仮面の忍者 赤影

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仮面の忍者 赤影
ジャンル 忍者時代劇
漫画:仮面の忍者 赤影
作者 横山光輝
出版社 小学館(掲載誌)
秋田書店講談社(単行本)
掲載誌 週刊少年サンデー
レーベル サンデーコミックス(秋田書店)
秋田文庫(秋田書店)
原作完全版(講談社)
巻数 サンデーコミックス 全3巻
秋田文庫 全2巻
原作完全版 全2巻
その他 連載開始当初のタイトルは『飛騨の赤影』
漫画:新・仮面の忍者 赤影
作者 横山光輝
出版社 秋田書店
レーベル 少年チャンピオン・コミックス
秋田文庫
巻数 少年チャンピオン・コミックス 全3巻
秋田文庫 全2巻
その他 旧作第1部のリメイク
テレビドラマ:仮面の忍者 赤影
原作 横山光輝
監督 倉田準二
山内鉄也
曽根勇
小野登
制作 関西テレビ
東映京都テレビプロダクション
放送局 フジテレビ
放送期間 1967年4月5日 - 1968年3月27日
話数 全52話
赤影
青影
白影
坂口祐三郎
金子吉延
牧冬吉
映画:飛び出す冒険映画 赤影
監督 倉田準二
山内鉄也
曽根勇
小野登
制作 関西テレビ
東映京都テレビプロダクション
封切日 1969年
上映時間
その他 テレビドラマ版第1部を再編集した立体映画
アニメ:仮面の忍者 赤影
原作 横山光輝
シリーズディレクター 石崎すすむ
シリーズ構成 菅良幸
井上敏樹
脚本 菅良幸
井上敏樹
照井啓司
渡辺麻実
キャラクターデザイン 金山明博
音楽 菊池俊輔
アニメーション制作 東映動画
製作 東映動画、読売広告社
放送局 日本テレビ
放送期間 1987年10月13日 - 1988年3月22日
話数 全23話
その他 第18話は未放送
赤影
青影
白影
古川登志夫
野沢雅子
玄田哲章
テンプレート - ノート 

仮面の忍者 赤影』(かめんのにんじゃ あかかげ)は、横山光輝作の忍者漫画、およびそれを映像化した特撮テレビ番組、テレビアニメ作品、劇場映画。それらに登場する主人公の名前でもある。

特撮版『仮面の忍者 赤影』(1967 - 1968年)[編集]

1966年(昭和41年)、東映白土三平の漫画『ワタリ』のテレビドラマ化を企画していたが[1]、先行して制作された映画『大忍術映画ワタリ』について原作者の白土がその内容に激怒し東映との絶縁を宣言。テレビドラマ化の企画も白紙化してしまった。

しかし、企画は頓挫した時点で既に一部のキャストやスタッフの手配に動いており、東映は急遽、白土と同じく忍者漫画の大家である横山光輝に原作を依頼。横山はこれに応じ、人気作『伊賀の影丸』の連載を終了して、新たに「週刊少年サンデー」にて『飛騨の赤影』の連載を開始した[1]

この原作は、その後東映京都関西テレビによって特撮テレビドラマ『仮面の忍者 赤影』として実写化され、全52話が1967年4月5日 - 1968年3月27日まで関西テレビ及びフジテレビ系列で毎週水曜日19:00 - 19:30に放送された。このTV実写化に合わせ、原作漫画の『飛騨の赤影』のタイトルも、テレビドラマと同じ『仮面の忍者 赤影』に改められている[1]

原作は正統派の忍者漫画だが、テレビ特撮版は怪獣UFOなど何でもありの世界観で人気を博した[2]

スポンサーは三洋電機(現・パナソニック傘下)の一社提供であった。

あらすじ[編集]

「豊臣秀吉がまだ木下藤吉郎だった頃、琵琶湖の南に『金目教』という怪しい宗教が流行っていた…」というアバンタイトルにあるように藤吉郎は天下平安を願い、飛騨の里の影一族に助けを求め、赤影、白影、青影の三人の忍者が駆けつける。かくして彼らは藤吉郎の命を受け、奇っ怪な忍者集団との戦いを繰り広げてゆく。

概要[編集]

巨大な独楽やパラソルに乗って姿を現す忍者など、奇想天外な作劇が印象的な赤影であるが、倉田・山内両監督らはいかに面白い忍術絵巻を描くか、スタッフ全員に宿題のようにしてアイディアを提出させた。スタッフはどんな忍術が使えたら面白いか自分の子供に尋ねたり、頭を絞って番組中の忍術合戦を盛り上げた。

かくして、敵忍者にはどう見ても戦国時代の者とは思えない出で立ちをした怪人物が次々と登場し、空飛ぶ円盤「大まんじ」や、巨大なロボット「金目像」などといったSF的なアイテムが次々と繰り出されてゆく。また敵忍者が用いる武器・小道具も、アクアラングや扇風機、リボルバー拳銃など、どう見ても現代の製品が堂々と画面に登場したりといささか暴走気味の演出に、毎回の試写の際に東映の平山亨プロデューサーは「ヒヤヒヤさせられて胃が痛かった」と述懐している。とはいえ、スタッフに自由に考えさせその発想を大胆に活かす試みは制作現場に大いに活気をもたらし、作品成功の強力な原動力になった。また、その様なことから結果的に今日でいうところの「スチームパンク」的な作風になっており、後に「ハイパー時代劇」などと称されるアバンギャルド的SF時代物の先駆けになった。結果的に敵忍者とその忍術の描写が時代考証を無視した破天荒なものとなっていったことは事実であるが、一方で忍者以外の人物の衣装・風俗はきちんと設定の戦国時代ものの様式で揃えられており、そこは時代劇のメッカたる東映京都の矜持が示されている。ドラマを支える俳優陣も、当時の時代劇でおなじみの顔ぶれが確かな演技力で彩りを添えた。

第3部・第4部では方向性が若干代わり、毎回のように怪獣が登場して怪獣特撮番組の様相を呈してきた。その代わりとして第1部・第2部とは異なり、敵忍者の描写はオーソドックスな時代劇的なものになっている。

東映のテレビ映画としても初のカラー作品かつ初のカラーテレビ特撮作品であり、スポンサーの三洋電機がカラーテレビのタイアップを行なっていたことから、主人公一派の人物は赤影、青影、白影と「色彩」を強調した作品になっている。この「色別のヒーロー集団」というコンセプトは後の『秘密戦隊ゴレンジャー』に受け継がれた[3]

関西テレビが制作した初のカラー作品で唯一の特撮作品でもある。同社の注力も並々ならぬもので、加藤プロデューサーによれば、1時間番組で100万円が相場の時代に、30分1話あたり約200万円という破格の制作費が費やされていたという。

放映終了からおよそ1年後に、新撮影されたカットを追加した『飛びだす冒険映画 赤影』が劇場公開されている。

エピソード[編集]

前述のように元はテレビドラマ版『ワタリ』として企画されていたものが頓挫し、急遽本作へと変更されたという経緯がある。そのため映画版『大忍術映画ワタリ』で「ワタリ」と「爺(四貫目)」を演じた金子吉延牧冬吉が、本作にスライドする形で「青影」と「白影」を演じている。対して、赤影の配役決定は若干遅れた。赤影役に坂口祐三郎が選ばれたのは「目に光のある役者」だったという点である。本作のイベントで赤影が仮面を取った時は観客の女の子が「キャー」と大騒ぎしたという[4]

