している。
デストロイヤーによる加勢に憤った際はディスク所有者であるロゼッタに牙を向けたりと、制御不能なヴィランである。
マグニートー
声 - 銀河万丈
強力な磁力を操るミュータントでX-MENの宿敵。ミュータントの世界を作るために人類と敵対をしている。
ミュータントであるノリコを保護するためにあえてプロフェッサーXの要請に応じる。

その他[編集]

ベータ・レイ・ソー
日本のショップでソーに似たフィギュアとして登場。
センチネル
属性 - テック
ミュータント捕獲ロボット。目や掌にレーザー光線を内蔵。何十年も前のミュータントの権利が認められていなかった頃、何万人ものミュータントを収容所に送った。

ディスク[編集]

本作のキーガジェット。英語表記は「DISK」(Digital Identity Securement Kitの略)。小さな三角円盤状の特殊デバイスにヒーローやヴィランを状況に応じて封印・開放出来るシステムの総称でもある(通常は特殊デバイスのみが「ディスク」と呼ばれる)。ディスクに封印されたヒーロー(ヴィラン)たちはD-スマッシュされないと身体の自由を取り戻せないが、ディスクの状態でも外界とのコミュニケーションはある程度行える。特に5人の子どもたちがパートナーとしたアベンジャーズはディスクから自身を模した小さなホログラフィーのアバターを出す事が出来、通常はこの状態で子どもたちと会話をする。また、ミュータントを封印したディスクは一部の形状が変化する。

封印や開放は「バイオコード」と呼ばれる特殊なプログラムを体内に埋め込んだ者のみが行なえ、封印はディスクをヒーローかヴィランに向けて「D-セキュア」と叫ぶ事で行い、開放はディスクを地面に叩きつけて行う(この行為を「D-スマッシュ」と呼ぶ)。なお、子どもたちの体に埋め込まれたバイオコードは不完全な物であり、開放は一時的なものでD-スマッシュしてからのタイムリミットが333秒(5分33秒)[5]と限られており、それを過ぎると強制的にディスクに戻ってしまうため「リミテッドバイオコード」と呼ばれる。また、一度D-スマッシュすると次にD-スマッシュ出来るまでにリチャージが必要になる。

物語が始まる数年前、トニー・スタークが経営する「スターク・インターナショナル」のスペシャルプロジェクトチームにノゾム・アカツキ博士を招き、極秘で研究開発してもらっていた(アカツキ博士は自分が開発者だと世に知られると2人いる息子たちがヴィランたちの標的にされてしまうと考え、対外的にはトニーが考案・開発した事にしてもらっている)。しかし、ディスクシステム完成直後、ロキが何らかの方法でディスクの存在を知ってしまう。ロキは仲間数人と共にバイオコードを体内に埋め込んだあと未使用のディスクを大量に盗み出し、アベンジャーズを始めとするヒーローやヴィランたちを無差別に大量封印してしまった。この際、その場に居合わせたアカツキ博士の息子2人と偶然いた3人の少年少女にバイオコードを埋め込むインストーラー(特殊装置)が誤って始動。彼ら5人にもバイオコードが埋め込まれる事となった。

ディスクは本来凶悪なヴィランたちを安全に拘束するため「封印」する事を目的としたモノである。しかし、これには危険性も含まれており、バイオコードを埋め込むという条件さえ整っていれば、一般人であろうが犯罪者であろうとも、ヒーローやヴィラン達を封印し、自由に解放する事が可能になり、つまりは力の弱い悪人でも強大な力を容易に振りかざし、破壊や殺戮を行う事も出来るようになってしまうのである。人々を守るヒーローの場合は拒否する事もあるが、犯罪を行うヴィラン達の場合だと拒否するとは限らず、場合によっては複数のヴィラン達が同時に出現して大規模な破壊活動を行う事もある。

属性[編集]

封印された者たちには特殊能力に応じて数種類の「属性」が付けられ、色で分類がし易い様になっている。主な属性は下記の通り。

  • テック(Teck・赤) - 科学技術に起因する能力。アイアンマンなど。
  • エナジー(Energy・紫) - 生まれつき持っている人智を超えた超常能力。ソーなど。
  • ファイト(Fight・青) - 極限まで極めた技術や奥義を有する系統の能力。キャプテン・アメリカなど。
  • パワー(Power・緑) - 身体を駆使する系統(腕力・脚力・膂力など)の能力。ハルクなど。
  • アニマル(Animal・黄) - 人間以外の動物(便宜上、昆虫なども含む)に起因する能力。ワスプなど。

用語[編集]

