北海道駒ヶ岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北海道駒ヶ岳
北海道駒ヶ岳
大沼南岸から望む北海道駒ヶ岳
標高 1,131[1] m
所在地 日本の旗 日本
北海道森町鹿部町七飯町
位置 北緯42度03分48秒
東経140度40分38秒
座標: 北緯42度03分48秒 東経140度40分38秒[1]
山系 独立峰(那須火山帯
種類 成層火山
北海道駒ヶ岳の位置
テンプレートを表示

北海道駒ヶ岳(ほっかいどうこまがたけ)は、北海道森町鹿部町七飯町にまたがる標高1,131 m活火山成層火山)である。渡島国渡島半島ランドマークとなっている。蝦夷駒ヶ岳(えぞこまがたけ)、渡島駒ヶ岳(おしまこまがたけ)とも呼ばれる。江戸時代の富士山型の紡錘状の山容から谷元旦が描いた絵画が渡島富士(おしまふじ)と呼ばれ、郷土富士となっている。単に駒ヶ岳とも呼ばれることが多い[2]

概要[編集]

山頂部には直径約2 kmの火口原があり[3]、西の剣ヶ峯、北の砂原岳、南の馬の背・隅田盛で囲まれるほか、山腹は、火山噴出物で覆われる地形輪廻の原地形(初期段階)を見せる。山頂直下からガリ侵食が始まり、一部で深いV字谷を形成し始める途上にある。山麓には、堰止湖である大沼、小沼などの湖沼や湿地など豊かな自然環境が形成され、一帯は1958年(昭和33年)7月1日に大沼国定公園に指定された[4]。山麓一帯は函館港の開港後の明治時代からリゾート地として親しまれていて、小松宮有栖川宮皇族ドイツイタリアの皇族が訪問している。明治14年には、皇太子時代の大正天皇が大沼を訪問することにより、いっそうこの地が有名になった[5]。1915年(大正4年)には北海道駒ヶ岳を望む大沼の風景が新日本三景に選定された。

七飯町の大沼方面からみると、横に長く、なだらかで優美な女性的印象を与えるが、森町方面や鹿部方面からみると一変し、荒々しい山肌と傾斜が目に付く男性的な激しい姿を見せる。大沼方面から見た山容ががいなないている姿に似ていることが、山名の由来であると言われている[6][7]

火山[編集]

上空からの北海道駒ヶ岳
函館方向から見た冬の駒ケ岳

地質[編集]

地質安山岩質であるが、軽石などの火山砕屑物を大量に噴出する特徴があり、山体の周辺に厚く堆積している。噴火活動自体は、3-4万年前から断続的に行われてきたと考えられている。那須火山帯に属する。

火山史[編集]

3万年前より以前に活動を開始した[8]。人間の活動に影響を与える噴火としては、約6,000年前に降下火砕物と火砕流を伴う活動をし、約5,500年前に降下火砕物の活動の痕跡があったが、以降は江戸時代まで、約5,000年間は活動を休止していた。

