天津敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あまつ びん
天津 敏
本名 天都 敏(旧姓は佐藤
生年月日 1921年2月16日
没年月日 1979年7月24日(満58歳没)
出生地 宮城県桃生郡河南町
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 182cm
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1953年 - 1979年
配偶者 天都カネ子
主な作品
隠密剣士』/『仮面の忍者 赤影
水戸黄門 第五部

天津 敏(あまつ びん、1921年2月16日 - 1979年7月24日)は、日本俳優宮城県桃生郡河南町石巻市)出身。本名は天都 敏(旧姓は佐藤)。身長182cmの体格、ドスの利いた声、鋭い眼光などを活かし、映画テレビドラマ悪役敵役スターとして活躍した。代表作は『隠密剣士』、『仮面の忍者 赤影』、『水戸黄門 第五部』など。

来歴[編集]

両親及び兄弟はすべて教員という一家に育つ。歌と水泳が得意な少年だったという[1]宮城県師範学校を卒業後、教職に就く。戦時中は海軍で少年水兵の教官の職にあった。1944年に結婚、婿養子となり姓を天都とした。戦後は教職から離れ、鎌倉の夫人の実家の工場を手伝い、水道工事などの仕事をしていた。鎌倉に居を構えた1953年に、32歳で東宝ニューフェイスとして映画界入りした[1]東京映画制作の作品では端役ばかりだったが、1955年TBSのオーディションに合格し、テレビ黎明期の生放送時代劇に出演し始める。

1959年のテレビドラマ『豹の眼』を皮切りに宣弘社制作のテレビ作品で主に悪役として活躍する。忍者ブームを巻き起こしたテレビドラマ『隠密剣士』でも第1部から出演しているが、1963年の第5部で演じた風魔小太郎が初の当たり役となった[1]1964年には映画『忍者狩り』(主演:近衛十四郎、監督:山内鉄也東映)で演じた敵方の頭目・闇の蔵人が、映画『隠密剣士』を手がけたプロデューサー俊藤浩滋監督マキノ雅弘の目に止まる。任侠映画にも起用され始め敵役の常連となり、アクション映画では1970年代の千葉真一志穂美悦子らの主演作品でも主人公を追い詰める強敵・難敵を演じている[1]。時代劇でも悪役スターとして数多くの作品に出演しており、テレビドラマ『水戸黄門』第5部(1974年)では鉄羅漢玄竜[注釈 1]、『仮面の忍者 赤影』第1部・第2部(1967年)の甲賀幻妖斉などが代表的な悪役・敵役である。

対照的に善人役では映画『五人の賞金稼ぎ』(1969年)の一揆直訴する百姓、テレビドラマ『快傑ハリマオ』第5部(1961年)でハリマオの仲間で正義感あふれる熱血漢・村雨五郎、『火の国に』(1976年)では、鈴鹿景子演じるヒロインを陰に陽に支える好人物・長谷川社長に扮するなど、悪役・敵役に留まらず幅広い役柄を演じた。

1979年6月、脳内出血に倒れ、7月24日、心不全で死去。58歳没。1981年欧米で封切り公開された映画『武士道ブレード』が遺作となった。

人物[編集]

『赤影』で共演した青影役の金子吉延は「怖い顔してるけど、すごく優しい人」と思い出を語っている[2][3]宣弘社のプロデューサーだった野木小四郎も「とにかく温厚で、全く怒ったりしない。スタッフでも天津さんのことを悪く言う人などいなかった[4]」と評している。

