浅間山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浅間山
AsamaYamaS.jpg
北側上空から望む浅間山
中央部の火口の外側にカルデラ、北側に溶岩流出跡
標高 2,568[1] m
所在地 日本の旗 日本
群馬県吾妻郡嬬恋村
長野県北佐久郡軽井沢町御代田町
位置 北緯36度24分23秒
東経138度31分23秒
[1]
山系 浅間山系
種類 活火山ランクA(カルデラ)・常時観測火山
浅間山の位置
テンプレートを表示

浅間山(あさまやま)は、長野県北佐久郡軽井沢町及び御代田町群馬県吾妻郡嬬恋村との境にある安山岩質の標高2,568m複合火山円錐型をしている。世界でも有数の活火山として知られる。

概要[編集]

数十万年前から周辺では火山活動が活発であり、浅間山は烏帽子岳などの3つの火山体と併せ、浅間連峰もしくは浅間烏帽子火山群と総称される。これまでに噴火山体崩壊を繰り返し、現在の姿となった。大規模な山体崩壊と崩壊土砂が流出した痕跡は、遠く離れた群馬県前橋市台地上などに厚い堆積物として残っている。現在噴火活動をしているのは、前掛火山である。山頂火口からは噴煙があがり、その周りには複合のカルデラがあり、内側の外輪山の西側に前掛山がある。北側のカルデラは山頂部から「鬼押出岩」へと流れ出た溶岩流により崩壊している。外側の外輪山には、黒斑山、牙山、剣ヶ峰などがある。気象庁は「100年活動度または1万年活動度が特に高い活火山」として、ランクAの活火山に指定。[2]。火山活動レベルに応じた、入山規制が行われている。

1949年(昭和24年)9月7日に山域は、上信越高原国立公園に指定された[3]2007年日本の地質百選に選定された。日本百名山[4]及び花の百名山[5]に選定されている。

火山活動[編集]

浅間山の活動史[編集]

噴火口の位置と溶岩の性質から、3つに分類されている[6]

黒斑期(-2.1万年前)
現在の黒斑山は東に開いた馬蹄形カルデラである。カルデラ形成以前は、現在の湯の平付近に中心火道を持つおよそ2,800mの富士山型の成層火山であったと考えられている。カルデラ形成は2万3千年前。玄武岩質安山岩及びから安山岩質の溶岩。このときに発生した岩屑なだれの痕跡が前橋台地や浅間山周辺の流れ山として確認できる。火山灰により北関東ローム層の板鼻褐色軽石 (BP) 層を形成。
仏岩期(2.1-1.5万年前)
浅間山を南から見ると山体右側に膨らみを確認する事ができる。これが仏岩火山である。黒斑山の山体崩壊後活動を開始し最盛期の山体の高度は海抜2,000mを越えた。粘性に富む紫蘇輝石・角閃石デイサイト質の厚い溶岩流が繰り返し流出し緩傾斜の火山体を形成した。1万5千年前の大規模噴火からしばらくしてその活動を終える。万座鹿沢口周辺に見られるベージュ色の崖はこのときの噴出物である。この噴火によってカルデラが形成されたと考えられている。北関東ローム層の板鼻黄色軽石層 (YP) を形成。
前掛期(1.5万年前-現在)
安山岩質の複成火山で 仏岩火山の活動終了後、黒斑山と仏岩火山の中間地点である浅間前掛火山(狭義の浅間火山)で噴火が始まった。13層の降下軽石層が確認され、大規模噴火の噴火間隔は700 - 800年と考えられている[7]。大きな噴火としては4世紀、1108年、1783年のものが知られ、溶岩流、火砕流の噴出を伴っている。1108年の噴火は1783年の噴火の2倍程度の規模で山頂に小規模なカルデラ状地形を形成した。現在は比較的平穏な活動をしているが、活動が衰えてきたという兆候は認められない[8]

記録に残る主な噴火[編集]

