わが青春のアルカディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わが青春のアルカディア
My youth in ARCADIA
監督 勝間田具治
脚本 尾中洋一
製作総指揮 今田智憲
出演者 井上真樹夫
富山敬
武藤礼子
田島令子
池田秀一
石原裕次郎
音楽 木森敏之
主題歌 渋谷哲平
「わが青春のアルカディア」
製作会社 東急エージェンシー
東映
配給 東映
公開 日本の旗 1982年7月28日
上映時間 130分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億5000万円
(配給収入ベース)
テンプレートを表示

わが青春のアルカディア』(わがせいしゅんのアルカディア)は、1982年7月28日に東映パラス系で公開された松本零士原作のアニメ映画、ならびに『戦場まんがシリーズ』の一編。本項では主に前者について詳述し、後者についても触れる。

映画ストーリー[編集]

若き日のハーロック大山トチローエメラルダスとの運命の出会い、そしてハーロックが愛した生涯ただ一人の女性マーヤへの愛と別れを描く。ハーロック一族の先祖ファントム・F・ハーロックの記憶から辿ることから始まる。

概要・その他[編集]

  • 松本零士にプロの漫画家になる決心をさせたヨーロッパ映画『わが青春のマリアンヌ』(原作小説『痛ましきアルカディア』)と類似のタイトルを持つ。
  • ファントム・F・ハーロックI世の声を演じた石原裕次郎の約5分で1,000万円以上という高額な出演料でアニメ誌などで記事として取り上げられたが、肝心の配給収入は6億5000万円で前年に上映された配収11億円以上の『さよなら銀河鉄道999』や他の松本劇場アニメと比べても今ひとつだった[1][2]。また続編がテレビシリーズ『わが青春のアルカディア 無限軌道SSX』として製作されたが、こちらも視聴率は振るわず、全22話で打ち切りとなっている。そのため、次の劇場公開作品として企画されていた「QUEENエメラルダス」は制作中止になり、事実上松本アニメブームは終焉を迎えた。
  • 『わが青春のアルカディア』のタイトルを用いた作品は、1976年に松本により『戦場まんがシリーズ』の一編として描かれており、単行本と納められている短編のタイトル名としても使われている。原題は『不滅のアルカディア』で、単行本収録に伴い改題された。
  • 『戦場まんがシリーズ』では、ファントム・F・ハーロックII世を主人公にしている。ハーロック家の先祖は文字通りの海賊だったが、ハーロックII世はナチス・ドイツ空軍のエースパイロットだった。そこで、照準器開発のため渡独していた日本人技術者の台場元と出会う。その後、フランスレジスタンスにより両目を潰され失明。戦後は西ドイツで晩年を過ごした。映画では、台場が大山トチローの祖先・大山敏郎に変更されている。
  • 本作に登場するハーロックの先祖のエピソードはこの短編と、同じく『戦場まんがシリーズ』の「スタンレーの魔女」がベースとなっている。またハーロックがスタンレーに挑んだ先祖にならい、突破しようとする宇宙の難所・二重太陽ベスベラスや恋人のマーヤ、トカーガ人の戦士ゾルとその妹ミラの宇宙葬を行う惑星トリケラトプスなど本作で舞台となる場所は『クイーン・エメラルダス』で登場している。
  • イルミダスに敗れて地球に帰還したハーロックがトチローと出会うあたりの描写は、1980年に小説ジュニアに3回にわたって連載された松本零士自身による小説「ハルダートシリーズ(1)陽炎軌道・(2)赤いデスシャドー・(3)掲げよわが旗を」をベースにしている。「ハルダートシリーズ」は後に単行本「零次元宇宙年代記」収録時に一部キャラクター名を変更し「ガンフロンティアII」と改題された。
  • 本作の予告編2本に登場するアルカディア号の映像には、アニメ映画『銀河鉄道999』からのものが一部使用されている。
  • 予告編の映像ではハーロックの右目はゾルに銃で撃ち抜かれていたり、Y字架にかけられたエメラルダスの戦闘服が切り裂かれるシーンがあるが、いずれも本編では使用されていない。本編では前者はイルミダス兵の銃撃を受けて右目を負傷する、後者はY字架に架けられた段階ですでに戦闘服が切り裂かれた状態になっているものに変更されている。
  • 東急エージェンシー創立20周年記念作品として製作された。
  • DVDは2004年4月21日、Blu-ray版は2013年8月9日に発売された。BD版は本編の光学録音音源をベースに一部MEテープを足して作成した擬似5.1ch音声と、短編映画「アルカディア号の謎」も収録されている。

主題歌・挿入歌など[編集]

わが青春のアルカディア
渋谷哲平シングル
収録アルバム 「わが青春のアルカディア」音楽集
B面 白夜にひとり
リリース 1982年6月21日
ジャンル ポップス
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 山川啓介(作詞)
平尾昌晃(作曲)
渋谷哲平 シングル 年表
想い出して下さい
(1982年)
わが青春のアルカディア
(1982年)
めぐり・哀
(1982年)
テンプレートを表示
  • 主題歌エンディング「わが青春のアルカディア」、挿入歌「白夜にひとり」
    • 作詞・山川啓介、作曲・平尾昌晃、編曲・矢野立美、歌・渋谷哲平
    • パチンコ機「CRフィーバーキャプテンハーロック」ではこの曲のカバーバージョンが使用されており、歌い手は異なる。
  • 挿入歌
    • 「太陽は死なない」、「星空のラストソング」
    • 歌・朝比奈マリア
  • レコード(CD)はすべて日本コロムビアより発売。「白夜にひとり」、「星空のラストソング」共に本編未使用で「星空の-」はエンディングのクレジットに題名のみ表記。
  • この他、BGMとして以下のクラシック音楽が使われている。

