出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Four seasons.jpg
記号 y, yr, a
暦法
時間
SI 約31 556 925.179秒(2013年央)
定義 約365.242 189 57日(2013年央)(太陽年
テンプレートを表示

(ねん、とし、: year)は、時間単位の一つ[1]。元来は春分点を基準に太陽天球を一巡する周期であり、平均して約365.2422である[1]。1年の長さをによって定義する方法が暦法であり、現在世界各国で用いられるグレゴリオ暦[2](現行暦)では、一年または「一ヵ年」を365日とするが、一年を366日とする閏年を400年間に97回設けることによって、一年の平均日数を365.2425日とする[3]

なお、天文学における時間の計量単位としての「年」には通常、ユリウス年を用いる。ユリウス年は正確に31 557 600=365.25 d(d = 86 400)である(後述)。

年は、時刻を表示する区分であり、また、年数を表す単位ともなる[4]。これは英語 の year も同様で、「4 years old」(4歳)や「per year」(一年あたり)という時間を表すとともに、「year 1950」(1950年)や「the years of 」(-の年・-の時代)というように特定の時刻を示す際にも使われる[5]。暦法に従い時刻の「年」を表す方法が紀年法であり、キリスト紀元西暦)が多くの国で使われていて、国際標準化機構ISO 8601ではアラビア数字4桁で表記するよう定められている[2]

また、西暦と独自の紀年法を併記する場合があり、[6]新聞を例に取ると、日本では西暦2011年に対して、元号を用いる「平成23年」[7]韓国では「檀君4345年」(朝鮮日報)、北朝鮮では「主体暦100年」(コリアンニュース)[8]イスラム教国でもエジプトアル・アハラム)やブルネイ(ペリタブルネイ)を例に取ると「ヒジュラ暦1432年」[9]が併記される。

概念[編集]

天文学においては、ユリウス年以外は、計量的な用途には馴染まない[10]。天文学では、時間の基本単位は「」と定められており[11]、年を時間単位とするならば「一年=n秒」で表されなければならない。これに対して、現行の西暦では、閏年があり、さらに閏秒による補正も行われている[12]

年は、時間を示すおおまかな単位として一般に認められている。これは人間を取り巻く環境生活がもたらす周期性を重視し、それから受ける感覚を尊重していることに由来する。このような累積する時間(秒)と繰り返す時間(年)の共存は、単位の柔軟性と多様性を示す一例に当たる[10]

語源[編集]

日本語で「とし」とは、「」や穀物語源とし、一年周期で稲作を行なっていたため「年」の意味で使われるようになったという。ちなみに、漢字の「年」は禾に粘りの意味を含む人の符を加え、穀物が成熟するまでの周期を表現した[13]

天文学的な年[編集]

地球から見た天の赤道と黄道の傾きが季節の循環を生じる。
赤道傾斜角

定義[編集]

地球上で生活する上で、一年の長さとは春夏秋冬という季節が一巡する期間を指す。そしてこれは、地上から見た太陽の高さと日照時間の変化でもたらされる。太陽は、天の赤道から約23.44傾いた黄道を通っている。春分秋分の際に天の赤道と黄道は重なるが、には天の赤道よりも最大約23.44度高い位置を太陽が通り、には逆に最大約23.44度低い位置を通る。これに伴い日照時間も変化し、昼夜は春分と秋分ではほぼ同じ、夏には昼が長く冬には短くなる。太陽の高さは日光入射角を決め、夏の時期には高くなり地表の単位面積当たりのエネルギー量が多くなる。また夏には日照時間が延びることもエネルギーを増やす。冬にはこれらが逆に働き、結果として季節ができる[14]

この季節の一巡は、天文学的には春分から次の春分までを指し、これは太陽年[15](回帰年[14])と呼ばれる。この見た目の太陽運行は、太陽を公転する地球の自転軸(地軸)が公転面に対して約23.44度傾いているために生じる。これは赤道傾斜角と言われる。地球が、太陽が春分点にある位置から太陽周回軌道(公転軌道)をほぼ1周すると、太陽に対するこの傾いた地軸が同じ位置になり[16]、ふたたび春分点に太陽が来る。これが季節の一巡となる。