『赤影』で共演した赤影役の坂口祐三郎によると、天津は甲賀幻妖斎では楽しそうにメイクしていたとのことで、「第2部 まんじ党編」ではメイクや髪形を変え、かなり遊びの要素を入れていた[2]。金子も天津が幻妖斎役を気に入っていたと証言しており、赤影に倒されるシーンのテストでは「もっと出たい」というアドリブを入れていたという[3]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 豹の眼 (1959年 - 1960年、KR / 宣弘社プロダクション) - ジャガー
  • 快傑ハリマオ 第5部「風雲のパゴダ」(1961年、NTV / 宣弘社プロダクション) - 村雨五郎
  • 隠密剣士シリーズ(TBS / 宣弘社プロダクション)
    • 隠密剣士(1962 - 1965年) 大瀬康一
      • 第1部「隠密剣士」
        • 第3話「廣野の剣風」(1962年) - 飛騨屋の用心棒・錣典膳
        • 第9話「盲目の剣客」(1962年) - 盲目の浪人・天堂左馬之助
      • 第2部「忍法甲賀衆」第7 - 9話(1963年) - 甲賀十三人衆・蜘蛛の幻蔵
      • 第3部「忍法伊賀十忍」第3、4、6 - 12話(1963年) - 伊賀十忍の小頭・水口幻斉
      • 第4部「忍法闇法師」第1 - 3、5 - 8、10 - 13話(1963年) - 水口幻斉
      • 第5部「忍法風摩一族」第1 - 10、12、13話(1963年) - 風摩一族の頭領・風摩小太郎
      • 第6部「続 風摩一族」(1964年) - 風摩小太郎
      • 第8部「忍法まぼろし衆」第1、2、4 - 13話(1964年) - 甲賀五十三家筆頭忍者・甲賀の金剛
      • 第9部「傀儡忍法帖」第1 - 5、8 - 10話(1964年) - 甲賀の金剛
      • 第10部「変幻忍法帖」第3、4、6 - 9、11 - 13話(1965年) - 甲賀の金剛
    • 新隠密剣士 第3部「黒潮忍法帖」(1965年) - 黒潮党の頭領・戸隠幻鬼 ※林真一郎版
    • 隠密剣士(1973年) - 赤目幻幽斎 荻島真一
    • 隠密剣士 突っ走れ! 第14話「暗闇首領を斬る信太郎」(1974年) - 赤目幻幽斎
  • 素浪人 月影兵庫 第1シリーズ 第18話「浜の千鳥が啼いていた」(1966年、NET / 東映) - 間弥十郎
  • 仮面の忍者 赤影 第1話「怪物蟇法師」~第26話「大爆發」(1967年、KTV / 東映) - 甲賀幻妖斉
  • 銭形平次 第157話「妄執の刃」(1969年、CX / 東映) - 辰五郎
  • 素浪人 花山大吉 (NET / 東映)
    • 第31話「狂った奴ほど強かった」(1969年) - 阿座上烈鬼
    • 第84話「地獄の槍が呼んでいた」(1970年) - 坂田三左衛門
  • 水戸黄門 (TBS / C.A.L)
    • 第1部 第31話「乱斗 鷹ノ巣峠 -忍-」(1970年) - 榊原十太夫
    • 第2部 第19話「浪人街の決斗 -諏訪-」(1971年) - 亀頭
    • 第4部
      • 第7話「消えた雛人形 -新発田-」(1973年) - 吉岡左門
      • 第26話「黄金の誘惑 -白石-」(1973年) - 岩崎弥九郎
    • 第5部 (1974年) - 鉄羅漢玄竜
    • 第9部 第7話「裁かれたジャジャ馬姫 -盛岡-」(1978年) - 大迫一角
    • 第10部 第3話「狐が化けたお姫様 -小田原-」(1979年) - 大場甚内
  • 大岡越前(TBS / C.A.L)
    • 第2部 第15話「煙草屋喜八」(1971年8月23日) - 久保寺幸之進
    • 第3部 第15話「天狗の眠り」(1972年9月18日) - 銀次
    • 第4部 第25話「天下を裁く名奉行」(1975年3月24日) - 大室玄蕃
