赤穂城断絶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤穂城断絶
The Fall of Ako Castle
Swords of Vengeance
監督 深作欣二
脚本 高田宏治
原作 高田宏治
ナレーター 鈴木瑞穂
出演者 萬屋錦之介
千葉真一
松方弘樹
西郷輝彦
渡瀬恒彦
近藤正臣
原田美枝子
丹波哲郎
芦田伸介
三田佳子
岡田茉莉子
三船敏郎
音楽 津島利章
撮影 宮島義勇
仲沢半次郎
編集 市田勇
製作会社 東映
配給 東映
公開 日本の旗 1978年10月28日
上映時間 160分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 ¥1,500,000,000[1]
テンプレートを表示

赤穂城断絶』 (あこうじょうだんぜつ、The Fall of Ako Castle or Swords of Vengeance ) は、1978年日本映画カラー・ワイド・シネマスコープ、160分。製作配給東映監督深作欣二。同年1月21日に公開され、大ヒットした映画『柳生一族の陰謀』に続いて[2][3][4]忠臣蔵をテーマに製作されたオールスターキャスト出演の映画である。昭和53年度文化庁芸術祭賞参加作品。

解説[編集]

企画段階で深作欣二は吉良上野介の視点からの忠臣蔵を描きたく、配役は萬屋錦之介を吉良、金子信雄大石内蔵助にしていたが、萬屋が従来の忠臣蔵を要望したため入れ換え、本来のオーソッドックスな作品となった[1]。それでも何か変化のあるものにしたかった深作は、主君の無念を晴らす赤穂浪士と吉良家の対立による仇討ちと描写されてきた物語に、本作では討ち入り時の不破数右衛門 (千葉真一) と小林平八郎 (渡瀬恒彦) の一騎打ちで劇を盛り上げ、赤穂浪士が公儀へ反逆したと認識する幕府、単なる美談調の展開にせず討ち入りから脱落してゆく浪士や死にゆく者など、全編をドキュメンタリータッチに演出した[1][5][6]。しかし萬屋の意向を汲み取り仕上げられた本作は、深作にとって窮屈さと不本意なものであった[1][7][8]。渡瀬は本作でキネマ旬報賞助演男優賞と第21回ブルーリボン賞助演男優賞を受賞した。深作は16年後の1994年にも異色の忠臣蔵映画『忠臣蔵外伝 四谷怪談』を監督している。

逸話[編集]

柳生一族の陰謀』の大ヒットで元気づいた錦之助は、深作の言うことを聞かず、深作の方が岡田茂社長に監督を降りたい、と泣きついてきたが、深作を何とか説得して完成させた[9][10]。岡田は錦之助に吉良上野介をやらせて、吉良の眼から見た忠臣蔵にしようとしたが、周囲の歌舞伎関係の人たちから猛反対に遭い断念した[9][10]。岡田は、晩年の錦之助を歌舞伎の家流に定着させようとして『俺が言っておくから、松竹永山武臣会長のところに行ったらどうだ。そうすれば一門の人たちも助かるだろうし、お母さんも喜ぶだろう』と言ったが、錦之助は『俺は映画の錦之助として死にたい』と言ったという[9][10][11]

スタッフ[編集]

配役[編集]

主要キャスト[編集]

その他のキャスト[編集]

ノンクレジット[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 西郷輝彦、深作欣二作品の萬屋錦之介に身震い」、『アサ芸+』、徳間書店2012年12月12日2013年1月1日閲覧。
  2. ^ 柳生一族の陰謀”. 日本映画製作者連盟. 2011年12月6日閲覧。
  3. ^ 関根忠郎・山根貞男山田宏一 『惹句術:映画のこころ』 講談社1986年、90頁。ISBN 406202005X
  4. ^ 柳生一族の陰謀(2008)”. 東映チャンネル. 2011年12月31日閲覧。
  5. ^ 赤穂城断絶”. 東映チャンネル. 2013年11月1日閲覧。
  6. ^ 赤穂城断絶”. 映画データベース - allcinema. 2011年11月28日閲覧。
  7. ^ 千葉真一、深作欣二の初時代劇の教えに感謝」、『アサ芸+』、徳間書店、2012年11月28日2013年1月1日閲覧。
  8. ^ 深作欣二「千葉ちゃん、ウソって観客に思わせたら負け」」、『アサ芸+』、徳間書店、2012年11月29日2013年1月1日閲覧。
  9. ^ a b c キネマ旬報』1997年12月16日号、p16-21
  10. ^ a b c 『クロニクル東映:1947-1991』1、東映、1992年、p282-283
  11. ^ 岡田茂(東映・相談役)×福田和也「東映ヤクザ映画の時代 『網走番外地』『緋牡丹博徒』『仁義なき戦い』の舞台裏は 」、『オール読物』、文藝春秋2006年3月、 218頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]