しかし、地球の自転軸や公転時間は一定していない。傾いた地球自転軸は、コマが触れるようにその方向を変え、そのため春分点が一年あたり約50ずつへ移動している。これは歳差運動と呼ばれる[17][18]。そのため、実は春分点への回帰を根拠とする太陽年では地球の公転上の位置が一定しておらず、一年で地球の公転方向と逆に角度約50秒(公転時間約マイナス20)ずつずれてゆく[19]。これは地球上では、年々ずれる春分点と、遠い距離の恒星がつくる星座の位置が変わってゆく現象として観察される[17]。地球が正確に公転軌道を360度回転した「年」は、この恒星(慣性系)を基準にその位置が回帰した時間として定められ、これは恒星年と呼ばれる[20]

摂動の影響[編集]

基本的な天文学的一年を決める地球の公転はケプラーの法則に従う楕円軌道で定義され、歳差運動も一定ならば太陽年や恒星年に変化は生じないと思われる。しかし、ケプラーの法則は2つの天体についての運動をニュートン力学で解いたものであり、ここに第3の天体が加わると計算が非常に複雑となり、事実上近似値しか求められなくなる。このような他天体の影響による軌道の乱れは摂動と呼ばれる。サイモン・ニューカムはこれら摂動の影響を短い周期(短周期項)とゆっくりした周期(詳しくは長周期項と長年項)に分け、それらが断続的にケプラー運動の初期値に影響を与えると述べた[21]。そして、この摂動によって地球の公転軌道は徐々に離心率が小さくなり恒星年が短くなると説明された[22]。さらに摂動は自転軸の章動を起こし、公転速度に乱れを生じさせ恒星年に影響を与える[19]

また、公転軌道そのものも一定ではない。楕円の公転軌道も他惑星からの摂動によって回転しており、地球の近日点は一年で地球の公転方向側に角度約11秒ずつ(公転時間約4分)ずれてゆく。近日点通過後次に近日点の位置に地球がくるまでの時間を「近点年」(平均約365.25964日 [23])というが、この年は恒星年よりも約4分長い[19]

自転の変化[編集]

一方、「年」を地球の自転によって決まる「日」で定義する場合、この自転そのものが段々と減速している事も知られている。摂動や潮汐などの影響と考えられているが、古代の日食記録やサンゴ組織の「日」単位の粗密(日輪)の調査等から約5億年前の一日は短かったことが判明しており、当時の一年は約400日だったと考えられる[24]

人為的に定義された年[編集]

初期の人類が時間を認識する基礎は、季節の観念だったと考えられる。これは狩猟採集社会において獲物や収穫を左右する要因に大きく影響を及ぼしたからである。ただしその当時どこまで厳密な「年」の概念を持っていたかは定かでない[25]イギリスにある新石器時代の遺跡ストーンヘンジは一種の天体観測台であり、夏至や冬至の時期を知るカレンダーの機能を持っていたと考えられる[26][2- 1]

太陰暦と太陰太陽暦[編集]

日次を認識する際、天体の相(満ち欠け)を起こす様子は便利だった。そこから新月から次の新月までの周期である1朔望月(約29.53日)を基礎に置いた暦である太陰暦が発達した[27]。この暦では、平均朔望月(約29.53059日[28])から一か月を29または30日とし、その12倍(太陰年=約354.36708日[28])を暦年と定めたが、季節の循環と毎年10日ほどのずれが生じることになった。この暦は遊牧民族漁撈中心の社会に適し、地域では古代メソポタミアエジプトギリシア中国で発達した[29]。現代でもイスラムで使われるヒジュラ暦は太陰暦であり、一年は354または355日となる[29]

しかし太陰暦は季節の期とのずれが激しく、気候変化に根付いた時間感覚との違和感が大きく農耕民族にとっては[29]使いにくい。古代ギリシアの数学者メトンは、19太陽年と235朔望月にほぼ合うことを見つけ、太陰暦の十九年に7度追加の月(閏月)を挿入するメトン周期を発案した[29]。これによると、一年は平均して365.263日となる。この周期はバビロニア[注 1]や中国でも独自に発見され、太陽年と太陰暦を置閏法で調整し特定の年を13か月とする太陰太陽暦が発達した[30]

太陽暦[編集]

