笈ヶ岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
笈ヶ岳
Oidurugatake from notanishoujiyma 2010 04 18.JPG
野谷荘司山から望む笈ヶ岳
標高 1841.35 m
所在地 富山県南砺市石川県白山市
岐阜県大野郡白川村
位置 北緯36度17分55秒
東経136度47分32秒
山系 両白山地
初登頂 1518年以前
テンプレートを表示

笈ヶ岳(おいずるがたけ)は、石川県富山県岐阜県の3県にまたがる標高1,841m白山国立公園内の両白山地の北側に位置し、日本二百名山[1]に選定されている。

概要[編集]

両白山地の北部の中では、最も標高が高い山である。すぐ北側には、少し標高が低い大笠山日本三百名山がある。狭い山頂部には、国土地理院の三等三角点(点名は「笈岳」)が設置されている。[2]

山名の由来[編集]

古くは、笈摺岳、笈劔岳[3]、笈釣山[4]、剣岳[5]、老鶴山[6]等と記されていた。

西側から見て笈を背負った修験者に似た山容であることが、山名の由来とされている[7]

歴史[編集]

登山道[編集]

藪山で夏(無雪期)の登頂は極めて困難で、積雪期の限られた期間のみ登頂が可能である。日本二百名山の中では登頂が難しい山の一つである。 一般的な登山道はないが、春先にこの残雪を利用して、以下のコース登られることがある。

  • 石川県白山市の白山自然保護センター駐車場から冬瓜山(かもうりやま)・シリタカ山を経由するコース[7]
  • 白山スーパー林道三方岩駐車場から県境沿いのコース[7]
  • 大笠山から県境沿いのコース(廃道化されている)[11] 

地理[編集]

周辺の山[編集]

三方岩岳から望む笈ヶ岳周辺の山
仙人窟岳から望む笈ヶ岳と大笠山

両白山地の主稜線の北部に位置し、痩せ尾根上のピークである。山頂の南には「小笈」と呼ばれる小ピークがある。北の大笠山との間には、ジャンダルム状の宝剣岳(1,741 m)と錫杖岳の岩峰がある。南西方向へは冬瓜山や山毛欅尾山(ぶなおやま)へと枝尾根が延びる。

山容 名称 標高
m
三角点
等級
笈ヶ岳との
距離km
備考
Ningyouzan from notanishoujiyama 2010 4 18.jpg 人形山 1,726  14.4 日本三百名山
Maeoizurugatake 2010-10-17.jpg 前笈ヶ岳 1,522.06  三等  2.5 フカバラノ尾根
Ogasayama from Maeoizurugatake 2010-10-17.jpg 大笠山 1,821.84  一等  2.4 日本三百名山
Oizurugatake from Maeoizurugatake 2010-10-17.JPG 笈ヶ岳 1,841.35  三等[12]  0 日本二百名山
Sanpouiwadake 2010 4 18.jpg 三方岩岳 1,736  6.5 日本三百名山
Hakusan from aburazaka 2003 5 5.jpg 白山 2,702.17  一等  16.0 日本百名山

源流の河川[編集]

源流の以下の主な河川は、日本海へ流れる[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本二百名山』深田クラブ著、昭文社ISBN 4-398-22001-1、P169
  2. ^ 国土地理院の掲載二万五千分一地形図は、『中宮温泉(金沢)』
  3. ^ (有)平凡社地方資料センター編『富山県の地名』平凡社(1994年)。江戸時代の越中国絵図類にあるとする。
  4. ^ 『加能越三州地理志稿』(天保元年ころ)石川郡条。
  5. ^ 『加能越三州地理志稿』(天保元年ころ)石川郡条。
  6. ^ 『加能越三州地理志稿』(天保元年ころ)礪波郡条。
  7. ^ a b c 『アルペンガイド 白山と北陸の山』山と渓谷社、2000年、ISBN 4-635-01321-9
  8. ^ (有)平凡社地方資料センター編『富山県の地名』平凡社(1994年)
  9. ^ 白山国立公園の公園紹介環境省、2010年12月6日閲覧。
  10. ^ 『山頂の憩い』深田久弥(著)、新潮文庫、2000年、ISBN 4-10-122003-4
  11. ^ 『日本の山1000』山と渓谷社、1992年、ISBN 4-635-09025-6
  12. ^ 基準点成果等閲覧サービス国土地理院、2010年12月6日閲覧。
  13. ^ 『白山 荒島岳 2010年版(山と高原地図43)』昭文社、ISBN 978-4-398-75723-4

関連項目[編集]

 ・