第一部・第四部に登場する「大蝦蟇」、「大蜘蛛」、「怪竜」は、東映京都が本作に先んじて制作した映画『怪竜大決戦』に登場したキャラクターを流用したもの。これらの造形物の改修とあわせ、いくつかの怪忍獣の造形は「怪竜大決戦」に続けて造形会社エキス・プロダクションが行なっている。人気作品だったのにもかかわらず、怪忍獣たちは放映中は商品化に恵まれず、当時人気だった「ソフビ人形」の題材にもなぜか選ばれることはなかった。また、後年流行になった百科事典形式の怪獣本でも、第三部のドグマ、ガッポ、ジャコーや、第四部の怪忍獣すべては、雑誌『宇宙船』vol.11(1982年、朝日ソノラマ)で本作の特集が組まれるまで個別に紹介されることがなく、番組の知名度に反してマイナーなキャラクターたちとなっていた。

赤影たちの忍者装束には、スキーウェアが使われた。動きにくいうえに、夏は汗びっしょりだったそうである。劇中で、青影が食べる忍者の携帯食は、ゼリービーンズマーブルチョコレートだった。

第11話の冒頭、にせ赤影に斬られる侍役で数カット出演しているのは、東映京都専属の大部屋俳優・川谷拓三である。後にヤクザ映画の数々の体当たりの演技で飛躍し名バイプレイヤーとなる川谷であるが、当時はまだ台詞があるか無いかという程度の無名の斬られ役であった。

登場人物[編集]

赤影 - 坂口祐三郎
飛騨の里が誇る忍びの名門「影一族」の一番手。常人ならざる様々な忍術を駆使して、幻妖斎を始めとする忍法者と渡り合う。父は影一族の長、影烈風斎である。赤い仮面で素顔を隠しており、仮面の額にある秘石からは、指や刀を当てることで破壊光線を放つ他、透視術も使える。白影と青影共に飛行術を会得しており、空を飛べる。赤いマフラーをしている。主題歌で「どんな顔だか知らないが」と歌われているが、一般民に変装しているときは素顔をさらしている。
白影 - 牧冬吉
初老の忍者で、忍術のベテラン。槍術を得意とし、「影」と書かれた巨大な凧に乗る。白いマフラーをしている。
青影 - 金子吉延
少年忍者。「だいじょ〜ぶ!」や、「がってんがってん、しょ〜ち!」など、独特の動作を伴う相槌を打つ。主な武器は刀と鎖分銅。薄い青紫色地に赤紫の水玉模様のマフラーをしている。
白山(はくさん)
赤影が乗る白い忍馬。ほかの二人は黒馬に乗る。人語を解するだけでなく話すこともできる。
ベロベロ・ペドロ - 大泉滉
第2部卍党編に登場。優秀なポルトガルの科学者で当初は死んだものと思われていたが、赤影たちがサタン、デウス、マリアの鐘を集めた時、竜牙島に生きていることが判明する。自分の存在を世間に隠すために、わざと自分の墓を作り、墓穴から海底の真下まで隠し道を掘り、そこに人工太陽によるユートピアを築き、人知れず静かに暮らしていた。弟に宣教師のジュリアン(大泉滉による二役)がいる。
ましらの甚内(ましらのじんない) - 波多野博
第3部根来編に登場。伊賀忍者で白影の戦友。第11話では白影と会い、京都の隠し道を突き止めたが、全ては十六夜月心が彼に化けて仕組んだことだった。第13話では根来に与するふりをして、暗闇寺への道に道標を残すが、暗闇鬼堂に殺された。
影 烈風斎(かげ れっぷうさい) - 徳大寺伸
第4部魔風編に登場。影一族の頭領。陽炎に黄金の仮面を守るよう伝え、紅影や黒影と共に逃がした後、魔風雷丸と戦って命を落とす。
陽炎(かげろう) - 時美沙
第4部魔風編に登場。青影の姉で、烈風斎をおじさまと呼ぶ。盲目であるが、二里四方の音を感知できる。烈風斎から黄金の仮面を託され、紅影や黒影と共に影一族の館を抜け、赤影と合流する。黄金の仮面の秘密を知っている。

金目教[編集]

甲賀流忍者である祈祷師・甲賀幻妖斎が率いる謎の宗教。霞谷(かすみだに)七人衆と呼ばれる甲賀忍者の一団を使って、金目像を中心とした本陣を建設し、京に攻め上らんと企む。霞谷七人衆は、歌舞伎をベースにしたキャラクター作りが行われている。

甲賀 幻妖斎(こうが げんようさい) - 天津敏
当初は霞谷を本拠地として、霞谷七人衆に様々な指示を与えていた。配下を4人失った時、霞谷を離れ、京都で布教活動を行い、京都を占拠しようと企んだ。金目教の力を誇示するために、室町幕府の将軍・足利義昭を忍術で病気にし、快癒を祈る際、住人に金目教に帰依するよう説くが、赤影一行と闇姫の妨害により頓挫する。最後の賭けで金目像を動かして比叡山に迫るが、赤影に金目像を破壊された。
霞谷(かすみだに)七人衆
鬼念坊(きねんぼう) - 芦田鉄雄
「鉄より硬い」と豪語し、刀も通じない鍛えぬいた身体を持つ怪力忍者。唯一の弱点である目を攻撃されたのちは、特製のゴーグルをつけて現れる。杖で丸鋸を操る他、杖を火炎放射器のように使うこともできる。
蟇法師(がまほうし) - 近江雄二郎
洞窟で蛙を育てており、成長したものを「千年蝦蟇」として操る。七人衆で唯一生き残り、仲間の墓前で仇討ちを誓う(10話)が、その後戦闘に参加することは無かった[注 1]
傀儡 甚内(くぐつ じんない) - 波多野博
傀儡師の姿をした怪忍者。黒いストッキングのような薄布を被っていて、「忍法顔盗み」で他人に化けることができる。小さな傀儡人形を等身化して操る「忍法傀儡変化」という術を持つ。甲賀のからくり屋敷では相打ち覚悟で赤影を迎え撃つも敗れる。その素顔は、眼も鼻もない白いのっぺらぼうだった。
悪童子(あくどうじ) - 大城泰
水玉模様の西洋風道化服を着け、奇声を発する小柄な忍者。黒い忍び凧に乗り、空中から火遁攻撃を行う。白影と凧合戦を繰り広げた末敗れた。
闇姫(やみひめ) - 岡田千代
甲賀のくの一。長い髪を歌舞伎の連獅子風に振り回し、暴風を呼ぶ「忍法髪あらし」の術で赤影を翻弄する。ただし髪を切られるとこの術は使えない。幻妖斎が自分を捨て駒に使ったため幻妖斎を裏切り、幻妖斎に追い詰められた末に屋敷の屋根から転落死した。いまわの際に金目像の秘密を教えた。
朧 一貫(おぼろ いっかん) - 阿波地大輔
巨漢忍者で、身体を紙や紙吹雪に変えたり、平面化することができる。光でバリアを作れる他、特大の刀も使う。幻妖斎が京都に布教目的で入った際、赤影に化け、京の都で狼藉の限りを尽くす。わざと役人に捕まって投獄された赤影の命を狙うが、この赤影は替え玉で、逆にアジトへ行くところをつけられた。紙に化けて逃げようとしたところを赤影たちに取り押さえられ、幻妖斎の居場所を問い詰められるが、口封じに小柄で殺された。
夢堂 一ツ目(むどう ひとつめ) - 汐路章
自らの隻眼(左目)を空中に放り、巨眼「一ツ目」として操る。この目で人をさらう他、移動することもできる。さらに鎌を武器として使い、左目同様自由自在に操ることもできる。第8話では南蛮大筒職人の娘をさらい、金目教のために大筒を作らせようとするが、赤影との戦いに敗れる。
甲賀下忍衆
黒い覆面に黒装束の忍者集団。
金目像
内部に操縦室を具えた巨大な自動人形。目から光を放って金目教を信じぬ者たちに「神罰」を加える。この光線は洗脳能力も持っている。8話では南蛮大筒で左腕を破壊されたが、9話で修理された。11話では赤影の入っている小屋を破壊するが、赤影は無事で、誤って一緒にいる鬼念坊を殺してしまう。13話では、京の民衆と比叡山の僧兵を洗脳して、比叡山を制圧しようとするが、赤影に阻まれて破壊された。
巨大独楽[注 2]
幻妖斎が搭乗する、大きな独楽型兵器。視界が悪く、潜望鏡で周囲を見なければならない。
大蜘蛛
甲賀のからくり屋敷で赤影を襲った巨大な蜘蛛。
黒蝙蝠(くろこうもり) - 舟橋元
甲賀の抜け忍。七人衆に匹敵する実力を持つため妻子を人質に取られ、幻妖斎に手を貸す。口笛で無数の吸血蝙蝠、また火を吐く巨大蝙蝠[注 3]を操り、赤影に勝負を挑む。青影が彼の妻子を助けたため、戦いを中断する。