  • 柳生十兵衛 第18話「隠密子守唄」・第19話「南国慕情」(1971年、CX / 東映) - 島津家久
  • 徳川おんな絵巻 第34話「母恋い三度笠」・第35話「涙の祭り囃子」(1971年、KTV / 東映) - 蜂須賀刑部
  • 世なおし奉行 第4話「関八州罷り通る」(1972年、NET / 東映) - 桶川人鬼
  • 忍法かげろう斬り 第24話「忍者狩り始末」(1972年、KTV / 東映) - 久保田監物
  • 長谷川伸シリーズ 第11話「三ツ角段平」(1972年、NET / 東映) - 鷹の茂十
  • 快傑ライオン丸 第40話「大魔王ゴースン 再び怒る」・第41話「大魔王ゴースン あの胸を狙え!」(1972年 - 1973年、CX / ピープロ) - 豪山(ゴースン人間体)
  • 大江戸捜査網(第3シリーズ)(12ch / 三船プロ
    • 第27話「火を招く狼の群れ!」(1974年)
    • 第164話「撃滅! 江戸の黒い霧」(1976年) - 塚田主膳
    • 第268話「除夜の鐘は皆殺しの調べ」(1978年) - 西脇主膳
    • 第280話「大爆破を招く恐怖の大凧」(1979年) - 玄斎
    • 第294話「島破り 執念の逃亡者」(1979年) - 藤田
  • おしどり右京捕物車 第3話「讐(かたき)」(1974年、ABC / 松竹) - 浅造
  • 右門捕物帖 第25話「影を斬る男」(1974年、NET / 東映) - 橘屋藤兵衛
  • 暗闇仕留人 (1974年、ABC / 松竹
    • 第15話「過去ありて候」 - 森田屋惣兵衛
    • 第26話「拐かされて候」 - 与力名島
  • 白い牙 第24話「復讐の呼び声」・第25話「復讐の炎」(1974年、NTV / 大映テレビ) - 大伴不動産社長・大伴徳雄
  • 必殺必中仕事屋稼業 第6話「ぶっつけ勝負」(1975年、ABC / 松竹) - 吉五郎
  • バーディー大作戦 第50話「神出鬼没! おしゃれ泥棒」(1975年、TBS / 東映) - 偽札組織のボス
  • ザ★ゴリラ7 (1975年、NET / 東映)
    • 第6話「お湯に群がる野獣ども」 - 桜木組長
    • 第25話「誘拐されたシンデレラ」 - 寺沢
  • プレイガールQ 第31話「可愛いあばずれ」(1975年、12ch / 東映) - 山部専務
  • 剣と風と子守唄 第14話「地獄に恋した野郎ども」(1975年、NTV / 三船プロ) - 鬼頭亥十郎
  • 非情のライセンス(NET / 東映)
    • 第2シリーズ 第40話「兇悪の棺桶」(1975年) - 神戸社長
    • 第2シリーズ 第87話「兇悪の弾痕」(1976年) - 門脇
  • 長崎犯科帳 第4話「闇の中の闇奉行」(1975年、NTV / ユニオン映画) - 京極屋宗兵衛
  • 影同心 第25話「相合傘の殺し節」(1975年、MBS / 東映) - 立花新八郎
  • 影同心II 第9話「山茶花一輪武士の首」(1975年、MBS / 東映) - 叶屋利兵衛
  • 夜明けの刑事 第73話「私の幸せは今日でお終い!!」(1976年、TBS / 大映テレビ) - 稲葉
  • 必殺仕業人 第22話「あんたこの迷惑をどう思う」(1976年、ABC / 松竹) - 伊達藩家老・間監物
  • 隠し目付参上 第5話「これにて一件落着か」(1976年、MBS / 三船プロ) - 重五郎
  • お耳役秘帳 第17話「お耳役狩り」(1976年、KTV / 歌舞伎座テレビ) - 黒木典膳
  • 必殺からくり人 第9話「食えなければ江戸へどうぞ」(1976年、ABC / 松竹) - 高田屋惣兵ヱ
  • 火の国に(1976年 - 1977年、NHK) - 長谷川社長
  • 桃太郎侍 (NTV / 東映)
    • 第11話「夜桜小僧 闇に哭く」(1976年) - 寺田新兵ヱ
    • 第33話「のれん分け油地獄」(1977年) - 黒川内膳
    • 第73話「十手と恋と初手柄」(1978年) - 並木左近
