穂高岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
穂高岳
穂高岳
常念山脈から望む穂高岳 >説明画像
標高 3,190[1] m
所在地 長野県松本市岐阜県高山市
位置 北緯36度17分21秒
東経137度38分53秒
座標: 北緯36度17分21秒 東経137度38分53秒[1]
山系 飛騨山脈
初登頂 1906年 (阿部郡治)
穂高岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

穂高岳(ほたかだけ)は、中部山岳国立公園[2]飛騨山脈(北アルプス)にある標高3,190m日本第三位の高峰。日本百名山[3]新日本百名山[4]及び花の百名山[5]に選定されている。

概要[編集]

奥穂高岳、涸沢岳、北穂高岳、前穂高岳、西穂高岳、明神岳などの峰々からなる穂高連峰の総称。前穂高岳以外は主に長野県松本市岐阜県高山市の境界に位置している。主峰は奥穂高岳であり、長野県 (信州) と岐阜県 (飛騨) の最高峰である。 北は大キレットの峻険な登降を経て、南岳大喰岳の先の槍ヶ岳に連なっている。南は奥穂高岳より西穂高岳に至る痩せ尾根を経て、焼岳へと連なる。奥穂高岳より吊り尾根を経て、前穂高岳に至り、カール (圏谷) を下れば、上高地河童橋に至る。また、岐阜県側に穂高岳山荘から白出沢を下るか、あるいは西穂高岳からロープウェーかその下の道を下れば、新穂高温泉である。

穂高岳は、剱岳谷川岳と共に日本三大岩場に数えられている。特に、涸沢岳から南岳の稜線の飛騨側には、谷川岳一の倉沢と並ぶ有数の岩場滝谷を擁する。 (滝谷は急峻なだけでなく、崩れやすい岩も多く、岩の墓場と形容される。 また、前穂高岳の東側、奥又白谷の上部も角度の高い岩壁となっている (前穂東壁と呼ばれる) 。井上靖小説氷壁』で魚津が遭難したのが前者で小坂が遭難したのが後者である。

穂高岳登山の拠点となる涸沢は、奥穂高岳と前穂高岳に挟まれた吊り尾根よりU字型にえぐられた圏谷で、でも雪渓が残る。

山名の由来[編集]

その形から祭祀用具に例えて、かつては「御幣岳」と呼ばれた。穂高の名前は、1646年正保3年)の国絵図で「保高嶽」と記載されていた。1693年元禄6年)に穂高神社の宮司により「穂高嶽」と記載された。穂高岳の名称は、1909年に槍ヶ岳から穂高岳に初縦走を行った鵜殿正雄の命名がきっかけであるとされている[6]

地質[編集]

穂高岳は主に穂高安山岩と呼ばれる溶結凝灰岩で形成されている。これは170 - 180万年前の破局噴火でもたらされた火山灰由来で、この噴火では1914年大正3年)の桜島噴火の約350倍、雲仙普賢岳の噴火の約3000倍の火山砕屑物が噴出したとされる。その噴火の後に10万年かけて2000mほど隆起し穂高岳が形成された。

歴史[編集]

穂高岳の峰々[編集]

