長尾氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長尾(ながお)氏は、日本氏族東漢氏の後裔[1]。また関東地方に興った武家長尾氏は本姓平氏坂東八平氏)とし、鎌倉時代室町時代から江戸時代にかけ、関東へ入部した上杉氏に仕えた。



東漢氏系[編集]

長尾氏
氏姓 長尾
出自 東漢忌寸
種別 諸蕃
著名な人物 長尾真墨
凡例 / Category:氏

古代にあっては渡来系の東漢氏の後裔の氏族として長尾氏は起こった。「坂上系図」によれば、東漢氏漢氏)の祖阿智使主(阿智王)の子・都加使主の長男・山木直からは民氏檜原氏平田氏粟村氏小谷氏軽氏夏身氏韓口氏新家氏門氏蓼原(たてはら)氏高田氏田井氏狩氏東文部氏檜前氏谷氏文部谷氏文部岡氏路氏とともに長尾氏が出た[1]。また、同系図によれば、阿智王の次男・志努直の三男・阿良直から郡氏榎井河原氏忍坂与努波多氏らとともに長尾氏が出た[2]飛鳥時代の人物には長尾真墨がいる。


鎌倉氏系[編集]

長尾氏
家紋
本姓 桓武平氏鎌倉氏
家祖 長尾景弘
種別 武家
出身地 相模国鎌倉郡長尾庄
主な根拠地 上野国
越後国
下野国
相模国
武蔵国
著名な人物 長尾定景
長尾景仲
長尾景春
長尾為景
長尾政景
長尾景虎
支流、分家 上田長尾家
古志長尾家
白井長尾家
総社長尾家
足利長尾家
凡例 / Category:日本の氏族

長尾氏は桓武平氏の流れを汲む鎌倉氏の一族である。鎌倉氏自体が、相模古代豪族の末流だとする説も有力だが、長尾氏が鎌倉氏一門の古い一族であることは確かである。長尾の家名は、鎌倉景明の息子で大庭景宗の弟である景弘が、相模国鎌倉郡長尾庄(ながおのしょう、現在の横浜市栄区長尾台町周辺)に住んで長尾次郎(ながお じろう)と称したことに始まリ、坂東八平氏のひとつに数えられる。

源頼朝が挙兵したとき平家の側につき、さらに平家滅亡後は同族・三浦氏の配下となった。長尾新六定景公暁を討ち取るという功績も挙げたが、宝治合戦で一族がほぼ全滅・没落した。長尾家のわずかな生き残りは、鎌倉時代末期から南北朝時代初頭頃に関東へ入部した上杉氏の筆頭家臣として栄えた。長尾景基婚姻関係によって上杉藤成らの外祖父となり、家中での地位を上げて上杉家臣筆頭格となった。また一時期、長尾宗家には上杉氏から長尾藤景(これも景基の外孫である)が養子として入ったとされる。その後も、長尾氏は上杉氏との婚姻を繰り返して、外戚関係を強化していった。上杉氏が関東管領として関東・越後に勢力を広げると、その家宰や越後・上野・武蔵の守護代として各地に諸家を分立させ繁栄した。通字は「」。


諸家[編集]

鎌倉・足利長尾氏[編集]

景忠の一族で養子の景直を祖とする家。景直から嫡男景英の系統が長尾氏宗家として重んじられた。景直の子である景英・満景が鎌倉に居住していた事から鎌倉長尾家と称され、景英流と満景流を区別する際には、後者を特に犬懸長尾家とも称した[3]。満景は山内上杉家の家宰となり、断絶した兄・景英流の後継に実子の長尾実景を据えて両家を統合することで勢力をもったが、上杉禅秀の乱で戦死、家宰職は総社長尾家に移る。その後、長尾実景が家宰職を得るが享徳の乱により主君・上杉憲忠と共に命を落とし、家宰職は、今度は白井長尾家に移った。

実景の子・長尾景人上杉房顕に仕え戦功多く、「由緒の地」・下野国足利荘(栃木県足利市)を与えられ、勧農城主として関東管領と敵対する古河公方に対する抑えをなした。景人の子・長尾景長が幼少であったため、犬懸長尾家を継いでいた景人の弟・長尾房清が後見していたが、長尾景春の乱で山内上杉氏に反抗し、続いて白井長尾家から後を継いだ長尾景明父子も長尾景春(景明の甥にあたる)に味方して没落した。成人した景長は永正の乱において上杉憲房に仕え、上杉顕実長尾顕方を攻め、家宰職を得る。以降、足利長尾家は上杉憲政の関東退去迄、家宰職を独占した。