まんじ党[編集]

第一部で死んだと思われた甲賀幻妖斎が結成し、南蛮人ペドロが発明した巨大エネルギーの秘密を隠した「デウスの鐘」、「サタンの鐘」、「マリアの鐘」の三つの鐘を手中に収めんと暗躍する、甲賀忍者の一派。「大まんじ」という、飛行・潜行自在な機械仕掛けの巨大な球状の要塞兵器を操る。

甲賀 幻妖斎
「大まんじ」と七人衆を指揮してペドロの発明を狙うまんじ党統領。白い衣装、白いマントを羽織っている。まんじ党七人衆を使い、デウスの鐘、マリアの鐘、サタンの鐘を巡って争奪戦を繰り広げる。13話では、漁民に化けてペドロの墓の秘密を、わざと赤影たちに教え、墓の蓋を開けたところで白影を人質に取って赤影に竜牙島への道案内をさせる。
まんじ党七人衆
甲賀忍者のうち、「うつぼ忍群」という集団に属する七名から成り、それぞれ七色の衣装にマントをまとい、フェイスペイントをしていて、額に「卍」のマークを貼り付けている。登場初期は白いガスマスク風の被り物をしていることが多い。
不知火 典馬(しらぬい てんま) - 小田部通麿
赤い衣装とメイクで登場する火遁忍者。背中に油筒を仕込み、「ファイヤー」と叫んで火焔攻撃を行う。人語を解する鳥のアミーをスパイとして赤影一行に送り、一行を偵察させる。
アミー
典馬が飼っているカナリア。まんじ党七人衆に含めないが人語を解する。赤影一行を漁船におびき寄せるが、典馬が船を破壊し赤影一行ともども巻き添えにしたため、最後に典馬を裏切り、赤影一行についた。
魚鱗 流泊(ぎょりん りゅうはく) - 有川正治
青い衣装とメイクで登場する水遁忍者。長鎌を用いた「忍法水かまきり」や、石塀も穴だらけにする「忍法水鉄砲」などの技を使う。
白蝋鬼(はくろうき) - 石丸勝也
白地に黒斑点の衣装、白いメイクで登場する老忍者。「忍法小人変化」で掌サイズに身体を縮小できる。逆に右腕を巨大化させることもできる。また蝋を吐き、相手を窒息させて殺す。ギヤマンの鐘のありかを聞き出すためにジュリアンを襲う。
猩猩 左近(しょうじょう さこん) - 鈴木金哉
茶色の衣装とメイクで登場する。「忍法針紋鬼」として、全身を銀色の針で覆った姿に変え、球状になって体当たりする。毛針を息で吹いて飛ばす他、ボール状の針爆弾も使う。
魔老女(まろうじょ) - 新屋英子
数百年も生きながらえている甲賀の老くの一。幻妖斎も「オババ」と呼んで一目置いている。黄色い衣装に青いメイクで登場。若い美女に化ける変装術を持つ。毒薬に精通し、何度でも蘇る不死身の身体を持っており、傀儡人形を等身化して操る「忍法生き昇天」、骸骨を操る「忍法死人操り」、雪で相手の動きを止める「忍法雪固め」の術を使う他、水晶玉の中に隠れることもできる。
むささび道軒(むささびどうけん) - 山口幸生
緑の衣装、メイクで登場する。むささびの集団を操り、自らも巨大なむささびの怪獣に変身する。飛行能力を持つが、マントがなければ飛べない。
黒道士(くろどうし) - 滝恵一
白黒縞の衣装、黒い口覆いで登場する。巨大な西洋パラソルに掴まり空を自在に飛ぶ「忍法つむじ傘」という術を持つ。「火吹き竹」という火薬筒を使い、白影の忍凧と度々空中戦を繰り広げた。予備の傘を盾に使うこともあり、傘を破壊されれば脱出用にパラシュートやジェットパックも使う。オーソドックスな忍術も使い、苦無を相手の影に刺す「忍法影縫いの術」で相手の動きを縛る。
まんじ党下忍
七人衆の下で手足となって働く下級忍者。黒い全身タイツにベルト、黒マント、目抜きの白い頭巾と南蛮風のいでたちをしており、胸に「卍」のマークを付けている。忍刀や弓矢を使わず、ナイフやマスケット銃といった水兵を連想させる武器を使う。
大まんじ
まんじ党の本拠ともなっている円盤で飛行能力と潜水能力を持ち、火器や通信機器なども内蔵している。第2部13話では潜水能力で竜牙島の海底に潜り、ペドロのユートピアの真上に大穴を開けた。幻妖斎はペドロをこれに乗せてユートピアを立ち去るが、白影が黒道士に化けてしかけた爆弾が爆発したため大破する。幻妖斎、ペドロ、白蝋鬼、黒道士はこの爆発で死亡した。

根来忍軍[編集]

紀州根来山中の「暗闇寺」に巣食う、根来忍者の一派。頭領・暗闇鬼堂に率いられ、天下を手中に収めんと企む武将・夕里弾正と結託し、目的成就の暁に「夜の世界を譲り受けること」を条件に、織田信長を討たんとする。 巨大な「怪忍獣」を手懐けており、これを操って京への道中にある信長らを執拗に追う。

