下総国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 東海道 > 下総国
下総国
地図 令制国 下総国.svg
-下総国
-東海道
別称 総州(そうしゅう)[1]
北総(ほくそう)
所属 東海道
相当領域 千葉県北部、茨城県南西部、埼玉県東辺、東京都東辺(隅田川東岸)
諸元
国力 大国
距離 遠国
11郡91郷
国内主要施設
下総国府 千葉県市川市
下総国分寺 千葉県市川市(下総国分寺跡
下総国分尼寺 千葉県市川市(下総国分尼寺跡
一宮 香取神宮(千葉県香取市
テンプレートを表示

下総国(しもうさのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。

概要[編集]

現在の千葉県北部を主たる領域とする旧国名。北で常陸国下野国、西で上野国武蔵国、南で上総国内海を挟んで相模国と接する。

古語拾遺』によると、よきの生いたる土地というところより捄国ふさのくに・総国)(ふさのくに)と称したとされる総国の北部にあたり、総国の分割によって建てられたとも言われている。古くは「之毛豆不佐(しもつふさ)」と呼び、これが(しもふさ)(しもうさ)に転じたという。

この下総国のほかにも、国の名前に「上」「下」や「前」「後」と付くものがいくつかあるが、いずれも(近代以前の概念では畿内)に近いほうが「上」「前」と考えられている[2]上総国と下総国の場合、元々東海道は海つ道(海路)であり、房総半島の南部の上総国の方が畿内により近い位置関係にあったのがその由来とされる。しかし、のちに東海道陸路となり、遠近と上下は逆転した[3]。また、「上」「下」を冠する形式をとることから、上総・下総の分割を6世紀中葉とみる説もある。

沿革[編集]

大化の改新以前には印波千葉下海上国造が置かれていた。律令制国家建設にともなって東海道に属する一国となり、葛飾千葉印旛匝瑳相馬猿島結城岡田海上香取埴生の11郡をもって下総国とした(のち豊田郡が加わる)。国府は市川市国府台付近に置かれ国級は大国に位置づけられた。

古代末期から中世にかけて千葉氏が台頭し源頼朝を支援して鎌倉幕府創設に尽力した。鎌倉室町時代と守護の地位を確保し中世には千葉氏の歴代当主が下総の守護権介を兼ねるようになり、特別な敬意を込めて千葉介(ちばのすけ、「千葉郡を領する(権)介」)と呼称された。一方、最北部の結城郡を中心とした下野国との境界付近に根拠を持つ小山氏の庶流・結城氏も鎌倉幕府の創設に貢献して独自の勢力を築き、室町時代の一時期には下野国の守護に任じられている。

15世紀前半の永享の乱やその他の関東の動きに結城氏や千葉氏も巻き込まれる。結城氏は結城合戦で室町幕府と戦って一時滅亡に追い込まれ、千葉氏も享徳の乱における内紛で宗家は滅亡、その結果千葉氏は武蔵国に逃れた一流と千葉から佐倉に拠点を移した一流の2つに分裂することになり次第に衰えた。かわって下総生実城に寄った小弓御所足利義明が勢威をふるい小田原北条氏と対抗した。1538年天文7年)と1564年永禄7年)の国府台合戦においてはじめに足利義明が敗死、また義明の後に台頭した安房国里見氏が敗北したことにより、下総国内は小田原の北条氏の強い影響を受けることになり、佐倉の千葉氏やその家臣で主家をしのぐといわれた原氏、また高城氏らが従属下に置かれるようになった。1590年天正18年)、豊臣秀吉の来攻に北条氏は屈服したが千葉氏らはこれと運命をともにした。再興された結城氏も北条氏と上杉氏佐竹氏との間で連携と離反を繰り返すが、最終的に豊臣秀吉に従って所領を安堵されている。

徳川家康関東入府直後には下総は万石以上の11氏が配置された。それらのうち比較的に規模が大きいのは古河藩(最大16万石)、佐倉藩(最大14.2万石)、関宿藩(最大7.3万石)のみで[4]、その他のはいずれも1万石前後の小藩であり、藩自体の存続期間の短いものが多かった。ほかに幕府領旗本領が入り組み、古河・佐倉・関宿の各藩も含めて藩主の交替が頻繁であったために下総国全域を統合するような政治文化は醸成されなかった。近世初期(1683年(貞享3年)また一説によれば寛永年間1622年 - 1643年)に、下総の葛飾郡から利根川(現在の江戸川下流)以西の地域を割き、武蔵国の葛飾郡(現在は東京都・埼玉県に属する部分の大部分)とした。国内の村数は天保期には約1620か村を数えた。