スタークジェット
トニー・スタークが個人所有しているジェット機。「ディスク・ウォーズ」勃発後はディスク化されたアベンジャーズたちと、(リミテッド)バイオコードをインストールされた子供達の移動手段となる。操縦は主にヒカルやペッパー。
ヘリキャリア
S.H.I.E.L.Dの空中母艦。
ブラックバード
X-MEN専用ステルス機。
テクノアイル東京
第16話より主な舞台になる、日本最大の超近代的な新開発都市。新しい観光名所としても人気がある。
アキラたちは「ディスク・ウォーズ」に巻き込まれてから自習に近い状態で勉強をしていたが、彼らの将来を考え最適な学習環境を与えたいと望むペッパーの強い要望をトニーが了解。子供たちは全員この街にある中高大の一貫教育学園「テクノアイルインターナショナルスクール」に通う事になった(ちなみにヒカルは年齢的には高校生だが、飛び級で大学部へ入学した)。
この都市は元々トニーがアベンジャーズ極東支部を置くつもりでスターク・インターナショナルを通して開発に莫大な投資をしており、トニーは設計段階で防犯カメラ映像のチェックやアベンジャーズ専用の隠し道路起動など、街の様々なライフラインに関与出来る様にしている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「突キ破レル-Time to SMASH!」
作詞 - 井上秋緒 / 作曲・編曲 - 浅倉大介 / 歌 - T.M.Revolution
エンディングテーマ「Thread of fate」
作詞 - 井上秋緒 / 作曲・編曲 - 浅倉大介 / 歌 - T.M.Revolution
6話まではディスクが回る映像で、7話から玩具『ディスクチェンジ!』シリーズをCG化した映像になった。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 (絵コンテ)
演出
作画監督 ヒーロー&ヴィラン紹介 放送日
第1話 最強の勇者たち! キング・リュウ (地岡公俊)
広嶋秀樹
北野幸広 アイアンマン 2014年
4月2日
第2話 ヒーロー全滅!? 畑野森生 高橋晃 キング・コブラ 4月9日
第3話 復活!アイアンマン 小村敏明
園田誠
山口光紀、石川修 ソー 4月16日
第4話 助っ人ホークアイ うえだひでひと 眞部周一郎、橋本英樹
山村俊了
クリムゾン・ダイナモ 4月23日
第5話 マイティ・ソー降臨 芝田浩樹
平山美徳
八島善孝 キャプテン・アメリカ 4月30日
第6話 ハルク大暴走!! (八島善孝)
中村亮太
北野幸広 グリーン・ゴブリン 5月7日
第7話 ハルク対キャプテン 古賀豪 高橋晃 ハルク 5月14日
第8話 勢揃いアベンジャーズ 井上栄作
園田誠
舘直樹 リザード 5月21日
第9話 消えたスパイダーマン 畑野森生 石川修 ワスプ 5月28日
第10話 対決!銀色のサムライ (八島善孝)
広嶋秀樹
佐久間信一 ロキ 6月4日
第11話 トニーからのプレゼント 竹内利光 芝田浩樹 八島善孝 スパイダーマン 6月11日
第12話 無敵連発!ジャガーノート 小山真 高田淳 岡辰也、山村俊了
眞部周一郎
アボミネーション 6月18日
第13話 重力上等!グラビトン 竹内利光 (地岡公俊)
平山美穂
北野幸広 ウォーマシン 6月25日
第14話 闇のムチをあやつる男 小川孝治 高橋晃 モードック 7月2日
第15話 城の秘宝をさがし出せ 坪田文 (矢島善孝)
広嶋秀樹
矢島善孝、北條直明
平野絵美
ダイヤモンドバック 7月9日
第16話 制御不能の野獣たち キング・リュウ 古賀豪 舘直樹 ホークアイ 7月16日
第17話 その男、ウルヴァリン 畑野森生 佐久間信一 ディアブロ 7月23日
第18話 ミュータント少女覚醒 坪田文 芝田浩樹 石川修 ワールウィンド 7月30日
第19話 奪われたヒーローたち 竹内利光 地岡公俊
広嶋秀樹
八島善孝 アブソーピングマン 8月6日
第20話 危うし!ウルヴァリン 坪田文 加戸誉夫、小村敏明
徐恵眞
岡辰也、山村俊了
眞部周一郎
グラビトン 8月13日
第21話 X-MEN!ロキ城へ 竹内利光 園田誠 北野幸広、北條直明
平野絵美
レッカー 8月20日

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
関東広域圏 テレビ東京 2014年4月2日 - 水曜 18:30 - 18:57 テレビ東京系列 制作局
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
日本全域 ニコニコチャンネル 水曜 24:00 更新 ネット配信 第1話も含め、最新話1週間無料
GyaO! 木曜 0:00 更新
ディズニーXD 2014年5月18日 - 日曜 9:00 - 9:30 CS放送 リピート放送あり
Dlife 2014年7月26日 - 土曜 18:30 - 19:00 BS放送

メディアミックス[編集]

データカードダス[編集]

ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ 魂ロワイヤル』は、2014年6月26日より稼働のデータカードダス

バチ魂バット[編集]

ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ バチ魂(こん)バット』は、バンダイより発売のメンコをアレンジした玩具。本編中に登場する「ディスク」と同様の形状をしている。

ラインナップ
  • ST01 爆烈アタック編
  • ST02 鉄壁カウンター編

ゲーム[編集]

ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ アルティメットヒーローズ』は、2014年11月13日にバンダイナムコゲームスより発売予定のニンテンドー3DS用ゲームソフト。ジャンルは対戦バトルアクション。

脚注[編集]

  1. ^ 夢と魔法の王国のつくり方 知られざるディズニーの神髄. テレビ東京. 2013年11月21日放送. 2014年2月26日閲覧。
  2. ^ 劇場版と同一のキャスト。
  3. ^ キング・リュウのツイート(2014年8月14日)
  4. ^ キング・リュウのツイート(2014年8月9日)
  5. ^ アニメ4話で判明。後に12話でタイムリミットが1分近く伸びている事が明らかになる。

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 水曜18:30 - 18:57枠
前番組 番組名 次番組
LINE TOWN
※18:30 - 19:00
ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ
-