寺院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
日本の寺院の地図記号にはが使用されている。

寺院(じいん、: विहार vihaara、: लेङ leNa)は、仏教における祭祀施設である。(てら)、仏閣(ぶっかく)ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。

本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教教会神殿を指す語としても広く用いられている(ごく稀に神社にも用いられることがある)。

概要[編集]

寺院の建造物は、礼拝(らいはい)の対象を祀る「堂塔」と、僧衆が居住する「僧坊」とに区分される。

「堂塔」は、釈迦もしくは仏陀の墓を指すものであって、祖形は土饅頭型であったが、暑さを避けるために傘を差し掛けたものが定着して、中国などで堂塔となった。日本にも中国様式が入ってきて、三重塔・五重塔・七重塔などが立てられ、土饅頭の痕跡を残した多宝塔などが出現する。日本庭園に十一重や十三重の石塔などの多層塔を建てているが、これも同意のものである。

「僧坊」は、インドではヴィハーラと名づけられて、僧侶が宿泊する場所であり、祇園精舎(ぎおんしょうじゃ、jetavana-vihaara)のように釈迦在世の時代から寄進された土地を指したが、次第に僧坊が建設されたり、石窟に住んだりした。中国に入ると僧坊が建設されることが多くなり、堂塔が併設されたので、寺院というと、堂塔と僧坊が同所にあることが普通となる。

最初期の出家者の一時的定住地はaavaasa(住処)またはaaraama(園、おん)と呼ばれた。都市郊外の土地が僧伽に寄進されたものを僧伽藍摩(そうぎゃらんま、saMghaaraama)・僧伽藍、略して伽藍(がらん)といわれた。出家者の定住化に伴って僧院(leNa、梵語:layana)が形成された。精舎(しょうじゃ、vihaara)・平覆屋・殿楼・楼房・窟院(guhaa)の5種がある。精舎や窟院では広間と房室を中心として諸施設が整備された。

信仰の対象としての「仏塔」は、はじめ在家信者によって護持されたが、起塔供養の流行に伴って僧院中に建設され、塔を礼拝の対象とする支提堂(しだいどう、祠堂のこと)と支提窟が造られた。やがて塔の崇拝は仏像の崇拝に代わり、中国・日本の金堂(こんどう)の原型となった。

(じ)」は、役所・官舎の意。西域僧が中国に仏教を伝えた時、はじめ鴻臚寺(こうろじ)に滞在し、のちに白馬寺(はくばじ)を建てて住まわせた。以後、宿泊所に因んでの住処を「寺」と呼ぶようになった。「院」は寺中の別舎を指している。

日本語の「(てら)」というのは、朝鮮語のchyöl(礼拝)またはchar(刹)より転訛したとも、パーリ語のthera(長老)の音写であるともいわれるが明らかではない[1]

中国や日本の寺院では、寺院の名称に山号を加えることがある(「比叡山延暦寺」など)。詳しくは記事山号を参照のこと。

日本の寺院[編集]

概要[編集]

各地にひっそりとたたずむ寺院は、寺院近在を中心とした檀家と呼ばれる信者を抱え、墓地を保有・管理しているものが多い(檀那寺)。これら小規模な寺院は、神社と異なり檀家以外には門を閉ざしている場合が一般的である。これは他国には見られない日本独特の形態であり、神道が「死」を忌むという観念(穢れ)の違いから一種の棲み分けが進んだ結果である。葬式仏教日本の仏教も参照。

一方、奈良や京都などにある著名な寺院は、信仰や観光の対象として広範囲に参拝客を集める。長い神仏習合の影響により神宮寺や、仏教の仏も祀る(正確には同一視、本地仏)とされる権現熊野権現山王権現など)の存在もあって祈願対象としての社寺の境は極めて曖昧である。神社仏閣などと言うこともある。

寺院建築 [編集]

寺院も神社建築と同様、その多くは日本古来の木造建築である。しかし現代では、建築基準法や消防法の規定上、法定の規模を超える建物は鉄筋コンクリートとすることが義務化されており、昔のように大きな建物を木造とすることができない。そのため、大規模な寺院建造物には鉄筋コンクリート造が増えてきている。また、ビル形式の寺院も出現するなど概観のデザインも多様化しており、一目では仏教寺院と認識できないものも少なくない。また、寺院の伽藍配置や建物の用途、名称は、神社のように統一されておらず、宗派や各時代によって異なっている。

代表的な建築様式[編集]

寺院の各施設
伽藍配置(瑞龍寺)
A:総門 B:山門 C:回廊 D:仏殿 E:法堂 F:禅堂 G:鐘楼 H:大庫裏

禅宗寺院では下の七施設を基本要素とし、いわゆる七堂伽藍と称する。

  • 山門(さんもん)
  • 本堂仏殿(ほんどう・ぶつでん)本尊を祀る
  • 法堂講堂(はっとう・こうどう)信者や雲水に説法・法話を行う施設
  • 僧堂・禅堂 雲水が起居し、坐禅修行を行う
  • 庫裏・庫裡・庫院(くり・くいん)寺の厨房である。事務所や住職の住居を兼ねる場合もある
  • 東司(とうす)トイレのこと。
  • 浴室

その他、寺院の規模により

その他の付属施設

仏教以外の宗教の寺院[編集]

神社を参照。
道観を参照。
マンディル(mandir)と呼ばれる。
シナゴーグを参照。
聖堂を参照。
サン・ピエトロ寺院聖ワシリイ大聖堂(聖ワシーリー寺院)は、日本では「…寺院」と称されることもある。
モスクを参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 多屋頼俊 『仏教学辞典』 横超慧日、舟橋一哉、法藏館、1995年、新版、181頁。ISBN 4-8318-7009-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]