地球の公転を基礎に置く太陽暦を発達させた古代文明にエジプトがある。この地で発達した根底には一定の期間で発生するナイル川の洪水があった。これを基準に季節を3つの期に分け、アケト(洪水)、ペロイェト(芽生え)、ショム(欠乏)と呼んでいた[31]。この期がそれぞれ4朔望月とほぼ一致することから、当初はエジプトでも太陰暦が用いられていた[31]。ところが彼らは、洪水が起こり始める夏の時期には太陽が昇る直前の東の空にシリウスが輝くという天文現象に気づいた。エジプト人はシリウスをソプデトと崇め、夏至を基準とする歴法を作り出した。当初、これは朔望月を基準に3年に一度閏月を加える一年を354日とする「太陰星暦」とも呼べる暦法だったが、紀元前2700年頃に一か月を30日とし別に5日の祭日を設けた一年365日のシリウス暦に改められた[31]。この30日の12倍に余りの5日を一年とする歴法は古代エチオピア[32]古代インドのパーシ教徒[33]でも用いられた。古代エジプトでは、やがてシリウス(恒星)と太陽の運行には若干の差がある事が認識され、プトレマイオス3世治世時に四年に1度閏日を加え、一年を平均365.25日とする暦法が制定された[34]

ガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)

共和制ローマの実権を握ったガイウス・ユリウス・カエサルは、紀元前46年に一年を平均365.25日とするエジプトの太陽暦を導入した[注 2]。彼の死後、一時混乱して閏年を三年に一度とする平均365.3333日の運用もなされたが、紀元8年にアウグストゥスが修正を施し平均365.25日へ戻された[34]ローマ帝国の拡大に伴い、ユリウス暦はヨーロッパのほぼ全土・アフリカ北部から中近東に至る広い地域で用いられた[34]。このユリウス暦でも一年当たり約11分14秒長かったため、やがて春分日との誤差が顕著になった。1582年、ローマ教皇グレゴリウス13世によって400年間に97回の閏年を設けるグレゴリオ暦へ改暦され、一年は365.2425日となった。この年単位は当初はカトリック諸国のみの採用に留まっていた。しかし暦として優れている点が徐々に認められ、プロテスタント諸国には18世紀以降、ギリシア正教諸国も19世紀には、非キリスト教国では1873年の日本 [注 3]を皮切りに、20世紀中には世界中のほとんどの国が採用する西暦(世界標準暦)として用いられるようになった[35]

マヤ暦

中央アメリカで発達したマヤ文明は、エジプトとは独立に太陽暦を確立していた。マヤ文明は紀元前7-6世紀頃に天文観測から一太陽年が365.2420日という結論を得ており、これに基づいた常用暦では20日からなる一か月が18月続き、調整のため5日間だけの19番目の月(ワィエプ)を置き、一年(トウン)を365日と定めた。これと別に、マヤには宗教暦があり、これは一か月を20日と定め、13か月で一年(ツォルキン)とする260日という天体活動と全く関係しない年の運用も行われていた[36]

ユリウス年[編集]

天文学では計量単位としての「年」として、1年を正確に365.25としたユリウス年を用いる。したがって、1ユリウス年は、国際単位系における31 557 600(正確に)と定義されている[37]

ユリウス通日[編集]

日付(年月日)と日数が、改暦による時期やそれぞれの地域によって統一されていないことから生じるさまざまな不具合に対して考案された基準がユリウス通日(または、「ユリウス日」)である[30]。 ユリウス通日は、紀元前4713年1月1日(または、-4712年1月1日)の正午を起点とした通日である。1582年に実施されたユリウス暦からグレゴリオ暦への改暦によって、さまざまな混乱が生じることを懸念して、ヨセフ・スカリゲル英語版が考案した。

派生単位[編集]

10年を「十年紀」(decade)[38]、1000年を「千年紀」(ミレニアム)と呼ぶ。100年を「世紀」と言うが、これは西暦元年から100年刻みの時代区分を指す[39]

一年の半分の6か月のことを「半年(はんとし、はんねん)」という[40]。また、会計年度等で一年度を6か月ずつの半期に分けて、前の半期(前期)を「上半期(かみはんき)」[41]、後の半期(後期)を「下半期(しもはんき)」[42]ともいう。さらに、一年を3か月単位の四分の一に分けたものを「四半期(しはんき)」(クォーター)といい[43]、年の初めから順に第1四半期、第2四半期、第3四半期、第4四半期と呼ぶ。英語圏では "Q1,Q2,Q3,Q4" と略す。