スタッフ[編集]

登場人物・声の出演[編集]

登場メカニック[編集]

艦船[編集]

デスシャドウ号
冒頭で登場。太陽系連合の植民惑星で暮らす市民(主に地球からの移民者)の引き揚げに使用された。
その後イルミダス地球占領軍総司令部前に着陸させられ、武装解除を命じられた。
アルカディア号
トチローが船を託すに値する船長を探すまで、地下ドックに隠されていた。
自動照準機が破損した場合は、第二次世界大戦時の手動照準機「Revi C/12D」で砲撃可能。
クイーン・エメラルダス号
本作のエメラルダスは「宇宙自由貿易人」であったため、貿易船として行動していた。
イルミダス艦
太陽系連合(地球側)の無敵艦隊を破った、イルミダス艦隊の主力艦。
艦舷側にずらりと並べられた砲門群「ラインレーザー砲」が主な武器。構造上、首尾線方向への火力は弱い。
葉巻型の船体をした艦で母星艦隊ともなると、その総数624隻を誇る大機動部隊となる。
スターザット号
地球占領軍司令ゼーダがハーロックとの決闘に用いた艦で、イルミダス艦隊の旗艦。
3つの船体で構成され、両舷船体が大破した後は無傷の中央船体を切り離して戦うことが可能。
「ラインレーザー砲」は両舷側面に縦6列配置。片舷当たりの弾幕は強烈で無数の砲列がつるべ撃ちを行う。
大型艦(旗艦)
イルミダス地球増援艦隊の旗艦で黒衣の指揮官座乗艦。
葉巻型船体を二つ横に繋げた船体だがスターザット号のように分離はできない。
火力は高いが装甲は意外と弱いらしい。本編ではブリッジにハーロックが乗り込み司令官を倒した。
中型艦
イルミダス地球増援艦隊の主力艦船。葉巻型の船体。
小型艇発進口を備えている。
小型艦
イルミダス地球増援艦隊の主力艦船。葉巻型船体を縦に二つ繋げた形をしている。
当時の一部書籍では中型艦として紹介されているものもあるが、設定画では小型艦と書かれている。
ブリッジ内の設定画も作られたが本編では大型艦ブリッジ内の描写になった。

飛行機[編集]

メッサーシュミットMe109
第二次世界大戦当時のハーロックの先祖で、ナチスドイツ空軍大尉にしてエースパイロットだったファントム・F・ハーロックII世が使用していた機体。 ハーロックII世は「俺の目」として照準機「Revi C/12D」をこの機体に搭載させ、バトル・オブ・ブリテンなど、幾多もの戦場を戦ってきた。
スペースウルフ
アルカディア号の艦載機。『ハーロック』に登場していたものとほぼ同一のデザインだが、本作では実在する戦闘機を意識したカラーリングに変更されている。トカーガ星に渡ったハーロック達が使用。

商品展開 [編集]

ゲーム 
バンダイifシリーズ「わが青春のアルカディア」
ウォー・シミュレーションゲーム(カード戦闘システムによるボードゲーム)。ハーロックVSゼーダの幾多の宿命の対決をストーリー仕立に織り混ぜてゲーム化。
アーケードゲーム
シグマ(現・アドアーズ)が開発した『ニューヨークニューヨーク』の、背景(自由の女神からハーロックへ)やBGMを変更したバージョン。正式にライセンスを取っているが、敵のグラフィックなどは何も変えないまま、インストラクションカードで「イルミダス軍」と表示しており、原作のイメージとして保つべきものがほとんど存在しない。ゲームバランス自体はクソゲーではなく、当時の通常レベルである。
小説
本作の脚本を担当した尾中による上下巻の集英社コバルト文庫版と、井口佳江子によるソノラマ文庫版のほか、低年齢層向けには三浦清史による上下巻の集英社モンキー文庫版がある。

脚注[編集]

  1. ^ 「わが青春のアルカディア」と他のアニメ映画を比較した配収データに基づく考察『考察・アニメブーム期の映画興行成績』より
  2. ^ アニメ!アニメ!ビズ 特殊映像ラボラトリー第9回「クールアニメ・マーケティング・ヒストリー」「宇宙戦艦ヤマト」
  3. ^ 朝日ソノラマの小説版ではペリケレス、コバルト文庫の小説版ではザジという名前がある。なお当初声は久松保夫が担当する予定だったが、アフレコ前に死去したため急遽森山氏の起用になった
  4. ^ ゲルクバルドの名は本編では出ず設定画に記載されている。なお朝日ソノラマの小説版ではバリメダスという名前がある。コバルト文庫の小説版では女性に変更されている。
  5. ^ 公開後に発売されたドラマ編のレコードと、ファントム・F・ハーロックのシーンから始まる予告編では井上真樹夫。

外部リンク[編集]