十勝岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十勝岳
Mount Tokachi from Mount Biei 1998-8-9.jpg
美瑛岳から望む噴煙をあげる十勝岳
標高 2,077[1] m
所在地 北海道上川総合振興局美瑛町上富良野町
十勝総合振興局新得町
位置 北緯43度25分05秒
東経142度41分11秒
[2]
山系 石狩山地十勝岳連峰
種類 成層火山活火山(ランクA)・火山群・常時観測火山
十勝岳の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

十勝岳(とかちだけ)は、北海道の中央部の上川管内美瑛町上富良野町十勝管内新得町にまたがる標高2,077m活火山大雪山国立公園[3]内の十勝岳連峰(十勝火山群)の主峰である。日本百名山[4]及び花の百名山[5]に選定されている。

概要[編集]

十勝川(トカプチ)の源流であることが、山名の由来とされている[6]。山頂の西北西の前十勝にある62-Ⅱ火口からは盛んに噴煙が上がり、山頂付近は火山灰に覆われている。十勝岳避難小屋と山頂の中間には昭和火口、西の三段山の南には安政火口がある[1]

火山活動[編集]

形成過程[編集]

十勝火山群は新生代第三紀末に起こった大規模な火山活動による火山岩、さらに第四紀前期、約100万年前ころまでに噴出した流紋岩デイサイト質溶結凝灰岩などが、約1,200mの標高で広大な基盤岩を形づくった。

約50万年前から、まず南西部で前富良野岳富良野岳など苦鉄質安山岩質成層火山が現れた。次いで北東部の美瑛岳オプタテシケ山上ホロカメットク山など安山岩質の成層火山が形成されたのち、現在の十勝岳の主体をなす安山岩質の溶岩円頂丘が生じた。

その後十勝火山群は休息期に入ったが、約1万年前に活動を再開した。この新期の活動はまず美瑛富士などの成層火山の形成に始まった。ついで十勝岳に新火口を開いていくことになる。活動最盛期の約3000年前に溶岩を流出させて生じた山頂北西のグラウンド火口は、約2200年前には北西山麓の白金温泉にまで到達する大規模な火砕流溶岩流を発生させた。その後グラウンド火口に生じた中央火口丘や、摺鉢火口・北向火口・焼山火口などの新火口から溶岩流があった。これらの活動の噴出物は苦鉄質安山岩が主であり、十勝岳の北~北西斜面を覆う形になっている。

噴火史[編集]

安政噴火・明治噴火
十勝岳の噴火が歴史に登場するのは1857年安政4年)のことである。この年、松田一太郎なる人物が石狩川水源踏査の帰途に十勝岳に登頂したとの記録があり、この中で硫気活動についても触れている。松浦武四郎は6月2日「山半腹にして火脈燃立て黒烟刺上るを見る」と記している。
1887年明治20年)の噴火は黒煙を噴出し、周辺に降灰したと記録されている。
大正噴火
1923年、溶融硫黄の沼を出現させ活動を再開した。 1925年2月頃より小規模な噴火を繰り返していたが次第に活発化し、1926年5月からは小火口を形成するなど大規模な噴火が発生した。中でも5月24日12時ごろにグラウンド火口の中央火口丘西側で発生した水蒸気爆発では、小規模な火山泥流が発生して現在の望岳台付近まで流下した。16時18分には大規模な水蒸気爆発が起こり中央火口丘の西半分が崩壊、これにより生じた岩屑なだれは噴火から約1分で火口から2.4kmの地点にあった硫黄鉱山の平山鉱業所宿舎を飲み込み、さらに山頂付近の残雪を融かして泥流を発生させた。この泥流は美瑛川富良野川を一気に流下し、25分で約25km離れた上富良野市街に到達した。火山弾スコリア流によるものも含めると、上富良野を中心に死者・行方不明者144名、負傷者200名、流失・破壊家屋372棟という大災害となった。
9月8日にも十勝岳は小噴火を起こし、2名が行方不明となった。その後も火山活動は続き、終息を迎えたのは1928年(昭和3年)12月4日の小噴火後であった。中央火口丘が崩壊した跡にはごく低い非対称なスコリア丘が形成され、その火口は大正火口と呼ばれるようになった。以降、1952年までは比較的平穏な期間が続く。
このときの噴火を描いた小説として、三浦綾子の『泥流地帯[7]及び『続・泥流地帯[8]がある。
1962年噴火
1952年頃から摺鉢火口北西側で噴気が活発となっており(52年噴気孔群または昭和火口群)、直前には地震も頻発していた。1962年6月29日22時40分ころ、中央火口丘南側にあった湯沼火口付近で水蒸気爆発が発生。翌30日2時45分には大規模なブルカノ式噴火が発生、噴煙は高度12,000mにも達した。東の広い範囲に降灰し、千島列島中部でも降灰が観測された。大正火口付近の硫黄鉱業所には火山弾が直撃し、死者・行方不明者5名、負傷者11名を出した。この噴火は同年8月末には終息し、湯沼火口を通って北西-南東方向に伸びる線上に4つの火口(62-0,62-1,62-2,62-3)を残した。最も活発だった62-2火口は中央火口丘とほぼ同じ高さのスコリア丘を形成している。1968年、1969年の群発地震以降は一連の活動は次第に沈静化していき、1974年5月ころから、62-1火口からの噴気を再開させるが翌年6月には沈静化する。
人的被害とは対照的に、1962年噴火では大正噴火をはるかに上回るエネルギーが放出されている(『十勝岳』(北海道防災会議、1971)参照)。
1983~1987年
群発地震と小噴火を繰り返す。
1988~89年噴火
1988年 群発地震を繰り返し、12月62-2火口から小噴火。
1989年 小噴火、群発地震の発生を繰り返す。火砕流、火砕サージ(火砕流の先端部で発生する高温ガス流、熱雲)の発生を確認。周辺140kmにわたり降灰。美瑛町、上富良野町の住民約300名が一時避難。3月以降、群発地震を伴いつつも噴火降活動は沈静化。
この噴火により1990年(平成2年)まで入山禁止となった。
1997年以降
空振を伴う火山性地震や噴気を観測するが激しい噴火活動は観察されていない。2004年2月と4月には有色噴煙や振幅の小さな火山性微動を観測。2012年8月および2013年6月には大正火口で発光現象が観察されている[9]。2014年12月、気象庁は噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引上げた[10]