  • 685年天武天皇14年3月:飛鳥時代)『日本書紀』に白鳳地震の5ヶ月後、信濃国で灰が降り草木が枯れたとする記述があり浅間山の噴火とされたが[9]、具体的に浅間山と記述されているわけではなく、風向きから寧ろ西方の例えば新潟焼山焼岳などの噴火の可能性もあるとされる[10]
  • 1108年嘉承3年、天仁元年:平安時代) 天仁大規模噴火。噴火場所は前掛山で30億トンと推定される噴出物を伴う大噴火火山爆発指数:VEI5。上野国一帯に噴出物が降り積もり、田畑に壊滅的な打撃をもたらした。『中右記』に記録されている。天仁元年9月5日の条に、この年の40年も前の治暦年間(1065年 - 1069年)に噴煙が上がっており、その後も少しではあるが噴煙が上がり、同年7月21日になって突然大噴火を起こした。噴煙は空高く舞い上がり噴出物は上野の国一帯に及び、田畑がことごとく埋まってしまった、と記されている[11]。復興のために開発した田畑を豪族が私領化し、さらに荘園へと発展した。この噴火は上野国の荘園化を促すきっかけとなった。また、長野県側にも火砕流(追分火砕流)が約15km程駆け下り、湯川、小諸市石峠付近まで達した。天明の大噴火よりも大規模な噴火だったとされている。
  • 1128年 大治3年 大規模なマグマ噴火、噴火場所は前掛山。火山爆発指数:VEI4。
  • 1532年 享禄4年 噴火場所は山頂付近。噴石は火口の周囲 8kmにわたり落下、直径25m 以上の「七尋石(ななひろいし)」が残っている。火山爆発指数:VEI2
  • 1721年 享保6年 火砕物降下。噴石のため登山者 15名死亡、重傷 1名。火山爆発指数:VEI1。
  • 1783年8月5日天明3年7月8日) 大噴火。噴出物総量4.5×108m3、火山爆発指数:VEI4。
    • その年の4月9日(旧暦。以下この項目では同じ)に活動を再開した浅間山は、5月26日(ラキ火山噴火の17日後)、6月27日と、1か月ごとに噴火と小康状態を繰り返しながら活動を続け、6月27日からは噴火や爆発を毎日繰り返すようになっていた。日を追うごとに間隔が短くなると共に激しさも増し、ついに7月6日から3日間に渡る噴火で大災害を引き起こした。最初に北東および北西方向(浅間山から北方向に向かってV字型)に吾妻火砕流が発生(この火砕流は、いずれも群馬県側に流下した)。続いて、約3か月続いた活動によって山腹に堆積していた大量の噴出物が、爆発・噴火の震動に耐えきれずに崩壊。これらが大規模な土石雪崩となって北側へ高速で押し寄せた。高速化した巨大な流れは、山麓の大地をえぐり取りながら流下。嬬恋村鎌原地域と長野原町の一部を壊滅させ、さらに吾妻川に流れ込み、一旦川を堰き止めた。天然にできたダムはすぐに決壊し、泥流となり大洪水を引き起こして吾妻川沿いの村々を飲み込みながら、本流となる利根川へと入り込み、現在の前橋市から玉村町あたりまで被害は及んだ。増水した利根川は押し流したもの全てを下流に運び、当時の利根川の本流であった江戸川にも泥流が流入して、多くの遺体が利根川の下流域と江戸川に打ち上げられた。このとき被災した死者は、約1,500人に達した(浅間焼泥押)。最後に「鬼押出し溶岩」が北側に流下して、天明3年の浅間山大噴火は収束に向かったとされている。
    • 長らく溶岩流や火砕流と考えられてきたが、最も被害が大きかった鎌原村(嬬恋村大字鎌原地区)の地質調査をしたところ、天明3年の噴出物は全体の5%ほどしかないことが判明。また、1979年(昭和54年)から嬬恋村によって行われた発掘調査では、3軒の民家を確認できたが、出土品に焦げたり燃えたりしたものが極めて少ないことから、常温の土石が主成分であることがわかっている。また、一部は溶岩が火口付近に堆積し溶結し再流動して流下した火砕成溶岩の一部であると考えられている。2000年代の発掘では、火山灰は遠く栃木県鬼怒川から茨城県霞ヶ浦、埼玉県北部にまで降下していることが確認された[12]