山容 山名 標高
(m)
三角点
等級
奥穂高岳からの
方角と距離(km)
特長
Okuhotakadake from karasawadake 1999 5 23.jpg
奥穂高岳
おくほたかだけ
3,190 16 cardinal points O.png 0 富士山北岳に次いで日本で3番目の高さを誇る。長野県と岐阜県の最高峰。穂高神社の主祭神「穂高見神」が降臨した場所とされ、嶺宮が置かれている[12]。南方へ続く稜線には、馬の背、ロバの耳、ジャンダルムなどの難所がある。
Autumn Karasawa.jpg
涸沢岳
からさわだけ
3,110 三等
3,103m
16 cardinal points N.png北 0.8 白出のコル穂高岳山荘)と北穂高岳の間の峰。奥穂高岳に次いで高い。涸沢方面から眺めると涸沢槍と呼ばれる鋭く尖ったピークが目立つ。9月後半頃に涸沢小屋周辺のナナカマドなどが真っ赤に紅葉し、涸沢槍とこの紅葉が撮影ポイントになり、多くの登山者が訪問する。
Hotakadake from Minamidake 1994-8-15.jpg
北穂高岳
きたほたかだけ
3,106 16 cardinal points NNE.png北北東 1.5 穂高連峰北端の山。日本有数の岩場である滝谷が西面にある。北峰と南峰の双耳峰で、北峰の山頂直下に北穂高小屋がある。北側に伸びる南岳への稜線は大キレットと呼ばれ、飛騨泣きや長谷川ピークと呼ばれる難所がある。山頂から北東1km程の位置(標高2,500m地点)に、北穂池がある。
11 Maehotakadeke from Karasawdake 1999-5-23.jpg
前穂高岳
まえほたかだけ
3,090 一等[13] 16 cardinal points SE.png南東 1.4 奥穂高岳と吊り尾根でつながる峰。北東に北尾根が伸び、二峰・三峰・四峰・五峰・五六のコル・六峰・七峰・八峰・最低のコル・屏風のコル・屏風の耳・北尾根の突端の峰を屏風の頭(2,570m)へと鋸歯状の痩せ尾根が続き、その東北面が高度差1,000mの岩壁である屏風岩である。その西面には奥又白方面の岩場がある。
Hotakadake from Tokugotoge 1994-4-30.jpg
明神岳
みょうじんだけ
2,931 16 cardinal points SE.png南東 2.0 大正時代以前のカミコウチの中心地(神河内=現在名上高地明神)の真上にそびえ、古代からの信仰の山「穂高岳」の尊称。穂高見命のご神体。前穂高岳とは、別の山体で南方に伸びる広い領域、稜線中に多数の岩峰が有る。多くの登攀ルートを持つ。
Hotakadake Takayama02j3872.jpg
西穂高岳
にしほたかだけ
2,909 三等 16 cardinal points SW.png南西 2.1 奥穂高岳より南西に伸びる痩せ尾根の先にあるが、前後に岩峰(西穂独標、ピラミッドピーク、間ノ岳、天狗の頭など)が連なっているため、西穂高岳の山頂を特定することが難しい。
Nishihotakadake and Ainodake from Maeho 2000-9-3.jpg
間ノ岳
あいのだけ
2,909 16 cardinal points SW.png南西 1.6 西穂高岳と奥穂高岳の間の稜線中にある。西穂高岳と間ノ岳にあるピークは赤石岳と呼ばれている。[14]また間ノ岳と天狗のコルの間には、天狗の頭(2,909m)のピークがある。(山容画像の3つの鋭く尖ったほぼ同じ標高のピークは、左から西穂高岳、間ノ岳、天狗の頭である。)
Gens d'armes zoom from okuhodakadake 2000 9 3.jpg
ジャンダルム
Gendarme
3,163 16 cardinal points WSW.png西南西 0.4 奥穂高岳と天狗のコルとの間にあるドーム形の岩峰
Mount Yari and Gamatafuji from Nishiho.jpg
蒲田富士
がまたふじ
2,742 16 cardinal points NW.png北西 1.6 涸沢岳の西のピーク。冬期の奥穂高岳へのルートとして登られる。

主な登路[編集]

梓川と穂高岳

穂高連峰は残雪期(ゴールデンウィークなど)にもよく登られるが、下記の一般向けというのは無期のことである。積雪がある場合はきわめて危険、あるいは通行不可能のルートもある。

一般向け[編集]

奥穂高岳
上高地 ― 上高地明神 ― 徳沢横尾涸沢 ― 奥穂高岳
上高地 ― 明神池 ― 徳沢 ― パノラマコース(屏風のコル) ― 涸沢 ― 奥穂高岳
北穂高岳
上高地 ― 明神池 ― 徳沢 ― 横尾 ― 涸沢 ― 北穂高岳
西穂独標
新穂高温泉 ― 新穂高ロープウェイ西穂山荘 ― 丸山 ― 西穂独標
上高地 ― 中尾根 ― 西穂山荘 ― 丸山 ― 西穂独標

徳沢よりパノラマコース経由で涸沢に至るルートは、特に屏風のコルを越えてから北側斜面となるので、8月でも残雪により道が埋まっている場合がある。鎖やザイルが設置してあるが、道幅が細く危険な箇所もある。

健脚者向け[編集]

前穂高岳・奥穂高岳
上高地 ― 岳沢小屋 ― 紀美子平 ― 前穂高岳 ― 奥穂高岳
新穂高温泉 ― 穂高平小屋 ― 白出沢 ― 奥穂高岳

岳沢小屋から紀美子平まで(重太郎新道)は、日本アルプス屈指の急登で、途中に水場もないため、前穂高岳と奥穂高岳を合わせて登る場合には、上高地から涸沢経由で奥穂高岳、前穂高岳の順で登るのが一般的。

