一向一揆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
六字名号(蓮如筆)/本願寺所蔵

一向一揆(いっこういっき)は、戦国時代浄土真宗本願寺教団一向宗[1])の信徒たちが起こした一揆の総称。

概要[編集]

浄土真宗本願寺教団によって組織された、僧侶武士農民、商工業者などによって形成された宗教的自治、一揆の事である。本願寺派に属する寺院道場を中心に、蓮如がいう「当流の安心は弥陀如来の本願にすがり一心に極楽往生を信ずることにある」という教義に従う土豪的武士や、自治的な惣村に集結する農民が地域的に強固な信仰組織を形成していた。

1488年(長享2年)、加賀守護富樫政親を滅ぼすことでその勢力を世に知らしめる。戦国時代末期、織田信長などによって鎮圧されるまでは各地に安定した豊かな町が築かれた。本拠地とされた摂津大坂伊勢長島三河矢作川流域などは湿地帯であったことから、高度な治水技術があったのではないかとの見方もされている。朝倉氏に奪われた越前吉崎御坊を取り戻すため何十回となく大規模な戦を起こしたり(九頭竜川の戦い)、一揆の拡大によって武家政権の基盤を脅かされることを恐れた織田信長や細川晴元ら権力者との争いを展開するなど、戦国大名化して覇権を争ってもいる。

しかし、1580年(天正8年)、信長との抗争に敗れて顕如石山本願寺を退去した後は、本願寺の分裂騒動もあって一向一揆という名称は見られなくなる。

主な一向一揆[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、「一向宗」とは本来は別の宗派(後の時宗一向派)を指す語であったともされている。一向宗を参照のこと。

参考文献[編集]

  • 新修大阪市史編纂委員会『新修 大阪市史』第2巻、1988年3月、622-623頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]