1867年慶応3年)の大政奉還の時点で下総国内には結城、古河、関宿、佐倉、高岡多古小見川の8藩と幕府領、旗本領が置かれた。1868年(慶応4年、明治元年)、幕府が崩壊して明治政府が関東地方を制圧すると、下総国内の旧幕府領・旗本領は下総知県事(佐々武直武のち水筑龍)の管理下に置かれた(一部は武蔵知県事または安房上総知県事の所管)。1869年(明治2年)に下総知県事の管轄区域に葛飾県が置かれ、水筑龍が権知事となって1万3600石余を支配した。一方、1870年(明治3年)には従来の8藩のほかに曾我野藩が新たに置かれた。1872年(明治4年)廃藩置県によって各藩は県に改変、同年11月に下総国内の各県が統合され、西半の9郡(結城、豊田、岡田、猿島、葛飾、相馬、印旛、埴生、千葉)に印旛県が成立し、東半の3郡(香取、匝瑳、海上)は常陸国の南半部とともに新治県となった。1873年(明治6年)、印旛県は木更津県上総安房両国を管轄区域とする)と合併して千葉県となり、1875年(明治8年)に新治県が廃止されると南半の下総国3郡が千葉県に編入され、逆に(旧)千葉県管下で利根川以北の区域(結城、豊田、岡田、猿島の4郡および葛飾・相馬両郡の一部)が茨城県に編入された。また同時に、葛飾郡のうち江戸川以西の区域が埼玉県に移管された[5]。この結果、下総国は茨城・千葉・埼玉の3県に分割された[6]

明治以後の沿革[編集]

国内の施設[編集]

国府[編集]

下総総社
現在は国府台公園。国府跡も周辺と推定される。

国司が政務を執る国庁と国府は現在の千葉県市川市国府台にあったとされ、国府関連施設と思われる遺跡が発掘されている。

郡衙は、下総の郡家のうち埴生郡家は栄町大畑遺跡、また郡家に関連する下総相馬郡の田祖・正税を入れる正倉が我孫子市日秀西遺跡と想定されている。

国分寺・国分尼寺[編集]

国の史跡。跡地上に後継の国分山国分寺(市川市国分、本尊:薬師如来)があり、法灯を伝承する。
国の史跡。僧寺跡の北西に所在。南大門・中門・金堂・講堂が並び、一番奥に尼坊が配置されていた。後継はない。

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、以下に示す大社1座1社・小社10座10社の計11座11社が記載されている(下総国の式内社一覧参照)。大社1社は以下に示すもので、名神大社である。
総社一宮以下

一宮の香取神宮の力が非常に大きいため、二宮以下は実質的には存在しなかったという説もある。

安国寺利生塔[編集]

  • 安国寺 - 茨城県古河市にあったと伝えられるが廃寺である
  • 利生塔 - 雲富山大慈恩寺(千葉県成田市吉岡、本尊:釈迦如来)が継承

[編集]

いずれも律令時代の駅。

馬牧[編集]

城館[編集]

湊・津[編集]

太字は主要なもの。 内海

  • 船橋湊
  • 検見川湊
  • 曽我野湊
  • 登戸湊
  • 寒川湊

外海

  • 飯沼湊

利根川香取海

  • 垣根津
  • 野尻津
  • 森戸津
  • 笹本津
  • 今泉津
  • 石出津
  • 笹川津
  • 小見川津
  • 側高津
  • 篠原津
  • 井戸庭津
  • 佐原津
  • 関戸津
  • 岩ヶ崎津
  • 神崎津

地域[編集]

古代-中世[編集]

郡と荘園[編集]

カッコ内には補足(他の呼称・管理者・成立年等)を記述する。

中世 - 近世[編集]

下総国の藩[編集]

[7]

郡と村[編集]

近代以降[編集]

郡と村[編集]

石高[編集]

  • 681,062

人口[編集]

  • 1721年(享保6年) - 54万2661人
  • 1750年(寛延3年) - 56万5614人
  • 1756年(宝暦6年) - 48万3526人
  • 1786年(天明6年) - 46万8413人
  • 1792年(寛政4年) - 46万4641人
  • 1798年(寛政10年) - 48万4641人
  • 1804年(文化元年) - 47万8721人
  • 1822年(文政5年) - 41万9106人
  • 1828年(文政11年) - 49万7758人
  • 1834年(天保5年) - 40万2093人
  • 1840年(天保11年) - 49万9507人
  • 1846年(弘化3年) - 52万5041人
  • 1872年(明治5年) - 64万5029人

出典: 内閣統計局・編、速水融・復刻版監修解題、『国勢調査以前日本人口統計集成』巻1(1992年)及び別巻1(1993年)、東洋書林

人物[編集]

国司[編集]

下総守[編集]

下総介[編集]

武家官位としての下総守[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 別称「総州」は上総国とあわせて、または単独での呼称。
  2. ^ レファレンス協同データベース - 栃木県立図書館回答
  3. ^ 東海道」参照。
  4. ^ 徳川家康の入府当初、結城秀康結城城で11万石余を領していたが、1600年慶長5年)の関ヶ原の戦い後に秀康が越前北庄(現・福井市)に転封されて一旦廃藩となったのち、元禄年間に再置されてからの結城藩主はいずれも1〜2万石規模である。
  5. ^ 埼玉県は既に武蔵国葛飾郡の北半部を管下に置いている。
  6. ^ 埼玉県に編入された下総国葛飾郡は中葛飾郡となったのち、武蔵国葛飾郡北半を以て編成された北葛飾郡に編入された。これは下総国であった区域が武蔵国に編入されたことになるので、通常、埼玉県は全域が武蔵国であったとして扱われる。
  7. ^ 須田茂著、『房総諸藩録』、崙書房出版、1985年3月10日

関連項目[編集]

先代:
総国
区域の変遷
6世紀中葉 - 1868年
次代:
下総知県事
安房上総知県事