わが青春のアルカディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わが青春のアルカディア
My youth in ARCADIA
監督 勝間田具治
脚本 尾中洋一
製作総指揮 今田智憲
出演者 井上真樹夫
富山敬
武藤礼子
田島令子
池田秀一
石田太郎
石原裕次郎
音楽 木森敏之
主題歌 渋谷哲平
「わが青春のアルカディア」
製作会社 東急エージェンシー
東映
配給 東映
公開 日本の旗 1982年7月28日
上映時間 130分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億5000万円
(配給収入ベース)
テンプレートを表示

わが青春のアルカディア』(わがせいしゅんのアルカディア)は、1982年7月28日に東映パラス系で公開された松本零士原作のアニメ映画、ならびに『戦場まんがシリーズ』の一編。本項では主に前者について詳述し、後者についても触れる。

概要・その他[編集]

  • 松本零士にプロの漫画家になる決心をさせたヨーロッパ映画『わが青春のマリアンヌ』(原作小説『痛ましきアルカディア』)と類似のタイトルを持つ。
  • ファントム・F・ハーロックI世の声を演じた石原裕次郎の約5分で1,000万円以上という高額な出演料でアニメ誌などで記事として取り上げられたが、肝心の配給収入は6億5000万円で前年に上映された配収11億円以上の『さよなら銀河鉄道999』や他の松本劇場アニメと比べても今ひとつだった[1][2]。また続編がテレビシリーズ『わが青春のアルカディア 無限軌道SSX』として製作されたが、こちらも視聴率は振るわず、全22話で打ち切りとなっている。そのため、次の劇場公開作品として企画されていた「QUEENエメラルダス」は制作中止になり、事実上松本アニメブームは終焉を迎えた。
  • 『わが青春のアルカディア』のタイトルを用いた作品は、1976年に松本により『戦場まんがシリーズ』の一編として描かれており、単行本と納められている短編のタイトル名としても使われている。原題は『不滅のアルカディア』で、単行本収録に伴い改題された。
  • 『戦場まんがシリーズ』では、ファントム・F・ハーロックII世を主人公にしている。ハーロック家の先祖は文字通りの海賊だったが、ハーロックII世はナチス・ドイツ空軍のエースパイロットだった。そこで、照準器開発のため渡独していた日本人技術者の台場元と出会う。その後、フランスレジスタンスにより両目を潰され失明。戦後は西ドイツで晩年を過ごした。映画では、台場が大山トチローの祖先・大山敏郎に変更されている。
  • 本作に登場するハーロックの先祖のエピソードはこの短編と、同じく『戦場まんがシリーズ』の「スタンレーの魔女」がベースとなっている。またハーロックがスタンレーに挑んだ先祖にならい、突破しようとする宇宙の難所・二重太陽ベスベラスや恋人のマーヤ、トカーガ人の戦士ゾルとその妹ミラの宇宙葬を行う惑星トリケラトプスなど本作で舞台となる場所は『クイーン・エメラルダス』で登場している。
  • イルミダスに敗れて地球に帰還したハーロックがトチローと出会うあたりの描写は、1980年に小説ジュニアに3回にわたって連載された松本零士自身による小説「ハルダートシリーズ(1)陽炎軌道・(2)赤いデスシャドー・(3)掲げよわが旗を」をベースにしている。「ハルダートシリーズ」は後に単行本「零次元宇宙年代記」収録時に一部キャラクター名を変更し「ガンフロンティアII」と改題された。
  • 本作の予告編2本に登場するアルカディア号の映像には、アニメ映画『銀河鉄道999』からのものが一部使用されている。
  • 予告編の映像ではハーロックの右目はゾルに銃で撃ち抜かれていたり、Y字架にかけられたエメラルダスの戦闘服が切り裂かれるシーンがあるが、いずれも本編では使用されていない。本編では前者はイルミダス兵の銃撃を受けて右目を負傷する、後者はY字架に架けられた段階ですでに戦闘服が切り裂かれた状態になっているものに変更されている。
  • 東急エージェンシー創立20周年記念作品として製作された。
  • DVDは2004年4月21日、Blu-ray版は2013年8月9日に発売された。BD版は本編の光学録音音源をベースに一部MEテープを足して作成した擬似5.1ch音声と、短編映画「アルカディア号の謎」も収録されている。