景長の孫・長尾当長は、同族である長尾景虎の越山に参陣し、要地・館林城を与えられたが、上野長野氏武田信玄に滅ぼされると後北条氏に降り、越相同盟の成立に由良成繁と共に大いに貢献した。

長尾当長の婿養子・長尾顕長は、沼尻の戦いの前に兄の由良国繁と共に北条方から離反するが、北条氏直に敗れ、小田原合戦で後北条氏と運命をともにした。

白井・総社長尾氏[編集]

山内上杉家の祖上杉憲顕に仕えて上野国と越後国の守護代を兼ねて長尾氏を中興させた長尾景忠の子孫。代々上野国に土着し、景忠の孫のとき白井(群馬県渋川市)を本拠地とする白井長尾家と総社(前橋市)を本拠地とする総社長尾家惣社長尾家)とに分かれた。ただし、両長尾家とも白井城・蒼海城(総社城)を拠点にしていたのは戦国期のこととみられ、それがいつまで遡るのかは不明である[4]

白井長尾家は、景仲とその子景信のとき、上野守護代、武蔵守護代、山内上杉家家宰職を兼ねて重きをなしたが、景信の死後、家宰職を総社長尾氏に奪われた景信の子長尾景春が山内上杉家に反乱を起こした(長尾景春の乱)。 この乱で景春は太田道灌に攻められ鉢形城を失い、続く長享の乱では白井城を失うが、永正の乱では越後の長尾為景、相模の北条早雲と連携し勢力を盛り返す。その後も白井長尾家は、上野国で勢力を保持し、山内上杉氏に対抗し続けた。

総社長尾家は、白井長尾家に代わって長尾忠景が家宰となったが、忠景の孫・顕方の代に家宰職を足利長尾氏に奪われてしまう(永正の乱)。その後、庶流の高津長尾家が総社長尾家の家督を奪ってこれを継承するが、同家は後北条氏に通じ、白井長尾氏、越後長尾氏に続いて山内上杉傘下から離脱するが、山内上杉方に残った長野氏の攻勢に押されるようになり、白井長尾氏・景春の孫の長尾景誠が暗殺されると、長野業正の影響下の元、白井・総社の両長尾氏は山内上杉傘下に復帰した。

やがて上野に後北条氏の勢力が及ぶようになると、主君である山内上杉家当主の上杉憲政が上杉氏の名跡を一族の長尾景虎(後の上杉謙信)に譲るという事態が起こり、上野国の両長尾家も景虎(謙信)に仕えるようになる。

総社長尾家(高津長尾家系)は武田信玄に所領を攻められて上杉謙信を頼って越後国に落ち延び、天正13年(1585年)に長尾景秀(平太)の戦死によって断絶したとされる。だが、上杉氏家の分限帳などから、実際にはその後数代続いて慶長元年(1596年)に死去した2代目の長尾平太(実名不詳)の代に断絶したという[4]

白井長尾家は謙信の死後、上杉氏が上野に対する影響力を失うと、武田勝頼、ついで織田信長の部将滝川一益に仕え、本能寺の変により一益が退くと、後北条氏の配下に入った。天正18年(1590年)、小田原征伐で後北条氏が滅ぶと上野の領地を失い、越後に行って上杉景勝に仕え、後に米沢藩士となった。

越後長尾氏[編集]

景忠の一族(弟とも)で、養子として景忠から越後守護代職を譲られた景恒(景廉とも)を祖とする家。景恒の子のとき、上田荘新潟県南魚沼市)を本拠地とする上田長尾家古志郡蔵王堂・栖吉(長岡市)を本拠とする古志長尾家栖吉長尾家とも)、蒲原郡三条(三条市)を本拠とする三条長尾家の3家に分かれた。中でも三条長尾家が越後守護代職を世襲し、越後府中(上越市)に居住したため、この家を府中(府内)長尾家とも呼ぶ。

府中長尾家は初代長尾高景以来、代々越後守護上杉氏を補佐する立場にあったが、応永の大乱などでしばしば対立し、ついに永正4年(1507年)、長尾為景のときに上杉定実を擁立して謀反。守護上杉房能を廃して下克上を果たした(永正の乱)。為景は房能の実兄である関東管領上杉顕定が越後に攻め寄せるとこれを戦死させたが、一族の上田長尾家を含む越後の国人たちと激しく対立した。為景は実妹を定実の継室にするなどして、何とかこれらの圧力をしのいだ。

上杉謙信公の銅像(新潟県上越市)

