尾崎喜八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

尾崎 喜八(おざき きはち、1892年1月31日 - 1974年2月4日)は、日本詩人随筆家翻訳家

人物[編集]

東京府東京市京橋区(現在の東京都中央区京橋)出身。京華商業学校卒業。

山岳と自然を主題とした散文に多くの優れた作品を残した。詩、博物学的な自然と人間についてのエッセイ、翻訳のほかに、クラシック音楽への造詣も深く、最晩年の音楽随筆集『音楽への愛と感謝』などがある。

ロマン・ロラン白樺派 の影響下に文学的出発をした後、高村光太郎とともに詩と芸術への研鑽を重ねた。その後、自然と人間についての思索にみちた詩・随筆に独自の境地を開いた。

詩・随筆の訳業として、文通のあったロラン、ヘルマン・ヘッセを始め、ライナー・マリア・リルケモーリス・メーテルリンクシャルル・ヴィルドラックジョルジュ・デュアメル などの珠玉の翻訳がある。

一般的には美ヶ原の美しの塔に刻まれた詩「美ヶ原熔岩台地」が知られている。また、戦後の7年間、長野県諏訪郡富士見町に住み、後期の代表作である詩集『花咲ける孤独』を書いた。この時期に、戦前から続く長野県の自然と郷土と山々への愛着はさらに深まり、長野県下の小中学校を中心として多くの校歌を作詞した。また、職業野球球団の『東京セネタース』球団歌の作詞も手掛けている。

現在、富士見町立「高原のミュージアム」には、喜八の遺品、文学資料が多数収蔵・展示されているほか、北海道斜里町の「北のアルプス美術館」でも展示・資料研究が行われている。遺族・支持者・研究者からなる「尾崎喜八研究会」による年鑑「尾崎喜八資料」(1985〜、ISSN 0911-3339)が16号(2000)まで刊行されている。

毎年、2月第1土曜日を目処に、遺族・ファン・研究者が集う「臘梅忌」が東京で開かれている。(2014年現在、第40回)

外部リンク[編集]