なお本作は劇場版銀河鉄道999同様、スタンダードサイズで制作されたが、DVD、BD版は上下トリミングされて16:9での収録。無限軌道SSX本編に本映画からの流用シーンがあり、ノートリミングサイズの映像はそこで確認可能である。

ストーリー[編集]

映画版[編集]

20世紀から約1000年後の未来、外宇宙へと進出した地球人は、謎の異星人イルミダス星人との戦いに敗れ、難民化した地球人は絶望し、イルミダス占領下の地球へ失意の帰還をしていた。

そんな屈辱の中、難民達を地球へと送り届けていた若き日のハーロック大山トチローエメラルダスとの運命の出会い、そしてハーロックが愛した生涯ただ一人の女性マーヤへの愛と別れを描く。ハーロック一族の先祖ファントム・F・ハーロックの記憶から辿ることから始まる。

漫画版[編集]

第二次世界大戦末期、ドイツ空軍の撃墜王であるファントム・F・ハーロックII世は、日本人技術者の台場と出会い、祖国の敗北が迫る中、シンパシーを感じあい、友と認めた台場を中立国スイスへ逃がすために最後の戦いに飛び立っていく。

登場人物[編集]

ハーロック
声 - 井上真樹夫
元太陽系連邦軍戦艦デスシャドウの艦長
地球が敗北した事で失意の想いを抱き、恋人マーヤを庇って右目を失ってしまうが、1000年来の友であるトチローとの出会いと、マーヤの励ましによって立ちあがる。
トチロー
声 - 富山敬
元太陽系連邦軍技術士官。
地球がイルミダスに敗れた後も抵抗の火を灯し続け、乞食のような真似をして屈辱に耐えながら、無敵の宇宙戦艦アルカディア号を造り上げ、1000年前の祖先のようにハーロックと行動を共にする。
エメラルダス
声 - 田島令子
宇宙自由貿易人(一言で言うと、密輸商人)。
トチローを惚れさせた美貌の持ち主。ハーロック達に手を貸したことでマーヤと共に処刑されかけたり、地球を永久追放処分となったが、横暴な勢力や権力には決して屈しない意思を表明する為、マーヤの血で染めた赤い髑髏の海賊旗を掲げる。
トレードマークの生涯残る頬の傷は、この作品で付けられた事が描かれた。
マーヤ[3]
声 - 武藤礼子
ハーロックが生涯で只一人愛した女性。
ハーロックのマントとコスチューム、髑髏旗は彼女の手作りによるもの。地球で地下放送「自由アルカディアの声」を流し、愛するハーロックと絶望に打ちひしがれる地球人達を勇気づける活動をしていたが、イルミダスの弾圧と凶弾に斃れる。エメラルダス曰く「触れたら壊れてしまいそうな優しい姿の奥に、炎のようなマグマを抱いているような人」。
ラ・ミーメ
声 - 山本百合子
TVシリーズのミーメの妹。
母星アロザウルス星[4]をイルミダスによって失ってしまい、只一人生き残って[5]、地球占領軍司令官ゼーダの秘書となっていた。愛するゾルにイルミダスの秘密情報を伝える役割を担い、アルカディア号にハーロック達と共に乗り込む。発声する時には胸が青く発光する。
ゾル
声 - 池田秀一
トカーガ星の誇り高き勇士で、地球駐屯トカーガ人達のリーダー的存在。
同族や母星をイルミダスの人質に取られ、失意のまま降伏し、表向きにはイルミダス専属の傭兵となって従っていた。地球連邦軍時代のハーロックとはキャスルメイン星団区で戦った事もある。そしてぶつかり合いと誤解を乗り越えてハーロック、トチローと男の友情で結ばれ、共に再びイルミダスと戦う道を選ぶが、非業の死を遂げる。
老トカーガ兵[6]
声 - 森山周一郎[7]
地球に駐屯していたトカーガ人の最古参で、ゾルの相談役と、地球トカーガ人のまとめ役を担っていた。
母星の危機を救うためにゾルの代役でラ・ミーメと共にトカーガ星へ向かったが、母星は消滅させられ、トカーガ最後の女性となったミラの死を見届けた後、僅かに生き残った兵士達と共に、「宇宙のスタンレーの魔女」と呼ばれる二重太陽べスベラスに架かるプロミネンスの炎の河で苦闘するハーロック達に、母星の為に戦ってくれた恩返しをするために命を絶つ。
ミラ
声 - 鶴ひろみ
ゾルの妹で、何人かいるゾルの弟や妹達の中の一人。
イルミダスの攻撃に遭い、兄ゾルがトカーガを救う事を願い続けていた。トカーガ星に降り立ったハーロック達に救助されるものの、既に衰弱していた彼女は生命力を取り戻す事無く、兄の死を知らぬまま短い生涯を終えた[8]。続編のTVシリーズ『SSX』登場キャラクターのレビは、ミラと同一の容姿で声も同じく鶴ひろみが担当。
トリさん
声 - 大竹宏
