徳川綱吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
徳川 綱吉
Tsunyaoshi.jpg
徳川綱吉(土佐光起徳川美術館蔵)
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 正保3年1月8日1646年2月23日
死没 宝永6年1月10日1709年2月19日
改名 徳松(幼名)→綱吉
別名 松平綱吉
松平右馬頭、館林参議(通称)
諡号 常憲院
戒名 常憲院殿贈正一位大相国公
墓所 寛永寺東京都台東区
官位 従四位下右近衛中将右馬頭正三位参議従二位権大納言正二位内大臣右近衛大将征夷大将軍右大臣
正一位太政大臣
幕府 江戸幕府征夷大将軍(在任:1680年 - 1709年)
上野館林藩
氏族 徳川氏館林徳川家徳川将軍家
父母 父:徳川家光、母:玉(桂昌院
義父:徳川家綱 (長兄)
兄弟 千代姫、家綱、亀松
綱重綱吉鶴松
正室:鷹司信子鷹司教平の娘)
側室:瑞春院(伝)、寿光院清心院、他
鶴姫徳川綱教室)、徳松(早世)
養子:家宣 (甥(兄・綱重の子))
八重姫徳川吉孚室)、喜知姫徳川綱誠の娘)、松姫前田吉徳室)、竹姫島津継豊継室)
猶子:尊統法親王

徳川 綱吉(とくがわ つなよし)は、江戸幕府の第5代将軍である。

生涯

3代将軍・徳川家光の四男として江戸城に生まれる。幼名徳松(とくまつ)。

慶安4年(1651年)4月、三兄の長松(のちの徳川綱重)とともに賄領として近江、美濃、信濃、駿河、上野から15万石を拝領し家臣団を付けられる。同月には家光が死去し、8月に長兄の徳川家綱が将軍宣下を受ける。承応2年(1653年)8月に家綱の右大臣昇進にあわせて二人の弟は元服し、偏諱(「綱」の字)を受けて長松は綱重、徳松は「綱吉」とそれぞれ名乗った(「松平右馬頭綱吉」と松平姓を称したとされる[1])。同時に従三位左近衛中将右馬頭に叙任。

明暦3年(1657年)、明暦の大火竹橋の自邸が焼失したために9月に神田へ移る。寛文元年(1661年)8月、上野館林藩主として城持ちとなったことで所領は25万石となる。12月には参議に叙任され、この頃「館林宰相」と通称され、徳川氏を名乗ったと考えられる(館林徳川家)の創設)。幕府から家臣が付属されており、誕生後から館林藩主となるまで380人近くが派遣された。寛文10年(1670年)に牧野成貞を館林藩家老3,000石に抜擢する。館林藩主となったが、綱吉は基本的に江戸在住であって家臣の八割も神田の御殿に詰めており、生涯で館林に寄ったことは寛文3年の将軍家綱に随伴した日光詣での帰路のみであった。[2]

延宝8年(1680年)5月、家綱に跡継ぎとなれる男子がなく、その養子になれたであろう三兄の綱重も既に亡くなっていたため、家綱の養嗣子として江戸城二の丸に迎えられ、同月に家綱が40歳で死去したために内大臣および右近衛大将となりさらに将軍宣下を受ける。

家綱時代の大老酒井忠清を廃し、自己の将軍職就任に功労があった堀田正俊を大老とした。その後、忠清は病死するが、酒井家を改易にしたい綱吉は大目付に「墓から掘り起こせ」などと命じて病死かどうかを異常なまでに詮議させたという。しかし証拠は出せず、結局は忠清の弟忠能が言いがかりをつけられて改易されるにとどまった。

綱吉は堀田正俊を片腕に処分が確定していた越後高田藩の継承問題(越後騒動)を裁定し直したり、諸藩の政治を監査するなどして積極的な政治に乗り出し、「左様せい様」と陰口された家綱時代に没落した将軍権威の向上に努めた。また幕府の会計監査のために勘定吟味役を設置して、有能な小身旗本の登用をねらった。荻原重秀もここから登用されている。また外様大名からも一部幕閣への登用がみられる。