防災[編集]

冬場に火山活動が活発化した場合、融雪により大規模な泥流、土石流の発生が見込まれる。発生が懸念される泥流規模は極めて大きく、流下を完全に防ぐことは難しいことから、白金温泉の高台には避難所が設置されている。地震計、空震計、GPS観測点などのテレメトリー観測、治山事業、砂防事業、被災範囲や避難経路などを整理したハザードマップの整備が進められている。

その他[編集]

中央火口丘付近からは良質な硫黄が採掘されていた。1962年噴火で施設が破壊され、また大正火口の噴気孔の大半が噴石で埋没したことを契機に、廃鉱となっている。

登山[編集]

1920年(大正9年)3月27日に、北海道大学スキー部が積雪期初登頂した[11]田中澄江花の百名山の著書で、この山と登山道に咲く高山植物イワブクロなどを紹介した[5]

登山道[編集]

十勝岳の登山ルートは多様である。望岳台吹上温泉十勝岳温泉など比較的高い標高まで舗装道路が整備されており、また山容も比較的なだらかで夏は一般登山者でも容易に登頂することができる。そのため、高校生の集団登山によく利用されている。一方で積雪期の新得町側からの入山や各山からの縦走は難易度が高く、熟練した登山者が挑むにも適した山である。三つの主要な登山道がある[12][13]

望岳台登山口から望む十勝岳
望岳台コース
望岳台登山口より入山、摺鉢火口を通り、前十勝岳を回り込むようにして登る。大正噴火の泥流跡を登ることとなり最も容易。美瑛岳への分岐の直後に十勝岳避難小屋が設置されていたが、2006年春に積雪により破損した。北海道は予算上建て替えを断念し、2006年9月に解体されたが、その後、美瑛町が2008年10月に旧避難小屋の上手、標高1330m付近に避難小屋を再建し、現在は利用可能となっている。
三段山コース
吹上温泉、あるいは十勝岳温泉より三段山(1,748m)に登頂し、大砲岩から「馬の背」と呼ばれる部分を通って登頂する。現在では危険なため通行禁止となっている。
上ホロカメットク山コース
十勝岳温泉より入山し、安政火口から上ホロカメットク山へ登頂、「馬の背」と呼ばれる部分を通って十勝岳へ。

火口付近の一部は、現在も300度を超える高温となっている。立ち入り規制に従うのは当然のこと、状況に応じて引き返す判断も求められる。

周辺の山小屋[編集]

周辺に以下の無人避難小屋がある。

  • 十勝岳避難小屋
  • 上ホロカメットク避難小屋
  • 美瑛富士避難小屋

地理[編集]

周辺の山[編集]

源流の河川[編集]

以下の源流の河川が、石狩湾太平洋に流れる[1]

周辺の施設[編集]

1970年12月 リフト2基設置しスキー場開設
1988年12月 十勝岳噴火により停止
1993年5月 リフト建替し1993年12月営業再開
1996年12月 営業休止
1999年2月 自然公園法に基づき廃止承認される
1999年5月 リフト撤去
  • 望岳台
美瑛市街地から白金温泉を経た道路の終点・十勝岳中腹、標高900メートル地点にある展望所。
現在は、十勝岳スキー場のスキーリフトが撤去されたため、5月から10月までの期間開設となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 地図閲覧サービス 2万5千分1地形図名:十勝岳(旭川)国土地理院、2010年12月11日閲覧)
  2. ^ 日本の主な山岳標高:北海道国土地理院、2010年12月30日閲覧)
  3. ^ 大雪山国立公園の紹介1934年12月4日に、山域は大雪山国立公園の特別保護地区に指定される(環境省、2010年12月11日閲覧)
  4. ^ 深田久弥の著書『日本百名山』(朝日新聞社ISBN 4-02-260871-4
  5. ^ a b 田中澄江の著書『花の百名山』(文春文庫ISBN 4-16-352790-7
  6. ^ 『日本の山1000』山と渓谷社、1992年、ISBN 4-635-09025-6
  7. ^ 『泥流地帯』三浦綾子(著)、新潮文庫ISBN 4-10-116206-9
  8. ^ 『続・泥流地帯』三浦綾子(著)、新潮文庫、ISBN 4-10-116207-7
  9. ^ 北海道・十勝岳山頂付近の火口、青白く発光 読売新聞 6月10日(月)0時31分配信
  10. ^ 噴火警報・予報: 十勝岳平成26年12月16日14時00分 札幌管区気象
  11. ^ 『目で見る日本登山史・日本登山史年表』山と渓谷社、2005年、ISBN 4-635-17814-5
  12. ^ 『山と高原地図 大雪山 十勝岳・幌尻岳』昭文社、2010年、ISBN 978-4-398-75683-1
  13. ^ 『アルペンガイド北海道の山』山と渓谷社、2000年、ISBN 4-635-01301-4

参考文献[編集]

  • 高橋正樹・小林哲夫 編『フィールドガイド日本の火山3 北海道の火山』築地書館、1998年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]