ゾルの愛鳥で、ただ一羽生き残ったトカーガ産のハゲタカ。
ゾルの弟や妹達がイルミダスの攻撃で死んだ後、その遺体を庇いながら悲嘆にくれていた。
ゼーダ
声 - 石田太郎
イルミダス地球占領軍司令官。軍人として、占領軍司令官として相応しい力量と人格を持ち合せているが、母星の強圧的なやり方には反発している。
「わが青春のアルカディア」の本を読んで感銘を受けたように、かつてはハーロックやトチローのように、自国の旗ではなく、自分自身が信じる自由の旗を掲げて戦う事を願い続けていたが、それが出来なかった為に、ハーロック達の心情を理解し、彼等を高く評価して羨ましく思う一方、嫉妬にも似た憎しみも抱いており、自艦スターザット号で対決する。その決闘の邪魔が入らないよう、母星からの増援艦隊から離れた地点で堂々と挑んだ。
ムリグソン[9]
声 - 青野武
ゼーダの副官。しかし、母星の高圧的なやり方の代弁者で、ゼーダの温和な占領政策を手ぬるいと批判していた。
地球人をはじめ、イルミダス以外の人間を虫けら同然に見なしており、抵抗するものは徹底的に弾圧する。小心者で陰湿な性格であり、エメラルダスの頬の傷を付けた犯人。トライターと組んでの地球人弾圧行為でゼーダの怒りを買い、見捨てられた。
トライター
声 - 高木均
イルミダスの傀儡政権となった地球連邦政府協力内閣首相で、フルネームは「トライター・バイコック・ヘドル」博士。
地球の安泰のみを考え、イルミダスに徹底的な恭順さを見せて靡き、それに抵抗する人々の弾圧に力を注ぐ典型的な「強きを助け、弱きを挫く」政策で、ゼーダからは蔑視され、エメラルダスからも非難されるように、保身の為なら相手を後ろから平気で撃つような卑劣漢であり、地球人からも支持されていない。
一連のイルミダスへの抵抗運動を起こした原因であるハーロック、トチロー、エメラルダスを危険分子とみなし、地球から永久追放処分とする。
黒衣の指揮官[10]
声 - 柴田秀勝
イルミダス地球増援艦隊司令官。
地球での反イルミダス運動に対し、増援部隊として624隻の艦隊を率いて出撃し、トカーガ星を脱出したアルカディア号の進路妨害の他、ゼーダとの決闘の後のアルカディア号を狙うが、敗れる。
ファントム・F・ハーロック
声 - 石原裕次郎[11]
ハーロック一族の初代当主。
航空探検家として、世界の空を愛機である複葉機アルカディア号と共に挑んできた。
人生の老年期を迎えた時、「スタンレーの魔女」の異名を持つスタンレー山脈に挑む。その時を綴った著書が「わが青春のアルカディア」である。アバンタイトルでその様子が描かれ、あざ笑う魔女(声 - 増山江威子)の幻聴を聞きながらスタンレー山脈に挑むところでタイトルが出るという流れとなっている。
ファントム・F・ハーロックII世
声 - 井上真樹夫
ハーロック家二代目当主で、第二次世界大戦時のドイツ空軍軍人。
愛用の照準器「Revi/C12D」で幾多の戦場を巡り、その照準に捉えた全ての敵機を撃ち落としてきたドイツ空軍の撃墜王だった。
母国の敗北が決定的になった大戦末期、1000年の時を超える友となる大山一族の日本人敏郎と出会う。
なお、映画では両眼があるが、原作版『不滅のアルカディア』では既に片目となっており、スイスに辿りついた後、ドイツ領内に侵攻したフランスのレジスタンスの銃床で残った目を突かれ失明する。また、セレンという名の娘を後日儲けている。
大山敏郎
声 - 富山敬
日本海軍技術者で、電動リフレクターサイトといった新型照準器の開発をし、「わが青春のアルカディア」も愛読していた。
技術交換でドイツに来ていたが、大戦末期の連合軍の包囲によって脱出出来なくなっていたところで、ハーロックII世と出会う。ハーロック機に乗り込み、スイスへの脱出を図るが、被弾したハーロック機の昇降舵のワイヤーが切れた際に、自分の体を縛って昇降舵を辛うじて繋ぎとめた。
そんな彼の行為に心を打たれたハーロックII世は、愛用の「Revi/C12D」を手渡し、日本に帰国した後に敏郎は大山家の家宝としてそれを子孫に伝え、時を超えたまま守り続けてきた。
原作では大山姓ではなく、台場という姓になっている。日本への帰国後に息子を儲けたが、その息子は父の死後、「Revi/C12D」を返しに年老いたハーロックII世の元を訪ねている。コバルト版ではこれを踏まえて大山敏郎の息子がハーロックII世のもとを訪れ、そこで出会ったハーロックII世の娘と結婚するという展開となっており、トチローはその遠い子孫という設定である。