根来十三忍
暗闇 鬼堂(くらやみ きどう) - 原健策
根来十三忍の頭領。幻術・妖術を操り、巨大化して第37話では山小屋ごと信長と青影を攫ってみせた。最終決戦を前に、「黄泉の法」を用いて怪忍獣の操り手である配下6人の魂を呼び起こし、彼らの棺に魂を入れた上で、怪忍獣を復活させる。杖を使って戦う他、体を透明にすることもできる。
水馬 流馬(みずすまし りょうま) - 新宮寺寛
信長暗殺の一番手を引き受けた水遁忍者。水流を渡って、京への出立を明朝に控えた信長の寝所を襲う。「忍法闇分銅」で赤影を鎖締めにする。
渦巻 一貫斎(うずまき いっかんさい) - 戸上城太郎
大筒を使わせれば日本一の忍者と自負し、催眠術で村人を操って赤影と白影を襲わせる。古寺を占拠し、尾張を迂回した信長一行を仏塔から大筒で狙撃する。大山椒魚の怪忍獣「大怪魚ガンダ」を操る。
山彦 多門丸(やまびこ たもんまる) - 黒沢真一
弓の使い手で、また「忍法山彦返し」で音を反響させ、突風や山崩れを呼ぶ。信長一行の道中宿の女中を脅して飲み水に薬を入れさせて、一行を眠らせる。
蟻身 眼兵衛(ありのみ がんべえ) - 脇中昭夫
白蟻の怪忍獣「大白蟻ガバリ」を操って、薬で眠りこんだ道中宿の信長一行を夜襲した。一行がこれを逃れると翌日、人食い蟻の蟻塚に赤影を落とし、鉄砲隊を率いて信長一行を狙撃する。
かげろう三兄弟
百面鬼(ひゃくめんき) - 楠本健二
変装の名手で、白影に化け、信長の家来衆と赤影らを分断させる。
つむじ - 市村昌治
鬼の仮面を被り、「忍法つむじ風」で突風を起こす。兄の百面鬼亡き後、弟・野火とともに信長一行を襲う。
野火(のび) - 柳原久二夫
鬼の仮面を被り、「忍法野火かげろう」で火焔を吹く火遁忍者。
虫寄せ風葉(むしよせかざは) - 島景子
根来のくの一。口笛、またはオカリナを使ってカブト虫の怪忍獣「鉄甲アゴン」を操る。突風を起こし鎖でがんじがらめにする「忍法風の葉」で白影を捕える手柄を立てるが、用済みと見た矢尻に斬られる。
人むかでの矢尻(ひとむかでのやじり) - 末広真樹子
百足の怪忍獣「大百足ドグマ」を操るくの一。風葉とともに難所で名高い鈴鹿の峠で信長一行を待ち伏せし、ドグマの火焔で追いつめる。毒煙と薙刀の使い手でもある。
流れ星 左十(ながれぼし さじゅう) - 北村英三
伊賀の里近くの「梟の森」に棲む梟の精、「ガッポ」を手懐けており、白影が応援に呼んだ伊賀忍者4人による囮の輿を襲って信長の行く手を聞き出し、信長らを「梟の森」に誘いこんでガッポに襲わせた。梟を通信機代わりに使う他、羽手裏剣も投げる。
魔風 刑部(まふう ぎょうぶ) - 小田部通麿
琵琶法師の風体をした怪忍者。刀で突いても斬っても死なない身体を持ち、行く先々で石仏に化けて待ち構える。口から吐く白い息で人間を石に固める「忍法石仏」という術によって、信長の護衛を務める伊賀忍者残り3人を殺してしまい、信長はついに身一つとなってしまう。
十六夜 月心(いざよい げっしん) - 末広恵次郎
変装の名人で、白影が新たに呼び寄せた伊賀忍者、ましらの甚内に化け、また夕里弾正の関所を迂回するための抜け道を知る御用商人にすり替わり、信長一行を罠処へ巧みに誘導する。巨大な山猫の怪忍獣「ジャコー」を操り、暗闇鬼堂とともに一行を襲う。
根来下忍衆
根来十三忍の手足となって暗躍する、灰色の頭巾と装束の忍者集団。
夕里弾正
大和の国の武将。腹の黒さと冷酷さで悪名高く、京に攻め上ってこれを包囲し、都の民に残虐の限りを尽くす。根来暗闇寺に使いを送り、暗闇鬼堂と「夜の世界」を譲ることを条件にこれと結託する。
怪忍獣
当時空前の怪獣ブームの影響を受け、この第三部から、「怪忍獣」として巨大な怪獣が登場する。これらの題材は、大山椒魚や山猫、梟など、日本の風土に立脚したものが選ばれた。また、劇伴音楽の新録音に伴い、怪忍獣それぞれのテーマ曲が新たに作曲されている。
「大怪魚ガンダ」[注 4]
暗闇寺そばの渓谷に棲む、大山椒魚の怪忍獣。大山椒魚の姿で渦巻一貫斎によって運ばれ、笛の音で巨大化する。火焔を吐いて信長一行を襲った。
「大白蟻ガバリ」[注 5]
蟻身眼兵衛が操る白色をした蟻の怪忍獣。両前足から強力な蟻酸を噴出する。水に弱い。
「鉄甲(てつかぶと)アゴン」[注 6]
普段は何の変哲もないかぶと虫だが、虫寄せ風葉の口笛、またはオカリナによって巨大化する。口から緑色の液体を吐き、背中の角からの麻痺光線で信長らの動きを奪う。赤影に風葉から奪ったオカリナで操られ、ドグマと戦うが敗れる。
「大百足ドグマ」[注 7]
強力な牙をもつ巨大な大百足。口から火焔を吐く。矢尻の持つ髑髏の根付が弱点で、これを投げつけられて身体を分断され死んだ。
「梟の精ガッポ」[注 8]
流れ星左十が操る、「梟の森」に棲む巨大な梟。目から火を吹いて信長らを襲う。強い光に弱く、青影の機転によって照明弾を打ち上げられ、その光を浴びて無力化し倒された。
「怪忍獣ジャコー」[注 9]
巨大な山猫の怪忍獣。十六夜月心が操る(または変化したもの)。月の光で力を得るため、これを遮られると無力化する。

魔風忍軍[編集]

魔風雷丸が率いる怪忍者集団。甲斐と信濃を本拠地としている。「影の里」に伝わる、巨大エネルギーを隠した「黄金の仮面」を狙って里を襲い、赤影の父・烈風斎を亡き者にした。雷丸の正体は、巨大な一つ目のとかげ忍獣「じじごら」であった。