また、戦国の殺伐とした気風を排除して徳を重んずる文治政治を推進した。これは父・家光が綱吉に儒学を叩き込んだことに影響している(弟としての分をわきまえさせ、家綱に無礼を働かないようにするためだったという)。綱吉は林信篤をしばしば召しては経書の討論を行い、また四書易経を幕臣に講義したほか、学問の中心地として湯島聖堂を建立するなど大変学問好きな将軍であった。儒学の影響で歴代将軍の中でも最も尊皇心が厚かった将軍としても知られ、御料(皇室領)を1万石から3万石に増額して献上し、また大和国河内国一帯の御陵を調査の上、修復が必要なものに巨額な資金をかけて計66陵を修復させた。公家達の所領についてもおおむね綱吉時代に倍増している。

また、のちに赤穂藩主・浅野長矩を大名としては異例の即日切腹に処したのも、朝廷との儀式を台無しにされたことへの綱吉の激怒が大きな原因であったようである。綱吉のこうした儒学を重んじる姿勢は、新井白石室鳩巣荻生徂徠雨森芳洲山鹿素行らの学者を輩出するきっかけにもなり、この時代に儒学が隆盛を極めた。

綱吉の治世の前半は、基本的には善政として天和の治と称えられている。

しかし貞享元年(1684年)、堀田正俊が若年寄稲葉正休に刺殺されると、綱吉は以後大老を置かず側用人牧野成貞柳沢吉保らを重用して老中などを遠ざけるようになった。また綱吉は儒学のに影響されて、母・桂昌院従一位という前例のない高位を朝廷より賜るなど、特別な処遇をした。桂昌院とゆかりの深い本庄家・牧野家(小諸藩主)などに特別な計らいがあったともいう。

この頃から有名な生類憐れみの令をはじめとする、後世に“悪政”といわれる政治を次々と行うようになった(生類憐れみの令については、母の寵愛していた隆光僧正の言を採用して発布したものであるとされる。なお、一般的に信じられている「過酷な悪法」とする説は、江戸時代史見直しの中で再考されつつある。詳しくは同項目を参照のこと)。これらが幕府の財政を悪化させた。勘定吟味役(後の勘定奉行)・荻原重秀の献策による貨幣の改鋳を実施したが、本来改鋳すべき時期をやや逸していたこともあり、また元禄金元禄銀の品位低下のアンバランス、富裕層による良質の旧貨の退蔵から、かえって経済を混乱させている[3]

嫡男の徳松が死去した後の将軍後継問題では、綱吉の娘婿(娘・鶴姫の夫)である徳川綱教紀州徳川家)が候補に上がったが徳川光圀が反対したという説もある。宝永元年(1704年)、6代将軍は甥(兄・綱重の子)で甲府徳川家綱豊(のちの家宣)に決定する。綱吉は宝永6年(1709年)に成人麻疹により死去[4]、享年63。

死後

綱豊改め家宣が将軍になると「生類憐れみの令」はすぐに廃止された[5]。 しかし殺生である鷹狩りは、徳川吉宗(綱教の弟)が8代将軍になったのちまで復活することはなかった。ちなみに吉宗は天和の治をおこなった綱吉に対して敬愛の念を抱き、吉宗の享保の改革の中にもその影響がみられるといわれている。

官歴

※日付は旧暦。

  • 承応2年(1653年
    • 8月12日、元服。従四位下右近衛権中将兼右馬頭に叙任。
    • 8月17日、正三位に昇叙。
  • 寛文元年(1661年)12月28日、参議補任。
  • 延宝8年(1680年
    • 5月7日、将軍後継者となり、従二位権大納言。
    • 8月21日、正二位内大臣兼右近衛大将。征夷大将軍・源氏長者宣下。
  • 宝永2年(1705年)3月5日、右大臣
  • 宝永6年(1709年
    • 1月10日、薨去。
    • 1月23日、贈正一位太政大臣。

綱吉の評価

綱吉の行状については価値の低い資料による報告が誇張されて伝えられている部分もあり、近年では綱吉の政治に対する評価の再検討が行われている。

綱吉は「側近の寵臣以外の意見を軽視し、悪法で民衆を苦しめた」という否定的評価がなされる一方で、元禄4年(1691年)と同5年(1692年)に江戸で綱吉に謁見したドイツ人医師エンゲルベルト・ケンペルの「非常に英邁な君主であるという印象を受けた」といった評価も受けている(ケンペル著『日本誌』)。ケンペルの綱吉観や両者の交流については中公新書刊行『ケンペルと徳川綱吉』(ベアトリス・M. ボダルト・ベイリー・1994年 ISBN 4-12-101168-6)に詳しい。