登場メカニック[編集]

艦船[編集]

デスシャドウ号
冒頭で登場。太陽系連合の植民惑星で暮らす市民(主に地球からの移民者)の引き揚げに使用された。
その後イルミダス地球占領軍総司令部前に着陸させられ、武装解除を命じられた。
アルカディア号
トチローが船を託すに値する船長を探すまで、地下ドックに隠されていた。
自動照準機が破損した場合は、第二次世界大戦時の手動照準機「Revi C/12D」で砲撃可能。
クイーン・エメラルダス号
本作のエメラルダスは「宇宙自由貿易人」であったため、貿易船として行動していた。
イルミダス艦
太陽系連合(地球側)の無敵艦隊を破った、イルミダス艦隊の主力艦。
艦舷側にずらりと並べられた砲門群「ラインレーザー砲」が主な武器。構造上、首尾線方向への火力は弱い。
葉巻型の船体をした艦で母星艦隊ともなると、その総数624隻を誇る大機動部隊となる。
スターザット号
地球占領軍司令ゼーダがハーロックとの決闘に用いた艦で、イルミダス艦隊の旗艦。
3つの船体で構成され、両舷船体が大破した後は無傷の中央船体を切り離して戦うことが可能。
「ラインレーザー砲」は両舷側面に縦6列配置。片舷当たりの弾幕は強烈で無数の砲列がつるべ撃ちを行う。
大型艦(旗艦)
イルミダス地球増援艦隊の旗艦で黒衣の指揮官座乗艦。
葉巻型船体を二つ横に繋げた船体だがスターザット号のように分離はできない。
火力は高いが装甲は意外と弱いらしい。本編ではブリッジにハーロックが乗り込み司令官を倒した。
中型艦
イルミダス地球増援艦隊の主力艦船。葉巻型の船体。
小型艇発進口を備えている。
小型艦
イルミダス地球増援艦隊の主力艦船。葉巻型船体を縦に二つ繋げた形をしている。
当時の一部書籍では中型艦として紹介されているものもあるが、設定画では小型艦と書かれている。
ブリッジ内の設定画も作られたが本編では大型艦ブリッジ内の描写になった。

