瑞牆山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
瑞牆山
Mt.Mizugaki 02.jpg
標高 2,230 m
所在地 山梨県北杜市
位置 北緯35度53分36秒
東経138度35分31秒
山系 奥秩父山塊
種類 山塊
瑞牆山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

瑞牆山(みずがきやま)は山梨県北杜市(旧北巨摩郡須玉町)にある標高2,230mので、奥秩父の山域の主脈の一つ。旧須玉町域の最北部にあたる。日本百名山のひとつ。

地理的・歴史的景観[編集]

「瑞牆」とは神社の周囲の垣根(玉垣)のことですが、山名の由来は山稜を三分割する「みつなぎ」の転訛説や、を意味する「がき」に由来する説などがある。江戸時代後期に成立した『甲斐国志』では、玉塁と呼ばれる金峰山に対し、瑞塁を呼び習わしたとする説が紹介されている。古くからの信仰の山で、洞窟には修験者の修行跡や刻字が残り、山頂の西峰には弘法岩があり、空海開山伝説も伝わる。

全山が黒雲母花崗岩で形成される。南西部は風化浸食の影響を受け、独特の岩峰が聳える景観を作っており、地元ではコブ岩と呼ばれる。

近くに黒森鉱泉(含炭酸食塩泉)、増富温泉信玄の隠し湯とする伝承をもつ、増富ラジウム温泉郷)がある

瑞牆山に関係する文学として、俳人前田普羅1884年 - 1954年)が1937年昭和12年)1月17日に『東京日日新聞』紙上に発表した「甲斐の山々」の五句があり、その中に瑞牆山を詠んだ「茅枯れてみづがき山は蒼天に入る」の句がある。前田は山梨県を数多く訪問しており、1938年(昭和13年)に「甲斐の山々」を回顧した「一句の誕生」によれば1917年(大正6年)頃に山梨を訪れたときに、五句を着想したという。

詩人尾崎喜八1892年 - 1974年)は1935年(昭和10年)に刊行された随筆集『山の絵本』に収録されている随筆「花崗岩の国のイマアジュ」において八ヶ岳金峰山など北巨摩(北杜市域)の山岳について触れ、瑞牆山についても言及している。

また、深田久弥1903年 - 1971年)は、1964年(昭和39年)に刊行された『日本百名山』において瑞牆山を取り上げ、山名の考察を行っているほか「針葉樹の大森林からまるでニョキニョキと岩が生えているような」と表現した。

鋸岩、大ヤスリ岩など、岩々に名前が付けられている。

周辺にある小屋[編集]

  • 瑞牆山荘(みずがきさんそう)
  • 富士見平小屋(ふじみだいらごや)
  • 大日小屋

隣接する山[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]