魔風十三忍
魔風 雷丸(まふう いかずちまる) - 汐路章
無邪気だが狡猾且つ残忍な性格で、とても人間とは思えない風貌の持ち主。第三部の暗闇鬼堂同様、十二人の配下を擁し、魔風十三忍の頭領でもある。
小文字 右兵(こもんじ うへい) - 月形哲之介
使う刀はバズーカや火炎放射器にもなる。
夜目 蟲斎(よるのめ ちゅうさい) - 大城泰
固い鎧に身を包み、奇声をあげて鎧虫怪獣「グロン」を操る。普段はグロンを縮小化して体内に隠しているが、グロン同様顎にある三日月型の痣が弱点。
雲間 猿彦(くもま さるひこ) - 二見忠男
一種のテレパシーで双子の弟・犬彦と連絡を取り合うが、特殊体質の持ち主で、自分が死ねば、犬彦も同時に死ぬ。降参したふりをして赤影の一行に潜り込み、赤影に自分を信用させるため血潮将監を殺し、一行を危機に陥れるが赤影や白影にスパイであることを見破られた後は、赤影一行の味方をするようになる。後に捕えられるも青影と陽炎に助けられ、その恩に報いるために雷丸や犬彦の目前で自害し、赤影と白影に看取られながら果てた。岩も切断するはがね鞭の使い手でもある。
雲間 犬彦(くもま いぬひこ) - 二見忠男(二役)
兄の猿彦と異なり、左の頬にほくろがある。第7話では青影から黄金の仮面を奪う。第8話では、猿彦になりすまし、赤影と白影を魔風堂におびき寄せるが、(殺してしまうと自分も死ぬので仕方なく)半殺しにしてあった猿彦が自害したことで死んでしまう。
血潮 将監(ちしお しょうげん) - 阿波地大輔
モヒカン刈りで仙人のような衣と杖を身に着けている。普段は山蛭を肩に乗せており、吸血蛭の怪忍獣「ギロズン」として操る。透視術と傀儡の術の使い手でもある。
闇の黒蔵(やみのくろぞう) - 波多野博
顔の無い忍者で、爛れて崩れたような顔をしており、顔の皮膚を千切って投げると爆発する。変装術の使い手で赤影に化ける。
口無 水乃(くちなし みずの) - 沢淑子
岩石怪獣「ががら」を操る、十三忍唯一のくの一。雷丸に母親を人質に取られており、不本意ながら雷丸に従っている。過去に一郎次という、生きていれば青影と同い年になっていたであろう弟を修行中の事故で失ったため、姉・陽炎を慕う青影に亡き弟の面影を重ね、同情している。その思いから捕えていた青影にががらの弱点を教え、自ら逃がしたことで雷丸から最後通告をされ、やむなくががらと共に赤影一行に戦いを挑むも、赤影の機転によって敗れる。その際、ががらの爆発に巻き込まれて致命傷を負い、今わの際にががらを青影に託し、息を引き取った。
足切 主水(あしきり もんど) - 山本一郎
蟹を大蟹怪獣「ざばみ」に変えて操る。顔の中心に白い線をペイントし、無口で何を訊かれても「むぅん」と唸り声で返事をする風変わりな男。魔風堂での中忍の供養を警護し、供養が終わったところで草むらに隠れてざばみを操るが、赤影に透視術で見破られ、「忍法流れ星」で倒される。
引導坊(いんどうぼう) - 河上一夫
棒術の達人。伸縮自在のろくろ杖を使う。十三忍の一人とはいえ、使命などにそれほど興味を示していない。息子の鬼丸を一人前にする為に棒術や忍術を厳しく教えるが、一方では目に入れても痛くないほど溺愛している。雷丸に鬼丸が人質に取られたため、陽炎をさらうように命じられ、止む無くこれに従うものの、自力で逃れてきた鬼丸の説得によって、雷丸の本性を知り離反。その後、息子と共に魔風に戻らず、何処へと旅立った。実は妻に先立たれており、妻から鬼丸を忍者にする事に反対されていたことをこぼしている。
鬼丸(おにまる) - 長張卓実
引導坊の息子。十三忍には含まれない。引導坊同様ろくろ杖を使える。雷丸に人質に取られかけるが、父との修行の賜物だけあって、自力で下忍を蹴散らして逃げ出す。子供ながらに豪胆で青影に対しても物怖じすらしない。忍法対決の最中に命を助けられ友達となった青影と共に、引導坊と赤影が戦っている場所に赴き戦いを中止させる。その後、青影と再会を誓い合い、父と共に何処へと旅立っていった。
花粉 道伯(はなのこ どうはく) - 有川正治
女に化け髪に挿した花を人喰い植物「ばびらん」に変えて操る。色黒で鼻に金の輪をぶら下げているが、女に化けた時もこの金の輪をしている。9話で陽炎をさらい、10話で農夫と道作りから脱走した労働者をばびらんに食べさせた後、少女に化け、川上から「たすけて」と破った笠でメッセージを送って、赤影を森におびき寄せる。ばびらんのダメージや生死は、道伯にも同様に反映されてしまう。
不動 金剛丸(ふどう こんごうまる) - 鈴木金哉
百姓に化けて「魔風部落を逃げた」と言って赤影をおびき寄せる。特大サイズの刀を二本持っており、刀から破壊光線や衝撃波を発射する。そのうち、破壊光線を放つものが忍法地雷火陣。いまわの際に、地獄谷に来るよう赤影と白影に告げた。
でっかでか東馬(でっかでかとうま) - 大前鈞
13話に登場。言葉は話せないが雷丸に忠実な、巨漢で怪力の持ち主。子供である青影に化けて黄金の仮面を奪うという、達人級の変装術の使い手。赤影と白影に呆気なく倒される。
魔風下忍衆
魔風忍軍の手足となって暗躍する、鈴模様の頭巾と装束の忍者集団。バイキングの楯や鉄砲も使う。
魔風怪忍獣
グロン
トカゲとアルマジロを合わせたような外見をした、夜目蟲斎が操る鎧虫怪獣。背中に固い装甲を持ち、アルマジロのように丸まるだけでなく、空を飛ぶこともできる。顎にある三日月型が弱点。
ギロズン
血潮将監が操る怪忍獣。蛭をモチーフにした奇怪な外見。口をバキューム掃除機のように使い、相手を吸い寄せ血を吸う。毒ガスも使うが、他の忍怪獣より小さく、身長は人間よりやや大きい程度。黒影と紅影を襲い、血を吸ってミイラにした。
ががら
口無水乃が操る怪忍獣。やどかりがモチーフだが貝殻の中身は甲殻類ではなく、トカゲ風。体を回転させたり、地中に潜って移動できる他、油と火を吐く。首をひっこめるとあらゆる攻撃を受け付けないが、攻撃も不可能になる。1度は赤影が森に誘い込んで自爆させられたが、もう1度だけ戦うことが可能であり、爆発に巻き込まれた水乃がいまわの際に青影に託した。その後託された青影に使用され、塔からざばみを遠ざけた。額の三つ目が弱点だが、体内に油を貯めて火を吐くので、外から火で炙れば自滅(爆)してしまう。
ざばみ
足切主水が操る、蟹の怪忍獣。泡とはさみを使って暴れる。第7話では赤影と白影が陽炎を助けに塔へ行った時、塔を攻撃し、青影が差し向けたががらを倒す。第8話では足切主水の指示で暴れるが、主水の死と共に消える。
ばびらん
花粉道伯が操る怪忍獣だが、怪獣というよりは人食い植物であり、形は蘭の花で生態はもうせんごけがモチーフ。七色の光で獲物を惑わせ、触手になったおしべで捕らえて食べるが、その触手が弱点でもある。花粉のバリア「花の粉膜」を作れる他、瞬間移動能力も持っている。花粉道伯と繋がっており、ばびらんがダメージを受けると道伯も苦しみ、ばびらんが死ぬと道伯も死ぬ。
じじごら
雷丸が操る怪忍獣。とかげがモチーフだが、角1本、目1個、腕の皮膜が特徴で、目から破壊光線を放ち、腕の皮膜で空を飛ぶ。第11話では青影をさらう。体内にグロン、ギロズン(巨大)、ががら、ざばみ、ばびらんを収容しており、第13話でこれらを解放して総力戦を挑むが、黄金の仮面の光線でこれらともども倒される。死んだ後の姿は魔風雷丸その人だった。