  • 1640年寛永17年) - 噴火にさきがけて大規模な山体崩壊が発生。大量の土砂は直下の噴火湾に流れ込み、大津波を発生させた。津波は、対岸の有珠湾岸へ押し寄せる。住民約700名が溺死。降灰による凶作は、寛永の大飢饉にも影響。噴出物量は約2.9 km3。火砕流は全方向に行き、ほぼ山全体を覆った。かつては富士山型の山容で標高も1,700 mあったが、この大噴火により山頂部が磐梯山のように崩壊し、現在のような2つの峰になり、馬蹄形カルデラと呼ばれる凹地ができた[9]。なお、崩れ落ちた土砂が折戸川を塞き止め、大沼、小沼などの湖沼が形成された。
  • 1694年元禄7年) - 大噴火。噴出物量は約0.3 km3
  • 1856年安政3年)9月25日9時頃 - 大噴火により安政火口が形成される。死者約19-27名。噴出物量は約0.3 km3
  • 1905年(明治38年)8月19日朝 - 小噴し、安政火口の南側に新爆裂火口(明治火口)が形成される。
  • 1919年(大正8年)-1924年(大正13年) - 火砕流を伴う小噴火を繰り返す。
  • 1929年(昭和4年)6月17日10時00分頃 - 大噴火。山林耕地の被害多く、死者2名、負傷者4名、牛馬の死136頭。噴出物量は約0.5 km3。噴煙高度13,900 m。
  • 1942年(昭和17年)11月16日8時00分頃 - 噴火により、山頂の火口原に割れ目ができる。噴煙高度は海抜8,000 m。1943年以降もたびたび、噴煙高度1,800 m程度の噴火を繰り返す。
  • 1996年(平成8年)3月5日 - 「96年主火口」「96年南火口列」生成。
  • 1998年(平成10年)10月25日 - 小規模な爆発。噴煙高度1,200 m。
  • 2000年(平成12年)9月4日 - 小噴火が11月8日まで複数回起きる。噴煙高度 2,000 m以上を数回。
  • 2010年(平成22年)3月 - 2000年の、小噴火以来小康状態が続いていて、昭和4年火口内で弱い噴気活動をしている[10]
  • 2011年(平成23年)10月1日 - 気象庁が噴火警戒レベル1、平常)の噴火レベルの継続を発表した[11]。現在火山活動に応じた入山規制があり[12]、山頂部の剣ヶ峯部分の登山は禁止されている[13]

防災対策[編集]

1980年(昭和55年)10月に、周辺の森町、旧砂原町、鹿部町、旧南茅部町、七飯町の5町により、「駒ヶ岳火山防災会議協議会」が設置された[14]。大噴火を起こした際には、過去の活動から周辺市町村の埋没、対岸への津波の発生など破局的な被害が想定されている。従って、積極的な監視、防災施設の設置が進められ、気象庁などは地震計空振計GPS傾斜計、遠望カメラを設置し、地元自治体イントラネットで結び24時間の観測態勢を取っている。駒ヶ岳火山防災会議協議会により、ハザードマップが作成されている[15]。 また、脆弱な火山噴出物が降雨毎に流出することから、山麓では砂防工事、治山工事(防衛施設庁の代替工事を含む)が進められている。

駒ヶ岳の上部の火山の裸地ではイワギキョウなどの高山植物が回復してきている。

植生[編集]

裾野の大沼付近は、先駆性樹種であるカラマツ[16]エゾマツなどが繁茂し、良好な景観を保持しているが、山体部分では、20世紀中の度重なる噴火により木本類などの生育は絶えて久しかった。しかし、1990年代以降、徐々に活動が沈静化するとカラマツ、エゾマツ、トドマツクロマツなどの先駆樹種が旺盛な成育を見せるようになった。高さ10 m以下の若い木が多い[17]。 山麓から高度を上げていくとナナカマドなどの灌木帯となり、標高300 mから上部が森林限界となり[4]、火山の裸地にイワギキョウシラタマノキなどの高山植物の植生が回復してきている[4]オンタデ属ウラジロタデヤナギ属ミネヤナギなども見られる[18]。山麓ではミズバショウフクジュソウが見られ[17]、山麓のナラなどの広葉樹林帯は北海道の鳥獣保護区に指定されている[19]。森にはキツツキシジュウカラ科の野鳥やエゾリスキタキツネサンショウウオタヌキなどが生息する[4][17]

昭和初期には、周辺には炭焼き小屋が多数あった。2011年現在、8軒が炭を専業で作っている。ナライタヤカエデの木で作られた炭は硬く、道内などで消費されている[20]

登山[編集]