熟練・上級者向け[編集]

槍穂高縦走ルート
槍ヶ岳大喰岳中岳南岳大キレット ― 北穂高岳 ― 涸沢岳 ― 奥穂高岳 ― ジャンダルム間ノ岳西穂高岳 ― ピラミッドピーク ― 西穂独標

上記、各山間には縦走路があるが、この内、一般向けに可能なのは、涸沢岳 ― 奥穂高岳のみである。涸沢岳より北側は、概要にも記されている様に飛騨側が滝谷となっており様相を異にする。北穂高岳、奥穂高岳双方を目指す場合には、一旦、涸沢に下るのが無難である。また、奥穂高岳 ― 西穂独標は、ジャンダルム、天狗の頭、間ノ岳の難所があり、危険な道として知られている。

奥穂高岳から前穂高岳への吊尾根を経て岳沢に下る重太郎新道は、さほど困難な道ではないが、不安がある場合には、涸沢に下る(ザイテングラードと呼ばれている)のが無難である。

周辺の山小屋[編集]

残雪期の西穂山荘

上高地や大正池周辺には、ホテルなどの宿泊施設があり、登山道の要所には多数の山小屋があり、一部を除きキャンプ指定地が併設されている[15]





画像 名称 所在地 標高
(m)
収容
人数
キャンプ
指定地
備考 出典
Hotakadake Sanso 1999-5-23.jpg 穂高岳山荘 白出のコル 2,983 300 約30張 [16]
Gthumb.svg 岳沢小屋 岳沢 2,170 30 約30張 旧名称は「岳沢ヒュッテ」 [17]
Hut Nishihosanso 2002-9-26.jpg 西穂山荘 西穂高岳南 2,385 300 25張 通年営業
Mount Yake Huts 2011-07-06.jpg 焼岳小屋 新中尾峠 2,070 25 なし [18]
Huts Hotakataira 2003-10-4.jpg 穂高平小屋 蒲田川の右俣林道 1,320 30 10張
蝶ヶ岳から望む北穂高岳の山頂部にある北穂高小屋(2013年10月8日) 北穂高小屋 北穂高岳北峰直下 3,100 80 25張 テント場は南側の
小屋から離れた岩場
[19]
Minamidake and Hut 2003-10-5.jpg 南岳小屋 南岳南側山腹 2,970 80 30から40張 [20]
Yarigatakesansou 2003 10 05.jpg 槍ヶ岳山荘 槍ヶ岳の肩 3,060 650 30張 北アルプス南部で
最大規模
[21]
Mt. Kitahotaka-dake (200608).jpg 涸沢小屋 涸沢 2,350 100 なし [22]
Karasawa Hutte (200708).jpg 涸沢ヒュッテ 涸沢 2,300 200 500張 大規模なテント場
Gthumb.svg 横尾山荘 横尾 1,615 250 100張 入浴施設あり
Gthumb.svg 徳沢園 徳沢 1,560 100 200張 『氷壁』の宿として有名
入浴施設あり
Gthumb.svg 徳沢ロッジ 徳沢 1,550 100 なし 入浴施設あり
Gthumb.svg 上高地明神館 上高地明神 1530 100 なし 『朝焼けの宿』
入浴施設あり
  • 上高地周辺、明神には、ホテル旅館などの宿泊施設がある。山小屋と同一料金で相部屋を提供している宿泊施設もある。
  • 滝谷避難小屋と白出小屋の緊急用の避難小屋がある。
  • 夏山診療所が、穂高岳山荘、涸沢ヒュッテ、西穂山荘、徳沢園、上高地バスターミナルにある。

地理[編集]

周辺の山[編集]

飛騨山脈(北アルプス)南部の岐阜県と長野県境の主稜線にある。前穂高岳と明神岳は長野県側に位置する。

槍ヶ岳山頂から望む穂高連峰

源流の沢[編集]

飛騨沢と滝谷の岩場

以下の源流となる河川日本海へ流れる。

芸術・文学など[編集]

芸術[編集]

文学[編集]

テレビ番組[編集]