キャスト[編集]

金目教編
卍党編
  • ベロベロ・ペドロ - 大泉滉
  • 織田上総介信長(おだ かずさのすけ のぶなが) - 倉岡伸太郎
  • 竹中半兵衛重治(たけなか はんべえ しげはる) - 里見浩太朗
根来編
  • 織田上総介信長(おだ かずさのすけ のぶなが) - 嶋田景一郎
  • ましらの甚内(ましらのじんない) - 波多野博
魔風編

スタッフ[編集]

  • 原作:横山光輝
  • プロデューサー:加藤哲夫(関西テレビ)、平山亨(東映)、高田正雄(東映京都テレビプロ)
  • 脚本:伊上勝
  • 音楽:小川寛興
  • 撮影:脇武夫、平山善樹、森常次、柾木兵一、羽田辰治
  • 助監督:久郷久雄、岡本静夫ほか
  • 怪忍獣造形:エキス・プロダクションほか
  • 監督:倉田準二山内鉄也、曽根勇、小野登、古市真也
  • 製作:関西テレビ放送、東映京都テレビプロダクション

主題歌[編集]

忍者マーチ(オープニング・エンディングで使用)
作詞 - 伊上勝 / 作曲・編曲 - 小川寛興/ 歌 - ヤング・フレッシュボーカル・ショップ
赤影の歌(劇中で使用)
作詞 - 伊上勝 / 作曲・編曲 - 小川寛興/ 歌 - ヤング・フレッシュ、ボーカル・ショップ
放映4日前の4月1日に「ひばり児童合唱団ボニージャックス」によるシングルレコード(ステレオ版・ドーナツ盤・EC-324・キングレコード)が発売され、その後5月7日に「ヤング・フレッシュ、ボーカル・ショップ」によるモノラル版主題歌のフルコーラス2曲とドラマ「怪物ガマ法師」を収録したソノシート(M-89・朝日ソノラマ)が発売された。
「ヤング・フレッシュ、ボーカル・ショップ」版と「ひばり児童合唱団、ボニージャックス」版は両曲とも歌詞の一部が異なる。
時代劇主題歌集などのオムニバス盤には、「ヤング・フレッシュ、ボーカル・ショップ」版が収録されることが多い。

サブタイトル[編集]

  • 括弧内は話数及び登場した忍者、怪獣など

第1部 金目教篇(第1 - 13話)[編集]

  • 1) 怪物蟇法師(鬼念坊、蟇法師、千年蟇)[注 10]
  • 2) 甲賀の悪童子(傀儡甚内、傀儡変化、悪童子、闇姫)
  • 3) 逆襲蟇法師(傀儡甚内、傀儡変化、蟇法師、千年蟇)
  • 4) 怪奇忍び屋敷(傀儡甚内、傀儡変化、闇姫、鉄独楽、大毒蜘蛛)
  • 5) 謎の独楽忍者(鉄独楽、朧一貫)
  • 6) 恐怖の大魔像(朧一貫、金目像)
  • 7) 妖術一つ目(朧一貫、夢堂一ツ目、巨眼一ツ目)
  • 8) 南蛮大筒の秘密(夢堂一ツ目、金目像、巨眼一ツ目)
  • 9) 不死身の魔像(闇姫、朧一貫、金目像)
  • 10) 怪忍者黒蝙蝠(鬼念坊、蟇法師、闇姫、朧一貫、黒蝙蝠、金目像、大蝙蝠)
  • 11) 鬼念坊鉄車(鬼念坊、闇姫、朧一貫、金目像)
  • 12) 闇姫髪あらし(闇姫、金目像)
  • 13) 大魔像破壊作戦(金目像)

第2部 卍党篇(第14 - 26話)[編集]

  • 14) 謎のまんじ党(不知火典馬、魚鱗流泊)
  • 15) 小法師白蝋鬼(不知火典馬)
  • 16) 怪獣針紋鬼(猩猩左近、魔老女、むささび道軒)
  • 17) 不死の魔老女(不知火典馬、魚鱗流泊、猩猩左近、魔老女)
  • 18) 鳥獣むささび(不知火典馬、魚鱗流泊、白蝋鬼、猩猩左近、魔老女、むささび道軒、むささび部隊、大むささび)
  • 19) 忍法つむじ傘(不知火典馬、魚鱗流泊、白蝋鬼、猩猩左近、魔老女、むささび道軒、黒道士)
  • 20) 怪物大まんじ(不知火典馬、魚鱗流泊)
  • 21) 渦潮骸骨丸(魚鱗流泊、猩猩左近、魔老女)
  • 22) 怪獣変化陣(猩猩左近、黒道士)
  • 23) 地獄の魔老女(魔老女、黒道士)
  • 24) いかるが兄妹(白蝋鬼、むささび道軒、黒道士、大むささび)
  • 25) 悪魔の鐘 (白蝋鬼、むささび道軒、黒道士、大むささび)
  • 26) 大爆發(白蝋鬼、黒道士)

第3部 根来篇(第27 - 39話)[編集]

  • 27) 根來十三忍(水馬流馬、ガンダ)
  • 28) 忍法大怪魚(渦巻一貫斎、ガンダ)
  • 29) 忍法山彦変化(山彦多門丸、ガバリ)
  • 30) 蟻怪獣ガバリ(蟻身眼兵衛、ガバリ)
  • 31) 怪忍百面鬼(かげろう百面鬼、かげろうつむじ、かげろう野火、アゴン)
  • 32) 鉄甲アゴン(かげろうつむじ、かげろう野火、虫寄せ風葉、アゴン)
  • 33) 大百足ドグマ(虫寄せ風葉、人むかでの矢尻、アゴン、ドグマ)
  • 34) 怪獣大逆襲(虫寄せ風葉、人むかでの矢尻、ドグマ)
  • 35) 梟怪獣ガッポ(流れ星左十、ガッポ)
  • 36) 忍法石仏(魔風刑部、ジャコー)
  • 37) 怪忍獣ジャコー(十六夜月心、ジャコー)
  • 38) 怪忍獣勢揃い(六大怪獣=ガンダ、ガバリ、アゴン、ドグマ、ガッポ、ジャコー)
  • 39) 六大怪獣大逆襲(再生六大怪獣=ガンダ、ガバリ、アゴン、ドグマ、ガッポ、ジャコー)

第4部 魔風篇(第40 - 52話)[編集]

  • 40) 魔風忍者の来襲(夜目蟲斎、小文字右兵、グロン)
  • 41) 鎧怪獣グロン(夜目蟲斎、グロン)
  • 42) 忍法はがね鞭(雲間猿彦、雲間犬彦、ギロズン)
  • 43) 吸血怪獣ギロズン(雲間猿彦、雲間犬彦、血潮将監、ギロズン)
  • 44) 顔のない忍者(雲間猿彦、雲間犬彦、闇の黒蔵、ガガラ)
  • 45) 岩石怪物ガガラ(雲間猿彦、雲間犬彦、口無水乃、ガガラ)
  • 46) 怪獣ががら対ざばみ(雲間猿彦、雲間犬彦、足切主水、ざばみ、ががら)
  • 47) 魔風堂の怪獣(雲間猿彦、雲間犬彦、足切主水、ザバミ)
  • 48) こども忍者術くらべ(引導坊、鬼丸、大ガマ、巨竜、バビラン)
  • 49) 人喰い植物ばびらん(花粉道伯、ばびらん)
  • 50) とかげ忍獣じじごら(不動金剛丸、じじごら)
  • 51) 決戦魔風忍群(六大怪獣=グロン、ギロズン、ががら、ざばみ、ばびらん、じじごら)
  • 52) 六大怪獣包囲陣(でっかでか東馬、六大怪獣)

