宗教戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宗教戦争(しゅうきょうせんそう)は、宗教上の問題が原因で生じた戦争一般には、宗教改革後の16-17世紀ヨーロッパにおけるカトリックプロテスタントの対立から起こった一連の戦争を指す[要出典]。必ずしも宗教上の対立のみではなく、政治的な利害も複雑にからみ、深刻な争いとなった。同国民同士が血を流して争いあう宗教戦争への反省から、西ヨーロッパでは政治と宗教の分離が進められるようになった。

主な宗教戦争[編集]

現代の宗教戦争[編集]

イスラエルと周辺アラブ諸国とで戦われた中東戦争および以降のパレスチナ武装勢力との紛争は、ユダヤ教キリスト教イスラム教の聖地であるエルサレムヘブロンなどの帰属問題が絡んでおり、宗教戦争の色彩も強い。元々、イスラエル建国以前にパレスチナに土着していたユダヤ人は民族的にはパレスチナ人とほぼ同じであり、信仰する宗教の違いで区別されていた経緯もある。

2001年アメリカ同時多発テロ事件以降、アメリカは同盟国に呼びかけて対テロ戦争を継続しているが、最近では中東地域の民主化というスローガンも掲げている。2004年イラク戦争は、その典型である。中東には同じイスラム教を信仰している観点から、義勇軍として多くのイスラム教徒がイラクの支援に向かい、また、反米運動が各地で展開されるようになった。現代ではこのようなイスラム教徒と非イスラム教徒の対立の構図が少なからずとも見られるようになり、「文明の衝突」とも呼ばれている。

用語の派生[編集]

同じ話題に対して、相異なる立場を熱狂的・宗教的に支持する者同士が衝突し、それらの間で発生する論争を、比喩的に宗教戦争と表現することがある。例えば、エディタ戦争[1]などがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]