千葉氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千葉氏
家紋
月星紋(定紋)[1]
本姓 桓武平氏良文流
房総平氏
家祖 平忠常
平常兼(千葉氏初代)
種別 武家御家人守護戦国大名
出身地 下総国千葉郡千葉郷
主な根拠地 下総国
上総国
武蔵国
著名な人物 千葉常重
千葉常胤
支流、分家 千葉氏流武家
凡例 / Category:日本の氏族

千葉(ちば)氏は、坂東八平氏関東八屋形の一つに数えられる下総豪族で、守護大名戦国大名となった一族である。桓武平氏良文流通字は「[2]

概要[編集]

桓武平氏良文流。しかし、古代豪族とのゆかりもあるともいわれ、千葉氏は、古代の多氏部曲の多部(おおべ)、或いは知々夫国造の出という説もあるが、それらの説を裏付ける傍証はない。

平安時代~南北朝時代[編集]

平常長上総国山辺郡大椎(現在の千葉市緑区大椎町)に舘を築いて本拠とした。その子常兼の代に従来上総国に土着していた一族の下総国への進出が始まったと思われる。又常兼は上総権介か下総権介(若しくは両方)に任じられて本拠地の大椎より大椎権介と呼ばれた。これは後になって千葉大夫と呼ばれるようになる。

さらにその子常重長男でありながら惣領では無く、ここに房総平氏は千葉氏と上総氏の2つの流れに分かれることになった。さらに大椎から下総国千葉郡にあった千葉荘へ移って現在の千葉市中央区猪鼻亥鼻)付近の舌状台地に館を築いたとされる。ただし現在「千葉城」「猪鼻(亥鼻)城」と呼ばれているものは1967年昭和42年)に千葉市郷土館(現:千葉市立郷土博物館)として建造された近世城郭風の現代建築物であり、当時の建物とは全く異なる。又下総権介となり千葉介を名乗った。以降千葉氏の惣領は千葉介を名乗る事になる。

上総氏との分裂の経緯から、千葉氏と上総氏の間には所領を巡る争いがあった。常重の子千葉常胤の頃には周辺に土着した武士(佐竹氏ら)との間で相馬御厨を巡る争いがあった。常胤は下総権介でありながら下総一国を掌握する事さえままならない状態であった。こうした中で1180年(治承4年)に源頼朝が平氏に対して挙兵し、石橋山の戦いに敗れた後に安房国へ渡ると、常胤は頼朝から加勢を求められこれに応じた。常胤は平家との戦いや奥州藤原氏との戦いで活躍し、更に上総氏の惣領上総広常が頼朝に嫌われて粛清されると、千葉氏の権力は上総国まで及んだ。鎌倉時代には下総の守護とされた。

ところが、常胤の孫の千葉成胤の没後、千葉氏に幼少の当主が相次いだのに対して、早くから兄とともに幕府に出仕していた弟の千葉常秀の系統が房総平氏の惣領的な地位に立つ事になる。その子・千葉秀胤は鎌倉幕府の評定衆に任じられ、幼少の千葉氏当主千葉頼胤の後見としたため、千葉氏の一族の多くも秀胤に従うこととなった。ところが、宝治合戦で縁戚である三浦氏に連座した秀胤は北条氏に攻め滅ぼされ、秀胤に従った房総平氏の多くも処分された。千葉頼胤は罪を問われることなく、名ばかりであった千葉氏の当主としての主導権を回復させたものの、一族の多くを失った打撃が大きかった。千葉氏が妙見菩薩を千葉氏宗家(成胤とその子孫)および一族の守護者であることを強調する主張(“妙見説話”)を完成させたのは、頼胤の時代であるとする説がある[3]