綱吉の治世下は、近松門左衛門井原西鶴松尾芭蕉といった文化人を生んだ元禄期であり、好景気の時代だったことから優れた経済政策を執っていたという評価もある。また、治世の前期と後期の評価を分けて考えるべきだという説もある。前期における幕政刷新の試みはある程度成功しており、享保の改革を行った8代将軍徳川吉宗も綱吉の定めた天和令をそのまま「武家諸法度」として採用するなど、その施政には綱吉前期の治世を範とした政策が多いと指摘されている。

綱吉の治世の評価が低いことについては、不幸な偶然もいくつかあると指摘されている。具体的には、元禄8年(1695年)頃から始まる奥州飢饉、元禄11年(1698年)の勅額大火数寄屋橋門外より出火し上野を経て千住まで300町余を焼失、死者3,000人以上)、元禄16年(1703年)の元禄地震・火事、宝永元年(1704年)前後の浅間山噴火・諸国の洪水、宝永4年(1707年)の宝永地震富士山噴火、および宝永5年(1708年)の京都大火などである[6]。それらは、現代では治世の評価を左右するものとは考えにくいが、当時はこういった天変地異を「天罰(=主君の徳が無いために起こった)」と捉える風潮が残っていた[6][7]

新井白石は、元禄8年(1695年)以来始まった貨幣改鋳は、近年の奢侈流行による幕府の出費拡大の穴埋めのために金銀の如き天地から生まれた大宝に混ぜ物をした結果、天災地変を招いたのであって、これよりひどい悪政は前後にその類を見ないと酷評した[8][7][9]。 これは白石の儒教的思想に基づくもので、家康の時代より続いた慶長の幣制は変えてはならず、金銀は「天地の骨」とする陰陽五行説から来る信仰であった[10][11]

また、現代においての評価の低さはドラマによるところが最も大きい。というのも綱吉がドラマに登場するのは基本的に『忠臣蔵』関連か『水戸黄門』関連のドラマのどちらかであることが多いためである(そのためか歴代徳川将軍の中でも知名度の高い部類に入る)。

『忠臣蔵』(元禄赤穂事件)では大抵の場合、高家吉良義央が浅野長矩へ悪態を見せる姿が描かれる。その結果、長矩にのみ切腹を命じて義央の罪を問わなかった綱吉には義央の悪態に加担したかのような否定的イメージが付きまとってしまう。このことも、綱吉の評価を実際以上に低めていると言える。

そして綱吉のもう一つの不運は『水戸黄門』徳川光圀の存在である。光圀には生類憐れみの令に抗議して犬の毛皮を送ったという逸話を中心に綱吉に直言したという記録がいくつかあるため、水戸黄門の物語中では悪役を割り当てられてしまっている。また、光圀が『大日本史』を編纂し、綱吉が自ら易経を講じるなど、類似した方向性を持っていたことから、水戸黄門ファンの中には、黄門を持ち上げるためにことさらに綱吉をけなすという風潮もある[12]

綱吉再評価に関する文献として、代表的で入手が容易なものとして、吉川弘文館『徳川綱吉』(塚本学・1998年)、文春新書『黄門さまと犬公方』(山室恭子・1998年 ISBN 4-16-660010-9)が挙げられる。また、2004年12月28日にフジテレビ系列で放送されたドラマ『徳川綱吉 イヌと呼ばれた男』も、この再評価に連なる系列のものである。井沢元彦も『逆説の日本史』中で「戦国の気風を残した世相を、生命を大事にする太平の世へと変革した」と非常に高く評価している。

綱吉と能

家康以来、代々の将軍はを愛好してきたが、綱吉はその中でも「能狂」[13]と言われるほどの執着を示した。綱吉の能狂の特徴として、能楽研究者の表章は以下の5点を挙げる[13]

  1. 自ら能を舞い、それを人に見せることを好んだこと。
  2. 側近・諸大名に能を舞うことを強制したこと。
  3. 能役者の追放・登用、また流派を超えての移籍などを繰り返したこと。
  4. 能役者を士分に取り立てたこと。
  5. 稀曲・珍曲を見ることを好んで、廃曲となっていたものをも多く復活させたこと。

まず1については、将軍就任後間もない延宝9年(1681年)2月、桂昌院のために催した能で、自ら「船弁慶」、「猩々」を舞うなど、早い時期から見られる傾向である。これは年を追うごとに頻度を増し、江戸城内のみならず、寵臣邸や寺社へ赴く際には、儒学の講義に続いて綱吉が能を舞うことが常であり[14]、元禄10年(1687年)には71番の能、150番以上の舞囃子を舞っている。諸大名や公家もまた、追従としてその拙い能を所望せねばならなかった[13]