飛行機[編集]

初代アルカディア号
ハーロック一族の祖先、航空探検家のファントム・F・ハーロック愛用の複葉機。実在の複葉機には無い下部に補助翼があるデザイン。この機体で初代ハーロックは世界最高ピークの空を征服してきたが、最高峰5030mのオーエン・スタンレー山脈の前に阻まれる。
メッサーシュミットMe109
第二次世界大戦当時のハーロックの先祖で、ナチスドイツ空軍大尉にしてエースパイロットだったファントム・F・ハーロックII世が使用していた機体。 ハーロックII世は「俺の目」として照準機「Revi C/12D」をこの機体に搭載させ、バトル・オブ・ブリテンなど、幾多もの戦場を戦ってきた。
スピットファイア
イギリス空軍の防空戦闘機だが、戦争末期になるとドイツ国内深くにまで進攻してきた。なお、アメリカ空軍ムスタングもデザインされていたが、本編未登場。
スペースウルフ
アルカディア号の艦載機。『ハーロック』に登場していたものとほぼ同一のデザインだが、本作では実在する戦闘機を意識したカラーリングに変更され、TV宇宙海賊版にあった下部尾翼が廃されている。トカーガ星に渡ったハーロック達が使用。
ヤゴ型戦闘機
イルミダス軍が使用する単座戦闘機。名前通りトンボの幼虫ヤゴのようなフォルムで、下部に魚雷を搭載している小型機で、地球大空港に配備されていたが、アルカディア号発進の際の巻き添えを喰ってしまう。
トンボ型戦闘機
イルミダス軍の無人戦闘機。全長12m、翼幅10m。その名前のようにトンボのようなレーザー搭載4枚翅を持ち、頭部に複眼型センサーを備える。イルミダスに用無しとみなされたトカーガ星住民を虐殺し、ハーロック達も攻撃した無人殺戮兵器。

戦車[編集]

T-37
第二次世界大戦時のソ連の主力戦車。ドイツ国内に連合軍と共に進撃してきた。
M4シャーマン
1940年当時のアメリカ陸軍主力戦車。連合軍の一団として末期ドイツに侵攻する。
ゴキブリ型戦車
イルミダス軍の無人戦闘戦車。全長15~16m。故郷に降り立った老トカーガ兵を攻撃したが、生き残りのトカーガ兵達の攻撃で破壊される。ゴキブリに似たキャタピラ胴体から前方に突出した触角のようなビーム砲を備えたフォルム。原作版『新竹取物語1000年女王』のラーメタル戦車としても出ている。

車輌[編集]

ゼーダ用エアカー
ゼーダが使用するジープタイプのシャープなデザインのエアカー。座席は4つで、運転席が前にある。
軍用エアカー
円盤型のイルミダスエアカー。大空港での戦闘で登場。
電波探知エアカー
単座のエアカーで名前通り、マーヤの地下放送を探り当てるのに重要な役割を担ったと思われるが、本編には登場しなかった。
消防車
大空港のシーンで登場。消火活動では無く、暴徒鎮圧に用いられた。
パトカー
序盤の酒場のシーンで乱闘を抑える為に出動。劇場版999にも登場したタイプ。

主題歌・挿入歌など[編集]