ロシア植物学者マキシモヴィッチ(Carl Johann Maximowicz)が1860年文久元年)日本滞在の際に北海道駒ヶ岳に登頂した。

1860年文久元年)にロシア植物学者マキシモヴィッチ(Carl Johann Maximowicz)[19]イギリスブラキストン(Thomas Wright Blakiston)が日本滞在の際に登頂した[3]1967年(昭和42年)に『日本百名山』の著者である深田久弥が、日本山岳会の会員らと共に登頂し剣ヶ峯の手前の砂礫地でイワギキョウとイワブクロの花を確認した[21]日本二百名山[6]北海道百名山[22]に選定されている。噴火活動は小康状態を取り戻しているものの、噴火により登山道の大部分が被害を受け、今や登山道の呈をなしていないこと、また、山麓一帯での防災工事のための大型車両が頻繁に走行していること、ワイヤーセンサーなど観測機器の管理上の問題等から入山禁止状態が続いている。なお、2007年度から、地元の駒ヶ岳火山防災会議協議会事務局が試行的に日程や人数を限定した中で、「火山勉強会」の形式を採りながら集団登山を実施している。2010年6月3日に馬ノ背(標高900 m)付近までの入山規制の一部が解除され、山頂部の入山規制が継続している[13][23]

登山コース[編集]

初級者または中級者向きの三つの登山コースがある[18]。山頂には、剣ヶ峯、砂原岳、隅田盛の3つのピークがある。ルート上に水場や山小屋はない。

  • 銚子口コース 銚子口駅 - 大沼河畔銚子口登山口 - 8合目分岐 - 馬ノ背 - 剣ヶ峯(1,131 m)
  • 駒ヶ岳コース 駒ヶ岳駅 - 林道 - 8合目分岐 - 馬ノ背 - 剣ヶ峯
  • 砂原岳コース 砂原岳登山口 - 西円山 - 砂原岳(1,112 m) - 剣ヶ峯

地理[編集]

渡島半島の内浦湾の南岸に位置する。剣ヶ峯と呼ばれる七飯方面から見て右側に尖った部分の標高1,131 mのこの山の最高点である[1]。八雲側から見て右側のやや盛り上がった峰部分の砂原岳(さわらだけ)には、1896年(明治29年)8月に陸地測量部館潔彦らが設置した一等三角点(点名「砂原岳」、標高1,112.17 m)があるが[19]、降灰等により埋没している[24] 。アイヌ語の「サラキ」(鬼芽)が砂原岳の山名の由来である[19]。火口はその2つの峰を挟んだ山の中央部にある。山麓の西側を大沼回り、東側を砂原回りのJR北海道函館本線が通り、山頂は駒ヶ岳駅の東北東6.2 kmに位置する。東山麓には陸上自衛隊駒ヶ岳演習場がある。日本には同名の『駒ヶ岳』と呼ばれる名山が多数ある。

周辺の山[編集]

大沼国定公園の大沼。1640年の大噴火で折戸川が堰き止められ、小島が多数ある大沼・小沼などができた。

源流の河川[編集]

  • 折戸川 - 大沼から内浦湾へ流れる。
  • 尻無川、トドメキ川、中ノ川、鍛冶屋川、明神川、尾白内川

周辺の湖沼[編集]

  • 大沼 - 新日本三景
  • 小沼
  • 蓴菜沼
  • 円沼

文学・伝説[編集]

文学[編集]

文化年間画家谷文晁が噴火前の山を描き、『日本山岳絵図』で「内浦岳」として紹介した[25]。多くの歌人が駒ヶ岳を詠んでいる。

  • 九条武子が1926年(大正15年)に、駒ヶ岳を訪れ「ここは自然の技巧の繊細さが、まるで友禅模様のような感じがする」と綴り[5]、「野葡萄の垂り房みのるひろき丘に人に飼われてあそべる狐」と詠んでいる[26]
  • 与謝野晶子が1931年(昭和6年)に、「光つつこまが嶽をばつつむなり若き五月のたくましき雲」と詠んでいる[5]
  • 与謝野鉄幹も1931年に、「駒ヶ岳みぎはの樺の間より裾のみ黒き雲のもとかな」と詠んでいる[5]

伝説[編集]

