ルルイ岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルルイ岳
標高 1,486 m
所在地 領土問題あり
日本の旗 日本北海道国後郡留夜別村
ロシアの旗 ロシアサハリン州南クリル管区
位置 北緯44度27分20秒 東経146度8分21秒 / 北緯44.45556度 東経146.13917度 / 44.45556; 146.13917座標: 北緯44度27分20秒 東経146度8分21秒 / 北緯44.45556度 東経146.13917度 / 44.45556; 146.13917
種類 活火山ランク分け対象外(成層火山
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ルルイ岳(ロシア名:ルルイ岳 г.Руруй)は国後島にある火山

概要[編集]

Dokuchaev Ridgeの北端に位置する。北西側の麓はオホーツク海に達し、北東側と南東側には第三系の基盤が露出する。南側は、Smirnov(岩山)Volcano(1,189m)と接する。

現在の山体(1,486m)には、最初の氷河期にできた地形が見られる。山頂に達する3本の広く深い谷によって、火口は完全に破壊されている。さらに、山麓の一部は相当量の侵食を受けている。標高が下がるにつれて狭くなる3本の谷は、明らかに次の氷河期にできたカールによって改変を受けている。これらの谷の谷壁には、典型的な火山体の構造が露出している。

頂上付近には、噴気活動によって変質した白っぽい岩石が露出するが、最近の活動は、山体西側(海抜150~350m付近にある、およそ1km2の範囲)で起きているだけである。[1]

噴火歴[編集]

記録に残る火山活動はない。

参考文献[編集]

  1. ^ 気象庁|ルルイ岳