元寇に出陣した千葉頼胤が戦死して嫡男の宗胤が代わりに九州に下ると、下総の留守を守る家臣達の中に下総守護の職務が行えない宗胤に代わって弟の胤宗を当主に擁立して宗胤には肥前国に留まるように望む意見が高まった。これに反発する宗胤とそれを支持する家臣はこれに抵抗し、長期にわたって紛争を続けた。宗胤没後長男の胤貞は、折りしも勃発した南北朝の戦いに際して北朝方について南朝方の貞胤(胤宗の子)を攻め、貞胤は北朝方に降伏した。しかし降伏した貞胤は北朝側に寝返って、室町幕府より下総守護の地位を保証された胤宗の子孫が千葉氏宗家として存続した。このため、宗家の地位を失った胤貞流の千田氏はその後衰退し、肥前国に在った宗胤の次男胤泰九州千葉氏を興す事になった。

室町時代[編集]

室町時代中期の1455年(康正元年)、享徳の乱で千葉氏内部での分裂が起り、嫡流は事実上滅亡する。しかも筆頭家老である原氏の勢力が千葉氏の当主より強大化することになる。これに対して室町幕府の命を受けた太田道灌東常縁(千葉氏支流・東氏出身)らは、嫡流千葉胤賢の遺児実胤自胤を擁立し下総に侵攻して千葉氏を奪った馬加氏を滅ぼす事に成功する。だが、原氏をはじめとする家臣団は古河公方の支援を受けて、馬加康胤の庶子もしくは千葉氏胤の曾孫にあたる千葉輔胤を擁立し、領国内を掌握したために討伐軍は目的を果たせずに下総から撤退する。以降千葉氏は本拠地を現在の千葉市から佐倉市酒々井町の一帯に移し、衰退の一途をたどることとなる。

千葉胤賢と千葉輔胤の系統は互いに千葉氏の宗家を名乗った。便宜上、前者を武蔵千葉氏、後者を下総千葉氏と呼称する事がある[4]。だが、輔胤の系統が古河公方の支援を受けて下総本国を掌握していったのに対して、胤賢らを支援してきた室町幕府が古河公方との和議に踏み切って享徳の乱による古河公方主導の再編を黙認したために武蔵千葉氏が下総へ帰還する望みは失われ、石浜城(現在の浅草)を中心とした小領主に転落する事になった。以後下総千葉氏の当主が千葉氏歴代当主として系譜に記載される事になる。

戦国時代[編集]

戦国時代に入ると、常陸国の佐竹氏小弓公方足利義明安房国里見氏の侵攻を受けるようになる。そして北条氏康と姻戚関係を結ぶことで、後北条氏の支援をもとに所領を守る。

千葉氏内部においても、第26代当主を継いだ千葉親胤の時代には、原親幹によって暗殺されてしまい、続いて第29代当主を継いだ千葉邦胤1585年(天正13年)に家臣の手で暗殺されるなどの混乱が続き、1590年(天正18年)、第31代当主千葉重胤の時に豊臣秀吉小田原征伐で後北条氏が滅亡したことにより、千葉氏も所領を没収され、戦国大名としての千葉氏は滅亡した。重胤は徳川家康に仕えたが、後にそれも失い浪人となった。他には仙台藩一関藩に仕えた者もいる。

千葉氏一族は奥州でも活躍した。改姓した相馬氏や、千葉氏からの養子を迎えたとされる葛西氏は特に有名であるが、他の大族としては薄衣、長坂、大原氏らが葛西氏重臣として活躍、他大崎氏伊達氏に仕えた一族もあり敵味方に分かれて戦った。千葉氏の名乗りのまま、戦国時代に突入した分枝もある。 しかし本家に遅れること5年、1590年(天正18年)のいわゆる奥州仕置葛西大崎一揆九戸一揆の過程で主だった者は相次いで戦死、或いは一揆首謀者として処刑、改易され、奥州の千葉一族は相馬氏などを除いて歴史の表舞台から姿を消した。相馬氏は近世大名として明治維新を迎えた。

浪人となった一族は仕官を求めて東日本各地へ離散した。帰農した者も多く、奥州仕置で他の没落した諸氏と同様、奥州各地で庄屋、豪農などの上級農民層を形成した。

千葉氏歴代当主[編集]

系譜[編集]