重要ポイント、重要アイテム[編集]

デウスの鐘
第2部第1話で織田信長が堺の商人から手に入れる。
マリアの鐘
第2部第6話で女の行商人が彦根で赤影に渡す。
サタンの鐘
第2部第7話では当初、鳴門海峡の難破船に隠されていたと考えられていた。しかし難破船の中にはなく、いかるがの里にあった。お互いを近づけて鳴らすと共鳴を起こし、呼び合う。デウス、マリアの鐘と揃えると、竜、牙、島の絵柄が出る。
いかるがの里
サタンの鐘を巡って住人が抗争を繰り広げたため、住人が青年とその妹の二人しかいない。青年は井戸の下にサタンの鐘を隠しており、赤影とむささび道軒がこの鐘を巡って争奪戦を繰り広げる。青年がいかるがの球を赤影に渡し、第2部13話では、赤影たちがこれに祈ったことで、ペドロのユートピアから地上に脱出できた。
竜牙島
第2部13話に登場。ペドロが作った一種のユートピア。ペドロの墓の墓石を持ち上げると、階段が続いており、途中で壁にぶちあたるが、壁にデウス、マリア、サタンの鐘を投げて壁を破壊すると辿り着ける。ペドロは竜牙島で人知れず静かに暮らしながら、人工太陽を作り、これを平和のために利用していた。
暗闇寺
根来十三忍が本拠地として使っている。夕里が使者を送り、織田信長を殺す様暗闇鬼堂に依頼した。鬼堂の配下は風鈴に化けて待機している。第3部第11話では、鬼堂が赤影と白影に来る様に告げている。第13話では、決戦の舞台ともなった。織田信長が夕里を斬った時、青影が黄泉の法を破るために、棺に爆薬を仕掛けて棺もろとも暗闇寺を爆破し、怪忍獣を無力化する。
竜が滝洞窟
黒影と紅影が陽炎と逃げ込んだ。紅影が赤影に知らせに行ったところを、雷丸が血潮将監に命じ、血潮はギロズンに攻撃させた。
阿弥陀が池
中心に灯台があり、第7話では陽炎を灯台の中に捕らえて監禁した。
魔風堂
雷丸が今までに倒された中忍の法要を行い、足切主水に外の警護をさせた。法要が終わった後、ばざみが赤影と戦った時に破壊される。
影部落
赤影たちの故郷で、飛騨にある。第4部第1話でグロンに集落を破壊され、第2話で館を魔風忍軍に破壊される。この時、頭領烈風斎が一瞬の隙を衝かれて、雷丸に刺し殺される。
影の神像
第4部第6話に登場する影一族の守り神。これに黄金の仮面をかぶせると、煙幕を出す。陽炎が「この下に財宝がある」と雷丸をだまして案内するが、ががらに破壊される。
黄金の仮面
第4部の重要アイテム。影一族の館にあり、忍者にとっては栄光のシンボルでもあるため、どの流派の忍者にも憧れの的となっている。これに目をつけた雷丸が黄金の仮面を巡って、赤影一行と争奪戦を繰り広げる。陽炎がこの秘密を知っており、陽炎も争奪戦の対象となった。第13話では、青影がある呪文を唱えて巨大化させ、陽炎が同じ呪文を唱えて光線を発射させた。この呪文は黄金の仮面の下敷きになった者も移動させられる。この力が真の秘密であり、財宝のありかを示すものではなかった。争奪戦が終わった後、赤影が自分の仮面を青影に譲ってこの仮面を被り、影一族を立て直す為に飛騨の影部落に戻った。

映像ソフト化[編集]

  • ビデオ(VHS、セル・レンタル共通)は傑作選として、8巻・31話分を収録したものが東映ビデオよりリリースされている。
  • 1992年11月25日から1993年11月25日にかけてLD-BOXが東映ビデオより発売された。全4集の各4枚組で各巻13話収録。
  • 2001年8月10日から2002年5月21日にかけてDVDが東映ビデオより発売された。全4巻の各2枚組で各巻13話収録。

ネット配信[編集]

  • 2013年4月から10月にかけてYoutubeの「東映特撮 YouTube Official」において全52話が配信された。

漫画版[編集]

第1部 金目教の巻[編集]

特撮版の第1部に相当する。

第2部 うつぼ忍軍の巻[編集]

「うつぼ忍軍」の名称が特撮版第2部に、冒頭部分が同第3部に使われたが、それ以外は漫画独自の展開となっている。

第3部 決戦うつぼ砦の巻[編集]

登場人物[編集]

赤影
ドラマ版より若いイメージ。仮面は鉢巻のような細長い布に穴を開け、目の周囲を覆うように巻きつけたもの。ただの布なので、特撮版のような特殊機能はない。作中の描写から、常に予備を携帯していることが窺われる。
青影
赤影と同年代のイメージ。赤影ほどではないものの、それなりの忍術の使い手として描かれている。赤影とはタメ口で話す。
白影
第2部にのみ登場。

新・仮面の忍者赤影[編集]

後述のテレビアニメ化にあわせて、1987年より週刊少年チャンピオンで連載。赤影は少年〜青年風で旧作を踏襲。白影は中年風でアニメ版の描写に近い。青影は少年だが、女形として女性に変装して活動する忍者として養成されたという設定になっており、そのため女言葉で喋る。

金目教・甲賀幻妖斎が一向一揆武田信玄と共闘したり、赤影が織田信長を支持する理由が本人の口からはっきりと述べられており、史実との連携が考慮されているのが特長。作中の武田信玄の描写に関しては、直前に横山光輝は新田次郎の小説の『武田信玄』の漫画化を手がけており、その影響が見られる。また甲賀忍者の中には中国の武将風のキャラクターデザインの者もおり、『三国志』や『項羽と劉邦』の影響も見られる。

アニメの終了にあわせて、打ち切り気味に(金目教団・幻妖斎との決着がつかないままに)、連載が終了した。

カバー作[編集]

プレイコミック2012年7月号より、神崎将臣の作画によるカバー作『仮面の忍者 赤影 Remains』が連載されている。

月曜ドラマランド版『仮面の忍者赤影』(1985年)[編集]

フジテレビの『月曜ドラマランド』枠で単発のビデオドラマ化されたもの。赤影役は黒崎輝、青影は「少年忍者」ならぬ「中年忍者」として高田純次が務め、白影が登場しない代わりに舞影というオリジナルキャラが登場。

放映日:1985年(昭和60年)8月26日、19時30分~20時54分

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

TVアニメ版『仮面の忍者 赤影』(1987 - 1988年)[編集]