天文学地質学古生物学などでは1000年 ka, ky, kyr、100万年 Ma, My, Myr、10億年 Ga, Gy, Gyr が使われる。これらは「キロ年」、「メガ年」、「ギガ年」の意味だが、日本語では接頭辞も訳して呼ぶ。a はラテン語のアンヌム annum の略である。

地殻変動など非常に遅い速度を表すのに、「ミリメートル毎年」(mm/y, mm/yr)、「センチメートル毎年」(cm/y, cm/yr)が使われる。資源等の産出量は「トン毎年」(t/y, t/yr)などが使われるが、年当たりなのは自明とみなし単にトンなどと表すことが多い。他にもさまざまな量が年当たりで算出されるが、毎年は省略することが多い。

年(厳密にはユリウス年)を使って定義される長さ単位に「光年」(ly)がある。これは光速度ユリウス年との積 cy に等しい。

年初[編集]

現在の一年の始まり(年初・歳首[44])は元日(1月1日)であるが、これには天文学的または宗教・思想的な意味は無い。グレゴリオ暦の基礎となったローマ暦では、紀元前735年に始まった当初、一年の始まりを現在の3月 (Martius) 初日に置いていた[45]。後にガイウス・ユリウス・カエサル(ユリウス・シーザー)がエジプトから導入した太陽暦へ切り替えた紀元前47年に、冬至に近かった 1月 (Januarius) の初日を一年の開始と改めたことが現在まで引き継がれている[46]

しかし、文化圏や民族によって一年の始まりは様々であった。温帯地方では太陽運行上の節目に当る冬至や春分、または夏至(エジプトやギリシア)、秋分(ユダヤ暦)を年初と置いていた。農業中心の社会ではローマ暦のように春を年初とみなす場合が多かった[29][47]。他の太陽暦でも、現在の9月11-12日を年初とするエチオピア暦[32]、8月26日から始まったパーシ暦[33]、現在の9月22-24日を年初としたフランス革命暦1793年11月24日1805年12月31日、元日に相当する日はヴァンデミエール(葡萄月)1日)もあった。

中世ヨーロッパでは、基本的にユリウス暦を用いながらも、年初は地域によってばらばらだった。それらは主にキリスト教にとって重要な日を選び、イエス・キリスト生誕日であるクリスマス12月25日受胎告知3月25日、そしてキリスト教で最も重視され太陽暦では固定できなかった復活祭[44]。1月1日を主の割礼祭として年初に据えることもあったが、一般的ではなかった[29]

1564年にフランスシャルル9世が、年初を冬至に近い[44]1月1日へ固定した[29]。当初これには国内の反発があったが3年後には議会で採択され正式に発令され、さらにこれは1582年のグレゴリオ暦採用時にも再度定められた[29]。しかしこの定めはキリスト教圏にすぐに広がったわけではなく、例えばイギリスが1月1日を年初としたのは1752年であった[44]

その他の年[編集]

長大な時間[編集]

歴史学や天文学などにおいて、何かしらの概念に基づく長大な時間に対し固有名詞をつけて「何々年」と呼ぶ場合がある。古代ギリシア哲学者プラトンは歴史とは循環するものと考え、その周期を36 000年と試算した。これは「プラトン的転回 (Platonic Revolution)」または「プラトン年 (Platonic Year)」と呼ばれる[48]

天文学的現象の例では、歳差運動によって春分点が移動して一周する約28 000年に対しグレート・イヤー (great year) という名称が与えられている[49]。さらに、太陽系秒速200kmの速度で銀河系を一周する期間である約2億年も、銀河年 (Galactic year) という名称で呼ばれる[50][51]

他の惑星の公転[編集]

年が地球の公転周期を基礎にしていることから転じ、他の惑星の公転周期についても「年」という表記が使われる。例えば「水星年」[52]、「火星の一年」[5][53]などである。このような用語を使う際、混同を避けるために地球の一年は「地球年」 (earth year) とも呼ばれる[52][54]

天文単位の基準[編集]

ガウス年英語版 : 2π / k = 約365.256 898日。kガウス引力定数k = 0.017 202 098 95(定義値)。かつては天文単位の換算などに使われた[55]。現在では(2012年8月以降)天文単位ガウス引力定数とは関係なく、正確に149 597 870 700 m と定義されている。