    • 江戸時代の天明年間には東北地方で約10万人の死者を出した天明の大飢饉が起きた。同じ天明年間に浅間山が天明の大噴火を起こしていることから、浅間山の影響で飢饉が起こったと長い間認識されてきた。しかし、天明の大飢饉は天明の大噴火の前に起こっており、また大飢饉の前にアイスランドラカギガルの大噴火により大量のエアロゾルが放出されていたことがわかったため、気象的条件からもラカギガルの影響が強いと今日では見られている。ラカギガルのエアロゾルはフランスでも不作を招き、後のフランス革命の遠因の一つになったという。また、気象変動ではないが、火山灰はロンドンでも記録されている。
  • 1938年(昭和13年)6月7日 降灰多量。噴出物総量2×105m39月26日13時43分噴煙高さ 8,200m。火山爆発指数:VEI1.3
  • 1947年(昭和22年)8月14日 噴煙高さ 12,000m、噴石により11名の犠牲者。火山爆発指数:VEI1。
  • 1958年(昭和33年)11月10日 午後10時50分、突然大爆発し噴煙高さ 7,000 - 8,000m。噴出物総量3.6×105m3、火山爆発指数:VEI1。
浅間山の噴煙(解説無し画像
小諸市から望む雄大な冬の浅間山
  • 1973年(昭和48年)2月1日 爆発、小規模な火砕流発生。約1ヶ月前から活発な火山性地震を観測(1月13日、14日合計150回超)し、5月24日まで微噴火まで合わせ87回の噴火と活発な活動が続いた[13]。火山爆発指数:VEI2。
  • 1983年(昭和58年)4月8日 爆発、福島県太平洋岸でも降灰を観測。火山爆発指数:VEI0.9。
  • 2004年(平成16年)9月1日 20時20分頃噴火確認。小康状態の後、9月14日 - 18日にかけて、及び9月23日には中規模の噴火[14]。11月14日以降噴火は観測されず[15]。火山爆発指数:VEI1。
  • 2008年(平成20年)8月10日 小規模噴火を確認。[16]
  • 2009年(平成21年)2月2日 噴火確認。関東平野の広い範囲に10g/m2 - 50g/m2の降灰。ウィキニュースに関連記事あり。[17]火山爆発指数:VEI1。
  • 噴火記録(太字は被害記録があるもの)は685年1108年、1281?年、1427年?、1527-1528年、1532年1596年、1598年、1604年、1605年、1609年、1644-1645年、1647-1649年、1651-1652年、1653または1655-1659年、1669年、1704年、1706年、1708-1711年、1717-1718年、1720-1723年、1728-1729年、1732-1733年、1754年、1776-1777年、1783年(天明の大噴火・鬼押出し)1803年、1815年、1869年、1875年、1879年、1889年[18]、1894年、1899年、1900年、1901年、1902年、1904年、1907年、1908年?、1909年、1910年、1911-1914年、1916年、1917年、1919年、1920年、1921年、1922年、1927年、1928年、1929年、1930年1931年、1932年、1934年、1935年1936年、1937年、1938年、1939年、1940年、1941年、1942年、1944年、1945年、1946年、1947年、1951年、1952年、1953年、1954年、1955年、1958年、1959年、1961年、1965年、1972年、1973年、1982年、1983年、1990年、2004年、2008年、2009年

