坂東八平氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
桓武平氏 > 坂東平氏 > 坂東八平氏

坂東八平氏(ばんどうはちへいし)は、平安時代中期に坂東(関東地方)に土着して武家となった桓武平氏流の平良文を祖とする諸氏。八つの氏族に大別されていたため、「八平氏」と呼ばれた。しかし、坂東八平氏の初期系図には混乱が見られることから、桓武平氏とは無縁の氏族が後世になって仮冒したのではないかとの説が出ている[1]

概要[編集]

坂東八平氏は主に秩父氏上総氏千葉氏や、これらの諸氏から派生した氏族などが入るが、数え方はその時々の各氏族の勢力により様々である。良文を祖とする坂東八平氏の中でも、秩父氏をはじめとする忠頼の子将恒を祖とする氏族は秩父平氏と呼ばれ、忠常を祖とする上総氏や千葉氏の流れは房総平氏と呼ばれる。なお、『尊卑分脈』は三浦氏鎌倉氏長尾氏大庭氏梶原氏等の祖を、良文ではなく良茂の子良正としている。

良文の兄とされる国香良兼を祖とする本来の桓武平氏の一族は、親王任国制度の下で、親王の代わりに実務を取り仕切る、親王の血族・下級貴族として土着した。特に大掾氏伊佐氏鹿島氏(広義的には城氏関氏伊勢氏も含む)などは有力在庁官人であり、同時に軍事貴族でもあった。そのため、良文を祖とする坂東八平氏などの一般の武士団とは別格であった。また、室町時代に栄えた八つの氏族、いわゆる関東八屋形と 坂東八平氏は無関係で、両方共通してその名を挙げられるのは千葉氏のみである。

脚注[編集]

  1. ^ 『姓氏家系大辞典 第二巻』、「平」の項(3584頁)。

参考文献[編集]