駒ヶ岳には、蝦夷アイヌ)と和人(シャモ)のかかわりを反映した伝説がある。

矢越岬の海神の怒りを鎮めるために、大館(松前)の相原季胤は蝦夷の娘20-30人を海に沈め人身御供とした。蝦夷は怒って蜂起、季胤は二人の娘を連れて大沼まで逃亡するも逃げ切れず、1513年永正10年)7月3日ついに二人の娘は入水。季胤は馬と共に湖中の小島に上がり、そこで自害した。自害する際、季胤は愛馬に山上に逃げるよう言い聞かせ、これに従った馬は勢い良く山に上った。そのためこの山を駒ヶ岳と呼び、季胤が外した鞍を掛けた岩を鞍掛岩と呼ぶようになった。以来季胤の命日には駒ヶ岳から馬の鳴き声がするという。

北海道駒ヶ岳の風景[編集]

Komagatake dusk.jpg Uchiura-bay Yakumo.JPG 室蘭から見た駒ケ岳.JPG Mori stn(Hokkaido)&Komagatake.jpg 北海道駒ヶ岳2013.jpg
新日本三景大沼に映る 内浦湾の八雲町南部から望む 内浦湾の対岸、室蘭方面から望む 森駅構内から望む 厳冬の大沼から望む

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 日本の主な山岳標高(北海道)”. 国土地理院. 2011年11月24日閲覧。
  2. ^ ちなみに、所在地の森町には、駒ヶ岳(字)という住所が存在している。
  3. ^ a b 日本の山1000 (1992)、82頁
  4. ^ a b c d 大沼国定公園”. 北海道. 2011年11月24日閲覧。
  5. ^ a b c d 日本三百名山 (1997)、26頁
  6. ^ a b 日本二百名山 (1987)、24頁
  7. ^ 他の駒ヶ岳の木曽駒ヶ岳などは、その山肌の馬に似た雪形が山名の由来となっている。
  8. ^ 北海道駒ヶ岳”. 気象庁. 2011年11月24日閲覧。
  9. ^ 北海道駒ヶ岳の概要”. 鹿部町. 2011年11月24日閲覧。
  10. ^ 北海道駒ヶ岳の概要 (PDF)”. 函館市. 2011年11月24日閲覧。
  11. ^ 北海道駒ヶ岳の火山活動解説資料(平成23年10月) (PDF)”. 気象庁 (2011年10月). 2011年11月24日閲覧。
  12. ^ 北海道駒ケ岳の噴火警戒レベル”. 気象庁. 2011年11月24日閲覧。
  13. ^ a b 駒ヶ岳入山規制の一部解除について”. 森町 (2010年6月3日). 2011年11月24日閲覧。
  14. ^ 北海道駒ヶ岳の対策”. 函館市. 2011年11月24日閲覧。
  15. ^ 北海道駒ヶ岳ハザードマップ”. 駒ヶ岳火山防災会議協議会. 2011年11月24日閲覧。
  16. ^ 足立佑. “北海道駒ヶ岳におけるカラマツ稚樹の外生菌根菌の着生状況 (PDF)”. 北海道大学. 2011年11月24日閲覧。
  17. ^ a b c 北海道駒ヶ岳”. NHKさわやか自然百景 (2003年4月27日). 2011年11月24日閲覧。
  18. ^ a b 北海道百名山 (1993)、150-151頁
  19. ^ a b c d 新日本山岳誌 (2005)、274-275頁
  20. ^ 見上げれば いつも 北海道駒ヶ岳”. NHK・小さな旅 (2011年11月20日). 2011年11月24日閲覧。
  21. ^ 深田久弥 (2000)、153頁
  22. ^ 新版 北海道百名山 (2003)
  23. ^ 北海道駒ヶ岳の入山(登山)規制について”. 北海道森林管理局. 2011年11月24日閲覧。
  24. ^ 基準点成果等閲覧サービス(一等三角点・点名「砂原岳」)”. 国土地理院. 2011年11月24日閲覧。
  25. ^ 深田久弥 (2000)、151頁
  26. ^ 大沼の詩歌”. 七飯町. 2011年11月24日閲覧。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]