1987年10月13日から1988年3月22日まで東映動画(現:東映アニメーション)制作、日本テレビ系列で全22話(+1話未放送)が放送された。

この放映に合わせて週刊少年チャンピオンにて、横山によって新作漫画『新・仮面の忍者赤影』が連載された。

特撮版を全話手がけた伊上勝の息子である井上敏樹が脚本に加わっており、親子二代で同シリーズに携わることとなった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画:嶋村一夫(読売広告社
  • 原作:横山光輝
  • プロデューサー:七條敬三(東映動画)、木村京太郎(読売広告社)、武井英彦(NTV)
  • チーフディレクター:石崎すすむ
  • シリーズ構成:菅良幸井上敏樹
  • 美術監督:宮野隆
  • キャラクターデザイン:金山明博
  • 音楽:菊池俊輔
  • 制作担当:神田豊(ライフワーク)、鈴木淑仁(読売広告社)、伊藤響(NTV)
  • 動画チェック:椙目八男、宮司好文、中村美雪、白石悟、関明美、岩田幸大
  • 背景:スタジオユニ
  • 仕上:トレーススタジオM
  • 撮影監督:古林一太、沖野雅英
  • 撮影:伊藤修一、刑部徹、米金均、小室正一
  • 編集:西山茂
  • タイトル:マキ・プロ
  • 制作デスク:豊住政弘
  • 制作デスク補:安部正二郎
  • 制作進行:大橋浩一郎、見野誠児、佐藤和治、飯高慎也、鍬敏宏、安部正二郎、広川隆志
  • 音響監督:田中英行
  • 整音:佐藤千明
  • 効果:新井秀徳(フィズサウンドクリエイション
  • 製作協力:ライフワーク
  • 録音スタジオ:タバック
  • 現像所:東映化学
  • 製作:東映動画、読売広告社

主題歌[編集]

オープニングテーマ - 「仮面の忍者赤影」
歌 - 秋保和也・秋保浩司(fromキャロットクラブ) / 作詞 - 三田陽子 / 作曲 - 小杉保夫 / 編曲 - 山本健司
エンディングテーマ - 「朝焼けの中で」
歌 - 山野さと子森の木児童合唱団 / 作詞 - 森田由美 / 作曲 - 有澤孝紀 / 編曲 - 山本健司

各話リスト[編集]

オープニングナレーション(声 - 玄田哲章)
「野望渦巻く、戦乱の世にあって、自由と平和を守るために、敢然と悪に立ち向かう、仮面をつけた忍者がいた!!」
話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督
1 赤影と山ザル小太郎 菅良幸 石崎すすむ 金山明博
2 怪奇! ガマ法師 井上敏樹 勝間田具治 杉島邦久 進藤満尾
3 狙われた黄金五十万両 菅良幸 小鹿英吉 渡辺浩
4 守れ!! 霧の南蛮船 照井啓司 新田義方 進藤満尾
5 危機一髪! 忍法花ふぶき 渡辺麻実 栗屋義之 福留政彦 金山明博
6 恐るべし!! 必殺胡蝶の剣 井上敏樹 杉島邦久 谷口守泰
7 危うし山吹! 謎の大グモ 照井啓司 小鹿英吉 進藤満尾
8 激突!! 赤影VS赤影 新田義方 岡迫亘弘
9 恐怖のおろち丸!! 菅良幸 栗屋義之 福留政彦 進藤満尾
10 はしれ赤影!! 信長との賭け 米谷良知 杉島邦久 金山明博
11 せまる!! 忍法阿修羅地獄 渡辺麻実 小鹿英吉 谷口守泰
12 でた〜っ!! 鋼鉄の忍者 菅良幸 栗屋義之 福留政彦 アベ正己
13 決戦!! 魔境の大ワシ 照井啓司 米谷良知 進藤満尾
14 怒りの大魔神像・やまぶき死す!! 井上敏樹 杉島邦久 岡迫亘弘
15 幻魔城からの使者・魔童子 菅良幸 新田義方 金山明博
16 闇におどるガイコツのワナ!! 井上敏樹 小鹿英吉 進藤満尾
17 死を呼ぶ異次元の怪奇!! 照井啓司 栗屋義之 福留政彦 谷口守泰
18 恐怖のチェスゲーム!!
(本放送時未放送)
菅良幸 米谷良知 進藤満尾
19 霞丸と妖刀龍幻!! 井上敏樹 杉島邦久 岡迫亘弘
20 秘宝発見!! 赤影VS夜叉王 菅良幸 新田義方 金山明博
21 雷神砲炸裂!! いざ幻魔城へ 小鹿英吉 進藤満尾
22 対決!! 赤影VS魔童子 井上敏樹 竹之内和久 福留政彦 谷口守泰
23 さらば赤影!! 炎の大幻魔城 石崎すすむ 金山明博

映画[編集]

『飛びだす冒険映画 赤影』(1969年)
本編放映終了後の1969年(昭和44年)、「東映まんがまつり」の夏休み興行の番組の一つとして制作された。特撮版第一部の金目教篇をベースにして新たに編集を加え、新規撮影された赤影らの活躍シーンを加えたもの。
この新撮部分は「アナグリフ方式」と呼ばれる「立体映像」になっており、劇場で赤・青のセロハンを両目それぞれに貼った赤影の仮面風の「立体メガネ」が配られ、劇中で立体パートになると赤影や白影がこの「立体メガネ」をかけるよう、観客に呼びかける趣向になっていた。
『RED SHADOW 赤影』
2001年8月11日公開、主演:安藤政信。原作漫画ともTV実写版ともほとんど関連のないオリジナルな内容。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第二部で披露される「甲賀人別帳」では、赤い線が引かれ、物故者記名となっている
  2. ^ 『全怪獣怪人 上巻』では、名称を「鉄独楽」と記載している[5]
  3. ^ 『全怪獣怪人 上巻』では、名称を「大蝙蝠」と記載している[5]
  4. ^ 『全怪獣怪人 上巻』では、別名(肩書)を「山椒魚怪獣」と記載している[6]
  5. ^ 『全怪獣怪人 上巻』では、別名(肩書)を「大蟻怪獣」と記載している[6]
  6. ^ 『全怪獣怪人 上巻』では、別名(肩書)を「甲虫怪獣」と記載している[7]
  7. ^ 『全怪獣怪人 上巻』では、別名(肩書)を「百足怪獣」と記載している[7]
  8. ^ 『全怪獣怪人 上巻』では、別名(肩書)を「梟怪獣」と記載している[7]
  9. ^ 『全怪獣怪人 上巻』では、別名(肩書)を「山猫怪獣」と記載している[7]
  10. ^ 次話の予告部分の音声データが紛失しており、現在CS等の放送ではお詫びのテロップを出した上で無音で放映している。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、65頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  2. ^ 全怪獣怪人 上 1990, pp. 96 - 97.
  3. ^ 大下英治 日本のヒーローは世界を制す 角川書店
  4. ^ 堤哲哉 僕らのスーパーヒーロー伝説 扶桑社
  5. ^ a b 全怪獣怪人 上 1990, p. 99
  6. ^ a b 全怪獣怪人 上 1990, p. 101
  7. ^ a b c d 全怪獣怪人 上 1990, p. 102

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ関西テレビ製作)系 水曜19:00枠
【当番組まで三洋電機一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
仮面の忍者赤影(特撮版)
おらぁグズラだど
※再びアニメ
日本テレビ 火曜19:00枠
仮面の忍者赤影(アニメ版)
追跡
(月 - 金)