浅間山の防災[編集]

過去の噴火事例から避難経路などを取りまとめたハザードマップの作成が行われている[19]

また、群馬県側の吾妻川には、過去に山体崩壊に伴い大規模な土石流が流下し、前橋市付近までの広い地域に土砂が堆積した形跡があることから、長期的にみれば極めて大規模な防災対策が必要である。

気象庁、東京大学地震研究所等により365日24時間の観測が行われている。

観光[編集]

登山[編集]

外輪山の黒斑山方面から望む浅間山

浅間山の火口付近は、火山噴火に伴い、1972年(昭和47年)より立ち入りが禁止されてきた。その後沈静期には規制が解除されたこともあるが、その火山活動に応じて地元自治体より火口からの一定の直線距離以内が立入禁止区域として登山規制になることがある。

  • 2012年4月末現在の噴火警戒レベルは 『1』(噴火予報)
  • 軽井沢口:国道146号線「峰の茶屋」コース。
    • 浅間山火口周辺立入禁止(火口から500メートル以内規制)。
      • 小浅間山・石尊山へ通ずる登山道は登山可能。
  • 小諸口:「黒斑コース・火山館コース」
    • 浅間山火口周辺立入禁止(火口から500メートル以内規制)。
      • 前掛山まで登山可能。

※以前は嬬恋村から黒斑山を経由する登山道もあったが、雨で登山道が崩壊してしまい、現在は不通となっている。

本来は火口から4kmの範囲が立入禁止とされているが、登山ルートは例外で火口から500mまでの登山が認められている。

鬼押出し
白糸の滝

浅間山の周辺のスポット[編集]

浅間山熔岩樹型[編集]

天明3年の浅間山大噴火の際、火砕流が発生して群馬県側に流れ、原生林に到達。高熱の火砕流は木を包み込むように流れ、生えていた樹木が燃え落ちた。やがて木の燃えかすが朽ちて井戸のような穴だけが残ったものである(「溶岩樹型」という名称ではあるが、実際には火砕流によって形成されたものであることがわかっている)。嬬恋村には樹型が数百個見つかっており、そのうちの約百個は嬬恋村教育委員会の手によって樹型内に溜まった土や枯れ葉を定期的に除去する保護活動と周囲の整備が続けられている。樹型の大きさは直径数十センチ、深さ1メートルほどの小さなものから、大きなものでは直径2メートルを超え、深さが5メートル以上に及ぶ巨大なものまである。樹型内にはヒカリゴケが群生しているものもあり、整備された区域では樹型と併せて容易に観察することができる。昭和15年(1940年)8月30日、国から特別天然記念物に指定された。

動植物[編集]

浅間山はシラビソオオシラビソを中心とした亜高山帯の自然植生を残し、その周辺にカラマツ天然林が広がり、野生の動物が多数生息している。その中でも、イヌワシツキノワグマなどの生息地として重要であることから国指定浅間鳥獣保護区(大規模生息地)に指定されている(面積32,218ha、うち特別保護地区947ha)。

地理[編集]

衛星写真。火山活動で山頂付近の植生が失われている。

周辺の山[編集]

日本各地の浅間山[編集]

日本各地に浅間山と命名された山が点在するが、富士講富士山信仰)のあった地域が主である。

源流の河川[編集]

以下の源流となる河川は、それぞれ日本海太平洋へ流れる[21]

信仰と伝承[編集]

「あさま」は火山を示す古語とされる。富士山の神を祀る神社浅間神社(せんげんじんじゃ)と呼ばれるのも同様の理由であり、阿蘇山の「あそ」も同系のことばであると言われる。浅間山も多くの山々と同じく、古くから信仰の対象となっており、浅間神社(通常の浅間神社とは祭神が異なる)が鎮座している。

賽銭集め[編集]

かつて、山麓のひとびとは、旧暦4月8日、潔斎して、それぞれタケ筒に水をいれ、わらじを水にひたして火気をふせぐ用意をして、登山した。その一日は火気ゆるしといわれた。山頂の穴におりたち、登山者のなげいれた賽銭を取り出すが、紙につつんでなげいれられたものも紙がこげないまま取り出される不思議があったと、「年中行事大成」にある。

舞台となった作品[編集]