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 古代バビロニアでは6か月を一年としていたという。そのため人の年齢は現在の倍以上で数えられた。聖書の登場人物が非常に長寿なのは、この習慣が反映したという説がある。(岡田ら (1994)、pp.300-301、太陰太陽暦、バビロニア暦
  2. ^ この改暦のために90日もの閏日を設け、一年が445日となった。この年はアヌス・コンフシオニス(「乱年」の意味)と呼ばれた。(2005年の歴史/公益財団法人 国際文化交友会
  3. ^ 日本では旧暦の明治5年12月3日を新暦の明治6年1月1日とし、これは明治改暦と呼ばれる。大隈重信の回顧録によると、これは月給制だった役人給与を、改暦で一か月を端折ることができ、当時逼迫していた財政を節約する狙いがあったという。(佐藤 (2009)、pp.55-56

脚注[編集]

  1. ^ a b 「【年】」『日本語大辞典』 講談社、1989年、第一刷、1507頁。ISBN 4-06-121057-2
  2. ^ a b 佐藤 (2009)、pp.77-81、世界統一暦の試み
  3. ^ 小山真人. “ユリウス暦における地球公転軌道上のずれ(季節のずれ)の累積と、それを改善するグレゴリオ暦(現行暦)”. 静岡大学防災総合センター. 2011年5月20日閲覧。
  4. ^ 【年】”. Webio百科事典/三省堂大辞林. 2011年5月20日閲覧。
  5. ^ a b 【year】”. Webio英和和英事典/研究社, JST科学技術用語日英対訳辞書, ライフサイエンス辞書, 日本語WordNet, 他. 2011年5月20日閲覧。
  6. ^ 佐藤 (2009)、pp.33-36、独自の紀年があってこその世界共通紀年
  7. ^ 佐藤 (2009)、pp.31-33、日本の年月日表示
  8. ^ 佐藤 (2009)、pp.29-31、朝鮮の年月日表示
  9. ^ 佐藤 (2009)、pp.23-26、イスラーム諸国の年月日表示
  10. ^ a b 矢野宏 『単位の世界をさぐる』 講談社1997年、第1刷。ISBN 4-06-257183-8
  11. ^ 宮川勇人. “MKS単位系について (PDF)” (日本語). 香川大学工学部材料創造工学科. 2010年11月13日閲覧。
  12. ^ 日本標準時プロジェクトの業務紹介” (日本語). 独立行政法人情報通信研究機構 日本標準時プロジェクト. 2010年11月13日閲覧。
  13. ^ 【年・歳】”. 語源由来辞典. 2011年5月20日閲覧。
  14. ^ a b 青木 (1982)、第4章 単位と天体暦、pp.156-157、三 一年の長さ 季節
  15. ^ 質問3-2 春分の日はなぜ年によって違うの?”. 国立天文台. 2011年5月20日閲覧。
  16. ^ 竹野茂治. “春分について”. 新潟工科大学情報電子工学科. 2011年5月20日閲覧。
  17. ^ a b 親松和浩. “時空の科学としての暦の歴史 (PDF)”. 愛知淑徳大学. 2011年5月20日閲覧。
  18. ^ 山賀進. “第一部‐2‐宇宙の科学”. 2011年5月20日閲覧。
  19. ^ a b c 飯島孝夫. “近日点通過日の不思議 (PDF)”. 学習院大学. 2011年5月20日閲覧。
  20. ^ 高橋広治. “宇宙の科学(第4章) (PDF)”. 埼玉工業大学人間社会学部. 2011年5月20日閲覧。
  21. ^ 青木 (1982)、第4章 単位と天体暦、pp.159-161、三 一年の長さ 摂動
  22. ^ 青木 (1982)、第4章 単位と天体暦、pp.161-162、三 一年の長さ ニューカムの太陽表
  23. ^ 馬嶋玄敏. “暦法、とくに置閏法についての一考察 (PDF)”. 奈良女子大学学術情報リポジトリ. 2011年5月20日閲覧。
  24. ^ 青木 (1982)、第4章 単位と天体暦、p.165、三 一年の長さ 一年の日数
  25. ^ 青木 (1982)、第2章 太陰暦と太陽暦、pp.51-53、一 古代人の天文学 人類と天体
  26. ^ 柴田晋平. “夏至”. 山形大学理学部物理学科. 2011年11月9日閲覧。
  27. ^ 青木 (1982)、序章 月と時、pp.1-2、月のみちかけ