2についても、将軍就任当初から小姓に能を舞わせるなどしていたが、後には側近ばかりか大大名にもこれを強制した。貞享3年(1686年)4月、徳川綱教・前田綱紀徳川光友・徳川綱豊・徳川光貞・徳川光圀・徳川綱誠徳川綱條による能が催されているのがその好例であるが、この場合も彼らは直前になって綱吉の命を受け、慌てて稽古をせねばならなかった。綱吉が宝生流を好んだため、諸大名も宝生流を取り立てたことが、現在まで加賀などで宝生流が盛んな一因となった[13]

3の例となるのは、宝生大夫による「道成寺」の小鼓を打つことを命じられた小鼓観世家当主・観世新九郎が、流派が違うことを理由にこれを拒否したことに対し、天和3年(1683年)2月に新九郎父子を追放、翌3月、宝生座に移籍させ姓まで宝生に返させて呼び戻した一件である。他にも館林時代のお抱え役者の登用、さらに貞享3年には喜多流三世喜多七太夫を追放し、喜多座を解体するという「能界を震撼させる大事件」を起こしている(翌年赦免)[13]

4については、『徳川実紀』にも批判する文章が載せられている。士分に取り立てられた役者は、特に貞享以後はこのために新設された廊下番のポストにつけられて表向き能役者を廃業し、綱吉が城中で私的に催す能に出演させられた。当初は五座以外の役者を士分としていたが、次第に諸座の大夫・家元クラスがその対象となっていった。これを断ればやはり追放が待っており、当主・後継者を奪われた各家は大きく混乱した。特に大夫を2度に渡って取り立てられた喜多座では、分家の権左衛門家が断絶を余儀無くされている。登用された役者たちは、三世喜多七太夫宗能改め中条直景のように九百石取りにまで出世するものもいたが、五世喜多七太夫恒能のように綱吉の男色の相手を断り切腹させられるなど、多くは過酷な運命をたどることとなった[13]

5であるが、綱吉は日頃演じられない珍しい曲を観ることを好み、廃絶されていた古曲を積極的に復曲させて上演させた。それまで長く演じられなかったにもかかわらず、綱吉の時代に復活した曲は実に41番にも及ぶ。もっともこれも、6日ほど前に急に命じられ、慌てて間に合わせたものがほとんどであったが、そのうち20番は現在まで各流派で演じられており、中には「雨月」・「大原御幸」・「蝉丸」など現在でも高く評価されている曲が含まれている。同様の傾向のあった家宣による復曲と合わせ、「怪我の功名」ながら、これは後世に残る業績となっている[13]

その他

  • 生類憐れみの令により民を苦しめたとの説により有名な綱吉であったが、まだ将軍宣下を受ける前から天領の代官たちに対し、「支配者が寛(くつろ)かに民を扱うと、民は奢りに走り本業を怠る。奢侈を許してはいけない。民は為政者を信用しておらず、為政者もまた民を疑っている。このようなことが起こらないように意思の疎通に心がけよ。代官等は率先して身を慎み、職務をよく理解し、年貢の収納に努め、下役に任せきりにせず、自らが先に立って職務に精励することが肝要である。」と諭したとされる。
  • 大樹寺に収められている歴代将軍の位牌は、将軍の身長にあわせて作られている」という俗説があり、綱吉の位牌は124センチであることを根拠に「綱吉は低身長症(軟骨無形成症)だった」とする説がある。なお当時の人物評にはそのような記述は存在しない。
  • 七五三」は徳松の健康を願ったのが始まりとも言われるが、徳松は夭折した。
  • 将軍職に就いてまだ日も浅い頃、前将軍・家綱の治世に決着がついていた越後騒動について、当事者の小栗美作永見大蔵を呼び寄せた上で綱吉自身が家綱の決定を覆す採決をした。すなわち、高田藩主・松平光長は領地没収、小栗美作父子に切腹を命じ、永見大蔵に島流しと決定したのである。このとき、老中の堀田正俊が決定を言い渡した後、綱吉は「これにて決裁す、はやまかり立て」と大音声で言ったという。
  • 久能山東照宮博物館には、綱吉自筆とされる「稼穡(かしょく)図屏風」(六曲一双)が残されている。図様は狩野探幽に近く、探幽の弟子筋に習ったと考えられる。稼穡とは農事・農業のことで、当時は為政者たる武士が民衆の姿を描いた絵を見て民の苦労を思い起こし、自らの政治姿勢を正すのを目的とした鑑戒画がしばしば描かれた[15]。将軍自らが、帝王学の課題として鑑戒画を学んでいたことを表す興味深い作品である。
  • 鍼治療を振興し持病を治療した盲人鍼師杉山和一に欲しい褒美を尋ね、一つの目を所望されその代わりに本所一つ目に約1900坪の土地を授け、盲人の職能訓練や組織再編に便宜を図った。
  • 死因については、心を病んだ正室・信子による無理心中説があり、信子の墓所には長く黒網がかけられていたという。また、死後、大奥の宇治の間が開かずの間にされている。
  • お手つきに牧野成貞の妻の阿久里とその娘のなどがいたという俗説もあるが、後世の創作と考えられる。
  • 柳沢吉保の側室染子は綱吉からの拝領妻であるという説があり、彼女の出産した柳沢吉里は綱吉の実子であるとの噂が当時からあった。綱吉は柳沢家に、松平姓を与えて特に連枝の待遇としたが、これがその事情を雄弁に物語っているという指摘もあるが、現在ではこの説は否定されている。