凡例 太字は当主、太線は実子、細線は養子
  平忠常
    ┃
  平常将(千葉介)
    ┃
  平常長
   ┣━━━━━┓
  平常兼1   平常晴(上総介)
   ┃   (上総氏)
 千葉常重2
   ┃
  常胤3
   ┣━━━━━━━━━━┳━━━━━━┳━━━━━━┳━━━━━━┳━━━━┓
  胤正4        相馬師常   武石胤盛   大須賀胤信   国分胤通   東胤頼
   ┣━━━━━┓  (相馬氏)  (武石氏)  (大須賀氏) (国分氏)  (東氏)
  成胤5    常秀
   ┃  (上総千葉氏)
  胤綱6
   ┃?
  時胤7
   ┃
  頼胤8
   ┣━━━━━━━━━━━┓
  宗胤9          胤宗10
   ┣━━━━━┓     ┃
  胤貞    胤泰    貞胤11
   ┃  (九州千葉氏)  ┣━━━┓
  胤平          一胤12 氏胤13千田氏)               ┃
                   満胤14
                    ┣━━━┓
                   兼胤15 康胤19
        ┏━━━━━━━━━━━┫   ┣━━━┓?
       胤賢武蔵千葉氏)  胤直16 胤持20 輔胤21下総千葉氏)
        ┣━━━┓       ┣━━━┓   ┃
       実胤 自胤      胤将17 胤宣18 孝胤22
       ┃                   ┃
       守胤                 勝胤23
       ┃                   ┃
       胤利                 昌胤24
       ┃                   ┣━━━┓
       胤宗                 利胤25 胤富27
       |                   ┃   ┣━━━┓
       直胤後北条氏より)         親胤26 良胤28 邦胤29
                                 ┃   ┝━━━━━━━━━━━━┳━━━┓
                                当胤   直重30後北条氏より) 重胤31 俊胤32
                                 ┃                ┃
                                知胤34              定胤33
                                 ┃
                                英胤35
                                 ┃
                                紀胤36
                                 ┃
                                宗胤37
                                 ┃
                                倚胤38
                                 ┃
                                胤邑39
                                ┃
                              (以下略

千葉氏主要家臣団[編集]

鎌倉期[編集]

戦国期[編集]


庶家[編集]

千葉六党(千葉氏を含む)[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 千葉氏の紋として知られる月星紋は妙見菩薩信仰から形成された紋章と言われている。なお、同じ月星紋でも九曜九曜に半月紋など時代や支流によって複数のバリエーションが存在する。因みに平安時代までは松竹梅鶴・笹紋などの家紋をよく用いていたとされる。
  2. ^ 「胤」の字を用いたのは、千葉常胤を嘉例としたためである。嫡男は下の字に「胤」を用い、享徳の乱以前は将軍や関東公方からの一字拝領の事例も存在したが、下総千葉氏成立以後は千葉妙見宮の籤によって上の字を定めた。また、庶子や一族家臣は当主から「胤」の一字を拝領して上の字に「胤」を用いたという。(外山信司「戦国期千葉氏の元服」(佐藤博信 編『中世東国の政治構造 中世東国論:上』(岩田書院2007年平成19年)) ISBN 978-4-87294-472-3
  3. ^ 丸井敬司『千葉氏と妙見信仰』(岩田書院、2013年) ISBN 978-4-87294-794-6 P51-53・93-95
  4. ^ 下総千葉氏については、康胤・胤持を「馬加千葉氏」、千葉氏庶流の馬場氏の系統ともされる千葉輔胤・孝胤親子以後を「佐倉千葉氏」、一度千葉氏庶流の海上氏の当主に就きながら内紛に乗じて宗家を継いだ千葉胤富以後を「海上千葉氏」と細分化する場合もある。(外山信司「戦国期千葉氏の元服」(佐藤博信 編『中世東国の政治構造 中世東国論:上』(岩田書院、2007年(平成19年) ISBN 978-4-87294-472-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

北辰一刀流兵法 虎韜館 http://kotoukai.jimdo.com