  28. ^ a b 児玉宏児. “時間の単位と暦法”. 神戸大学大学院自然科学研究科. 2011年5月20日閲覧。
  29. ^ a b c d e f g h 浅古拓人. “第4部 暦 (PDF)”. 富士見丘中学校・高等学校. 2011年5月20日閲覧。
  30. ^ a b 青木 (1982)、序章 月と時、pp.3-4、太陰太陽暦
  31. ^ a b c 岡田ら (1994)、pp.309-310、太陽暦、エジプト暦(シリウス暦)
  32. ^ a b 岡田ら (1994)、pp.310-311、太陽暦、エチオピア暦
  33. ^ a b 岡田ら (1994)、p.311、太陽暦、パーシ暦
  34. ^ a b c 岡田ら (1994)、pp.311-312、太陽暦、ユリウス暦
  35. ^ 岡田ら (1994)、pp.312-315、太陽暦、グレゴリオ暦
  36. ^ 岡田ら (1994)、pp.315-317、太陽暦、マヤ暦
  37. ^ 国際天文学連合 "SI units" accessed 18 February 2010. (See Table 5 and section 5.15.) Reprinted from George A. Wilkins & IAU Commission 5, "The IAU Style Manual (1989)" (PDF file) in IAU Transactions Vol. XXB
  38. ^ 宮野健次郎. “新年のご挨拶”. 東京大学先端科学技術研究センター. 2011年11月9日閲覧。
  39. ^ 「【世紀】」『日本語大辞典』 講談社、1989年、第一刷、1063頁。ISBN 4-06-121057-2
  40. ^ 「【半年】」『日本語大辞典』 講談社、1989年、第一刷、1613頁。ISBN 4-06-121057-2
  41. ^ 「【上半期】」『日本語大辞典』 講談社、1989年、第一刷、388頁。ISBN 4-06-121057-2
  42. ^ 「【下半期】」『日本語大辞典』 講談社、1989年、第一刷、883頁。ISBN 4-06-121057-2
  43. ^ 「【四半】」『日本語大辞典』 講談社、1989年、第一刷、872頁。ISBN 4-06-121057-2
  44. ^ a b c d 佐藤 (2009)、pp.052-056、一年のはじめを固定したこと
  45. ^ 池内 (1999)、3 俺は北極星のように不動だ、pp.42-43、ローマの暦
  46. ^ 池内 (1999)、3.俺は北極星のように不動だ、pp.44-47、改暦の歴史
  47. ^ 岡田ら (1994)、pp.296-298、原始的な暦
  48. ^ 岡崎勝世 『世界史とヨーロッパ』 講談社現代新書、2003年、218-219頁。ISBN 4-06-149687-5
  49. ^ 【great year】”. Webio英和和英事典/研究社, JST科学技術用語日英対訳辞書, ライフサイエンス辞書, 日本語WordNet, 他. 2011年5月20日閲覧。
  50. ^ 松山恵美子. “四季の星座と神話”. 淑徳大学総合福祉学部. 2011年5月20日閲覧。
  51. ^ 【Galactic year】”. Webio英和和英事典/研究社, JST科学技術用語日英対訳辞書, ライフサイエンス辞書, 日本語WordNet, 他. 2011年5月20日閲覧。
  52. ^ a b 科学技術動向 3月号 トピックス、【6】米国探査機、約33年ぶりに水星観測を再開”. 科学技術政策研究所. 2011年5月20日閲覧。
  53. ^ 白尾元理. “マーズ・サーベイヤー98計画はじまる (PDF)”. 惑星地質ニュース. 2011年5月20日閲覧。
  54. ^ 【earth year】”. Webio英和和英事典/研究社, JST科学技術用語日英対訳辞書, ライフサイエンス辞書, 日本語WordNet, 他. 2011年5月20日閲覧。
  55. ^ 【Astronomical unit (AU)】”. Union Astronomique Internationale. 2011年10月31日閲覧。

脚注2[編集]

本脚注は、出典・脚注内で提示されている「出典」を示しています。

  1. ^ 柴田晋平 他『星空案内人になろう』技術評論社

参考文献[編集]

関連項目[編集]