鳥越城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
logo
鳥越城
石川県
復元された石垣と門
復元された石垣と門
城郭構造 連郭式山城
天守構造 建造されず
築城主 鈴木出羽守
築城年 天正初年(1573年)頃
主な改修者  
主な城主 山内衆
遺構 土塁、空堀、曲輪
指定文化財 なし
再建造物 櫓門、門、石垣(一部)
位置 北緯36度21分58.94秒
東経136度36分3.82秒

鳥越城(とりごえじょう)は、石川県白山市三坂町にある中世の山城跡で、附の二曲城と共に国の史跡に指定されている[1]。史跡指定名称は鳥越城跡

鳥越城付近のステレオ空中写真(1977年)。 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

形状[編集]

手取川と大日川の合流点に位置する丘陵先端部を利用して築かれており、標高は主郭部で312メートルある。

面積は東西400メートル、南北1200メートルにおよび、頂上を中心とした七ヶ所の主要な郭が構成する。

郭は、本丸・二の丸・三の丸・後二の丸・後三の丸などと名付けられ、空堀や土塁を挟んで尾根筋を巧みに利用して配置されていて、それを腰郭が囲む。

歴史[編集]

白山麓山内惣庄の旗本鈴木出羽守を城主とし、天正初年(1573年)頃、織田信長による加賀一向一揆討滅の経路がはかられる中で、門徒集団である山内衆の抵抗の拠点として築城されたもの。

天正8年(1580年)、織田方の柴田勝家軍によって落城し、山内衆の主領鈴木一族は滅ぼされる。その後この城は織田方の吉原次郎兵衛の管理下に置かれたが、白山麓門徒の抵抗は続き、攻防戦が展開された。

しかし天正10年(1582年)3月1日、織田方の佐久間盛政によって鎮圧され、三百余人が磔に処せられた。

この城は、加賀一向一揆の栄光と挫折を最後まで担い続けた、白山麓門徒たちの記録として歴史上の意義をもつ。

現況[編集]

発掘調査をもとに門や石垣が復元されている。

参考画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 七尾城跡・鳥越城跡附二曲城跡”. 石川県 (2012年10月16日). 2013年4月3日閲覧。

関連項目[編集]