  • 『穂高連峰の四季~標高3000メートルの世界~』 NHK総合テレビジョン、1999年1月2日放送[23]
  • 『わが心岩峰に ~北穂高岳~』 NHK総合テレビジョン、小さな旅、2000年9月17日放送[24]
  • 『日本の名峰 花の風景 穂高岳』 NHKデジタル衛星ハイビジョン、2006年3月2日放送[25]
  • 『週刊 日本の名峰 穂高岳』 NHKデジタル衛星ハイビジョン、2006年12月3日放送[26]
  • 『金とく-ふるさとから、あなたへ-・シーズン到来!初夏の山 新緑と残雪の絶景』 NHK名古屋放送局金とく、2008年7月23日放送[27]
  • 『金とく・秋の北アルプス 紅葉と雲上の絶景』 NHK名古屋放送局金とく、2008年12月7日放送[28]
  • 『夏の北アルプス あぁ絶景!雲上のアドベンチャー』 NHK総合テレビジョン、2009年9月23日放送[29]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本の主な山岳標高(岐阜県の山) 国土地理院、2011年1月3日閲覧。
  2. ^ 1934年(昭和9年)12月4日に指定。山域はその特別保護地区になっている。中部山岳国立公園区域の概要 環境省、2011年1月3日閲覧。
  3. ^ 『日本百名山』 深田久弥(著)、1982年、朝日新聞出版、pp209-213、ISBN 4-02-260871-4
  4. ^ 『新日本百名山登山ガイド〈下〉』 岩崎元郎(著)、山と溪谷社、2006年、ISBN 4-635-53047-5、pp52-55で、奥穂高岳が選定されている。
  5. ^ 『花の百名山』 田中澄江(著)、文春文庫、1997年、ISBN 4-16-352790-7、pp278-280で、西穂高岳が選定されていて、代表する高山植物としてセンジュガンピを紹介した。
  6. ^ 『新日本山岳誌』 日本山岳会(編)、ナカニシヤ出版、2005年、ISBN 4-779-50000-1、pp954-962
  7. ^ 『日本アルプスの登山と探検』 ウォルター・ウェストン(著)、青木枝朗(訳)、岩波文庫ISBN 4-00-334741-2
  8. ^ 穂高岳山荘について 穂高岳山荘 2010年11月5日閲覧
  9. ^ http://www.nishiho.com/goaisatu.htm 西穂山荘 2010年11月5日閲覧
  10. ^ a b c 岳沢の沿革 岳沢小屋HP 2010年11月5日閲覧
  11. ^ 航空事故調査委員会で検証がなされ、山岳救難の経験豊富な県警航空隊ではなく、経験がない県防災航空隊のヘリコプターが運用されたことが問題であったとされている。
  12. ^ http://www.hotakajinja.com/htm/yurai.htm 穂高神社 2010年11月5日閲覧
  13. ^ 基準点成果等閲覧サービス 国土地理員、2011年3月1日閲覧。
  14. ^ 『山と高原地図 槍ヶ岳・穂高岳 上高地2010』昭文社ISBN 978-4-398-75717-3
  15. ^ 『山と渓谷社 2011年 01月号付録(山の便利手帳2011)』 山と溪谷社、2010年12月、149-164頁、ASIN B004DPEH6G
  16. ^ http://www.hotakadakesanso.com/tent.html 穂高岳山荘 2010年11月5日閲覧
  17. ^ http://www.mcci.or.jp/www/yarigatake/dakesawa/data.htm 岳沢小屋 2010年11月5日閲覧
  18. ^ http://www.m-kamikouchi.jp/yakedake/index.html 松本市役所安曇支所観光課 2010年11月5日閲覧
  19. ^ http://homepage3.nifty.com/kitaho/tenba.html 北穂高小屋 2010年11月5日閲覧
  20. ^ http://www.mcci.or.jp/www/minamidake/data.htm 南岳小屋 2010年11月5日閲覧
  21. ^ http://www.mcci.or.jp/www/yarigatake/sansodate.htm 槍ヶ岳山荘 2010年11月5日閲覧
  22. ^ http://homepage2.nifty.com/karasawagoya/newpage6.html 涸沢小屋 2010年11月5日閲覧
  23. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 NHK、2011年2月4日閲覧。
  24. ^ 小さな旅のバックナンバー NHK小さな旅、2011年2月4日閲覧。
  25. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 NHK、2011年2月4日閲覧。
  26. ^ おすすめの山(穂高岳) NHK日本の名峰、2011年2月4日閲覧。
  27. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 NHK、2011年2月4閲覧。
  28. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 NHK、2011年2月4閲覧。
  29. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 NHK、2011年2月4閲覧。

参考文献[編集]

関連画像[編集]

関連項目[編集]