映画
短歌
  • 信濃なる浅間の嶽にたつ煙 をちこち人の見やはとがめぬ - 在原業平朝臣伊勢物語
  • 吹き飛ばす石も浅間の野分かな - 松尾芭蕉
  • 暮れ行けば浅間も見えず歌哀し佐久の草笛歌哀し - 島崎藤村(千曲川旅情のうた)
書籍
  • つまごい-天明三年浅間山代噴火秘話 / 福本順也
  • 浅間山、歴史を飲み込む-天明の大噴火 / 著:小西聖一・絵:小泉澄夫
  • 浅間山大噴火 / 渡辺尚志
  • 神話風土記 富士浅間造山騒動記 / 吉井正徳
  • 軽井沢を守った人々-浅間山米軍演習地反対運動の思い出 / 田部井健次
  • 浅間山の見える村で / 南史子・池田勝子

関連画像[編集]

Sakudaira.jpg AsamaYamaYatsugatake.jpg AsamaYamaNozoriKoTagged.jpg 20080524SunsetAsamaYama.jpg
佐久盆地八ヶ岳小諸市
浅間山上空から
日本海側より見る浅間山 広域画像 噴煙を上げる浅間山 (空撮)
Mt asama landsat 3d.jpg Mt.asama.karuizawa.jpg Mount Asama from Mount Io 1995-3-13.jpg DSCF2007.JPG
浅間山山頂付近
(3DCG・軽井沢上空から)
軽井沢町風越付近から 硫黄岳から望む浅間山 山体の雪に降った火山灰
2009年2月の噴火後

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 最高点は山頂火口の東端の標高点で、山頂部南端に三等三角点(点名「浅間山」2,4939.36m)がある。日本の主な山岳標高”. 国土地理院. 2011年3月4日閲覧。
  2. ^ 日本の活火山分布”. 気象庁. 2011年3月4日閲覧。
  3. ^ 上信越高原国立公園の紹介”. 環境庁. 2011年3月4日閲覧。
  4. ^ a b 深田久弥 『日本百名山』 朝日新聞出版、1982年7月、168-171頁。ISBN 4-02-260871-4
  5. ^ この著書で、浅間山を代表する高山植物ムラサキなどを紹介した。田中澄江 『花の百名山(愛蔵版)』 文藝春秋、1997年6月、259-261頁。ISBN 4-16-352790-7
  6. ^ 前掛火山噴出物と仏岩火山および黒斑火山噴出物の全岩化学組成の比較.MgO vs. SiO2図日本大学文理学部地球システム科学教室
  7. ^ 浅間前掛火山の噴火様式と噴火史日本大学文理学部地球システム科学教室
  8. ^ 浅間火山の地質と形成史の概要 東京大学地震研究所
  9. ^ 小鹿島果日本災異志.五月書房、1893年
  10. ^ 早川由紀夫(1993) 早川由紀夫(1993): 史料に書かれた浅間山の噴火と災害, 火山, 43巻, 4号, 213-221.
  11. ^ 能登健「古代の災害 4 天仁元年・浅間山噴火」/ 北原糸子編著『日本災害史』吉川弘文館 2006年 62ページ
  12. ^ 石弘之著『歴史を変えた火山噴火 -自然災害の環境史-』刀水書房 2012年 105ページ
  13. ^ 渡部貢:1973年浅間山の噴火時とその前後における地震活動 -2,3の前駆的現象に関連して- 気象庁 験震時報第41巻 pp.1-11
  14. ^ 2004/09/02 : 浅間山噴火における震動波形防災科学技術研究所
  15. ^ 浅間火山2004年噴火 産業技術総合研究所 地質情報研究部門
  16. ^ 浅間山の火山活動解説資料(平成20年8月)
  17. ^ 噴火画像噴火前後1時間動画噴火当日24時間動画
  18. ^ 「浅間山噴火続報」『官報』1889年12月28日(国立国会図書館デジタル化資料)
  19. ^ 浅間山火山防災マップ 国土交通省利根川水系砂防事務所
  20. ^ 『なるほど地図帳 日本の山』 昭文社、2006年1月、31頁。ISBN 4398200258
  21. ^ 『浅間山 軽井沢 2010年版 (山と高原地図 19)』 昭文社、2010年3月、付属地図。ISBN 978-4398756992

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]