    • 第81話「瞼に咲いた白い花」(1978年) - 小森右京太夫
    • 第123話「別れに泣いた信州路」(1979年) - 岩佐砂五郎
    • 第134話「通り雨に消えた女」(1979年) - 波屋伝六
  • 破れ傘刀舟 悪人狩り 第119話「初春の虹を越えて」(1977年、NET / 三船プロ) - 油奉行・下坂大膳
  • 新・座頭市 第27話「旅人の詩」(1977年、CX / 勝プロ) - 京屋元義
  • 破れ奉行 第2話「血風! 世直し快速船」(1977年、ANB / 中村プロ) - 吉田屋
  • 怪人二十面相 第20話「対決! 魔術師 二十面相に挑戦」(1977年、CX / 大映テレビ)
  • 新・必殺仕置人 (1977年、ABC / 松竹)
    • 第22話「奸計無用」 - 油問屋松崎屋
    • 第37話「生命無用」 - 大黒屋七兵ヱ
  • 達磨大助事件帳 第6話「血染めの恋友禅」(1977年、ANB / 前進座 / 国際放映) - 大津屋
  • お昼のテレビ小説 華うるし (1977年、CX / 国際放映) - 中条宗太郎
  • ロボット110番 第34話「ガンちゃんの贈りもの」(1977年、ANB / 東映)
  • 柳生一族の陰謀 (KTV / 東映)
    • 第3話「駿府の黒い影」(1978年) - 天野刑部
    • 第21話「夕焼けに恨みが残った」(1979年) - 相良源之進
  • 吉宗評判記 暴れん坊将軍 (ANB / 東映)
    • 第1話「春一番! 江戸の明星」(1978年) - 鬼沢兵衛
    • 第24話「七里飛脚は鬼より恐い」(1978年) - 武州屋伊右衛門
    • 第62話「黄金の闇に花一輪」(1979年) - 大久保丹後守
  • 特捜最前線 第68話「誘拐・東京-函館縦断捜査!」・第69話「誘拐II・パニックイン・函館!」(1978年、ANB / 東映) - 勝原秀一郎
  • 西遊記 第14話「地震妖怪! なまず大王の謎」(1979年、NTV / 国際放映) - 鯰震魔王
  • 同心部屋御用帳 江戸の旋風IV 第11話「友情一路」(1979年、CX / 東宝) - 夜桜の弥次郎
  • 翔べ! 必殺うらごろし 第10話「女は子供を他人の腹に移して死んだ」(1979年、ABC / 松竹) - 坂崎右近
  • 破れ新九郎 第16話「流浪の女 おゆう」(1979年、ANB / 中村プロ) - 黒部玄馬
  • 江戸を斬るIV 第7話「初恋が解いた殺しの鍵」(1979年、TBS / C.A.L) - 赤鴉の才蔵
  • 江戸の激斗 第3話「鉄砲道の決斗」(1979年、CX / 東宝) - 薬莱天馬
  • 必殺仕事人 第5話「三十両で命が買えるか?」(1979年、ABC / 松竹) - 松吉 岩崎良美の義父で善人役
  • 土曜ワイド劇場 / 生きていた死美人 病院偽装殺人 (1979年、ANB / 大映映像)

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 42年に及ぶ同ドラマ史上最強の刺客とされる。[要出典]
  2. ^ 朝日ソノラマソノシートドラマ版にも出演している。
  3. ^ 善人役で、最後は高倉健に抱かれて絶命するという役どころだった。
出典
  1. ^ a b c d 中田雅喜. “敏ちゃんってどんな人?”. BIKENSHI. 2013年2月12日閲覧。
  2. ^ a b 『赤影大辞典』(たちばな出版)
  3. ^ a b 石橋春海 「ヒーローを探して 金子吉延インタビュー」『’60年代 蘇る昭和特撮ヒーロー』 コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2013年12月5日、108-110頁。ISBN 978-4-7747-5853-4
  4. ^ 『「月光仮面」を創った男たち』(平凡社新書)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]