為景の死後、あとを継いだ長尾晴景は病弱で越後国内の統御に失敗したため、弟の長尾景虎(のちの上杉謙信)が家臣に担ぎ出された。兄弟の伯父(実の伯母の夫)にあたる上杉定実調停で、晴景が隠居して景虎が長尾家を継承した。越後の統一に成功した景虎は、永禄4年(1561年)に山内上杉家の上杉憲政から上杉氏の名跡を譲られるが、府中長尾氏の名跡の後継者は立てなかったため府中長尾氏は断絶した。なお謙信以降の上杉氏を憲政以前の山内上杉家や越後守護家と区別するために「長尾上杉家」と呼ぶ場合もある。

為景の婚姻政策により、謙信の母は古志長尾家の出自で、姉は上田長尾家の政景の妻であった。上田長尾家は政景が永禄7年(1564年)に事故死するが、その子顕景は謙信の養子になって上杉景勝と名を改め、謙信死後の家督争いに勝利して上杉氏を継承した。景勝も上田長尾家の名跡の後継者は立てていないため、断絶した形になっている。一方、古志長尾家の景信は謙信が上杉の名跡を継いだとき、ともに上杉に改姓して上杉十郎景信と名乗り、長尾上杉一門の重鎮となったが、謙信死後の家督争いで景勝と敵対したため滅ぼされた(なお、景信が上杉に改姓した際に古志家の家督は謙信の側近の河田長親に譲られたが、彼は長尾姓に改姓することを辞退したという)。

分家に上田長尾家古志長尾家がある。

山内上杉家家宰[編集]

室町時代中期以後、関東管領の地位を世襲した山内上杉家の筆頭重臣として家宰が置かれ、長尾氏一族が任命された。家宰は「家務」「執権」「執事」とも称され、またその後継者は山内上杉家本国である上野国の守護代を兼ねて同国における国務を任された。このため、「山内之家務職」「上州守護」などの異名もあった[5]

最初の家宰は鎌倉長尾家庶流(犬懸長尾家)の長尾満景とされ、以後鎌倉(足利)・惣社・白井の3家の中から任じられた。ただし、本来は長尾氏嫡流である鎌倉(足利)長尾家あるいはその庶流である犬懸長尾家が継ぐ地位であり、両家当主が若年などの理由で家宰が務まらない場合には白井・惣社の両長尾家のうちの長老が就任したとみられているが、惣社家から出た長尾忠政及び白井家から出た長尾景仲は本来中継ぎ的立場でありながら長期にわたって家宰を務めたため、惣社・白井両家が大きな力を持つ事になったとされる[6]。家宰は陪臣でありながら古河公方嫡子の元服に参列するなど名実ともに要職であり、長尾景春の乱も家宰職を巡る白井・惣社両家の争いをきっかけとしていた。13代目の長尾当長の時代に関東管領上杉憲政北条氏康によって上野国から追われ、家宰職もこの時点で消滅したと考えられている[7]

歴代家宰
  1. 長尾満景(鎌倉・足利家)
  2. 長尾房景(鎌倉・足利家)
  3. 長尾忠政(惣社家)
  4. 長尾景仲(白井家)
  5. 長尾実景(鎌倉・足利家)
  6. 長尾景仲(再任、享徳の乱における実景暗殺による)
  7. 長尾景信(白井家)
  8. 長尾忠景(惣社家)
  9. 長尾顕忠(惣社家)
  10. 長尾顕方(惣社家)
  11. 長尾景長(鎌倉・足利家)
  12. 長尾憲長(鎌倉・足利家)
  13. 長尾当長(鎌倉・足利家、家宰職消滅)

系図[編集]

凡例:実線は実子、破線は養子。

平安時代から鎌倉時代[編集]

南北朝時代以降[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 竹内理三『古代から中世へ』上、1978年,p10
  2. ^ 竹内理三『古代から中世へ』上、1978年,p12
  3. ^ 峰岸純夫「総社・白井・足利の三長尾氏」(初出:『群馬県史』通史編三 中世(群馬県、1989年)第五章第四節第二項/所収:黒田基樹 編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第一巻 長尾景春』(戒光祥出版、2010年)ISBN 978-4-86403-005-2
  4. ^ a b 黒田基樹「惣社長尾氏に関する基礎的考察」『戦国期 山内上杉氏の研究』(岩田書院、2013年)ISBN 978-4-87294-786-1
  5. ^ 「長林寺長尾系図」
  6. ^ 黒田基樹「長尾景春論」 黒田編著『シリーズ・中世関東武士の研究 第一巻 長尾景春』(戒光祥出版、2010年)ISBN 978-4-86403-005-2
  7. ^ 黒田基樹「足利長尾氏に関する基礎的考察」(所収:荒川善夫 他編『中世下野の権力と社会 中世東国論3』(岩田書院、2009年) ISBN 978-4-87294-561-4
  8. ^ 左衛門尉景忠の出自は諸説有る