室と子女

正室
側室
子女
養子

偏諱を受けた人物

(※凡例:[ ]内は初名、( )内の「世子」は藩主になる予定であったが継ぐ前に亡くなった人物を、それぞれ示す。)

公家


親藩
  • 徳川(紀州徳川家。紀州藩主。のち第8代将軍)
  • 徳川(尾張徳川家。尾張藩第4代藩主)
  • 徳川(水戸徳川家世子)
  • 松平(越前松平家。福井藩第7代藩主。松平昌親より改名。)
  • 松平(越前松平家。吉品養子。のち福井藩第8代藩主。)
  • 松平透[秀](越前松平家。松江藩第4第藩主)
  • 越智(甥(兄・綱重の子)、家宣の実弟、のちの松平清武)


譜代大名
  • 柳沢(綱吉寵臣。幕府側用人。川越藩主、甲府藩初代藩主。)
  • 柳沢(吉保の嫡子。甲府藩第2代藩主、大和郡山藩初代藩主)


外様大名

登場作品

映画

テレビドラマ

徳川綱吉が主人公のテレビドラマ
その他のテレビドラマ

漫画

参考資料

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 深井雅海『綱吉と吉宗』2012年、吉川弘文館
  2. ^ 深井雅海『綱吉と吉宗』2012年、吉川弘文館
  3. ^ 三上隆三『江戸の貨幣物語』東洋経済新報社、1996年
  4. ^ 第7回「麻疹(はしか)」 -天然痘と並ぶ2大感染症だった 加藤茂孝 (PDF) モダンメディア 2010年7月号(第56巻7号)
  5. ^ 徳川実記」「折たく柴の記」によれば、家宣が廃止すると宣言し、吉保も廃止に賛同したとある。が、『楽只堂年録』によれば、家宣は「いずれもあひ守り、断絶なきやうにすべし」としながらも、罰則を無くして罪人が出たり経済的負担が増えたりしないようにした、とある。どちらも事実上は廃止であるが、前者と後者では家宣および幕府のとった行動の意味がかなり異なってくる。『黄門さまと犬公方』山室恭子
  6. ^ a b 『なるほど元禄忠臣蔵 完全ガイドブック』世界文化社、1998年
  7. ^ a b 『図説 日本の歴史11.江戸の開幕』集英社、1975年
  8. ^ 桑田忠親『徳川綱吉と元禄時代』秋田書店、1975年
  9. ^ 『図説 日本の歴史12.変動する幕政』集英社、1975年
  10. ^ ヤン・シーコラ (PDF) 江戸時代の経済思想における市場原理の概念についての一考察
  11. ^ 井沢元彦『逆説の日本史14 近世爛熟編文治政治と忠臣蔵の謎』小学館、2007年
  12. ^ 鈴木一夫「水戸黄門 - 江戸のマルチ人間・徳川光圀」など。
  13. ^ a b c d e f g 表章天野文雄『岩波講座 能・狂言 I 能楽の歴史』(1987年、岩波書店)
  14. ^ 例えば元禄4年3月22日(1691年)に初めて神田橋門の柳沢吉保邸に行った際自ら五番舞った。以降、宝永5年10月5日(1708年)まで(計58回)柳沢邸で能曲を楽しんだ。
  15. ^ 冷泉為人他「瑞穂の国・日本─四季耕作図の世界」1996年 P74~77