わが青春のアルカディア
渋谷哲平シングル
収録アルバム 「わが青春のアルカディア」音楽集
B面 白夜にひとり
リリース 1982年6月21日
ジャンル ポップス
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 山川啓介(作詞)
平尾昌晃(作曲)
渋谷哲平 シングル 年表
想い出して下さい
(1982年)
わが青春のアルカディア
(1982年)
めぐり・哀
(1982年)
テンプレートを表示
  • 主題歌エンディング「わが青春のアルカディア」、挿入歌「白夜にひとり」
    • 作詞・山川啓介、作曲・平尾昌晃、編曲・矢野立美、歌・渋谷哲平
    • パチンコ機「CRフィーバーキャプテンハーロック」ではこの曲のカバーバージョンが使用されており、歌い手は異なる。
  • 挿入歌
    • 「太陽は死なない」、「星空のラストソング」
    • 歌・朝比奈マリア
  • レコード(CD)はすべて日本コロムビアより発売。「白夜にひとり」、「星空のラストソング」共に本編未使用で「星空の-」はエンディングのクレジットに題名のみ表記。
  • この他、BGMとして以下のクラシック音楽が使われている。

スタッフ[編集]


商品展開 [編集]

プラモデル
バンダイから1/1000スケールアルカディア号が発売。TV宇宙海賊の鋭角艦首版のプラスチックモデルタカラから発売されていたが、こちらの艦首髑髏版はバンダイから発売。
この他艦首髑髏版は縮小された1/1600スケールで発売された他、続編の『SSX』とも合わせた商品展開では、同1/1600スケールのデスシャドウ号とクイーンエメラルダス号も登場。
ゲーム 
バンダイifシリーズ「わが青春のアルカディア」
ウォー・シミュレーションゲーム(カード戦闘システムによるボードゲーム)。ハーロックVSゼーダの幾多の宿命の対決をストーリー仕立に織り混ぜてゲーム化。
アーケードゲーム
シグマ(現・アドアーズ)が開発した『ニューヨークニューヨーク』の、背景(自由の女神からハーロックへ)やBGMを変更したバージョン。正式にライセンスを取っているが、敵のグラフィックなどは何も変えないまま、インストラクションカードで「イルミダス軍」と表示している。
小説
本作の脚本を担当した尾中による上下巻の集英社コバルト文庫版と、井口佳江子によるソノラマ文庫版のほか、低年齢層向けには三浦清史による上下巻の集英社モンキー文庫版がある。コバルト版ではハーロックが純粋にハーロック一族の血を引く者ではなく、頬に傷を持って捨てられた赤子をハーロック夫妻が拾って育てたという筆者オリジナル設定となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報』1983年2月下旬号]より
  2. ^ アニメ!アニメ!ビズ 特殊映像ラボラトリー第9回「クールアニメ・マーケティング・ヒストリー」「宇宙戦艦ヤマト」
  3. ^ 集英社コバルト文庫では、フルネームが「マーヤ・ローゼンバーグ」。
  4. ^ 書物によっては、ジュラ星人になっているが、これはテレビ版ハーロックのキャラクターミーメに合わせたものと推察される。
  5. ^ 尾中洋一のコバルト版では生き残っていた同種族と会っている。
  6. ^ 朝日ソノラマの小説版ではペリケレス、コバルト文庫の小説版ではザジという名前がある。
  7. ^ 当初声は久松保夫が担当する予定だったが、アフレコ前に死去したため急遽森山氏の起用になった。
  8. ^ 脚本の尾中はミラがお気に入りのキャラクターであり、本編で死なせた事を後悔し、小説版ではミラを最後まで生かすアレンジをしており、その想いを反映したものとなっている。
  9. ^ コバルト版によると、フルネームは「ヘリケラス・ムリグソン」
  10. ^ 本編では名前は出ていないが、設定画にゲルクバルドと記載されていた。朝日ソノラマの小説版ではバリメダスという名前がある。コバルト文庫の小説版ではアクレスという女性に変更されている。
  11. ^ 公開後に発売されたドラマ編のレコードと、ファントム・F・ハーロックのシーンから始まる予告編では井上真樹夫。

外部リンク[編集]